Amazon Web Services ブログ

【2021 AWS Summit Online】登録開始!5/11(火)、12(水)に基調講演を含む 150 以上のセッションをライブ配信

AWS Summit Online 登録開始のご案内 開催日:5 月 11 日(火)、12 日(水) 参加費:無料(参加には登録が必要です) 開催場所:オンライン 5 万人の技術者およびビジネス関係者が参加する 日本最大の AWS イベント「AWS Summit Online」 登録はこちら、イベント詳細はこちら   AWS Summit Online は 5 月 11 日(火)、12 日(水)に AWS クラウドを活用してイノベーションを目指すエグゼクティブや IT プロフェッショナルの方向けに開催されます。1 日目と 2 日目に配信される基調講演では、AWS のビジョンやサービスの優位性、ビジネスの変化に対するクラウドが果たす役割、人材育成など、幅広いテーマを取り上げます。ブレイクアウトセッションでは AWS サービス最新情報、お客様によるクラウド活用事例、AWS パートナー様の先進的なソリューションなど 150 以上のセッションが自由に視聴できます。 導入に関する相談や、セッション内容に関する質問については、その場でチャットによる問い合わせが可能です。業種および企業規模ごとの特設サイトでは、業界共通の課題解決に向け AWS がおすすめするソリューションを特集します。また、AWS DeepRacer リーグ、AWS Robot Delivery Challenge などの参加型イベント、最新サービスのデモを含む Developer Zone、認定試験対策など、楽しみながらスキルアップできる企画を用意しています。 皆様のシステムのインフラストラクチャとアプリケーションのデザイン、デプロイ、オペレーションの最適化に向け、どなたでも無償で参加できる AWS […]

Read More

AWSだからできるRISE with SAPの豊富なモダナイゼーションパス

はじめに 先日、SAPはRISE with SAPを発表しました。RISE with SAPは、シングルテナントでSAPが管理するERP導入により、Intelligent Enterpriseを実現するため、より簡単にSAP S/4HANAへのアップグレードを可能にするサービスです。RISE with SAPは、お客様のクラウドジャーニーを実行するために必要なテクノロジーを、1つの契約にまとめて提供することで、SAP S/4HANAの導入をさらにシンプルにします。本サービスでは、RISE with SAPのコアサービスにおける標準的なプロダクションSLAを99.7%(非本番では99.5%)とし(追加費用により99.9%のSLAを実現)、SAP S/4HANAのオンプレミスでの導入と比較して、5年間の総所有コスト(TCO)を20%削減¹することができます。AWSは、RISE with SAPのクラウド・サービス・プロバイダー(CSP)の選択肢の一つとなります。

Read More

CloudKnox と AWS Control Tower を使用して AWS でのマルチアカウントのアクセス許可管理を自動化

この記事は、AWS の ISV ソリューションアーキテクチャリーダーであるKanishk Mahajan、CloudKnox の カスタマーサクセス責任者であるゲスト寄稿者 Maya Neelakandhan 氏によるAutomate multi account permissions management in AWS using CloudKnox and AWS Control Towerを翻訳したものです。 はじめに AWS のアクセス許可管理により、セキュリティチームとクラウドインフラストラクチャチームは、ID アクセス許可の誤用からクラウドリソースを保護できます。クラウドセキュリティでは、AWS 組織内のすべての AWS アカウントで、最小権限ポリシーを継続的に適用する必要があります。 マルチアカウント戦略を持つことは、リソースの分離を強化するためのベストプラクティスです。また、規制やコンプライアンスのニーズを満たし、オペレーションコストを追跡し、セキュリティをさらに強化するのにも役立ちます。AWS Control Tower は、AWS のベストプラクティスを使用して、Well-Architected マルチアカウントのベースラインを確立します。また、AWS アカウント全体でのガバナンスも有効にします。多くのお客様は、AWS Control Tower を使用してマルチアカウントの AWS 環境を管理および統制しています。AWS Control Tower を使用したマルチアカウント AWS 環境の管理の詳細については、「AWS Control Tower の使用開始」を参照してください。

Read More

【開催報告】アップデート紹介とちょっぴりDiveDeepするAWSの時間 第二回 (02/24)

みなさんこんにちは!アマゾンウェブサービスジャパン株式会社 ソリューションアーキテクトの祖父江です。 02月24日に「第二回 アップデート紹介とちょっぴりDiveDeepするAWSの時間」をオンラインで開催しました。開始が18:00からであったため、お仕事終わりに多くの方にご参加頂くことができました。嬉しい限りです。ありがとうございます!!。“アップデート紹介とちょっぴりDiveDeepって?” と思われる方は第一回目のブログも合わせてご参照ください!

Read More
Elemental Link

AWS Elemental Linkが国内代理店様から購入可能になりました

2020年4月にリリースされたAWS Elemental Link(以下Link)。まもなく登場から1年が経過しようとしています。日本でも30社を超えるお客様にご購入頂いており、「操作がシンプルで使いやすい。」「画質が良い。」「ライブ運用中の監視が容易。」などのポジティブな感想を頂戴しております。また一方、LinkはAWSのコンソールで簡単に購入できるものの、輸入購入となるため、米ドルで米国の銀行に振り込みをしなければならないことや、電安法の規定により再販ができないことに苦言を頂戴することもありました。流通面で、より容易に、迅速に、そして再販については電安法準拠をして可能とするように後述する代理店様を設定致しました。本ブログでは、良い評価を頂ける背景にあるLinkの機能について最新情報を交えながらお伝えしたいと思います。

Read More
週刊AWS

週刊AWS – 2021/3/8週

みなさん、こんにちは。ソリューションアーキテクトの下佐粉です。今週も週刊AWSをお届けします。 週刊AWSでは、AWS What’s Newで発表されたAWSサービスの新機能や新サービスを紹介していますが、今回はそこに載っていないものから1つご紹介します。 – AWSが「政府情報システムのためのセキュリティ評価制度(ISMAP)」に登録されました 上記は3/12にブログに掲載されたもので、AWSが日本政府の情報システムのためのセキュリティ評価制度(ISMAP)に登録された事の紹介です。このようにAWSではサービスの機能改善以外の方法でもお客様が利用しやすい環境の整備を続けています。 それでは、先週の主なアップデートについて振り返っていきましょう。

Read More

【開催報告】2020年 AWS re:Invent Recap ヘルスケア・ライフサイエンス

アマゾン ウェブ サービス ジャパン株式会社 インダストリー事業開発部 片岡です。 ヘルスケア・ライフサイエンス領域でクラウド活用を検討頂いているお客様を幅広く対象として、2021年1月28日に「2020年 AWS re:Invent Recapインダストリー編 ヘルスケア・ライフサイエンス」をウェビナーで開催しました。 本記事では、セッションの中でお伝えしました、最新事例や最新サービスを含む当日の資料・動画を皆様にご紹介します。

Read More

EKS と Fargate、AWS Compute Savings Plans で Pod の料金を節約する

この記事は、Saving money a pod at a time with EKS, Fargate, and AWS Compute Savings Plans を翻訳したものです。 re:Invent 2019 では、Amazon Elastic Kubernetes Service (Amazon EKS) で、Kubernetes の Pod を AWS Fargate にデプロイできるようになったことが発表されました。その発表以降、多くのお客様が実際に Fargate 、つまりコンテナを実行するためのサーバーレスインフラストラクチャーに Kubernetes の Pod をデプロイしています。Fargate を利用することで、クラスターの管理やパッチの適用、セキュリティやアイソレーション、スケーリングといった様々な運用業務、「差別化にならない重労働( undifferentiated heavy lifting )」から解放されます。 Amazon EKS と Fargate の詳細については、re:Invent のブレイクアウトセッションでも掘り下げられています。 AWS Fargate は AWS Compute Savings Plans […]

Read More

AWSが「政府情報システムのためのセキュリティ評価制度(ISMAP)」に登録されました。

AWSは「政府情報システムのためのセキュリティ評価制度(Information system Security Management and Assessment Program: 通称、ISMAP(イスマップ))」に登録されましたことをお知らせします(有効期間:2021年3月12日から2022年3月31日まで)。

Read More