Amazon Web Services ブログ

インスタンス料金の引き下げと Savings Plans for Amazon SageMaker で機械学習のコストを削減

AWS re:Invent 2017 で提供が開始された Amazon SageMaker は、機械学習 (ML) ワークフローを AWS で迅速に構築およびデプロイできるよう、これまでに既に数万人のお客様を支援してきたフルマネージド型サービスです。 お客様が投資に対して最大限 ML を活用できるようにするため、Managed Spot Training、Multi-Model Endpoints、Amazon Elastic Inference、AWS Inferentia など、コスト最適化のためのサービスと機能を追加してきました。実際、お客様は、3 年間の SageMaker の総所有コスト (TCO) が、セルフマネージドの Amazon EC2 や AWS 管理の Amazon EKS などの他のクラウドベースのオプションに比べて 54% 低いという事実を見出しています。 当社は、費用を削減してお客様を幸せにすることを至上の喜びとしているため、次のことを発表できることを嬉しく思います: Amazon SageMaker の CPU および GPU インスタンスの料金の引き下げ Amazon SageMaker のための Savings Plans の提供の開始。 Amazon SageMaker でのインスタンス料金の引き下げ 本日より、Amazon SageMaker […]

Read More

大阪リージョンに AWS Service Catalog が対応しました

みなさん、こんにちは。アマゾン ウェブ サービス ジャパン、シニアエバンンジェリストの亀田です。 AWS Service Catalog が大阪リージョンでご利用いただける用になりました。 AWS Service Catalog Service Catalog はAWSアカウント内で使用できる、 IT サービスのカタログを作成および管理するサービスです。AWSサービスに関連する仮想マシンイメージ、サーバー、データベース、だけではなく、ソフトウェアやさらに包括的な多層アプリケーションアーキテクチャまでを定義することができるため、一貫したガバナンスの実現、そして、コンプライアンス要件を満たすための運用構築を実現できます。エンドユーザーは管理されているカタログから必要な製品のみを選択して起動できるため、組織における俊敏性が向上します。 この機能は AWS CloudFormation との連携により実現され、テンプレートを使用するかカスタムテンプレートを作成し、 Service Catalog コンソールを使用してテンプレートをアップロードします。その後、使用する製品の詳しい説明、バージョン情報、サポート情報、タグなど、リストに掲載する製品の詳細情報を入力できます。またTerraformもサポートしており、利用をご希望される方はこちらのドキュメントをご参照ください。 AWS Service Management Connector Service Management Connector を使うと、IT サービスマネジメント (ITSM) の管理者が、プロビジョニングされた AWS やサードパーティー製品に対するガバナンスを、Service Now や Jira Service Desk等、外部サービス用いて構築している場合、Service Catalogとの連携を実現させます。例えばService Nowの管理者は、Service Catalogの管理に加え、このService Management Connectorを用いることで、ServiceNowのCMDBテーブルに基づき、新しいリソースタイプを定義し、これらをリソースの追跡とジ変更を行う AWS Configのカスタムリソースと同期させたり、AWS Systems Manager を介したプレイブックの実行、AWS Security Hub のセキュリティにまつわる調査結果をServiceNowのインシデントや問題に同期させたりすることができます。 こちらに、開始ガイドがありますのでご覧ください。 […]

Read More

SAP Fioriを多要素認証(MFA)でよりセキュアに

はじめに クラウドセキュリティは、「Job Zero」としてAWSでは最優先事項として位置付けています。AWSはお客様との責任共有モデルに基づき、ホストOSや仮想化レイヤーからサービスを運用する施設の物理的なセキュリティに至るまで、コンポーネントを管理・制御しています。お客様は、ゲストOS(アップデートやセキュリティパッチを含む)、その他の関連アプリケーションソフトウェア、およびAWSが提供するセキュリティグループのファイアウォールの設定について責任と管理を負います。お客様の責任は、使用するサービス、それらのサービスのIT環境への統合、および適用される法律や規制によって異なるため、お客様は選択するサービスを慎重に検討する必要があります。私たちは、アプリケーションレベルのセキュリティ対策を実現するために、お客様が活用できる様々なベストプラクティス・ドキュメント、暗号化ツール、その他のガイダンスを提供しています。

Read More

Modern Apps Live – サーバーレスやコンテナなどに関する 5 月のセッション

Modern Apps Live は、モダンアプリケーション開発に関して 5 月に Twitch でライブストリーミング配信されるイベントシリーズです。 セッションのトピックには、サーバーレス、コンテナ、モバイルおよびフロントエンドの開発などが含まれます。 あまり馴染みのない方のために、モダンアプリケーションの特徴を以下に紹介します。 数百万のユーザーに迅速に拡張できます。 グローバルな可用性があります。 膨大なデータを管理します (エクサバイト単位)。 応答はミリ秒単位です。 このようなアプリケーションは、マイクロサービスアーキテクチャ、サーバーレス運用モデル、およびアジャイル開発者プロセスを組み合わせて構築されます。モダンアプリケーションでは、イノベーションの加速に加えて、リスク、市場投入までの時間、TCO (総所有コスト) の削減を実現することができます。 Modern Apps Live は、4 つの仮想イベントで構成されるシリーズです。 Container Day x Kubecon (5 月 4 日) Serverless Live (5 月 19 日) Mobile and Front-end Live (5 月 25 日) Container Day x DockerCon (5 月 26 日) 開始したばかりの方にとっても、クラウドの経験が豊富な方にとっても、これらのセッションは、モダンアプリケーションの構築と設計を検討している開発者、ソリューションアーキテクト、または IT および […]

Read More

AWS Backupを使用したAmazon FSxのクロスリージョン及びクロスアカウントバックアップ

このブログはAdam Hunter (Sr.Enterprise Solution Architect)とFathima Kamal (Sr.Solution Architect)によって執筆された内容を日本語化した物です。原文はこちらを参照して下さい。 AWS Backupは、Amazon FSxのクロスリージョンおよびクロスアカウントバックアップ(CRAB)をサポートしました。AWS Backupは、費用対効果が高く、フルマネージドのポリシーベースのサービスを提供し、大規模なデータ保護をさらに簡素化します。また、AWS Backupは、コンプライアンス遵守をサポートし、事業継続の目標を達成するのに役立ちます。Amazon FSxは、機能豊富でパフォーマンスの高いファイルシステムを簡単かつコスト効率よく提供します。今回のリリースにより、ストレージやアプリケーションの管理者は、AWSリージョン間でバックアップをコピーし、リージョン間の事業継続を実施することができます。また、管理者は、AWSアカウント間でバックアップをコピーすることで、ユーザーの偶発的な誤操作、アカウントの侵害、ランサムウェアからバックアップを保護することができます。 あらゆる規模の企業が、ファイルデータセットをAmazon FSxに移行し、AWSでフルマネージドのファイルストレージを利用することで、俊敏性、拡張性、コスト効率の良さを享受しています。Amazon FSxは、業界標準のSMB(Server Message Block)プロトコルでアクセス可能な共有ファイルストレージを提供するAmazon FSx for Windows File Serverと、コンピュートワークロードの高速処理を可能にする高性能な共有ファイルストレージを提供するAmazon FSx for Lustreの2つのファイルシステムから選択できます。Amazon FSxは、お客様がファイルシステムの安全で耐久性の高いバックアップを作成することを可能にします。しかし、これまでは、これらのバックアップは、ファイルシステムと同じAWSリージョンおよびアカウントにしか作成できませんでした。 本機能のサポートにより、お客様はAmazon FSxのバックアップを他のAWSリージョンにコピーしてリージョン間のビジネス継続性の目標を達成したり、アカウント間でコピーしてバックアップのコンプライアンスニーズを満たすことができるようになりました。これらの機能により、お客様は偶発的または悪意のあるユーザーアクセスの際にデータを回復することができ、プライマリアカウントのバックアップや暗号化キーの喪失を防ぐことができます。また、アプリケーションのバックアップを管理するための運用負荷を排除し、企業はより簡単にコンプライアンス要件を満たすことができます。また、取得したバックアップを活用する事で、品質保証やテストのために、本番データに影響を与えることなく、データに簡単にアクセスして共有することができます。 お客様は、AWS Backup コンソールで数回クリックするだけで、自動バックアッププランを作成し、Amazon FSxファイルシステムのバックアップや他のAWSリソースのバックアップを、追加のAWSリージョンやアカウントに定期的に作成・コピーすることができます。 このブログでは、クロスアカウントバックアップ(CRAB)のコピーを自動的に実行するAWSバックアッププランの作成を実施します。まず、ソリューションを導入するために必要な前提条件について説明します。次に、バックアッププランを設定する方法を説明します。最後に、ファイルシステムを復元することで、バックアッププランをテストする方法を確認します。 アーキテクチャ: クロスリージョン・クロスアカウントバックアップ(CRAB) 以下の図は、Amazon FSxへのCRABサポートの展開に関わる主要なコンポーネントを示しています。このアーキテクチャには、AWS BackupでバックアップされたAmazon FSx for Windows File Serverに接続されたAmazon EC2インスタンスが含まれています。CRABを実装するために、ソースアカウントからのバックアップをデスティネーションアカウントの第2のバックアップボールトにコピーします。この例では、Region間の接続にTransit Gatewayを使用していますが、VPC peeringを使用することもできます。前述のコピーを行った後、宛先アカウントのAmazon FSx for Windows File Serverをリストアすることができます。 前提条件 Amazon […]

Read More
Choosing the right AWS live streaming solution for your use case

ユースケースに合わせたAWSライブストリーミングソリューションの選択

昨年7月、AWSは低遅延の双方向ストリーミングサービスを実現するマネージドライブストリーミングサービスAmazon Interactive Video Service (Amazon IVS) を発表しました。Amazon IVSは、既存のAWSメディアサービスに加えてライブストリーミング体験を構築するための優れた機能を備えていますが、お客様から特定のユースケースに対してどのオプションが最適かという質問をよく受けます。 この質問に回答するためには、まずお客様のビジネスゴール、コア技術コンピテンシー、アプリケーション要件を理解することが重要だと考えています。

Read More
ITXパッケージ

AWS ITトランスフォーメーションパッケージ – 評価・移行計画立案・移行の3フェーズで、クラウドへの移行を成功させる

みなさん、こんにちは。AWS ソリューションアーキテクトの瀧澤です。 AWSへの大規模なシステムの移行を実現し、お客様のデジタルトランスフォーメーションをサポートするための「AWS ITトランスフォーメーションパッケージ(ITXパッケージ)」を紹介します。 これまで、AWSでは、Migration Acceleration Program (MAP)というマイグレーションをご支援するプログラムをご提供してきました。これはマイグレーションプロジェクトを評価(Assessment)フェーズ、移行計画立案(Mobilize)フェーズ、移行-マイグレーション&モダナイゼーション(Migrate & Modernize)フェーズに分け、評価フェーズにおけるクラウド移行の経済性評価や移行準備状況のアセスメントを行い、マイグレーション&モダナイゼーションフェーズにおいて、AWS利用料の一定利用率をクレジットで還元することでお客様の移行をサポートしてきました。しかし、お客様の声をお伺いすると、マイグレーションはDXにおける通過点に過ぎず、中でも次の6つの課題をお持ちであることが分かりました。

Read More
WeeklyAWS

週刊AWS – 2021/4/12週

みなさん、こんにちは。AWSソリューションアーキテクトの小林です。 今週はAQUA for Amazon RedshiftのGA(一般利用開始)がイチオシのニュースです。従来のRedshiftとはアーキテクチャが異なっており、大規模なデータに対するクエリ実行速度の向上が期待できます。AQUAはRA3.16xlargeまたはRA3.4xlargeノードで構成されたRedshiftクラスタでのみ利用できるものですので注意が必要ですが、ぜひ皆様のワークロードで性能を試してみてください。 それでは、先週のアップデートを振り返ってみましょう。

Read More

IoTの開発を始めよう!AWS IoT初学者向けの勉強方法 6ステップ!

皆さんこんにちは、AWSのソリューションアーキテクトの飯田です。 日本でも様々な企業でハードウェア製品のIoT化やスマートファクトリー化を検討しています。開発される方の中には、製品開発は慣れているがIoTについての知見が無い場合や、逆に、クラウド側の基盤構築は経験があるが、IoTデバイスの管理は初めて、といった方々もいるのではないでしょうか。そのような、これからIoT化にチャレンジされる方から「AWS IoTを学ぶにはどこからスタートすれば良い?」といったご質問が多く寄せられます。そんな方々の質問にお答えするために、ここでは一つの案として、次のような6つのステップに分けて、AWSのIoT関連の勉強の進め方をご紹介したいと思います。 また、記事の最後には、付録として、IoT開発者のためのリンク集を載せています。あわせて参考にして頂ければ幸いです。 Step 1 他社事例をチェック まずは公開事例をチェック すでに多くのIoTのプロジェクトをローンチしており、様々な事例が公開されております。その中から、自分の作りたいものに近い事例を確認することで、開発の流れや実際に出来上がるものをイメージしやすくなるかもしれません。主な日本国内のIoTの事例についてはAWS IoT 開発者ポータルで紹介しています。また、スマートファクトリーや製品開発などの製造系のお客様の事例は、日本のお客様向け – AWS の製造業に対する取り組み にも紹介があります。 IoT開発をされたユーザー事例を聞く また、AWSでは、IoT@Loftというイベントを定期開催しています。製品開発、オートモーティブ、農業、ビルディングなど、各回異なるテーマを設定し、実際の開発に携われたエンジニアの方々に、プロジェクトの紹介をして頂いています。過去に開催されたイベントのレポートがAWSブログに掲載されており、資料や動画をご確認頂けます。また、今後のイベントについては、IoT@Loftのページで確認頂けます。 Step 2 IoTの基礎を学ぶ AWSにはクラウドコンピューティングをはじめ、ストレージ、データベース、機械学習、IoTなど200を超えるサービスがあります。その中から個々の要件に応じて必要なものをつなぎ合わせることで、クイックな試作や本番への移行が可能となります。開発の基本的な考え方や進め方については、IoT開発を成功させるためのPoCの進め方と実践 の動画をご覧ください。 AWS の様々なサービスの一つとして、AWS IoTがあります。AWS IoTには、デバイスの管理やセキュリティ、接続、デバイスソフトウェアなど、IoT開発に必要な様々なサービスが含まれています。サービスの基本的な説明はAWS IoTのページにあります。また、AWS Black Belt Online Seminarでは、各サービスごとのポイントを詳しく紹介しています。さらに、各IoTのサービスを実際にお試し頂くためのハンズオンがあります。 これから開始する方であれば、まずはIoT開発の要となるAWS IoT Coreを知るところから始めると良いでしょう。AWS IoT Coreを使いこなすことで、デバイスとクラウドのセキュアな接続を実現でき、クラウドとの双方向のデータ送信や他のAWSサービスとの連携が可能になります。 IoT Coreを学ぶのには、まずBlack Beltの動画で実現できる内容を確認頂き、その後でIoT Core初級ハンズオンを実施していただくことをおすすめします。このハンズオンでは、クラウド上にダミーIoTデバイスを作成して、そのデバイスとのセキュアな接続を実現した上で、IoTでよく必要となる、以下の3つの仕組みを構築します。 アプリケーション向けのDB作成 Amazon Elasticsearch Serviceによるニアリアルタイムの可視化 Amazon S3を利用したデータレイクの作成 また、IoT のトピックとプロトコルに関する基礎的な知識を身に付けながら、インタラクティブな演習やデモを通じて、IoT の用語、概念、および AWS IoT Core サービスについて学習していただけるeLearning –IoT Foundation: Telemetry も無料で利用可能です。 Step 3 […]

Read More

「クラウド活用による脱炭素化社会の実現」に関するホワイトペーパーが発表されました

2021年4月19日、デロイト トーマツ コンサルティング合同会社は、ホワイトペーパー「クラウド活用による脱炭素化社会の実現」を発表しました。このホワイトペーパーの執筆に関し、AWSも全面的に協力しています。今回のブログでは、AWSジャパン公共政策部より、このホワイトペーパーの概要と、AWSを含めたAmazonでのサステイナビリティに関する取組をご紹介いたします。

Read More