Amazon Web Services ブログ

Tag: Amazon Redshift

2021 メディア業界のお客様向け AWS 勉強会 第八回「目指せ ! クラウドプラクティショナー」

2021/10/06 にメディア業界のお客様向けに AWS 勉強会を開催致しました。第八回では AWS 認定の中でも AWS クラウドの基礎知識とスキルを身につけることができるクラウドプラクティショナー認定の取得を目指す方向けに、ストレージとデータベースについての基礎知識をご説明するセミナーを実施しました。前半をストレージ編、後半をデータベース編、という2つのパートに分けて、ソリューションアーキテクトの金目よりご説明致しました。

Read More

AWS Hands-on for Beginners AWS Analytics サービス入門ハンズオンを公開しました!

こんにちは、パートナーソリューションアーキテクトの大林です。関東周辺では桜の季節があっという間に過ぎ去り、新緑が楽しめる季節になってきましたね。個人的には、緑色が大好きだということもあり、一年の中で最も好きな時期で心を弾ませています。新緑の季節=ゴールデンウィーク間近ということもあるかもしれません。 さて、 AWS Hands-on for Beginners シリーズの新コンテンツとして、Analytics サービス入門ハンズオン を追加しました。具体的には、 Amazon Redshift Amazon QuickSight の 2 つのサービスを主に使っていただくハンズオンとなります。本コンテンツでは、上記の AWS サービスの使い方を学べるだけではなく、データ活用とは何か?その目的とは何か?といった概要の説明から始まり、データウェアハウスとはどういったものなのかといったようなことをご紹介し、実際にデータウェアハウスを構築しデータの可視化を体験いただける内容になっております。最後のまとめとして、データレイクにつながるお話もさせていただいておりますので、動画の最後までお付き合いいただけると嬉しいです。 今回の記事では、前半に本コンテンツの大まかな解説をさせていただきます。後半では、 Amazon Redshift と Amazon QuickSight 以外の AWS の Analytics サービスの一部についてもご紹介したいと思います。 AWS Hands-on for Beginners シリーズ一覧 前回の記事: AWS Hands-on for Beginners AWS エッジサービス入門ハンズオンを公開しました!

Read More
Media Seminar Q1 Analytics

2021Q1メディア企業向けAnalytics & AI/MLセミナー : 大阪リージョン/分析基盤

2021年3月18日にメディア業界のお客様向けにAnalytics & AI/MLをテーマとしたセミナーを開催いたしました。テレビ・動画配信・新聞・雑誌などのメディア企業では、デジタル変革の中でデータを活用する重要性が高まっています。本セミナーではメディア企業はいかにデータを活用し、新たなビジネスを展開していくかに焦点をあて、DMP (データマネジメントプラットフォーム) / CDP (カスタマーデータプラットフォーム)のメリットと活用事例についてご紹介させていただきました。

Read More

VMware Cloud on AWSのアカウントとVPCに関する考慮事項

AWSでSr. Partner Solutions Architectを務めるSchneider Larbiによる記事です。 VMware Cloud on AWSは、VMwareとアマゾン ウェブ サービス (AWS)が共同開発をした、AWSのグローバルインフラストラクチャ上でお客様のVMwareワークロードの実行を可能にするサービスです。 VMware Cloud on AWSサービスのデプロイ中に、Software Defined Data Center (SDDC)がAWS (またはお客様の)アカウントに接続され、ネイティブAWSサービスにシームレスにアクセスが可能となります。 この記事では、ネイティブAWSサービス連携を活用するために、VMware Cloud on AWSに接続するAWSアカウント及びそれぞれのAmazon Virtual Private Cloud (VPC)に関するガイダンスを提供いたします。

Read More

Amazon Redshift の新機能 – データレイクエクスポートとフェデレーテッドクエリー

データウェアハウスは、トランザクション系システムや業務アプリケーションから届いたリレーショナルデータの分析に最適化されたデータベースです。Amazon Redshiftは高速でフルマネージドのデータウェアハウスであり、標準SQLや既存のビジネスインテリジェンス(BI)ツールを用いたデータ分析をシンプルかつ効率的に行うことを可能にします。 データウェアハウス内に格納されていないであろう非構造化データから情報を習得するためには、データレイクを構築するという手段があります。データレイクは、全ての構造化データと非構造化データをあらゆるスケールで格納可能な、一元化されたレポジトリです。Amazon Simple Storage Service (S3)上に構築されたデータレイクによって、ビッグデータ分析を行い、機械学習を用いて準構造化データセット(JSON、XMLなど)や非構造化データから知見を得ることが簡単に行えるようになります。

Read More

【開催報告】Amazon Analytics 事例祭り – データウェアハウスマイグレーション

こんにちは。アマゾン ウェブ サービス ジャパン株式会社 ソリューションアーキテクトの平間です。 9月24日に、「Amazon Analytics 事例祭り – データウェアハウスマイグレーション」を開催いたしました。今回は既存のデータウェアハウス(DWH)環境から、AWSの高速かつ完全マネージド型のDWHであるAmazon Redshiftへ移行されたお客様に、移行の決め手や移行後の効果について「本音」でお話ししていただきました。セミナーは前半がAWSソリューションアーキテクトからAWSのデータレイク及びアナリティクスサービスの概要と、DWHの移行をどのように検討すればよいかの方法をお話させていただき、後半はお客様より移行時の体験談をお話しいただいております。

Read More

【開催報告】AWS Data Lake ハンズオンセミナー 2019 春

こんにちは。AWS ソリューションアーキテクトの上原誠(@pioh07)です。 4月5日に、「AWS Data Lake ハンズオンセミナー」を開催いたしました。去年から行ってきた恒例のワークショップで第6回目となります。去年も盛況でしたが、今回も100名くらいのお客様にご参加頂きました。 はじめに、AWSにおけるデータ活用のベストプラクティスである Amazon S3 を中心とした Data Lake について解説し、ビッグデータ分析基盤の考え方として有名なラムダアーキテクチャの解説を行いました。 当イベントでは、Amazon Athena や Amazon Redshift の各 AWS サービスを駆使して実際にラムダアーキテクチャを構築することがゴールです。とはいえ全てを構築するのはボリュームが大きいため、スピードレイヤー or バッチレイヤー or 全部入りでコース分けて取り組めるようハンズオンコンテンツを用意しました。最初にコースの説明を行い、出席いただいたお客様ご自身の課題に合わせてコースを選択頂き、ハンズオンを行っていただきました。今回、参加者も多くいらっしゃいましたので、サポートするソリューションアーキテクトも4名で対応させていただきました。 今回参加できなかった方も、ソリューションアーキテクトのサポートを受けながらハンズオンを行いログ分析を初めてみてはいかがでしょうか?   次回は初夏ごろに開催予定です。ご参加お待ちしております。    

Read More

AWS 責任共有モデルと GDPR

EU の一般データ保護規則 (GDPR) には、データプロセッサー(取扱者)とデータコントローラー(管理者)の役割が記述されており、一部のお客様や APN(Amazon Partner Network)のパートナー各社から、こうしたGDPR上の役割が、AWS 責任共有モデルにどのような影響を与えるかといった質問をいただいています。今回は、GDPR の観点から、私たちとお客様にとっての責任共有について説明したいと思います。 AWS 責任共有モデルは GDPR によってどのように変わりますか? という質問への簡易な回答は「変わりません」ということになります。AWS は、お客様に提供するクラウド環境とサービスをサポートする基盤となるインフラストラクチャを保護する責任を負います。一方、データコントローラーまたはデータプロセッサーとして行動するお客様と APN パートナーは、クラウドに入れた個人データに責任を負います。責任共有モデルには、AWS とお客様、APN パートナーの様々な責任が示され、同じ分類の責任が GDPR の下で適用されます。 データプロセッサーとしての AWS の責任 GDPR によって、データコントローラーおよびデータプロセッサーに関する明確な規則と責任が導入されます。AWS のお客様が当社のサービスを使用して個人データを処理するとき、データコントローラーは通常 AWS のお客様 (および場合によっては AWS のお客様の顧客) です。また、あらゆるケースで、AWS は常にこのアクティビティに関してデータプロセッサーとなります。なぜなら、お客様は AWS のサービス管理との相互作用を通じてデータの処理を指示しており、AWS はお客様の指示を実行しているにすぎないからです。データプロセッサーとして、AWS は、当社のすべてのサービスを実行するグローバルなインフラストラクチャの保護に対して責任を負います。AWS を使用する管理者は、エンドユーザーのコンテンツと個人データを処理するためのセキュリティ構成の管理を含めて、インフラストラクチャの保護は当社の最優先事項であり、セキュリティ上の統制を検証するためにサードパーティーの監査に多額の出資をしています。そこで明らかになった問題があれば、AWS Artifact を通じてお客様にお知らせすることになります。当社の ISO 27018 レポートはよい例であり、特に個人データの保護に重点を置いてセキュリティ管理をテストしています。 マネージドサービスに対する AWS の責任は大きくなっています。マネージドサービスには、Amazon DynamoDB、Amazon RDS、Amazon Redshift、Amazon Elastic MapReduce、Amazon WorkSpaces 等があります。ゲストオペレーティングシステム (OS) やデータベースのパッチ適用、ファイアウォール構成、障害回復等の基本的なセキュリティタスクは AWS […]

Read More

【開催報告】AWS Data Lake ハンズオンセミナー (+個別案件相談会)

こんにちは。AWS ソリューションアーキテクトの八木達也 (@ygtxxxx) です。 6月14日に、「AWS Data Lake ハンズオンセミナー (+個別案件相談会)」を開催いたしました。前回行ったワークショップの二回目となります。前回も盛況でしたが、今回も60名を超すお客様にご参加頂きました。 はじめに、AWSにおけるデータ活用のベストプラクティスであるAmazon S3を中心とした Data Lakeについて解説し、ビッグデータ分析基盤の考え方として有名なラムダアーキテクチャの解説を行いました。 当イベントでは、AWSサービスを駆使して実際にラムダアーキテクチャを構築してみる、というのがゴールです。とはいえすべてを構築し切るのはボリュームが大きいため、今回から、コース別に取り組めるようにハンズオンコンテンツを用意しました。最初にコースの説明を行い、出席いただいたお客様ご自身の課題に合わせてコースを選択頂き、ハンズオンを行っていただきました。 アンケートでは以下のようなお声を頂き、満足頂けた方が多かったように思えます。 ・お客様の声 「非常にわかりやすいテーマと資料でした。すぐ実践できそうな内容で満足でした。」 「個々のサービスのサンプルは御社サイトから読めますが、今回のように組み合わせた具体的なサンプル提示は大変助かります。」 「わかりやすいハンズオンでした。実践的に提案する場合でも利用できる内容なので、提案時に勧めたいです。」 また、ハンズオン後にはソリューションアーキテクトによる個別案件相談会(事前登録制)も実施致しました。相談者の方々には具体的なソリューションを持ち帰って頂くことができたと思います。 次回は秋ごろに開催予定です。ご参加お待ちしております。

Read More