Amazon Web Services ブログ

Amazon Location と Edge Services を利用したジオブロックコンテンツ

企業は、コンプライアンスや規制要件、制裁措置、プライバシー法、領土所有権、セキュリティ管理などを遵守するために、コンテンツへのアクセスを制限する方法を必要としています。企業がアクセスを制限する方法のひとつに、ジオブロッキング(ユーザーの位置情報に基づいてウェブサイトやその他のコンテンツへのアクセスを制限すること)があります。一般的なジオブロッキングの方法は、IP アドレスからユーザーの所在地を特定する方法です。しかし、この方法は仮想プライベートネットワーク(VPN)などの技術を使用して回避することが非常に簡単です。
このチュートリアルでは、IP ベースの位置情報ではなく、ユーザーの物理的な位置情報に基づいて Web アプリケーションへのアクセスをジオブロッキングする方法を紹介します。この方法では、VPN だけでは回避できないジオブロッキングの制限をサーバー側で追加することができます。

デジタルトランスフォーメーション:なぜ、誰が、どの様にそして何を – パート4「何を」

パート3 のブログ記事「どの様に」では、変革プロセスのベストプラクティスを取り上げ、効果的な変革をもたらすための、デジタルトランスフォーメーションプロセスフレームワークの活用方法について説明しました。今回は、デジタルトランスフォーメーションを実現するためのテクノロジーについて、より深く掘り下げて解説します。

製造業の拠点の在庫管理をサプライチェーンのデータレイクで改善

このブログシリーズでは 4 つのブログでこの課題に取り組みます。各々のブログで問題の解決のためのキーとなる要素を提示します。この最初のブログでは、分散したデータをまとめて正規化されたサプライチェーンのデータレイクをどのようにまとめ上げられるか、を説明します。次のブログでは、サプライチェーンのデジタルツインを使用してどのように物理的な製品フローを視覚的にモデル化するか、そして情報豊富なサプライチェーンのデータレイクにどうやって育て上げるかについて説明します。3 つ目のブログでは、デジタルツインの上位レイヤで、仕入れ計画のアプリケーションをどのように開発していくか、そして最後のブログでは LoRaWAN などの IoT 技術を使用して、広範囲に分散しデータ取得が難しい拠点からデータを取り、どのように自動的に、コスト効率よく、頻度が高く粒度の細かいデータを使用して、データレイクにデータを注入するかについて説明します。

経済的不確実性の中での経営:コスト削減

経済が不安定な時代に経営を行うことは、難しい選択を迫られることを意味します。コスト削減は、リーダーがしばしば直面する選択ですが、たいていの場合、恐れている選択です。私たち企業戦略チームの多くは、以前に CXO として複数のマクロ経済的な逆風や、業界や企業特有の課題に直面した経験があります。この記事では、シニアリーダーとしてコスト削減に取り組む中で学んだ教訓のいくつかを紹介します。

デジタルトランスフォーメーション:なぜ、誰が、どの様にそして何を – パート3「どの様に」

第1回目のブログ記事「なぜ」では、なぜデジタル変革が組織に必要なのか、第2回目のブログ記事「誰が」では、成功する組織が組織構造、学習、イノベーション、文化へのアプローチをどのように見直しているのかについて述べました。今回は、デジタルトランスフォーメーションのプロセスについて、より深く掘り下げていきます。