Amazon Web Services ブログ

[AWS Black Belt Online Seminar] AWS Command Line Interface 資料及び QA 公開

先日 (2019/07/24) 開催しました AWS Black Belt Online Seminar「AWS Command Line Interface」の資料を公開しました。当日、参加者の皆様から頂いた QA の一部についても共有しております。 ※31分56秒以降に表示されているスライド「複数プロファイルの設定、実行方法(1/5)」の下部の図に表記の誤りがありましたので以下に訂正いたします。 正: dev → 開発環境、prod → 商用環境 20190724 AWS Black Belt Online Seminar AWS Command Line Interface AWS クラウドサービス活用資料集(すべての過去資料が閲覧できます) Q. 閉域環境からの AWS CLI を実行したい場合は、実行したいコマンドの AWS サービス毎にエンドポイントを作成しておく必要がありますか? エンドポイント作成に対応していないサービスは閉域環境からの実行はできないということでしょうか? A. はい、サービス毎に必要です。もし現在ご利用のリージョンでVPCエンドポイントが対応していなければ、別リージョンに対してVPC Peeringを張っていただければ、AWS内のネットワークに閉じたままご利用いただけます。なお、別リージョンにあるVPC EndpointのDNSの名前解決ができるようにRoute 53のプライベートホストゾーンもあわせてご検討ください。 Q. –profile オプションによる実行環境の切り替えはEC2にIAMロールを設定する場合には利用できないのでしょうか? A. 利用可能です。EC2のロールとは別に、.aws/credential、.aws/configに認証情報、プロファイルの設定をした上でご利用ください。 Q. AWS CLI した場合、どのような料金が発生するのでしょうか? (各APIごとの料金が発生? 履歴参照があったが、その場合には […]

Read More

Twilio Media Streams で対話型インターフェイスとして Amazon Lex を使用する

Twilio プラットフォームを使用して、顧客との新しいコミュニケーション方法を構築している企業があります。これらの企業は、対話型の音声自動応答 (IVR) でレストランの注文を完全自動化したり、次世代の高度なコンタクトセンターを構築したりしています。Twilio は Media Streams を立ち上げ、Voice プラットフォームを開放し、リアルタイムで電話による通話の未加工オーディオストリームにアクセスできるようになりました。 Media Streams を使用すると、Amazon Transcribe Streaming WebSockets で音声をリアルタイムで文字に起こし、コールセンターの生産性を向上させたり、エンドユーザーの対話を自動化し、Amazon Lex を使用する発信者の意図に基づいたレコメンドをエージェントに行うことができます。 このブログ投稿では、Amazon Lex を使用して、Twilio Media Streams が提供する未加工オーディオストリームを使った音声アプリケーションに対話型インターフェイス (チャットボット) を統合する方法をご紹介します。Lex は深層学習を利用して、人間のスピーチの意図を認識するのに必要な大きな作業を行い、魅力的なユーザーエクスペリエンスとリアルな会話を簡単に構築できるようにします。 ソリューションは次のような手順になります。 Twilio からオーディオストリームを受信する 音声アクティビティ検出コンポーネントにオーディオストリームを送信して、オーディオの音声を判別する 音声が検出されたら、Amazon Lex へユーザーデータのストリーミングを開始する 無音を検出した場合、Amazon Lex へのユーザーデータのストリーミングを停止する Amazon Lex からの応答に基づいて、進行中の Twilio 呼び出しを更新する このサンプルで提供する Voice Activity Detection (VAD) 実装は参照とデモだけの目的で、初歩的なアプローチを使って振幅を見ることで音声と無音を検出します。そのため、本番での使用は推奨しません。本番のシナリオでの使用には、安定した形式の VAD モジュールを実装する必要があります。 次の図で、手順を示しています。 Amazon Lex ボットと Twilio […]

Read More

AWS DevDay Tokyo 2019を開催します。

ソリューションアーキテクトの西谷(@Keisuke69)です、こんにちは。 AWS Summit Tokyo 2019での基調講演内でも発表がありましたが、昨年に引き続き今年もAmazon Web Services Japan (AWSJ) 主催の『AWS DevDay Tokyo 2019』というイベントを開催します。時期は2019年10月3日(木)〜10月4日(金)です。無償です。 昨年は目黒の駅前にあるAWSJのオフィスが入っているビルで1週間に渡って開催したのですが、今年は場所を神田明神ホールに移して開催です。日数は減ったのですがその分セッションに使うホールが大きくなっている感じですね。もちろん今年もストリーミングによる中継(一部)もあります。 ちなみに神田明神ホールという名前でお分かりかと思いますが、商売繁昌、社運隆昌、そしてIT情報安全守護でおなじみの『神田明神』の敷地内にあるホールです。 住所はこちら。御茶ノ水駅や秋葉原駅あたりが最寄り駅になります。 〒101-0021 東京都千代田区外神田2-16-2 神田明神文化交流館2F   実際の雰囲気はこんな感じです。素敵ですね。 ※この写真は神田明神ホールの方に許可をいただいた上でお借りしました イベントの狙い AWS Dev Day Tokyo 2019 は、世界主要都市で開催される、アプリケーション開発者のためのカンファレンスです。もう一度言います。アプリケーション開発者を対象にしたカンファレンスイベントです。コンセプトとしては昨年同様に、AWSを取り巻くアプリケーション開発者を対象に、より実践的な知見、知識を持ち帰ってもらうことを念頭において企画を検討しています。加えてAWSに関する話だけでなく、モダンなアプリケーション開発をする上で知っておくといいこと、トレンドなど直接的にAWSに関係ないジェネラルな内容も積極的に盛り込んで行くという方針でセッションの企画を行っています。 アプリケーション開発者を対象にしたイベントではあるものの、もちろんそれ以外の属性の人たちもWelcomeです。 用意されるプログラム 期間中に用意されるプログラムは多岐にわたります。現時点で全てをお伝えすることはできないのですが、以下のようなものを予定しています。 著名人をお招きしてのジェネラルセッション 40を超えるテクニカルセッション AWSサービスを使った開発を体験できるワークショップ DeepRacer チャレンジ さらにこれらとは別にLT大会などいくつかの企画を検討中です。これらは決まり次第ご案内していきます。あと、両日ともにランチが提供されます。 登録について 早速、登録いただきたいところなんですが本登録はもう少しお待ちください。その代わりと言ってはなんですが、Save the dateのページを公開していますのでこちらにご登録いただけますと、本登録開始のタイミングでメールにてお知らせが届きます。 Save the dateのページはこちら CFP募集 また、あわせてCall for papers (CFP)の募集も開始いたします。AWS DevDay Tokyo 2019のセッションの一部を一般公募するということです。ぜひこちらもご応募いただけたらと思います。応募期間は8月26日までです。少し短いのでもしかしたら延びるかもしれませんが。 Call for papersの募集ページはこちら トークカテゴリ CFP応募の際には以下から関連するカテゴリを選んでいただく形になります。複数選択可能です。また、挙げられたカテゴリ以外の場合はその他を選んでご応募いただければ大丈夫です。 […]

Read More
Amazon Game Tech

【開催報告】Game Tech Night #14 ゲーム企業向け AWS セキュリティ

こんにちは、ゲームソリューションアーキテクトの畑史彦です。 7月23日に第14回となる Game Tech Night を開催致しました。 Game Tech Night は、オンラインゲーム開発と運用に携わる開発者やインフラエンジニアを対象に、ゲームに特化しか技術情報や関連する AWS サービスの情報をお届けすることを目的としたイベントです。最近では概ね 1,2 ヶ月に1度くらいの頻度で定期開催しています。この第14回では セキュリティ をテーマに AWS ソリューションアーキテクトから1つ、株式会社ディー・エヌ・エー 髙橋氏より1つ、計2つのセッションを実施しました。

Read More

AWS 認定 Alexaスキルビルダーになろう

AWS 認定試験を受けて、認定Alexaスキルビルダーになろう   どの分野においても、自分の専門的な知識や経験を認めてもらって差別化を図るには、認定資格が効果的です。音声インターフェースの分野も例外ではありません。本日、AWS認定 「Alexaスキルビルダー – 専門知識」の日本語版が公開されました。これは、Amazon Alexaスキルを開発、テスト、公開する能力を検証する業界初かつ唯一の認定プログラムです。この認定試験は、世界各地のテストセンターで受けることができます。 この認定は、開発者がAlexaおよびクラウドに関する専門知識を持っていることを証明し、音声インターフェース開発者としての信頼を得られる資格です。取得すれば、魅力的な音声エクスペリエンスを開発するチャンスがさらに広がり、1億台を超えるAlexa搭載デバイスを使用しているユーザーにリーチできます。 AWS Certification and Education ProgramsのディレクターであるKevin Kelly氏は次のように述べています。「音声で操作できるデバイスが急速に増加している中、スキルを開発できる技術を持った人材に対するニーズが高まっています。この新しい認定プログラムは、スキル開発に必要な能力を検証するもので、Alexaスキル開発に絞った業界唯一の資格です。」 Voiced, Inc.のチーフスキル開発者であるRyan Hollander氏の見解も同じです。同氏は、AWS認定資格は認定スキルビルダーに優位性を与えるものであり、「将来への足掛かり」だと言います。 「業界で認められたこの資格を持っていれば、自分の能力を発揮できる新たな機会やプロジェクトを見つけて、常に新しいことに挑戦できます」とHollander氏は言います。 業界認定を受けた証明として、認定スキルビルダーには、AWS認定のデジタルバッジが付与され、AWS認定アカウントよりダウンロードできるようになります。バッジを提示することでAWSのイベントで認定者限定のラウンジができ、また、ソーシャルメディアや電子メールの署名等で取得済みの認定を共有することが可能です。   AWS認定 「Alexaスキルビルダー – 専門知識」 試験の準備 この試験は、Alexaスキルのデザインと開発の実務経験を6か月以上有し、プログラミング言語に精通し、少なくとも1つのAlexaスキルを公開している開発者の方にお勧めです。 この試験では、次の能力が問われます。 音声の価値を説明する能力 ユーザーエクスペリエンスをデザインする能力 スキルを開発するためのアーキテクチャをデザインする能力 スキルでAWSとAlexa向けセキュリティのベストプラクティスを実行できる能力 スキルの開発、テスト、検証およびトラブルシューティングの能力 スキル公開プロセスを管理し、Alexa開発者コンソールを使用する能力 スキルの運用とライフサイクルを管理する能力 試験の準備に役立つ試験ガイドも用意しています。このガイドには、チュートリアルや技術文書などへのリンクが記載されています。ガイドに記載されているリソースに加え、AWSトレーニングと認定ページで、無料で受講できる自習形式のデジタルトレーニングコース(英語)も提供しています。   AWS認定 「Alexaスキルビルダー – 専門知識」 試験への受験登録 試験に登録するには、aws.trainingでAWS Trainingアカウントを作成し、上のメニューで「認定」をクリックします。次に、アカウントに移動ボタンをクリックしてAWS認定アカウントに移動し、「新しい試験の予約」をクリックします。 予約を希望する試験を見つけ、「PSIによるスケジュール」または「ピアソンVUEによるスケジュール」のいずれかをクリックします。試験提供会社の予約ページにリダイレクトされますので、そこで試験の登録を完了します。   経験を証明してキャリアアップにつなげよう Alexaスキルを開発できるようになると、新たなビジネスアイデアや音声分野でのキャリア、新たなユーザーエクスペリエンスなど、いろいろな機会が一段と広がります。AWS認定 「Alexaスキルビルダー – 専門知識」 で、スキル開発による様々な将来のチャンスをさらに広げることができます。   みなさまのAWS認定試験へのチャレンジをお待ちしています。  

Read More

Amazon Redshift にストアドプロシージャを導入する

Amazon は、常にお客様のニーズに基づいて働いています。お客様は、レガシーのオンプレミスデータウェアハウスから既存のワークロードを簡単に移行できるように、Amazon Redshift でストアドプロシージャを使用できることを強く要望しています。 この大切な目標を念頭に置いて、AWS は PL/pqSQL ストアドプロシージャを実装して、既存のプロシージャとの互換性を最大限に高め、移行を簡素化することを選択しました。この記事では、運用の効率性とセキュリティを向上させるためにストアドプロシージャを使用する方法と場合について説明します。AWS Schema Conversion Tool でストアドプロシージャを使用する方法も説明します。 ストアドプロシージャとは ストアドプロシージャとは、一連の SQL クエリと論理操作を実行するためにユーザーが作成するオブジェクトです。プロシージャはデータベースに保存され、実行するのに十分な権限を持つユーザーが利用できます。 ユーザー定義関数 (UDF) とは異なり、ストアードプロシージャーは SELECT 照会に加えてデータ定義言語 (DDL) およびデータ操作言語 (DML) を組み込むことができます。ストアドプロシージャは値を返す必要はありません。ループや条件式を含む PL/pgSQL 手続き型言語を使用して論理フローを制御できます。

Read More

Amazon ES、Amazon Athena、および Amazon QuickSight を使用して AWS WAF ログを分析する

これで AWS WAF に、サービスによって検査されたすべてのウェブリクエストをログに記録する機能が追加されました。AWS WAF は同じリージョンの Amazon S3 バケットにこれらのログを保存できますが、ほとんどのお客様は、アプリケーションをデプロイする場合はいつでも、複数のリージョンにわたって AWS WAF をデプロイします。ウェブアプリケーションのセキュリティを分析するとき、組織はデプロイされたすべての AWS WAF リージョンにわたって全体像を把握する能力を必要とします。 この記事では、AWS WAF ログを中央データレイクリポジトリに集約するための簡単なアプローチを紹介します。これにより、チームは組織のセキュリティ体制をよりよく分析し、理解することができます。 リージョンの AWS WAF ログを専用の S3 バケットに集約する手順を説明します。ログデータを視覚化するために Amazon ES をどのように使用することができるかを実演することによってこれをフォローアップします。 また、AWS Glue ETL を使用して履歴データをオフロードして処理するためのオプションも提示します。データが 1 か所に収集されたところで、Amazon Athena および Amazon QuickSight を使用して履歴データをクエリし、ビジネス上の洞察を抽出する方法を最後に示します。 アーキテクチャの概要 この記事では、クライアント IP アドレスによる分散サービス拒否 (DDoS) 攻撃を識別するための AWS WAF アクセスログをフォレンジックに使用するケースに焦点を当てます。このソリューションにより、セキュリティチームは、インフラストラクチャ内のすべての AWS WAF にヒットしたすべての受信リクエストのビューが得られます。 IP アクセスパターンが時間の経過とともにどのように見えるのかを調べ、短期間にどの IP アドレスがサイトに複数回アクセスしているのかを評価します。このパターンは、IP アドレスが攻撃者になる可能性があることを示唆しています。 このソリューションを使用すると、単一のアプリケーションに対する DDoS 攻撃者を特定し、お客様の世界中の […]

Read More

Amazon SageMaker を使用した収穫の成功で、Bayer のデジタル農業ユニットを強化

2050 年までに、地球は 100 億人を養う必要があります。地球を拡大して農地を増やすことはできないので、食料を増やすための解決策は、農業の生産性を高め、資源への依存を軽減することです。つまり、作物を損失したり、資源を浪費したりする余地はありません。Bayer は Amazon SageMaker を使用して、世界中の田畑で発生する損失を排除しています。 家庭からは、台所での廃棄や食べ残しなどの食べ物を捨てることで、食物の損失が発生します。しかし、多くの国での食物損失の大部分は、実際には、何らかの形で「実を結ばない」作物、つまり、害虫、病気、雑草、土壌の栄養不良などによるものです。Bayer の子会社である Climate Corporation は、こうした課題の解決に役立つデジタル農業サービスを提供しています。 Climate Corporation のソリューションには、トラクターおよび衛星対応のフィールドヘルスマップからのデータの自動記録が含まれます。こうしたサービスなどを世界中の何千もの農家に提供することにより、Climate Corporation は農家が土地を健康で肥沃に保つことをサポートします。 また同社のチームは、FieldCatcher と呼ばれる新しいサービスにも取り組んでいます。このサービスでは、農家はスマートフォンの画像を使用して、雑草、害虫、病気を特定できます。「画像認識を使用して、農家に仮想農学者へのアクセスを提供し、しばしば困難である作物の問題の原因を特定する作業を支援します。これにより、アドバイスにアクセスできない農家にも力を与えるとともに、すべての農家が野外での観察をより効率的にキャプチャして共有できるようになります」と、Climate Corporation の近接センシングのリーダーである Matthias Tempel 氏は述べています。 FieldCatcher は、Amazon SageMaker でトレーニングされた画像認識モデルを使用し、Amazon SageMaker Neo を使用して携帯電話向けにモデルを最適化します。この設定により、農家はモデルを使用して、インターネットにアクセスしなくてもすぐに結果を得ることができます (多くの農地ではインターネット接続がないため)。Amazon SageMaker を使用すると、FieldCatcher が問題の原因を自信を持って特定するのに役立ちます。これは、農家に適切な修復ガイダンスを提供するうえで不可欠です。多くの場合、すぐに対処して問題に確信を持てることは、田畑の収穫量や農家の成功に大きな違いをもたらします。 FieldCatcher ソリューションを強化するため、Bayer は多種多様で高品質な画像を収集し、さまざまな環境、成長段階、気象条件、日光のレベルを含むトレーニングデータを作成しています。それぞれの写真はスマートフォンからアップロードされ、最終的には認識をさらに向上させるための継続的に拡張されるライブラリの一部になります。以下の図は、各画像の過程とそのメタデータを示しています。 具体的には、Amazon API Gateway および Amazon Simple Storage Service (Amazon S3) へのアップロードを保護する Amazon Cognito への取り込みでプロセスが始まります。サーバーレスアーキテクチャは、他のどの方法よりもスケーラブルで保守が容易であるために選択されますが、ステップを実行し、最終的に受信したデータをデータレイクに移動するために AWS Lambda […]

Read More
週刊AWS

週刊AWS – 2019/7/29週

みなさん、こんにちは。AWSソリューションアーキテクトの下佐粉(しもさこ)です。 今週も週刊AWSをお届けします。このシリーズでは、毎日のようにリリースされるAWSの新機能や新サービスを一週間単位でコンパクトに紹介しています。毎週火曜か水曜ぐらいを目処に更新しています。 梅雨が明けたと思ったら、急激に熱くなりましたね。私はあまりの暑さに折りたたみの日傘を購入してみました。直射日光が体に当たらないだけで体への負担が全然違いますね。暑い時間に外出する必要がある方にはおすすめです。 では先週のアップデートを見ていきましょう。

Read More

Cloud Express Roadshow 2019 のお知らせ

みなさん、こんにちは。 アマゾン ウェブ サービス ジャパン、プロダクトマーケティング エバンジェリストの亀田です。   去年に引き続き、AWSパートナーと共同で日本全国で開催するイベント、Cloud Express Roadshow 2019が今年も開催されます。AWS のエコシステムを支える各都市にオフィスを構えるコンサルティングパートナー、テクノロジーパートナーによるセミナーを AWS と一緒に地方にて開催するプログラムです。従来のロードショーとは異なり、セミナー終了後のクラウド導入に関する相談や導入検討する際の技術的アドバイスなど、企業のクラウド導入に継続的な支援を提供する AWS とパートナーによる新しい取り組みです。 2018年の開催都市はこちらです。 今年は、20都市、33開催で皆さんの街へ参ります。 6月に開催されたAWSサミット基調講演をより掘り下げた内容をベースとしたAWSセッションに加え、みなさんのクラウドジャーニーを直接お手伝いさせていただくパートナーの支援プログラムの内容を聞くことができ、そのまま個別案件の相談などをすることができる、実践的ななイベントとなっています。 私も去年に引き続き、なるべく多くの会場に足を運び、直接講演をさせていただく予定です。そして各地域のJAWSの皆さんとお会いできることを楽しみにしています。ハッシュタグは「#AWSCER2019 」です。盛り上がっていきましょう。 – プロダクトマーケティング エバンジェリスト 亀田  

Read More