Amazon Web Services ブログ

Tag: Amazon RDS

App Runner VPCネットワーク接続時における可観測性

AWS App Runner を利用すると任意の規模で web アプリケーションや API を素早くデプロイできます。ソースコードまたはコンテナイメージがあれば始められ、App Runner はアプリケーションに必要なサーバ、ネットワーク、ロードバランサをフルマネージドで提供します。もし必要があれば、App Runner でデプロイパイプラインの設定もできます。 2022/02 に App Runner が Amazon Virtual Private Cloud ( Amazon VPC ) をサポート、2022/04 に AWS X-Ray をサポートしたことを AWS はアナウンスしました。 VPC サポートによって、アプリケーションは自身が管理する Amazon VPC 内のプライベートなリソース、例えば Amazon Relational Database Service ( Amazon RDS ) や Amazon ElasticCache for Redis、Amazon ElasticCache for Memcached 等に接続できるようになりました。 X-Ray […]

Read More

Amazon RDS for Oracle で Oracle 診断イベントをシステムレベルで設定する

本投稿は、Lesley Ajanoh による記事 Set Oracle diagnostics system events on Amazon RDS for Oracle を翻訳したものです。 Amazon Relational Database Service (Amazon RDS) for Oracle では、Oracle サポートから要求される Oracle 診断イベントパラメータをシステムレベルで設定して、ORAエラーや異常な動作をしているプロセスの追加の診断情報を出力することが可能です。これらのイベントパラメータは、 rdsadmin.rdsadmin_util パッケージのシステムイベントプロシージャを使用して設定できます。2022 年第 1 四半期の時点で、このプロシージャでは、errorstack と context イベントタイプの設定と、設定可能な診断イベントパラメータのリスト表示をサポートしています。この設定可能なリストに存在しない診断イベントは、セッションレベルで (直接または LOGON トリガーを使用して)設定することもできます。診断イベントの設定の詳細については、「システム診断イベントの設定と設定の解除」を参照してください。

Read More

Amazon Macie を用いた Amazon RDS データベースのデータ分類方法

このブログは “Enabling data classification for Amazon RDS database with Macie” を翻訳したものです。 Amazon Macie を用いて Amazon Relational Database Service (Amazon RDS) インスタンスの機密データ検出方法について、お客様からご質問をいただいています。このブログでは、AWS Database Migration Service (AWS DMS) を使って Amazon RDS からデータを抽出し、Amazon Simple Storage Service (Amazon S3) に保存し、Macie を使ってデータを分類する方法について紹介します。Macie で得られた検出結果は、適切なチームから Amazon Athena で照会できるようにもなります。

Read More

2021 メディア業界のお客様向け AWS 勉強会 第八回「目指せ ! クラウドプラクティショナー」

2021/10/06 にメディア業界のお客様向けに AWS 勉強会を開催致しました。第八回では AWS 認定の中でも AWS クラウドの基礎知識とスキルを身につけることができるクラウドプラクティショナー認定の取得を目指す方向けに、ストレージとデータベースについての基礎知識をご説明するセミナーを実施しました。前半をストレージ編、後半をデータベース編、という2つのパートに分けて、ソリューションアーキテクトの金目よりご説明致しました。

Read More

Amazon Aurora PostgreSQL バージョン10.11、10.12、11.6、11.7のサポート終了のお知らせ

この投稿は、AWS フォーラムでご案内しているアナウンスメントの参考和訳です。 2022 年 3 月 16 日に、Aurora PostgreSQL はマイナーバージョン 10.11、10.12、11.6、11.7 のサポートを終了します。サポート終了するマイナーバージョンより新しいバージョンを利用することができます。新しいマイナーバージョンには、お客様の Aurora PostgreSQL インスタンスの運用やワークロードを改善する重要なアップデートが含まれています。少なくとも推奨される最小のマイナーバージョンにお早めにアップデートされることを強くお勧め致します。

Read More

Amazon RDS for Oracle バージョン 12.1.0.2と12.2.0.1 のサポート終了のお知らせ

この投稿は、AWS フォーラムで案内されたアナウンスメントの参考和訳です。 Oracle 社は、Oracle Database のバージョン 12.1.0.2 のサポートを 2022 年 7 月 31 日に終了することを発表しており、それ以降はこのデータベースバージョンの Critical Patch Update が Oracle サポートからリリースされなくなります。このサポート終了のスケジュールに基づき、Amazon RDS for Oracle は 2022 年 7 月 31 日に Oracle Database のバージョン 12.1.0.2 の廃止を予定しています。 Oracle 社は、Oracle Database のバージョン 12.2.0.1 のサポートを 2022 年 3 月 31 日に終了することを発表しており、それ以降はこのデータベースバージョンの Critical Patch Update が Oracle サポートからリリースされなくなります。このサポート終了のスケジュールに基づき、Amazon RDS for […]

Read More

Amazon RDS for Oracle バージョン 18cのサポート終了のお知らせ

この投稿は、AWS フォーラムで案内されたアナウンスメントの参考和訳です。 Oracle 社は、Oracle Database のバージョン 18c のサポートを 2021 年 6 月 30 日に終了することを発表しており、それ以降はこのデータベースバージョンの Critical Patch Update が Oracle サポートからリリースされなくなります。このサポート終了のスケジュールに基づき、Amazon RDS for Oracle は 2021 年 6 月 30 日に Oracle Database のバージョン 18c の廃止を予定しています。 Amazon RDS for Oracle は、すべての 18c の DB インスタンスを 2021 年 7 月 1 日以降に 19c に自動アップグレードします。これらの自動アップグレードは、お客様のメンテナンスウィンドウでは行われない可能性があります。メンテナンス期間中にアップグレードを行う必要がある場合は、できるだけ早くアップグレードを計画してください。 すでに DB インスタンスを上位バージョンにアップグレードしている場合は、対応の必要はありません。そうでない場合、 […]

Read More

AWS Backup を使った Amazon RDS インスタンスの継続的なバックアップとポイントインタイムリカバリ

このブログはKelly Griffin (Solutions Architect at AWS specializing in Storage and Cloud infrastructure solutions)によって執筆された内容を⽇本語化した物です。原⽂はこちらを参照して下さい。 2021年3月10日に、AWS Backupは、Amazon Relational Database Service(Amazon RDS)の継続的なバックアップとポイントインタイムリカバリー(PITR)のサポートを発表しました。この機能により、お客様はAmazon RDSのバックアップデータを保持期間内の指定された時間から復旧することができます。データベースやバックアップの管理者は、AWS Backupコンソールから直接、RPO(Recovery Point Objective)を5分以下に短縮することができます。 AWS Backupは、費用対効果が高く、フルマネージドで、ポリシーベースで管理ができるサービスで、大規模なデータの保護とバックアップを簡素化します。加えて、お客様のコンプライアンス遵守義務をサポートし、事業継続の目標を達成するのに役立ちます。AWS Organizationsとともに、AWS Backupは、データ保護(バックアップ)ポリシーを集中的に展開し、組織のAWSアカウントやリソースを含むバックアップアクティビティを以下のサービスで設定、管理、統制することができます:

Read More

より低コストで高い性能を実現:SQL ServerのコストパフォーマンスでAWSがAzureを上回る

このブログでは、2021年2月25日にPrincipled Technologies社により発行されたベンチマーク資料をレビューしていきたいと思います。このベンチマークによると、同じSQL Serverワークロードを稼働させる上で、Amazon Elastic Compute Cloud(Amazon EC2)のR5b.8xlargeインスタンスがAzure E64_32s_v4 VMよりも低いコストで高い性能を発揮しています。
AWSはWindowsワークロード向けに優れたコストパフォーマンスを提供するだけでなく、クラウド上でWindowsを稼働させるより良い方法をご用意しています。既存のデータベースをEC2にリホストするにも、Amazon Relational Database for SQL Server(RDS)を利用しマネージドサービスに移行するにも、またはクラウドネイティブなデータベースにモダン化するにも、AWSはお客様がクラウドを最大限ご活用いただけるよう必要なサービスを揃えてお待ちしています。

Read More

VMware Cloud on AWSのアカウントとVPCに関する考慮事項

AWSでSr. Partner Solutions Architectを務めるSchneider Larbiによる記事です。 VMware Cloud on AWSは、VMwareとアマゾン ウェブ サービス (AWS)が共同開発をした、AWSのグローバルインフラストラクチャ上でお客様のVMwareワークロードの実行を可能にするサービスです。 VMware Cloud on AWSサービスのデプロイ中に、Software Defined Data Center (SDDC)がAWS (またはお客様の)アカウントに接続され、ネイティブAWSサービスにシームレスにアクセスが可能となります。 この記事では、ネイティブAWSサービス連携を活用するために、VMware Cloud on AWSに接続するAWSアカウント及びそれぞれのAmazon Virtual Private Cloud (VPC)に関するガイダンスを提供いたします。

Read More