Amazon Web Services ブログ

Tag: Serverless

高速、低コストで、より良いAPIの構築 – HTTP APIが利用可能(GA)になりました

本投稿は、Senior Developer Advocate, AWS Serverless Applications のEric Johnsonの寄稿によるものです。 2015年7月、AWSはAmazon API Gatewayを発表しました。これにより、開発者はさまざまな種類のアーキテクチャのフロントに配置して安全でスケーラブルなAPIを迅速に構築できるようになりました。それ以来、API Gatewayチームは顧客向けの新しい機能とサービスを構築し続けています。 図1: API Gateway機能追加タイムライン 2019年初頭、チームは現在のサービスを評価し、API Gatewayの次の姿がどうあるべきか計画を立てました。新しい言語と技術によるプロトタイプを作成し、RESTおよびWebSocket APIの構築から学んだ教訓を適用し、そして、顧客のフィードバックを入念に調べました。その結果として、Amazon API GatewayのHTTP APIが完成しました。これは、より高速で、より低コストで使い易くなるように、ゼロから構築されたサービスです。要するに、HTTP APIはAPIを構築するためのより良いソリューションを提供します。APIを構築していて、HTTP APIが要件に合っている場合は、HTTP APIから始めるのが良いでしょう。   より速く ほとんどのユースケースで、HTTP APIはレイテンシを最大60%削減します。開発者は、最小限のレイテンシと最大限の機能を備えたアプリケーションの構築に苦心しており、アプリケーションプロセスに関係する各サービスがレイテンシを追加する可能性があることを理解しています。 図2: すべてのサービスがレイテンシを追加   これを念頭に置いて、HTTP APIは、API Gatewayサービスのレイテンシオーバーヘッドを削減するように構築されています。リクエストとレスポンスの両方を足し合わせても、すべてのリクエストの99%(p99)でHTTP APIからの追加レイテンシが10ミリ秒未満になります。   より低コストで Amazonでは、中核となるLeadership Principles の一つとして、Frugality(倹約)があります。私たちは、費用対効果の高い方法で物事を行い、その節約がお客様に還元されることを信じています。新しいテクノロジーが利用可能になり、ほぼ5年間にわたりAPI Gatewayを運用し得た専門知識により、より効率的に実行するためにHTTP APIを構築しました。 図3: REST / HTTP APIの価格比較 us-east-1の価格設定を使用して説明します。図3は、1か月あたりの1億回、5億回、および10億回のリクエストのコスト比較を示しています。全体的に、HTTP APIは、API Gateway REST APIと比較して少なくとも71%低コストです。   よりシンプルに HTTP […]

Read More

AWS LambdaでAmazon RDS Proxyを使用する

本投稿は、Principal Solutions Architectである George Maoの寄稿によるものです。 AWSサーバーレスプラットフォームは、デマンドに応じて自動的に拡張するアプリケーションを構築することができます。大量アクセスがある間、 Amazon API Gateway と AWS Lambda は負荷に応じて自動的にスケールします。 多くの場合、開発者は、Lambda関数からリレーショナルデータベースに保存されたデータにアクセスする必要が出てきます。しかし、Lambdaからデータベースへの多すぎるコネクションにより過負荷にならないようにすることは難しい場合があります。リレーショナルデータベースの最大同時接続数は、データベースのサイズによって異なります。 これは、各コネクションがデータベースサーバー上のメモリとCPUリソースを消費するためです。Lambda関数は数万の同時接続数までスケールできるため、それに対応するには、データベースはクエリを実行するだけでなく、コネクションを維持するためにより多くのリソースが必要になります。 スケーリングの詳細については、アーキテクチャブログの投稿「サーバーレスアプリを大規模に設計する方法」も参照してください。 RDSを使用したサーバーレスアーキテクチャ Lambdaは数万の同時リクエストに応じて簡単にスケールできるため、そのような状況において、この設計ではバックエンドのリレーショナルデータベースに高い負荷がかかります。通常は、リレーショナルデータベースは、Lambdaのスケーラビリティに応じた同時接続を受け入れるように設計されていません。 Amazon RDSのデータベースプロキシ 本日(2019年12月3日 PST)、Amazon RDS Proxyのプレビューを発表できることを嬉しく思います。 RDS Proxyは、アプリケーションとRDSデータベースの間の仲介役として機能します。RDS Proxyは、必要となるデータベースへのコネクションプールを確立および管理し、アプリケーションからのデータベース接続を少なく抑えます。 データベースへのSQL呼び出しを行うアプリケーションには、RDS Proxyを使用できます。ただし、サーバーレスのコンテキストでは、これによりLambda利用の体験がどのように改善されるかに焦点を当てています。RDS Proxyは、Lambda関数からデータベースに直接流れるすべてのデータベーストラフィックを処理します。 Lambda関数は、データベースインスタンスではなくRDS Proxyと対話します。RDS Proxyは、Lambda関数の同時実行によって作成された大量の同時接続をスケーリングするために必要なコネクションをプーリングします。これにより、Lambdaアプリケーションは、Lambda関数呼び出しごとに新しいコネクションを作成するのではなく、既存のコネクションを再利用できます。 RDS Proxyは自動的にスケーリングされるため、データベースインスタンスでコネクション管理に必要なメモリとCPUリソースが少なくなります。また、暖機されたコネクションプールを使用することでパフォーマンス向上にもつながります。RDS Proxyを使用すると、アイドル接続のクリーンアップとコネクションプールの管理を処理するコードが不要になります。Lambda関数コードは、より簡潔でシンプルとなり、保守性が向上します。 Amazon RDS Proxyを利用してみよう Amazon RDS Proxyは、プレビューであり、留意事項がいくつかあります。 現在、MySQLバージョン5.6または5.7で実行されるAmazon RDS MySQL、または、Aurora MySQLをサポートしています。 プレビューは、アジア太平洋(東京)、EU(アイルランド)、米国東部(オハイオ)、米国東部(バージニア北部)、米国西部(オレゴン)で利用できます。 パブリックプレビュー中においては、AWSマネジメントコンソールを使用してRDS Proxyを設定する必要があります。 プレビューである事に起因した変更が発生する可能性があるため、本番ワークロードにはこのサービスを使用しないでください。 サービスの詳細な説明については、プレビューガイドを確認してください。 前提条件 Amazon RDS MySQL、または、Aurora […]

Read More

Kinesis と DynamoDB をイベントソースにする際の AWS Lambda の新しいスケーリング管理

AWS Lambda は、Amazon Kinesis Data Streams と Amazon DynamoDB ストリームのイベントソースで利用可能な、新しいスケーリングパラメータを導入しました。Parallelization Factor は、各シャードにおける Lambda 関数呼び出しの同時実行数を増やす設定を可能にします。このパラメータは、デフォルトでは 1 です。これによって、処理されるレコードの順序を保証しながら、シャード数を過大にスケールすることなく、より高速なストリーム処理が可能になります。

Read More

Lambda@Edge デザインベストプラクティス

Lambda@Edge をより活用いただくために Lambda@Edge ベストプラクティスシリーズと題したブログを連載します。この中ではいくつかのユースケースを用いて Lambda@Edge をどのように利用すればよいか、CI/CD パイプラインにどのように組み込むべきか、ビジネスニーズに応える形で組み込まれていることを担保するためにはどのように考えればよいか等について取り上げます。 記念すべき初回は Lambda@Edge のデザインベストプラクティスについて取り上げます。いくつか一般的なユースケースをもとに関数をどのタイミングで実行するのが良いのか、それはどのような観点で選択されるべきかということについてパフォーマンス及びコスト最適化の観点から推奨構成について説明していきたいと思います。

Read More