Amazon Web Services ブログ

Tag: AWS IoT

AWS IoT Greengrassとローカルデバイスの連携について

AWS IoT Greengrass は、エッジでのデバイスソフトウェアの構築、デプロイ、管理を支援するオープンソースのエッジランタイムおよびクラウドサービスです。AWS IoT Greengrass Version 2.2.0 には、MQTT を使用して AWS IoT Greengrass Core にローカルに接続するためのローカルクライアントおよび、デバイス (クライアントデバイス) のサポートが追加されました。クライアントデバイスは、MQTT(Message Queuing Telemetry Transport protocol) を使用してクラウド内の AWS IoT Core にメッセージを安全に送受信したり、IPC(Interprocess communication) を介して他のコンポーネントと通信したりできます。

Read More

AWS IoT Greengrass V2 ハンズオンを公開 – デバイスソフトウェアの開発、デプロイ方法について学べます

こんにちは、ソリューションアーキテクトの原田です。この記事では、AWS IoT Greengrass V2(Version 2)ハンズオンについてご紹介します。 AWS IoT Greengrassとは、次のようなサービスです。 AWS IoT Greengrass は、モノのインターネット (IoT) のオープンソースエッジランタイムおよびクラウドサービスであり、デバイスソフトウェアの構築、デプロイ、および管理を支援します。お客様は、家庭、工場、車両、企業の何百万台のデバイスで IoT アプリケーションに AWS IoT Greengrass を使用しています。デバイスをプログラムして、生成したデータにローカルで対応し、機械学習モデルに基づいて予測を実行し、デバイスデータをフィルタリングして集計して、必要な情報のみをクラウドに送信することができます。 AWS IoT Greengrassサービスページより抜粋 AWS IoT Greengrass V2 は、re:Invent 2020 にて一般提供されました。V2では、エッジランタイムがオープンソースで提供され、AWS Lambdaに限らずアプリケーションを開発できるようになりました。モジュール性のある、コンポーネント単位での開発/デプロイの機能や、新しく追加されたローカル開発ツールにより、アプリケーションの開発がより行いやすくなりました。 このハンズオンでは、実際に手を動かしながら、Greengrass V2の基本機能やアプリケーションの開発方法を学ぶことができます。また、エッジランタイムをAWSサービス上で動作させるため、エッジデバイス実機を用意していただく必要はなく、AWSアカウントとブラウザがあればすぐに試すことができます。こちらのハンズオンを通じて体験する開発方法や、作成するアプリケーションは、次のステップとして実機での利用に活用していただくことが可能です。 ハンズオンには、以下のリンクよりアクセスできます。 https://greengrassv2.workshop.aws/ja/

Read More

IoT@Loft #19 スマート工場(IIoT)に向けた課題と取り組み 〜見える化、予知保全、品質管理〜 vol.3

こんにちは、プロトタイピングソリューションアーキテクトの渡邉です。 2021/5/19に開催されたIoT@Loftの19回目である、「スマート工場(IIoT)に向けた課題と取り組み 〜見える化、予知保全、品質管理〜 vol.3」のご紹介をさせていただきます。

Read More

AWS IoT Analyticsハンズオンを公開 – データの蓄積からBIツールによる可視化について学びます

こんにちは、Prototyping Solutions Architectの市川です。この記事では、AWS IoT IoT Analyticsハンズオンについてご紹介します。 AWS IoT IoT Analyticsとはどのようなサービスかといいますと、サービスページの抜粋ですが、 AWS IoT Analytics は、膨大な量の IoT データの高度な分析を簡単に実行および操作できる完全マネージド型サービスです。IoT 分析プラットフォームの構築に通常伴うコストや複雑さについて心配する必要はありません。このサービスは、IoT アプリケーションや機械学習のユースケースで最適かつ正確な判断を下すために、IoT データを分析してインサイトを得る最も簡単な手段です。

Read More

AWS IoT SiteWise ハンズオンを公開 – デバイスからのデータ収集、データ連携、収集したデータのモニタリング方法について学べます

こんにちは!ソリューションアーキテクトの久次米です。この記事では、 AWS IoT SiteWise ハンズオンについてご紹介します。なお、 2021年5月12日 現在では、 AWS IoT SiteWiseは東京・大阪リージョンで利用することはできないため、利用可能な他のリージョンを活用ください。 ※ 2021年10月7日に東京、ムンバイ、ソウルのリージョンでも利用可能となりました。 AWS IoT SiteWise サービスページより抜粋 AWS IoT SiteWise は、産業機器からのデータの大規模な収集、保存、整理、モニタリングを容易にして、より優れたデータ主導の意思決定を行うことができるようにするマネージドサービスです。AWS IoT SiteWise を使用すれば、全施設にわたる運用のモニタリングや、一般的な産業パフォーマンスメトリクスの迅速なコンピューティングが可能なほか、産業機器データを分析するアプリケーションを作成して、コストのかさむ機器の問題を予防したり、生産のギャップを減らしたりできます。これにより、デバイス間で一貫してデータを収集し、リモート監視で問題をより迅速に特定し、一元化されたデータでマルチサイトプロセスを改善できます。 ハンズオンの構成 このハンズオンでは、 AWS IoT SiteWise を学習するにあたり、3 つの発電所 (Power Plant) に各々2つの発電機 (Generator) がある環境をシミュレートします。各発電機からは温度、回転数や発電量などのデータ (メトリクス) を収集・保存し、生産設備の稼働効率に関する階層化された指標である設備総合効率 (Overall Equipment Effectiveness = OEE) に沿って可視化しモニタリングする方法を、実際に手を動かしながら 3〜4 時間ほどで学ぶことが出来ます。 ハンズオンを始めるにあたっては、デバイスなどを用意せず、ブラウザのみで簡単に学べます。

Read More

AWS IoT EduKitワークショップ日本語版の公開

こんにちは、Prototyping Solutions Architectの市川です。昨年のre:Invent 2020でAWS のサービスを使った IoT アプリケーションの構築を学ぶ簡単な方法である AWS IoT EduKitを公開しました。 ブログ:AWS IoT EduKit のご紹介 既に試された方も多くいらっしゃるかと思いますが、この度ワークショップ資料の日本語版を公開しました。日本語版のほうが作業をすすめる上でわかりやすい方には、この機会に是非試していただければと思います。 https://edukit.workshop.aws/jp/

Read More