Amazon Web Services ブログ

Category: Industries

Amazon の機械学習とデータレイクでエネルギー使用量を予測する

あらゆる種類や規模の公益事業やエネルギー供給会社の幹部は、エネルギー使用量を予測するというニーズを複数抱えています。たとえば最高顧客責任者として、あなたのチームは家庭レベルのエネルギー使用量を予測して、そのご家庭に高額請求の可能性があると警告を送ったり、前払いや月末のエネルギー料金を予測したりすることができます。エネルギー効率化および商業エネルギープログラムの責任者として、あなたのチームはさまざまなエネルギー効率化施策を適用した際にどれくらいエネルギー消費を抑えられるのかを予測したり、最適な施策をおすすめしたりすることができます。

Read More

金融機関が機密性の高いデータのためにAWS のサービスを承認する方法

本投稿は ワールドワイドで金融業界を担当している プリンシパルソリューションアーキテクト の Ilya Epshteyn による寄稿を翻訳したものです。 グローバル展開されている金融事業グループの中でプリンシパルソリューションアーキテクトとして、私が最もよく聞かれる質問の1つは、特定の AWS サービスが 金融サービスで利用可能かどうかです。金融サービスのような規制された業界では、クラウドへの移行は単純なリフト&シフト作業ではありません。代わりに、金融機関は、 一般的にホワイトリストと呼ばれる秩序だったサービスごとの評価プロセスを使用して、クラウドサービスが規制上の義務にどのように対応できるかを実証しています。このプロセスが明確に定義されていない場合、クラウドにデータを移行する作業が遅れる可能性があります。 この記事では、最も機密性の高いデータに対するクラウドサービスのホワイトリスト化を簡素化するため、金融機関が焦点を当てるべき 5つの重要な考慮事項 で構成されるフレームワークについてご説明します。また、⾦融サービス組織がこの作業をする上で役⽴つ重要な AWS 機能についても概説します。 5 つの重要な考慮事項は、以下の通りです: コンプライアンスの達成 データ保護 コンピューティング環境の隔離 API による監査の自動化 運用上のアクセスとセキュリティ 私がこれまで関わってきたビジネスリーダーやテクノロジーリーダーの多くにとって、俊敏性と素早い変革がクラウド化の最大の推進要因です。金融サービス機関はクラウドに移行することで、パーソナライズされたデジタルエクスペリエンスの開発、データサイロの打破、新商品の開発、既存商品の利益率の向上、グローバルなリスクとコンプライアンス要件への積極的な対応を行いやすくしています。幅広い AWS サービスを使用する AWS のお客様は、クラウド導入の段階を進むにつれて俊敏性を高めることができるようになります。幅広いサービスを使用することで、組織は差別化につながらない面倒な部分を AWS に任せて、コアビジネスと顧客に集中することができます。 私の目標は、金融サービス機関が(本番環境とミッションクリティカルなワークロードの両方で)自社の極めて機密性の高いデータをクラウドに移行することに対し、ガイドを提供することです。以下の考慮事項は、金融サービス組織がクラウドサービスへの準備状況を判断し、クラウドで成功を収めるのに役立つでしょう。 1. コンプライアンスの達成 ホワイトリストのプロセスを使用する金融機関にとっての最初のステップは、クラウドサービスプロバイダー (CSP) のサービスの基盤となるコンポーネントが、基準となるコンプライアンスのベースラインを満たせるようにすることです。これについて確信を持つための重要な前提条件は、 AWS 責任共有モデルを理解することです。責任共有とは、AWS 上でアプリケーションが安全に機能するためには、CSP としてのAWSおよびお客様との両者でのアクションが必要であることを意味します。AWS のお客様は、クラウド 内 のセキュリティに責任があります。お客様は、コンテンツ、アプリケーション、システム、ネットワークのセキュリティを制御および管理します。 AWS は、 クラウドの セキュリティを管理し、サービスと機能の適切な運用の提供および維持し、AWS のインフラストラクチャとサービスの保護、運用上の優秀性の維持、関連する法的および規制要件を満たします。 責任共有モデルのAWS 側への信頼を確信するために、お客様は、独立した第三者監査人が作成したAWS System and Organization Controls […]

Read More

【開催報告】AWS Autotech Forum 2019

みなさんこんにちは。ソリューションアーキテクトの岡本です。10/25 に AWS が主催する自動車業界向けイベント「AWS Autotech Forum 2019」が開催されました。「AWS と自動車業界」という組み合わせを意外に感じる方も多いのではないでしょうか?実は自動車業界の様々なワークロードや取り組みの中で AWS が活用されております。本イベントでは Mobility as a Service(MaaS) 、自動運転開発、コネクテッドカー、エッジコンピューティング等の分野に携わるビジネスリーダー及びエンジニアの方々をお招きし、この領域で AWS を活用頂いているお客様から最新の取り組みをご紹介いただきました。本ブログでは各セッションやデモブースの内容を紹介したいと思います。 オープニングセッション 「拡がるモビリティーサービスの実現に向けて」と題し、AWS ソリューションアーキテクト岡本から今年のイベントテーマである MaaS を巡る市場動向を紹介しました。技術トレンドとしての CASE(Connected/Autonomous/Shared/Electric) がそれぞれ深化する中でビジネストレンド MaaS の注目度が高まっており、今後大きな市場の出現が期待されています。MaaS にはエマージングビジネスの側面と企業間アライアンスによる新プラットフォームビジネスの側面があり、それぞれ技術基盤に求められる要件が異なりますが、AWS を活用頂くことでこれらの要件を満たし、ビジネスに集中して頂くことができます。 エマージングビジネスに必要な基盤の要件 コア領域に集中 アイデアをすぐ形に スケーラビリティ 企業間連携及び新プラットフォームに必要な基盤の要件 セキュアなデータ連携 グローバルフットプリント 学習コストの最小化(技術者の”共通言語”化) またゲストスピーカーとしてイスラエル発のスタートアップである Otonomo 様の平戸様と、日本の多くの自動車会社と連携し社会インフラとしての MaaS プラットフォームを推進されている MONET Technologies 株式会社様の 湧川様にご登壇頂き、最新の取り組みをご紹介頂きました。 ブレイクアウトセッション デンソーの MaaS 開発 ~アジャイル開発で顧客との協調・チームビルディング・実装概要~ 株式会社デンソー このセッションでは、Small Start でソフトウェアファーストな開発を行う手法として、デンソー デジタルイノベーション室で採用されているアジャイル開発の手法について講演いただきました。試作から本番までの開発プロセスを 4 […]

Read More