Amazon Web Services ブログ

【開催報告】Amazon Analytics (Data Lake)セミナー ~AWSで実現するビッグデータ&ログ分析およびデータレイクの構築~

2018年6月21日に、「Amazon Analytics (Data Lake)セミナー」というイベントが開催されました。本セミナーでは、ビッグデータの取り扱いとデータ分析を中心とした利活用、またデータレイクによる効率的なデータの運用を中心テーマにおき、AWS クラウド上での最適な実現方法について、AWS ソリューションアーキテクトおよび Amazon Redshift サービスチームからご紹介しました。また、データの可視化については Amazon QuickSight のデモをご覧いただき、あとでお客さまご自身で QuickSight をお試しいただけるよう、セッション終了後にデモのガイドとサンプルデータを配布しました。 この記事ではそのイベントの内容をご紹介します。また、最後に各発表資料へのリンクも掲載しています。  

Read More

Aurora Serverless MySQL の一般利用が開始

クラウド向けに考案、構築され、MySQL や PostgreSQL と互換性のあるカスタムビルドのデータベース、Amazon Aurora については、すでにご存知の方も多かと思われます。また、インスタンスのことを考慮することなくアプリケーションおよびサービスを構築、実行できるサーバーレスをご存知の方も多いかと思われます。この 2 つのサービスは、成長を続ける AWS テクノロジーの一端を担うサービスであり、私たちはこのサービスに積極的に取り組んでいます。昨年の AWS re:Invent では、Aurora Serverless と呼ばれる Aurora の新機能のプレビューが発表されました。本日、Aurora MySQL 向け Aurora Serverless の一般利用が可能になったことをお知らせいたします。Aurora Serverless は自動スケーリングが可能な、オンデマンドベースのサーバーレスの Aurora とお考えください。インスタンスやスケーリングのことを考える必要はなく、従量制に基づいて支払うだけです。 この方式は、予期しない負荷が発生したり、需要が頻繁に発生しないアプリケーションに最適です。これから、Aurora Serverless どのように動作するか説明いたします。それでは、サーバーレスクラスターの起動方法から始めましょう。 Aurora Serverless クラスターの作成 まず、Amazon Relational Database Service (RDS) コンソールに移動し、[クラスター] サブコンソールを選択します。次に、右上隅の [データベースの作成] ボタンをクリックして以下の画面に移動します。 上の画面から、使用するエンジンタイプを選択し、[次へ] をクリックします。今は、Aurora MySQL 5.6 だけがサポートされています。 ここからがおもしろいところです。キャパシティータイプで [Serverless] を選択すると、インスタンスのすべての選択と設定オプションが非表示になります。やるべきことは、クラスターに名前を付け、マスターユーザーの名前とパスワードの組み合わせを入力し、[次へ] をクリックすることだけです。 ここから、多数のオプションを選択できます。使用される Aurora Compute Units (ACU) […]

Read More

Curalate は、AWS で Apache MXNet を使用して AI によるソーシャルセールを行う

Curalate は、ブランドが SNS での影響力を販売に変換するのをサポートします。フィラデルフィアにあるこのスタートアップ企業は、デジタルに精通した消費者にとって、ソーシャルチャネルで見られる製品と、まったく同じ製品を購入できる場所との関連付けを容易にします。以前は、消費者はソーシャルイメージから特定の製品を見つけるには、オンラインカタログで捜し求めなければなりませんでした。Curalate を利用すれば、購入できる場所に製品を自動的にリンクすることができます。 すべてのソーシャルメディアへの投稿は潜在的影響力を持つので、ブランドはソーシャルユーザーが生成した単語、画像、ミームを活用して、多くの声で合唱効果を生み出すことができます。 「私たちは、発見プロセスをオンラインにしています。私たちの製品は、店を歩いているときに何かを見るのと同じ方法で、インスタグラムやその他のソーシャルチャンネルでこうしたつながりを作るのに役立ちます」と、Curalate の研究エンジニアである Jesse Brizzi 氏は説明します。 Neiman Marcus や J.Crew を含む 1,000 社以上のブランド企業や小売業者、そして 1 ヶ月に 1 億人以上の消費者が Curalate を使用しています。これらのブランドは、Curalate のソーシャルコマースプラットフォームを利用して 1 回の訪問で 20〜50 % の収益増加を実現し、製品の発見を最大で 60 倍に増加させています。Karl Lagerfeld の場合、Curalate の画像認識技術を使用して写真にタグを付けることで、顧客が商品を手に入れるための最も速くて最も効果的な方法を可能にしています。 Curalate の成功の要因は、ソーシャルメディアでの製品の発見を促進する AWS の深層学習技術です。Curalate のインテリジェント製品タグ付け (IPT) サービスを使用する顧客は、ユーザーが作成したソーシャルコンテンツの収集と管理をパイプラインで自動化し、カタログ内の適切な製品に接続することができます。IPT は、Apache MXNet フレームワークを使用して開発された深層学習アルゴリズムを使用してトレーニングされており、これを使用するブランド企業は購入者に推奨する製品と画像を簡単に一致させることができます。 Brizzi 氏は次のように述べています。「当初、顧客は手作業で製品にタグを付けなければなりませんでした。アイテムをクリックする場所、タグを付ける場所、製品カタログの中に入って手作業で一致させる場所。ところが現在は深層学習で一致させることができるので、それを確認するだけです。IPT を使用することで、時間を節約し、精度を向上させ、消費者が時間を無駄にすることなく簡単に商品を見つけられるよう支援することができます。」 MXNet を使用して、Curalate は AWS で実運用モデルを迅速に構築およびデプロイすることができます—Amazon EC2 P3 […]

Read More

Amazon Translate が Memsource 翻訳管理システムで利用可能に

本記事は Memsource のソリューションアーキテクトチームのチームリードを努める Andrea Tabacchi によるゲスト投稿です。 Memsource では最先端の翻訳ソリューションを強化する注目の新統合を常に模索しています。ローカライゼーション業界では引き続き機械翻訳 (MT) が話題の中心ですが、Memsource ではお客様の増大する MT ニーズに相応しいイノベーティブな MT エンジンとの統合に重点を置いています。 特に、Memsource では Amazon Translate など、ニューラル機械翻訳 (NMT) エンジンを提供するために全力を尽くしています。NMT が大きな影響力を持つテクノロジーであることは明らかです。NMT の成果物の品質は継続的に改善され、パワフルな生産性向上ツールとなり、その結果さらに需要増につながっています。独自の深層学習メソッドを搭載した Amazon Translate は、翻訳およびローカライゼーション業界において、その足跡を残し始めました。Memsource にとって、自社の MT エンジンにこれを組み込むことが優先事項となっています。また、この製品は既存の AWS のお客様にも自然に適合するようになっています。 また、このエンジンが Memsource の事業的な対象、特に、B2C (一般消費者向けビジネス) に一致するということも魅力の 1 つです。Amazon Translate は消費者向け製品やコミュニケーション、そして、機械翻訳を使用して、同社が解決したローカリゼーション関連の問題にまつわる Amazon の専門知識に基づいて構築されています。 Memsource-Amazon Translate の統合はどのように機能するか? Memsource と Amazon Translate は Amazon Translate API を介してつながっています。 つまり、ユーザーは自分の […]

Read More

[AWS Black Belt Online Seminar] Amazon QuickSight アップデート:一般公開後に追加された特徴的な新機能 資料及び QA 公開

先日 (2018/8/1) 開催しました AWS Black Belt Online Seminar「Amazon QuickSight アップデート:一般公開後に追加された特徴的な新機能」の資料を公開しました。当日、参加者の皆様から頂いた QA の一部についても共有しております。 20180801 AWS Black Belt Online Seminar Amazon QuickSight アップデート from Amazon Web Services Japan PDF Q. DynamoDBやESなどで溜め込んでいる注文情報などをS3などに定期的に吐き出していく(吐き出すたびに別ファイル)場合でも、今回の紹介された形で定期的にリフレッシュするなどして読み込めますか?それともRDSなどに一度入れないと行けないでしょうか? A. QuickSight用のマニフェストファイルを作成し、 “URIPrefixes”で、バケットやプリフィックスを指定しておくと、その中にある複数のファイルをまとめて1つのデータセットとして扱うことが可能です。バケットにファイルを追加した後に、そのデータセットをREFRESHしてSPICEを更新すると、新しいデータがデータセットに追加されます。また、Athenaをつかっても、上記が実現可能です。データ規模が大きい場合はAthenaの方がフィットするケースも多いと考えられます。 参考:マニフェストファイルの書き方 Q. ダッシュボードは外部サイトなどに埋め込んで閲覧させることはできますか A. ダッシュボードをサイトに埋め込むことはできません。また、ダッシュボードの閲覧にはかならずQuickSightへログインできる必要があるため、企業ホームページのような、だれもがアクセスする外部サイトに使う用途での利用は難しいといえます。 Q. 例えばオンプレではなく、複数契約のレンタルサーバーに格納されているDBのデータをAWSに集約して、QuickSightで分析したい場合、集約の方法としてどのような方法・手段で行うのが一番良いでしょうか。 A. 集約の方法としては、データソースがRDBであれば、AWSのDMS (Database Migration Service)を使うことでAWSへのレプリケーションを実現可能です。もしくはファイルとしてダンプして、S3に転送するという方法も考えられます。AWS上に集めたあとはS3に集約してAthenaで検索する、もしくはRedshift(DWH)に格納する等の方法でデータソースを作成することがかんがえられます。 以上です。 今後のWebinar情報 AWS Innovate Japan 2018 AWS Innovate は、AWS のラーニングを目的とした日本初開催の大規模オンラインカンファレンスです。お客様は時間や場所の制約にとらわれず、Machine Learning、IoT、コンテナ、IT基礎、ソリューションなどのセッションに自由に参加できます。AWS Innovate は 36 […]

Read More

Amazon Rekognition を利用して人身売買と戦う Marinus Analytics 社

Marinus Analytics 社は女性が経営する 2014 年に創設した会社で、ビッグデータを実用的なインテリジェンスに変える AI ツールを構築しています。特に、Amazon Rekognition の顔認識機能といった人工知能の利用に積極的で、人身売買の被害者を発見し、家族と再会ができるよう取り組んでいます。 Marinus Analytics 社の社長兼共同創業者である Emily Kennedy 氏は、「人間は人工知能を恐れるべきではないと思います。人間は他の方法よりもはるかに優れた結果を出し、広域に影響を与えることができるからです。」と言います。「Marinus Analytics 社にとって、人身売買と戦っている人たちが、当初はどうにもしようのない山ほどのデータを目の当たりにしながらも、難しい課題を克服するために AI 技術を使い、命を救うことができたのは、幸運なことでした。」 Marinus Analytics 社は、Amazon Rekognition などの人工知能を利用し、Traffic Jam といった被害者の特定や発見を支援するツールを機関に提供し、人身売買の調査に携わっている人たちを支援しています。Traffic Jam は Amazon Rekognition を利用して作動し、FaceSearch と呼ばれる顔認識機能を備えています。このツールを使用すると、数百万の記録を秒単位で自動的に検索する画像解析が可能となり、貴重な時間を節約することができるのです。これで、Traffic Jam を使わずに解析する方法と比較して、著しい改善をもたらすことができます。 Kennedy 氏の説明によると、「 Traffic Jam を使わないと、何千ものオンライン広告を手作業で選別することになります。」「つまり、コンピュータに張り付いて、マッチングするかもしれないと期待しつつ、画面にある被害者の写真を、オンライン上のあらゆる写真と比較しているのです。ですが昔と違って現在では、このような重要なタスクは、Amazon Rekognition のような AI 技術を使用することで、より正確にそして数秒で行えるようになりました。被害者が次の町へと移動してしまう前に、限られた時間で彼らを見つける必要がある場合には、特に大事なことなのです。」 Marinus Analytics 社が開発のプロセスにあった頃、複数のコンピュータ・ビジョン・サービスをテストしつつ、人身売買のケースの捜査官が使うツールをテクノロジーで補完できるかどうかを調査していました。多くのサービスでデータをテストしましたが、残念ながら利用できそうなサービスは見つかりませんでした。分析に必要な画像は通常きめが粗く、顔がカメラから遠く離れたところにあるのが普通で、さらに適切な照明のもとで写真が撮影されることはあまりないからです。 しかし、2017 年に Amazon Reognognition を発見し、必要とする AI ツールの類であると分かったのです。 「 Amazon […]

Read More

AWS アカウント 無料利用枠の確認方法について

みなさん、こんにちは。アマゾン ウェブ サービス ジャパン、プロダクトマーケティング エバンジェリストの亀田です。   今日は弊社サポート部門に多くお問い合わせをいただく、AWSアカウントの無料利用枠についてまとめの情報をご案内します。 AWSには無料利用枠というものが設定されており、ハンズオンイベントなどでまずAWSを触ってみたいかたなどはよくご利用されているかと思います。無料利用枠には大きく、2つあり、アカウント開設後1年間付与される利用枠と、定常的に特定サービスにおいて毎月無料で利用できる枠と2種類が存在しています。前者の方は、Amazon Elastic Compute Cloud (EC2) や Amazon Relational Database Service (RDS)等に設定され、ハンズオンイベント等で起動するインスタンスは、アカウント開設1年未満であれば、こちらが適応されるようなシナリオになっているケースが多いです。 無料利用枠にはご利用量や利用できるリソースに制限がございますので、リソースのご利用量が無料利用枠を超えた場合や、起動、もしくは確保したリソースを削除せず1年が経過すると、課金が発生するため、よくサポートにお問い合わせをいただくことがあります。 無料利用枠はこちらに情報がまとまっています。 ▼AWS 無料利用枠対象サービス及び使用可能量 https://aws.amazon.com/jp/free/ ▼AWS 無料利用枠についてのFAQ https://aws.amazon.com/jp/free/faqs/   前から持ってるAWSアカウントを利用する場合、マネージメントコンソールで、「請求ダッシュボード」へ行くとアカウントが無料利用枠の対象かどうかがわかります。 また、アカウントでリソースの操作を行った後、無料利用枠を超過、もしくは適用外のサービスをご利用し、意図されずに料金が発生してしまうのを防ぐため、請求ダッシュボードの「使用状況別の上位無料利用枠サービス」の一覧より無料利用枠の使用量を追跡することができます。 https://console.aws.amazon.com/billing/home?region=ap-northeast-1#/ 無料利用枠に該当するリソースを利用中の場合、以下の画像のように、使用状況がダッシュボードとして表示されます。   ▼無料利用枠の使用量の追跡について http://docs.aws.amazon.com/ja_jp/awsaccountbilling/latest/aboutv2/tracking-free-tier-usage.html   ハンズオンイベントは新しい技術に手軽に触れることができる非常に楽しいイベントです。そのイベントにおいて、お客様が予期せず課金が発生してしまうことを弊社では望んでおりません。このため、弊社主催のハンズオンイベントの最後には割り当てたリソースを解放する手順や時間を確保しています。もしご不明な点やリソースの削除が正しくなされているかご不安な方は、遠慮なく弊社スタッフまでお声がけください。 無料利用枠につきましてご不明点がございましたら、サポートセンターよりAWSカスタマーサービス窓口までお問合せくださいませ。 - プロダクトマーケティング エバンジェリスト 亀田  

Read More

[AWS Black Belt Online Seminar] クラウド設計・運用のベストプラクティス集 “AWS Well-Architected Framework” 資料及び QA 公開

先日 (2018/8/7) 開催しました AWS Black Belt Online Seminar 「クラウド設計・運用のベストプラクティス集 “AWS Well-Architected Framework”」 の資料を公開しました。当日、参加者の皆様から頂いた QA の一部についても共有しております。 20180807 AWS Black Belt Online Seminar AWS Well-Architected Framework from Amazon Web Services Japan QA Q. r3/r4の話がでてますが、r3のインスタンスでRIを購入している場合、r4に切り替えてもRIは適用外になるという理解であってますか? A. リザーブドインスタンス(RI)についてのご質問ですね。 割引率のより高いスタンダードRIについてはご認識の通りです。 一方で、2016年にリリースされたコンバーチブルRIでは、RI購入後に予約内容を交換することも出来ます(この場合はR3→R4) 交換については「交換元の RI と同等以上の新しい RI を取得する必要がある」などの条件もありますので、下記ブログやドキュメントをご参照ください。 コンバーチブルRI発表時のブログ RIの種類についてのドキュメント BlackBeltオンラインセミナー コスト最適化 リザーブドインスタンス資料 Q. セキュリティでトレーサビリティを有効にするとありましたが、どのような方法がありますでしょうか? A. CloudTrail、VPC Flow logsなどいろいろな手段があります。下記ドキュメントやホワイトペーパーなどもご参照ください。 20180403 AWS White […]

Read More

[AWS Black Belt Online Seminar] S3ユースケース紹介及びサービスアップデート解説 資料及び QA 公開

先日 (2018/7/31) 開催しました AWS Black Belt Online Seminar 「S3ユースケース紹介及びサービスアップデート解説」 の資料を公開しました。当日、参加者の皆様から頂いた QA の一部についても共有しております。 20180731 AWS Black Belt Online Seminar Amazon S3 ユースケースおよびサービスアップデート from Amazon Web Services Japan QA Q. S3アクセス速度を改善する方法があれば、教えてください A. 転送の速度について、インターネット経由で利用可能な帯域幅を十分に活用できていない、といった 課題感がおありになる場合には、Amazon S3 Transfer Accelerationを検討いただくと効果がある場合があります。 Webinar内でもご紹介しましたが、S3としては、スケールするリソースを用意していますので、 お手元からAWSへのネットワーク環境(インターネットやプライベートなネットワーク)をしっかり整備 いただくことが改善に繋がることが多いです。 Q. S3バケットを暗号化なしで使っていたが、途中からデフォルト暗号化しても問題はないでしょうか? A. デフォルト暗号化は、すでにオブジェクトが格納されているバケットに対しても適用可能です。 その際、デフォルト暗号化を適用する前に格納されていたオブジェクトについては、 適用されませんので、ご注意ください。既存のオブジェクトの暗号化は、これまで通り、 オブジェクトごとに適用いただけます。 Q. 東京リージョンの S3 バケットにあるファイルを 中国リージョンの S3 へコピーするには、どのような方法がありますか? A. 東京をはじめとする通常のリージョンから中国リージョンへは、S3のクロスリージョンレプリケーションが ご利用いただけないのは、お察しの通りです。 […]

Read More