Amazon Web Services ブログ

Category: Industries

202

【Inter BEE 2021登壇事例】株式会社AbemaTV「AWS を活用したコンテンツ価値を最大化するABEMAのクラウド戦略」

AWSは2021年11月17日−19日にて開催のInter BEE 2021にオンライン出展しました。今回はInter BEE 2021出展社セミナーで登壇いただいた内容をBlogでお伝えします。本Blogでは、株式会社AbemaTV 「AWSを活用したコンテンツ価値を最大化するABEMAクラウド戦略」の概要について簡単にご紹介させていただきます。

Read More
201

【Inter BEE 2021登壇事例】株式会社TBSテレビ「AWS を活用したライブ映像の収録およびスポーツイベントでの活用事例」

AWSは2021年11月17日−19日にて開催のInter BEE 2021にオンライン出展しました。今回はInter BEE 2021出展社セミナーで登壇いただいた内容をBlogでお伝えします。本Blogでは、株式会社TBSテレビ様、株式会社トラフィック・シム様にご登壇いただいた 「AWSを活用したライブ映像の収録およびスポーツイベントでの活用事例」の概要について簡単にご紹介させていただきます。

Read More

AWS re:Invent2021のインダストリーセッション

AWS re:Invent 2021へご参加ください このブログは2021年11月5日に投稿された“Manufacturing and Industrial at re:Invent 2021”をデジタルトランスフォーメーションアーキテクトの戸田が翻訳したものです。 AWS re:Inventの開催10周年にあたる今年も1週間にわたってワークショップ、ブートキャンプ、デモ、お客様同士のネットワーキングセッションなど多くのコンテンツを予定しています。今年は2021年11月29日から12月3日にラスベガスで開催予定で現地での参加が困難な方向けにバーチャル開催も行います。 AWS re:Invent 2021の数百にも及ぶセッションの中で50がインダストリー向けのセッションです。これらのセッションでは先進的な取組をされている製造業、自動車、電力、エネルギーのお客様がAWSのエキスパートと共にクラウドテクノロジーを活用してデジタル化、可視化そして現場業務の最適化を実現している事例を学ぶ事が出来ます。

Read More

【開催報告】 「AWSで実現するクラウドHPC ~最新CPUとカスタマー事例から学ぶ HPC on AWS の現在~」セミナー

ソリューションアーキテクトの宮本です。2021年10月20日に「AWSで実現するクラウドHPC ~最新CPUとカスタマー事例から学ぶ HPC on AWS の現在~」をオンライン開催しました。本セミナーでは、Amazon Web Services 上で実行する HPC(ハイパフォーマンスコンピューティング)につきましてAWS上で利用可能な最新CPUアーキテクチャや、実際の活用事例を中心にご紹介しました。セミナーの前半では、AWSからクラウドHPCの全般的な解説だけでなく、インテル様、AMD様より各社の最新CPUアーキテクチャについてご紹介いただきました。 後半では、製造や金融の領域で、実際にHPCをAWS上で利用されているお客様・ソフトウェアベンダー様にご登壇いただき、「実際のところ」をお話いただきました。 本記事では、発表内容の概要と、発表資料を掲載しています。

Read More
enterprise-scale-security-and-cost-savings-for-creative-workstations-on-aws

【Edit in the Cloud】クリエイティブワークステーション on AWS ~ エンタープライズクラスの拡張性、セキュリティを低コストで実現 ~

Edit in the Cloudシリーズの第2回では、メディア&エンターテインメント(M&E)業界のクリエイティブなワークロード(たとえば、Blackmagic Design社のDaVinciResolve)のニーズを満たすために、安全でコンピューティングキャパシティを変更可能なWebサービスであるAmazon Elastic Compute Cloud(Amazon EC2)を利用した仮想ワークステーションについて触れました。 この投稿では、スケーリングの自動化、セキュリティ、およびコスト管理の手法を紹介することにより、前のシリーズでお伝えした初期デプロイ構成ををテストから本番環境に移行する方法を学習します。これを行うために、環境に2つのコンポーネントを追加します。仮想ワークステーションへのアクセスを管理および制御するConnection Brokerと、パブリックインターネットからプライベートワークステーションへのアクセスを安全に提供するゲートウェイです(図2)。

Read More

Amazon SageMakerとAmazon QuickSightを使用した有害事象のリアルタイム検出システムの構築

この記事は “Build a system for catching adverse events in real-time using Amazon SageMaker and Amazon QuickSight” を翻訳したものです。 ソーシャルメディアプラットフォームは、消費者が服用している医薬品を含むさまざまな製品について話すためのコミュニケーションチャネルを提供します。製薬会社にとって、製品の作用を監視して効果的に追跡することで、製品に関する顧客からのフィードバックが得られます。これは、患者の安全の維持と向上に不可欠です。しかし、医薬品投与による予期せぬ医療事象が発生した場合は、有害事象(AE)に分類されます。これには、投薬過誤、薬物有害反応、アレルギー反応、過剰摂取が含まれます。AEは、病院、介護施設、外来患者の環境など、どこでも発生する可能性があります。

Read More

Amazon EC2でのAlphaFold v2.0の実行

この記事は、”Run AlphaFold v2.0 on Amazon EC2” を翻訳したものです。 DeepMindによるGitHub上のAlphaFold v2.0のオープンソースに関するNatureの論文の後、科学および研究コミュニティの多くは、DeepMindのAlphaFold実装を直接試してみたいと考えていました。Amazon Elastic Compute Cloud (Amazon EC2)とNVIDIA GPUを介したコンピューティングリソースを使用すると、AlphaFoldをすばやく実行して自分で試すことができます。

Read More

顧客の関心に基づいて商品在庫の更新を自動化する

このブログ記事では、マーケティングメッセージをカスタマイズできるように、製品カテゴリに対する顧客の関心を捉えるプロセスを自動化するためのソリューションを紹介します。小売業の例を使用して、AWS のサービスを使用して、顧客に関連するコミュニケーションを生成する高度なプロセスを構築する方法を示します。このソリューションはモジュールごとに別れているため、ビジネスとユースケースに重要な部分のみを構成できます。

Read More

Coca-Cola Bottler が AWS で製造プロセスをデジタル化

Coca-Cola İçecek 社 (CCI 社) は、世界第 6 位の Coca-Cola 製品のボトラーです。トルコのイスタンブールに本社を置く CCI 社は、いくつかの印象的な数字をもたらしています。トルコ、アゼルバイジャン、イラク、ヨルダン、カザフスタン、キルギスタン、パキスタン、シリア、タジキスタン、トルクメニスタンの 10 カ国で事業を展開し、26 のボトリング工場で毎年 12 億ケースの飲料を製造して、4 億もの消費者に提供しています。 CCI 社は、デジタルプラントのレプリカ、つまりデジタルツインをクラウド上に構築することで、製造施設を近代化しています。高度な分析、人工知能(AI)、リアルタイム資産モニタリングで価値を引き出そうと考えています。実際、CCI 社は他のコカ・コーラのボトラー各社が同じデジタル製造ソリューションを施設に導入できるように、再現可能なプレイブックを構築しました。

Read More

AWSを活用した次世代型ハイブリッドおよびバーチャル臨床試験

この記事は “Running next generation hybrid and virtual clinical trials on AWS” を翻訳したものです。 CliniOpsは、AI、モバイル、分析、クラウド、センサー、コネクテッドデバイスを活用して、デジタル臨床試験をサポートする、ライフサイエンス業界向けのデータサイエンスプラットフォームを提供しています。遠隔医療を組み込んだこの斬新な統合プラットフォームアプローチは、被験者、医療機関、製薬企業向けにカスタム設計されており、低コストで高いデータ品質を保証します。また、このプラットフォームは非常に柔軟で協調性が高く、臨床オペレーション、データマネジメント、生物統計、薬事の各機能にわたるワークフローを合理化します。

Read More