Amazon Web Services ブログ

Category: Customer Solutions

EC2 Fleet と IBM Spectrum LSF による HPC デプロイの最適化

ハイパフォーマンスコンピューティング (HPC) のワークロードは、ビッグデータ、先端プロセスノードのチップ設計を行うための電子設計自動化 (EDA)、および高精度検証の出現により複雑化しています。企業は HPC における絶え間なく増大するコンピューティング需要に対応するため Amazon Web Services (AWS) を採用しています。Hyperion Research の Worldwide HPC in the Cloud Forecast 2020-2026 (2022年6月) によると、今後 5 年間で HPC クラウドへの投資がオンプレミスを上回ると予測されています。
AWS は HPC のお客様のクラウド導入の障壁を下げ続けています。EC2 Fleet は Amazon Elastic Compute Cloud インスタンスのグループを起動することを可能にし、事実上あらゆるワークロードに対して、安全でサイズ変更可能なコンピュートキャパシティを 1 回の API コールで提供します。人気の高い HPC ワークロードマネージャである IBM Spectrum LSF は EC2 Fleet を Resource Connector モジュールに統合しました。LSF で EC2 Fleet がサポートされたことで、単一のテンプレート構成で柔軟なアーキテクチャを実現できるようになり、運用のオーバーヘッドが削減されました。EC2 Fleet API は数万台の Amazon EC2 インスタンスを備えた HPC クラスタを、数時間ではなく数分でプロビジョニングするのに役立ちます。
この記事では EC2 Fleet を LSF でアクティベートする手順を説明します。

カヤバ株式会社における Amazon Quantum Ledger Database を活用した品質データ管理システムのモダナイゼーション

本稿では カヤバ株式会社 (以下、カヤバ)のデジタル変革推進本部が中心となり、オンプレミスに存在したシステム群 […]

Amazon Connect のチャネルとして WhatsApp メッセージを提供

このブログ記事では、Amazon Connect を使用して WhatsApp メッセージングをコミュニケーションチャネルとして提供する方法について説明しています。組織は顧客の期待に応え、個別化された体験を提供するために、WhatsApp のようなデジタルメッセージングアプリケーションを活用することが重要です。記事では、Amazon Connect のメッセージストリーミング API を使って WhatsApp を統合する手順を詳細に解説しており、これによりエージェントは Amazon Connect の既存のデスクトップから WhatsApp を介して顧客メッセージの受信と返信が可能になります。また、このプロセスは他のデジタルチャネルにも適用可能です。