Amazon Web Services ブログ

Weekly AWS

週刊AWS – 2020/10/12週

みなさん、こんにちは。ソリューションアーキテクトの下佐粉です。 今週も週刊AWSをお届けします。 今回紹介するアップデートにはAWS Graviton2 (Armベース)プロセッサ関連のアップデートが2つあるのですが、そのGraviton2の解説や事例を紹介するオンラインセミナーが10/22(木)に開催されます。オンライン開催でどこからでもご参加いただけますので、Graviton2にご興味がある方はぜひご参加ください。申し込みはこちらです。 それでは、先週の主なアップデートについて振り返っていきましょう。

Read More

新機能 – Graviton2 プロセッサでの Amazon RDS

  Amazon Elastic Compute Cloud (EC2) で M6g、R6g、C6g インスタンスファミリーをご利用いただけるようになったことを、最近ブログでお知らせしました。これらのインスタンスは、x86 対応のインスタンスよりも優れたコストパフォーマンスを提供します。これらは AWS が設計した AWS Graviton2 プロセッサをベースとし、64-bit Arm Neoverse N1 コアを使用しています。 加えて本日のローンチで、RDS 向け AWS Graviton2 プロセッサによって以前の M5 および R5 世代のデータベースインスタンスタイプと比較して向上した、Amazon Relational Database Service (RDS) データベースのコストパフォーマンスのメリットも得られます。M6g および R6g のインスタンスファミリーと、3 つのデータベースエンジン(MySQL 8.0.17以降、MariaDB 10.4.13 以降、 PostgreSQL 12.3 以降)の中から選択できます。 M6g インスタンスは、汎用ワークロードに最適です。R6g インスタンスは、M6g 対応のものより 50% 多いメモリ容量を提供するため、ビッグデータ分析などのメモリ集約型のワークロードに向いています。 コンピューティングとメモリ要件に関するさまざまな特性を持つワークロードの社内テストによると、Graviton2 インスタンスでは、RDS オープンソースデータベースでのパフォーマンスが最大 35% 向上し、コストパフォーマンスは最大 52% […]

Read More

SAP on AWSにおけるMicrosoft SQL ServerのHAの設計と構成

AWSプロフェッショナルサービスのSAPグローバルスペシャリティプラクティスの一員として過ごす間、私が気づいたお客様の求めている重要なことの一つに、ビジネス/ミッションクリティカルなSAPアプリケーションの高可用性 (HA)の実装があります。このブログ記事では、WindowsとMicrosoft SQL Server上でSAPワークロードを稼働するお客様向けにHAの設計と構成の選択肢をご紹介します。 Windows オペレーティングシステムは、Microsoft SQL Server上で稼働するSAPワークロードのデータベース層としてHAを構成するために使用できるクラスタリング機能を提供しています。この機能により、お客様はSAP NetWeaverベースのアプリケーションに対してリージョン内のAWSアベイラビリティーゾーン (AZs)をまたがったHAクラスタを展開できます。

Read More

SIOSを使用してAWS上のクリティカルコアを保護

SIOSを使用してAWS上のSAPクリティカルコアを保護 お客様の課題 エンタープライズのお客様は、複数のアプリケーションに対して高可用性システムを提供する必要があるかもしれません。これらのアプリケーションはそれぞれサポートしているオペレーティングシステムやデータベースが異なる場合があり、それによってHAの選択肢が決まってきます。結果として、お客様は複数のHAソリューションを維持し続けることになり、非常に複雑かつコストがかかってきます。 Microsoft SQL Server、Oracle、IBM Db2、SAP HANA、MaxDBといったデータベースを考えてみてください。これらのデータベースはそれぞれ異なる高可用性方式を必要とし、データベースを適切に実装および保守するには時間とリソースを投資する必要があります。 このブログでは、この複雑さを最小限に抑えるためにSIOS Protection Suiteが提供する柔軟性について説明します。

Read More

【開催報告】コンテナラウンドテーブル #1: お客様同士でコンテナ運用における悩みや工夫を共有するイベントが開催されました

AWS ソリューションアーキテクトの落水です。先日、Amazon ECS や Amazon EKS をご利用中のお客様同士で情報交換をしていただくイベント「コンテナラウンドテーブル」が開催されました。「コンテナラウンドテーブル」とは、Amazon ECS 及び Amazon EKS の情報共有を目的として、参加されたお客様における具体的な課題とその解決方法の情報交流を行っていただくイベントです。当日は、8 社の企業様にご参加いただき、コンテナのユースケースや運用上の課題について情報交換やディスカッションが行われました。

Read More

[AWS Black Belt Online Seminar] AWS CloudFormation deep dive 資料及び QA 公開

先日 (2020/10/06) 開催しました AWS Black Belt Online Seminar「AWS CloudFormation deep dive」の資料を公開しました。当日、参加者の皆様から頂いた QA の一部についても共有しております。 ※ライブ配信中に切れてしまった最後の部分を再編集して掲載しております。 20201006 AWS Black Belt Online Seminar AWS CloudFormation deep dive from Amazon Web Services Japan AWS クラウドサービス活用資料集(すべての過去資料が閲覧できます) Q. DeletionPolicy:Retain のとき、削除されるリソースは Changeset でどう表示されますか。Stack のリファクタリングで元スタックを削除するのは怖いので確認したいと思っています。 A. DeletionPolicy を指定してリソースを作り、対象のリソースを除外したテンプレートを作って ChangeSet を作ると、ChangeSet 上は Remove と表示され、リソースが残ることの確認はできません。類似のテンプレートを使ってテストを行い、加えて本番の環境に正しく DeletionPolicy が設定されていることを CFn 画面や CLI で得られるテンプレート情報で確認して削除を行って頂くことをおすすめします。 Q. SAM のアプリを CodePipeline […]

Read More

[AWS Black Belt Online Seminar] Amazon Aurora MySQL Compatible Edition ユースケース毎のスケーリング手法 資料及び QA 公開

先日 (2020/09/29) 開催しました AWS Black Belt Online Seminar「Amazon Aurora MySQL Compatible Edition ユースケース毎のスケーリング手法」の資料を公開しました。当日、参加者の皆様から頂いた QA の一部についても共有しております。 20200929 AWS Black Belt Online Seminar Amazon Aurora MySQL Compatible Edition ユースケース毎のスケーリング手法 from Amazon Web Services Japan AWS クラウドサービス活用資料集(すべての過去資料が閲覧できます) Q. Amazon Aurora for MySQL のバージョン・アップグレード時にダウンタイム削減するためには DMS を使用する方法以外あるのでしょうか? A. マイナーバージョンアップグレードの場合、RDS コンソールや API でのインプレースアップグレードが可能です。参考として、ベストエフォートに基づくものとなりますが、クライアント接続の切断を防ぐ ゼロダウンタイムパッチ という機能もございます。 5.6 互換から 5.7 互換へのアップグレードの場合には、インプレースアップグレードは提供しておりません。ダウンタイムを削減したい場合、MySQL 標準のレプリケーション機能と DMS […]

Read More

Amazon SageMaker が今後も機械学習のトップランナーであり続けることの宣言と、GPU インスタンス料金の最大 18% 引き下げのお知らせ

アマゾン ウェブ サービス (AWS) は 2006 年以来、何百万人にも上るお客様の IT ワークロードの構築と管理を支援してきました。スタートアップ企業から大規模エンタープライズ、公共機関まで、あらゆる規模の組織が AWS のクラウドコンピューティングサービスを利用して、過去に例のないレベルのセキュリティ、回復力、スケーラビリティを実現しています。毎日、お客様はこれまでより短い時間とより低いコストで、実験、イノベーション、本番環境デプロイを行っています。その結果、追求、獲得したビジネスチャンスを、産業グレードの製品およびサービスに変換することが可能になりました。 お客様にとって機械学習の優先順位が上がってくるにつれて、同じ俊敏性と堅牢性を十分に備えた機械学習サービスの構築が求められるようになりました。その結果、フルマネージド型サービスである Amazon SageMaker が AWS re:Invent 2017 で発表、リリースされ、あらゆるデベロッパーやデータサイエンティストが機械学習モデルを高速で構築、トレーニング、デプロイできるようになりました。 Amazon SageMaker は現在、あらゆる業種の数万人に上るお客様が本番環境で高品質のモデルを構築、トレーニング、デプロイするのを支援しています。その例としては、金融サービス (Euler Hermes、Intuit、Slice Labs、Nerdwallet、Root Insurance、Coinbase、NuData Security、Siemens Financial Services)、ヘルスケア (GE Healthcare、Cerner、Roche、Celgene、Zocdoc)、報道およびメディア (Dow Jones、Thomson Reuters、ProQuest、SmartNews、Frame.io、Sportograf)、スポーツ (Formula 1、Bundesliga、Olympique de Marseille、NFL、Guiness Six Nations Rugby)、小売 (Zalando、Zappos、Fabulyst)、オートモーティブ (Atlas Van Lines、Edmunds、Regit)、デートアプリ (Tinder)、ホスピタリティ (Hotels.com、iFood)、産業および製造業 (Veolia、Formosa Plastics)、ゲーム (Voodoo)、カスタマーリレーションシップマネジメント (Zendesk、Freshworks)、エネルギー (Kinect Energy Group、Advanced Microgrid […]

Read More

新機能 – Redis 6 互換の Amazon ElastiCache

最新の Redis 5.0 互換の Amazon ElastiCache 以降、 5.0.6 でのアップストリームサポートを含め、Amazon ElastiCache for Redis では多くの改善が行われました。 今年の初め、1 つのリージョンのクラスターを最大 2 つの他のリージョンのクラスターにレプリケートできる Global Datastore for Redis 機能を発表しました。最近では、18 個のエンジンおよびノードレベルの CloudWatch メトリクスを追加することで、Redis フリートをモニタリングする機能が向上しました。リソースレベルのアクセス許可ポリシーのためのサポートも追加され、特定の ElastiCache リソースに AWS Identity and Access Management (IAM) プリンシパルアクセス許可を割り当てることができるようになりました。 そして本日、Redis 6 互換の Amazon ElastiCache for Redis を発表することになりました。今回のリリースでは、Amazon ElastiCache for Redis にいくつかの新機能や重要な機能が追加されています。 マネージドロールベースのアクセス制御 – Amazon ElastiCache for Redis 6 では、Redis […]

Read More