Amazon Web Services ブログ

小売業におけるアダプティブ分析: 顧客の行動とエンゲージメントに影響を与える

小売業界において、日常業務におけるデータの重要性に異論のある方はいないでしょう。バッチレポートから意思決定支援、ビジネスインテリジェンスシステムまで、小売の意思決定における運用データの進化は非常に多岐にわたります。今日、アダプティブ分析プラットフォームは、小売業者が次のことができるよう、業界のイノベーションを推進しています。 ビジネスにおける重要なシグナルを検出します。 これらのシグナルの現在の意味と将来の予測を導き出します。 データドリブンな顧客、製品、マーケティング戦略で対応します。 しかし、アダプティブ分析プラットフォームを構築するためには、小売業の経営者が直面する多くの戦略的課題があります。例えば、急速に変化する買い物客の影響や行動のトリガー、人口動態の変化、COVID-19 などの世代別市場レベルの影響、主要な経済圏の景気低迷といった課題や、お客様対応とオペレーション業務を効果的に行うために、予測に基づいた洞察が求められる小売業の職種が一層増えていることなどが挙げられます。

Read More

Amazon OpenSearch Serviceを利用したVMware Cloud on AWSワークロードのモニタリング

2021年9月8日:Amazon Elasticsearch ServiceはAmazon OpenSearch Serviceに名称変更されました。詳細を確認する。 AWSでSpecialist Solutions Architectを務めるDrew Rutledgeによる記事です。 VMware Cloud on AWSは、VMwareとAWSが共同で開発したソリューションで、vSphere、NSX、vSANなどのVMwareのSoftware-Defined Data Center (SDDC) テクノロジーをAWSグローバルインフラストラクチャ上で提供します。 Amazon OpenSearch Service (Amazon Elasticsearch Serviceの後継サービス) を利用すると、インタラクティブなログ分析、リアルタイムのアプリケーションモニタリング、ウェブサイト検索などを簡単に実行できます。Amazon OpenSearch Serviceは、Elasticsearchから派生した、分散型のオープンソース検索および分析スイートです。

Read More

AWS SDK for Java 2.xにおけるGraalVM Native Imageのサポート

この記事は2021年2月23日に公開された GraalVM Native Image Support in the AWS SDK for Java 2.x を翻訳したものです。 AWS SDK for Java 2.x (バージョン 2.16.1 以降) で GraalVM Native Imageのコンパイルが標準でサポートされるようになったことをお知らせします。

Read More
WeeklyAWS

週刊AWS – 2021/10/11週

みなさん、こんにちは。AWSソリューションアーキテクトの小林です。 最近、東京はめっきり秋らしくなってきました。朝晩は冷え込む日も増えてきたので、そろそろ暖かい寝具を出さないといけないかもなとおもう今日この頃です。さて、秋といえばAWS主催ではありませんがCEATECというイベントを思い浮かべる方もいらっしゃるのではないでしょうか。今年はAWSもCEATECでいくつかの講演・ブース展示を実施させて頂きます。こちらにまとめブログを用意しましたので、ご興味がありましたらぜひご参加ください。オンライン開催ですので気軽ですし、登録すれば無料で参加できます。 それでは、10月11日週のアップデートを振り返ってみましょう。

Read More
Figure 1. Well-Architected Machine Learning Lifecycle

新しいAWS Well-Architected Machine Learning Lensの紹介

新しいWell-Architected Machine Learning Lensホワイトペーパーが公開されました。このレンズを利用して、MLワークロードが、運用上の優秀性、セキュリティ、信頼性、パフォーマンス効率、コスト最適化を念頭に置いて構築されていることを確認してください。

Read More

速報:AWSサミット ワシントンDC 基調講演 – 2021秋

今回のブログでは、 AWSジャパン・パブリックセクターより、この秋に開催された「AWS ワシントンDC サミット基調講演 ハイライト」を紹介します。ご不明の点、「Contact Us」までお問合せください。(以下、米国現地のAWS Public Sector Blog Teamが執筆したブログの翻訳となります。)

Read More

CEATEC 2021 ONLINEのAWS出展情報

明日(2021年10月19日)からメインイベントが開始になる、CEATEC 2021 ONLINE に、アマゾン ウェブ サービス ジャパンも出展させていただく事になりました。10テーマでのブース展示と、10月20日には7つのセッションに登壇させていただきます。このブログではその一覧を簡単にお伝えします。CEATEC 2021 ONLINEにご参加の方はぜひAWSのセッション、ブースにご参加いただけますと幸いです。 セッション(全て10月20日実施。その後オンデマンド配信予定) 12:00 – 12:40 AWSがクラウドで描く、デジタル変革とその先の未来に向けた取り組み アマゾン ウェブ サービス ジャパン株式会社 執行役員 技術統括本部長  岡嵜 禎 12:45 – 13:15 まだ遅くない!AWSクラウドの基本と活用のための最初の一歩 アマゾン ウェブ サービス ジャパン株式会社 技術統括本部 技術推進本部 本部長  小林 正人 13:20 – 14:05 未経験から始めるAWSのAIサービスを用いた機械学習の内製化 島村楽器株式会社 ロジスティクス課 執行役員 ロジスティクス部長  中根 成介 氏 島村楽器株式会社 ロジスティクス課  青柳 瑠美 氏 アマゾン ウェブ サービス ジャパン株式会社 技術統括本部・デジタルトランスフォーメーション本部 本部長  広橋 さやか 14:10 […]

Read More

ヒューストン・メソジストにおけるAWSを用いたハンズフリー音声アシスタントの作成

このブログは “Creating a Hands-Free Voice Assistant at Houston Methodist with AWS” を翻訳したものです。 病院のシステムは、動的でペースの速く、管理が困難な環境です。救急部門からウォークインクリニックまで、非常に異なる領域があり、最適な患者満足度、ケアデリバリー、スタッフの生産性、および最大限の安全性を達成するために、シームレスで安全かつ効率的なやり取りが行われる必要があります。電子医療記録(EHR)システムやその他の医療情報技術(HIT)ソリューションは数十年前にデータと医療提供の管理を支援するために導入されたものですが、それにより病院システム全体でデジタルシステムが増加しました。その結果、臨床医は患者との時間を増やすのではなく、コンピュータやデジタル機器とのやり取りに多くの時間を費やすようになり、バーンアウトやストレスの報告が増加しています。

Read More

【開催報告】「 Amazon EC2 大活用 ~ 最新ラインナップ、コストパフォーマンス最適化、先進顧客事例などご紹介~」セミナー

ソリューションアーキテクトの松尾です。2021年10月14日に「Amazon EC2 大活用 ~ 最新ラインナップ、コストパフォーマンス最適化、先進顧客事例などご紹介~」をオンライン開催しました。当日は200名超のお客様にご参加いただき、Amazon EC2の歴史、Amazon EC2最新情報、機械学習用インスタンスについて、AWSから発表し、さらに、Graviton2インスタンスご利用事例、Inf1インスタンスご利用事例を、2社のお客様からご発表いただきました。 本記事では、発表内容の概要と、発表資料のご紹介に加え、当日のQ&Aについても記載します。

Read More

Amazon MemoryDB for Redis が東京リージョンでご利用可能となりました

みなさん、こんにちは。アマゾン ウェブ サービスジャパン、シニアエバンジェリストの亀田です。 Amazon MemoryDB for Redis が東京リージョンでご利用可能なりましたのでお知らせいたします。 Amazon MemoryDB for Redis MemoryDB for Redis は Redis 互換で耐久性に優れた新しいインメモリデータベースです。MemoryDB を使用すると、データの耐久性と高可用性を備えた、マイクロ秒の読み取りおよび一桁ミリ秒の書き込み性能を必要とするアプリケーションを簡単かつコスト効率に優れた方法で構築できます。 従来 AWS はAmazon ElastiCache for Redis というRedis 互換のインメモリデータストアのサービスを提供していました。ElastiCache for Redis を利用する場合は、 Amazon Aurora や Amazon DynamoDB などの耐久性のあるデータベースサービスと組み合わせて使用し、低レイテンシーキャッシュとして使用しながらも、データ損失を最小限に抑えるアーキテクチャをとる必要がありました。この場合、キャッシュとデータベースとの同期を維持するために、アプリケーションにカスタムコードを導入する必要があり、キャッシュとデータベースの両方を実行する追加コストも発生します。

Read More