Amazon Web Services ブログ

Category: Compute

make_transfer_use

Amazon Kendra を用いた社内ナレッジ共有の推進

本稿では、「多くの企業が抱えるナレッジ共有の悩みを Amazon Kendra でどのように解消したのか?」をテーマに、株式会社ブレインパッドの取り組みを、「企業が抱えるナレッジ共有の悩みとは?」「なぜ Amazon Kendra を採用したのか?」「どのように実装したのか?」「便利なツールがあっても使われなければ意味がない、普及の壁をどう乗り越えたのか?」という4つのポイントでまとめています。

AWS Backup を使用して Amazon S3 のオブジェクトをリストアするときに、最終更新日時のタイムスタンプを保持する

Amazon S3 オブジェクトを AWS Backup でリストアする際に最終更新日時のタイムスタンプを保存する方法

通常、規制の厳しい業界のお客様は、データの整合性を維持し、ライフタイム全体を通じて利用できるよう義務付けられた規則に従っています。整合性要件を満たすためには、関連する任意の監査証跡やオブジェクト作成日時、最終更新日時、タグなどのメタデータ情報と共にデータはリストア可能でなければなりません。

Amazon VPC Lattice と AWS Gateway API コントローラーのご紹介:Kubernetes Gateway API の実装

AWS は Amazon Virtual Private Cloud (Amazon VPC) の新機能である Amazon VPC Lattice の一般提供を発表しました。サービス間通信の接続、保護、監視をおこなう一貫した方法が提供されます。Amazon VPC Lattice の提供の一環として、Kubernetes Gateway API の実装である AWS Gateway API コントローラー を紹介します。

Amazon S3 File Gateway による大規模データ移行とコスト削減

データをクラウドに移行するには、さまざまなタイプのデータ移行経験や、ソースデータ構造やメタデータを保持する仕組みが必要です。お客様はオンプレミスのファイルデータを従来のファイルサーバーに格納する際、データライフサイクル管理等の理由でデータ作成時のタイムスタンプを併せて保持することが多くあります。一方でお客様は、データ構造やメタデータを保持しハイブリッドクラウド構成をサポートするような、クラウドへの移行方法を悩まれているのではないでしょうか。その結果として、お客様はコストやパフォーマンス、スケールなど、クラウドストレージのメリットを最大限享受できなくなります。