Amazon Web Services ブログ

Tag: Serverless

ドローンとAIを活用した風力発電所のメンテナンスの自動化

この記事は、「Automating Wind Farm Maintenance Using Drones and AI」を翻訳したものです。 はじめに 風力タービンのメンテナンスは、高額でハイリスクな作業です。ニュースサイトの最近の分析によると、風力発電所のオーナーは、10年間で400億ドル以上を運用・保守に費やすと予想されています。また、別の最近の研究  では、従来のロープを使った検査の代わりにドローンを使った検査を行うことで、運用コストを70%削減し、さらにダウンタイムによる収益の損失を最大90%減少させることができるとしています。 このブログ記事では、ドローン、機械学習(ML)、モノのインターネット(IoT)をエッジとクラウドで活用することで、タービンのメンテナンスをより安全に、よりコストを抑えて行う方法を紹介します。まず、機械学習モデルをクラウド上で学習させ、タービンブレード上の腐食、摩耗、アイシングなどの危険を検出しました。機械学習部分の詳細は、前回のブログ記事でご紹介しています。このモデルをエッジに展開することで、より安全で迅速な検査を実現します。また、クラウドへの継続的な接続を必要とせず、オフラインでも動作します。ユニークなのは、Amazon Augmented AI を通じて、カスタムアラートや条件に基づいて調査結果に関与できる既存のメンテナンスチームを組み込むことができることです。この方法では、専門家があなたから指定された通りにレビューを行うというように、機械学習モデルを継続的な学習プロセスの中に組み込むことができます。このブログ記事は、re:Invent 2020 のビルダー・フェア・プロジェクト「Automating Wind Turbine Maintenance Using Drones and AI」の続きになります。

Read More
Graphing lowest costs against fastest time

Operating Lambda: パフォーマンスの最適化 – Part 2

Operating Lambda シリーズでは、AWS Lambda ベースのアプリケーションを管理している開発者、アーキテクト、およびシステム管理者向けの重要なトピックを取り上げます。この 3 部構成のシリーズでは、Lambda ベースのアプリケーションのパフォーマンスの最適化について説明します。 パート1では、Lambda 実行環境のライフサイクルについて説明し、コールドスタートを定義、測定、改善する方法について説明しました。このブログでは、メモリ構成が Lambda のパフォーマンスに及ぼす影響と、静的初期化コードを最適化する方法について説明します。

Read More
Provisioned Concurrency scaling behavior

Operating Lambda: パフォーマンスの最適化 – Part 1

Operating Lambda シリーズでは、AWS Lambda ベースのアプリケーションを管理している開発者、アーキテクト、およびシステム管理者向けの重要なトピックを取り上げます。この 3 部構成のシリーズでは、Lambda ベースのアプリケーションのパフォーマンスの最適化について説明します。

Read More

[AWS Black Belt Online Seminar] CON202 ECS での Fargate 入門

AWS Black Belt オンラインセミナー「CON202 ECS での Fargate 入門」を公開します。視聴は YouTube から、資料閲覧は SlideShare から可能です。 本セッションは、Amazon Elastic Container Service (Amazon ECS) において実行環境 (データプレーン) として AWS Fargate を利用することについて、コンテナをサーバーレスで利用するメリットや、Amazon Elastic Compute Cloud (Amazon EC2) をコンテナの実行環境として利用する場合との比較を行いながら、AWS Fargate の特徴を短い動画でご紹介いたします。 Amazon ECS や AWS におけるコンテナ実行環境に興味がある、Docker やコンテナの概念を多少ご存じの方など、Amazon ECS や Fargate の初心者の方を対象とした内容ですので、是非お気軽にご覧ください。 なお、本セッションは「CON201 ECS 入門」と関連しておりますので、是非こちらのセッションも合わせてご覧ください。 今回の YouTube は AWS Black Belt オンライン AWS コンテナサービスシリーズの YouTube […]

Read More
そろそろマネージド、クラウドネイティブで行こう!サーバーレスへのチャレンジ

【開催報告】そろそろマネージド、クラウドネイティブで行こう!サーバーレスへのチャレンジ

こんにちは アマゾン ウェブ サービス ジャパン 株式会社 ソリューションアーキテクトの安達です。 2021年7月14日に「そろそろマネージド、クラウドネイティブで行こう!サーバーレスへのチャレンジ」を開催いたしました。 本記事では、セミナーの内容や当日の資料を皆様にご紹介します。 前回のコンテナ編のイベント開催報告ブログは、こちらになりますので、こちらも是非ご覧ください。 開催の背景 マネージドやクラウドネイティブが気になっているけど、まだ手を出せていない方や、部分的には使っているけど、まだまだ現状の運用に負荷を感じている方、多くいらっしゃると思います。そのような方向けに、「そろそろマネージド、クラウドネイティブで行こう!」セミナーシリーズを作りました。本シリーズでは3回に渡って、コンテナ、サーバーレス、マネージド NoSQL DB にフォーカスした内容をお届けする予定です。 今回はその第2回目のサーバーレス編でした。本セミナーでは、新規にサーバーレスの導入を検討されている方、既存のアプリケーションをサーバーレスに移行を検討されている方、よりサーバーレスを活用していきたい方など、様々なフェーズの方々を対象に、実際に最前線でサーバーレスの活用をされているお客様の事例や、そこで学んだことなどを共有いただきました。また、AWSより、サーバーレスを使った段階的なモダンアプリケーション化の適用ステップについてもご紹介しました。

Read More

[AWS Black Belt Online Seminar] CON350 コンテナとサーバレスの使い分け 資料公開

AWS Black Belt オンラインセミナー「CON350 コンテナとサーバレスの使い分け」を公開します。先日開始した、AWS Black Belt オンラインセミナーのコンテナサービスのビデオ(13分ほど)です。視聴は YouTubeから、資料閲覧は SlideShareから可能です。 サーバレスには魅力が沢山あります。サーバ管理不要、柔軟なスケーリングが利用可能、アイドル時もリソース確保不要、高可用性が組み込み済みなど盛りだくさんです。コンテナスペシャリストとして仕事をしている私ですが、サーバレスは本当に魅力的です。知った上でコンテナを使いたいですよね。 AWSのソリューションアーキテクトとして仕事していると、多くのお客様やパートナーの方からコンテナとサーバレスを勉強はしてきたものの、コンテナとサーバレスをどのように使い分けたらいいのかがわからないので指針がほしいという声をしばしば聞きます。今回のセミナーはそのために作成しました。 説明の中では、3層構造のよくある Web サイト構築をコンテナとサーバレス(と、Amazon EC2)で行う場合について比較をしています。サーバレスでの構築では、Amazon API Gateway を使って、コンテナではロードバランサを使っています。外部からのHTTPリクエスト処理ひとつとっても完全に同じではないのでわかりやすい違いがあります。 どちらでも実装できるのだが、という場合に役に立つのは11ページ目です。コンテナでいくのか、AWS Lambda でいくのかというディシジョンツリーを解説しています。こちらもぜひ御覧ください。 今回の YouTube も AWS Black BeltオンラインAWS コンテナサービスシリーズのYouTubeの再生リストに追加しています。こちらもご利用ください。 AWS Black Belt Online Seminar 全体の資料はこちらにあります AWS Black Belt Online Seminar オンデマンド動画 コンテンツ 一覧 AWS サービス別資料 (すべての過去資料が閲覧できます) 本記事およびスピーカーはいずれも、AWSコンテナスペシャリスト プリンシパルソリューションアーキテクトの荒木が担当しています。  

Read More
Custom checkpointing walkthrough

AWS Lambda でのカスタムチェックポイントによるバッチ処理の最適化

AWS Lambdaは、Amazon Kinesis Data StreamsやAmazon DynamoDB Streamsなどのソースから取得した複数メッセージをバッチ処理できます。通常の操作では、処理を行う関数は1つのバッチから次のバッチに移動して、ストリームからのメッセージを消費します。 ただし、バッチ内のアイテムの1つでエラーが発生すると、そのバッチ内の同じメッセージ群の一部が再処理される可能性があります。新しいカスタムチェックポイント機能により、失敗したメッセージを含むバッチの処理方法をより詳細に制御できるようになりました。 このブログ記事では、バッチ失敗時のデフォルトの動作と、このエラー状態に対処するために開発者が使用可能なオプションについて説明します。また、この新しいチェックポイント機能の使用方法について説明し、ストリーム処理を行う関数内でこの機能を使用する利点についても説明します。

Read More
Solution architecture

Amazon S3 Object Lambda を使用してコンテンツを動的に翻訳する

この投稿はシニアソリューションアーキテクト、Sandeep Mohantyによって書かれました。 最近発表された Amazon S3 Object Lambda は、S3 バケット内のデータを動的に変換することで多くの可能性を生み出します。S3 Object Lambda を他の AWS サーバーレスサービスと共に使用して、S3 に保存されているコンテンツをさまざまなクリエイティブな方法で変換できます。1 つの例は、Amazon Translate で S3 Object Lambda を使用して、オンデマンドで S3 バケットのコンテンツを翻訳して提供することです。

Read More

AWS Step Functions と Amazon EventBridge のサービス統合のご紹介

この記事は Sr Serverless Specialist SA, Stephen Liedig による寄稿の翻訳です。 AWS Step Functions が Amazon EventBridge と統合し、ワークフロー中でイベントを生成するためのシンプルなソリューションが提供可能になりました。 Step Functions を使用すると、AWS Lambda, Amazon SNS, Amazon DynamoDB などの AWS サービスを使用した、弾力性のあるサーバーレスオーケストレーションワークフローを構築できます。Step Functions の特定のステートマシンの実行履歴は、AWS マネジメントコンソールまたは Amazon CloudWatch Logs で確認できます。

Read More

新しいクラスルームトレーニングでサーバーレススキルをさらに向上させる

この記事は、2021年4月6日に Ed Van Sickle によって投稿された Furthering your serverless skills with a new training course を翻訳したものです。 サーバーレスを使用すると、俊敏なアプリケーションを構築できるため、イノベーションと変化への迅速な対応が可能になります。サーバーレスコンピューティングでは、キャパシティのプロビジョニングやパッチ適用などのインフラストラクチャ管理タスクは AWS によって行われるため、顧客にサービスを提供するコードの記述のみに集中できます。AWS Lambda などのサービスには、オートスケーリング、組み込みの高可用性、および従量課金モデルが含まれています。Lambda はイベント駆動型のコンピューティングサービスであり、サーバーを管理することなく、150 を超えるネイティブに統合された AWS および SaaS ソースからのイベントに応答してコードを実行できます。 サーバーレスは考え方でもあります。そのため、サーバーレスの開発者は「サーバーレス “も” (serverless also)」ではなく「サーバーレス “から” もしくは サーバーレス “ファースト” (serverless first)」と考えます。 より多くの開発者がこの「サーバーレスファースト」な考え方に移行しています。これから Developing Serverless Solutions on AWS という新しいクラスルームトレーニングでサーバーレススキルをさらに向上させることができます。

Read More