Amazon Web Services ブログ

Category: Amazon Machine Learning

大学スポーツ ✕ クラウド。機械学習でゲームチェンジする。

今回のブログでは、 AWSジャパン・パブリックセクターより、「次世代のスポーツのあり方を、クラウドを用いて変革する」取り組みを紹介します。 AWSでは、類似の取り組みを日本でも推進していくべく、各関係機関との対話を歓迎します。ご不明の点、「Contact Us」までお問合せください。(以下、米国現地のAWS Public Sector Blog Teamが執筆したブログの翻訳となります。)

Read More

AWS Inferentia上のPyTorch自然言語処理アプリケーションにおいて、12倍のスループットと最小のレイテンシーを実現

この記事は、2021年5月4日に Fabio Nonato de Paula、Mahadevan Balasubramaniam によって投稿された Achieve 12x higher throughput and lowest latency for PyTorch Natural Language Processing applications out-of-the-box on AWS Inferentia を翻訳したものです。2021年6月25日に発表された Amazon EC2 Inf1 インスタンスで新機能、パフォーマンスの向上、値下げを実現 の記事も併せてご参照下さい。 Snap、Alexa、Autodesk などの AWS のお客様は、 AWS Inferentia を使用して、さまざまな機械学習 (ML) デプロイで最高のパフォーマンスと最小のコストを達成しています。自然言語処理 (NLP) モデルは、リアルタイムおよびオフラインのバッチ処理のユースケースで人気が高まっています。当社のお客様は、サポートチャットボット、検索、ランキング、ドキュメントの要約、自然言語理解など、多くのアプリケーションにこれらのモデルをデプロイしています。AWS Inferentia を使うことで、オープンソースの NLP モデルをカスタマイズ無しですぐに実行でき、かつ最高のパフォーマンスと最小のコストを実現できます。

Read More

インターシステムズ Amazon HealthLakeとFHIR Works on AWS向けHL7変換サービスを発表

この記事は、“Announcing the InterSystems HealthShare Message Transformation Service for Amazon HealthLake” を翻訳したものです。 Amazon HealthLake は、ヘルスデータを大規模に格納、変換、クエリ、分析するために設計された、新しい HIPAA 対応サービスです。Amazon HealthLake は、患者情報の整理、インデックス作成、構造化の困難さを排除し、個々の患者および患者集団全体の健康状態を安全かつコンプライアンスに準拠し、監査可能な方法で完全に把握できます。Amazon HealthLake API を使用すると、組織は既に保持している業界標準のFast Healthcare Interoperability Resources(HL7 FHIR) による医療データを、クラウド内の安全なデータレイクに簡単に保存できます。 FHIR 形式でデータを保持していない組織のために、Amazon は医療の相互運用性における業界リーダーと提携し、データ変換を支援するコネクタを開発しています。この記事では、それらの一つであるインターシステムズとHealthShare Message Transformation Serviceと呼ばれる Amazon HealthLake で検証されたソリューションについて説明します。

Read More

ページングドクタークラウド! Amazon HealthLake が一般公開されました

AWS re: Invent 2020 ではAmazon HealthLake をプレビューしました。これは、フルマネージドの HIPAA 対応サービスです。さまざまなサイロやフォーマットで存在するヘルスケア及びライフサイエンスのお客様の健康情報を、構造化され一元化された AWS データレイクに集約します。分析と機械学習 (ML) を使用してそのデータからインサイト抽出を行います。今日、Amazon HealthLake が、 AWS のすべてのお客様にご利用いただけるようになったことをお知らせすることができて大変嬉しく思います。 医療データを迅速かつあらゆるスケールで保存、変換、分析する機能は、健康に関する質の高い意思決定に不可欠です。医師は日々の診療で、最善の対応を特定するために、患者の完全に時系列に沿った病歴を必要とします。緊急時には、医療チームに適切なタイミングで適切な情報を提供することで、患者の転帰を大幅に改善できます。同様に、集団の健康傾向や薬物治験対象者を特定するため、ヘルスケアやライフサイエンスの研究者にはモデルを分析・構築できる、質の高い標準化されたデータが必要です。 従来、ほとんどの医療データは、臨床メモなどの構造化されていないテキストに限定され、IT サイロに保存されてきました。異種混在のアプリケーション、インフラストラクチャおよびデータのフォーマットのせいで、医師が患者のデータにアクセスしインサイトを抽出することが困難な状態でした。その問題を解決するために Amazon HealthLake を構築しました。 今すぐ使ってみたい場合は、Amazon HealthLake の AWS コンソールに今すぐジャンプできます。さらに詳しく知りたい方は、このままお付き合いください。

Read More

Amazon FinSpace を用いてトレードストラテジーのための What-If シナリオ分析を実行する方法

本投稿は AWSのソリューションアーキテクトである Diego Colombatto と Oliver Steffmann による寄稿を翻訳したものです。   はじめに 以前のブログ記事では、AWS で機械学習ベースのトレードストラテジーをバックテストするためのアーキテクチャについて説明しました。このアーキテクチャの主要なコンポーネントの1つは、データマネジメントと分析のためのコンポーネントです。 特定のユースケースに応じて、これを実装するためのさまざまな選択肢があります。多くの企業は、データレイクに基づくソリューションを採用しており、最近ではレイクハウスアーキテクチャを採用しています。どのようなアプローチを選んでも、ソリューションは次の主要な機能領域(データマネジメント、データガバナンス、データ分析、機械学習)をカバーする必要があります。機械学習モデルの開発には、データ探索やデータ準備などの機能が必要です。さらに、顧客には、さまざまなソースからの金融データをクエリして結合するためのより高度なツールと、指標や金融時系列データを簡単に操作できる方法が必要です。 Amazon FinSpaceのローンチにより、金融データを扱うための安全、スケーラブルなデータ管理、および分析基盤をセットアップするための付加価値につながらない重い作業が不要になりました。利用者はマネージドサービスを活用できるため、これらのタスクは以前よりはるかに簡単になります。Amazon FinSpace には、分析や機械学習を目的としたデータ準備のための、タイムバーやボリンジャーバンドなど、100以上の関数ライブラリも含まれています。

Read More

旅行およびホスピタリティ業界向け21世紀の予測

昨年は、旅行とホスピタリティ業界、旅行者やゲスト、プロバイダーやサプライヤー、従業員やステークホルダーにとって前例のないものでした。混乱の結果、移動平均での予測や、昨年対比を参照していた企業は、舵取りのできない船の舵を取ることになってしまいました。正確な予測ができなければ、旅行とホスピタリティの会社は、旅行者やゲストがいつ、何人到着するかを決定することはできません。彼らは、適切な人員配置、在庫ポジションの調整、プロモーションやイベントが業績に与える影響のモデル化、価格設定と収益管理の最適化、プロジェクトの収益やキャッシュフローの予測方法を知りません。GrubhubのシニアデータサイエンティストであるWilliam Coxは、この業界のジレンマをうまく要約し、「供給過剰は運用コストを増加させ、供給不足は顧客満足度を低下させる」と述べました。 つまり、顧客体験の向上と運用効率の最適化に重点を置いた業界では、正確な予測が不可欠です。しかし、予測不可能な状況により、正確な予測はかつてないほど困難になっています。

Read More

スマートストアテクノロジーで顧客体験を変革する5つの方法

お客様が買い物をする際、それがオンラインであっても実店舗であっても、それは簡単でシンプルで楽しいものであるべきです。お客様の心の中では、販売チャネルに関係なく、小売業者、またはブランドは1つの要素です。このため、お客様は店舗においてもオンラインと同じ利便性を備えたデジタルと現実世界の接点が流動的にようにシフトするジャーニーを期待しています。 店舗で買い物をするときの一般的な問題点は次の通りです。 長い決済待ち時間 在庫切れ 店内で商品を見つけることの難しさ ヘルプの不足 商品情報が全く無いかそれに近い状態 お客様はこれらの煩わしさをオンラインで対処する必要がありません。オンラインでは支払いの待ち列はありませんし、商品は検索エンジンで簡単に見つけることができます。商品の詳細を見ることもできます。手助けが必要なときはすぐにチャットウィンドウが利用できます。これらのデジタルにおける利便性はお客様が期待する水準を引き上げました。 2018年における Accenture の調査レポートによると、消費者の91%は、関連するオファーやレコメンデーションを提供するブランドを認識、記憶、買い物をする傾向があります。これは、お客様が店舗でもオンラインと同様のパーソナライズされた買い物体験を望んでいることを示す重要な指標です。 お客様の期待にはロイヤルカスタマーとして認識されること、状況に応じたオファーやプロモーション、その他のパーソナライズされた特典も含まれます。お客様はさらなるパーソナライズを期待し、気に入った小売業者にデータを共有します。もし小売業者が店舗での買い物体験を向上させなければ、体験を向上させている他の小売業者に顧客を奪われてしまうリスクがあるということです。 顧客体験を変革させるスマートストアテクノロジー 小売業者は、以下の拡張機能を使用して、お客様の一般的な問題点に対処し、買い物をタスクからご褒美に変えることができます。

Read More

[新しいブログシリーズのご紹介] 金融業界特集 : Amazon SageMaker ノートブックインスタンス

本投稿は AWSのソリューションアーキテクトである John Formento と Syed Shareef による寄稿を翻訳したものです。 3 週間にわたる re:Invent バーチャル カンファレンスをまとめるにあたって、金融業界特集の最初のブログの投稿をします。この連載は、金融業界のお客様に特定のサービスに関する 5 つの重要な考慮事項 を深く掘り下げ、世界規模の金融機関を支援した当社の経験に基づき、AWS サービス利用の承認を効率化することを目的としています。 コンプライアンスの達成 データ保護 コンピューティング環境の隔離 API による監査の自動化 運用上のアクセスとセキュリティ これら 5 つの各領域には、特定のサービスに対するサービス利用の承認を効率化するのに役立つ具体的なガイダンスが含まれています。これは、特定のユースケースと環境に適応する必要がある場合があります。 金融業界のお客様の間で SageMaker の使用が増加したため、Amazon SageMaker ノートブックインスタンスでこの連載を始めます。 Fraud.net のような金融機関は、Amazon の機械学習サービス群を採用し、機械学習モデルを容易に構築してトレーニングし、オンライン決済詐欺を効果的に検出できるようにしています。 または、顧客により多くの価値を提供するレコメンデーションプラットフォームを構築し、データサイエンティストが、プロジェクトを設計から本番環境に迅速に動かします。これはNerdWalletが達成していることです。この組織では、 Amazon の機械学習サービス群を使用して 20 を超える機械学習モデルを提供しており、Amazon DynamoDB と AWS Lambda を使用して、サーバーのプロビジョニングや管理を行わずにコードを実行しています。

Read More

【開催報告】AWSヘルスケアクラウドセミナー~クラウドの基礎から最新サービスまで~

アマゾン ウェブ サービス ジャパン株式会社 インダストリー事業開発部 片岡です。 ヘルスケア領域でクラウド活用を検討頂いている医療機関、医療系サービス提供事業者及びパートナーの皆様を対象として、2021年2月18日に「AWSヘルスケアクラウドセミナー」をウェビナーで開催しました。 医療機関でのクラウド利用が本格化し始めています。本ウェビナーにおいて、AWSセッションでは、クラウドの基礎から最新サービスまで幅広くご説明し、お客様セッションでは、国産初の手術支援ロボット「hinotori™」を開発されたメディカロイド様、そして、日本で初めて保険適用を受けた「治療アプリ?」を開発されたCureApp様にご登壇頂きました。本記事では、セッションでご紹介しましたAWS最新事例や最新サービス、お客様登壇を含む当日の資料・動画を皆様にご紹介します。

Read More

【開催報告】 2021春の機械学習勉強会

こんにちは! アマゾンウェブサービスジャパン株式会社 ソリューションアーキテクトの黄です。 2021年3月17日に、 デジタルネイティブ企業のお客様向けに「2021春の機械学習勉強会」を開催いたしました。勉強会の開催報告として、勉強会で行った内容などを公開いたします。 開催の背景 私達ソリューションアーキテクトは日々、多くのお客様とお話しをさせていただく機会がありますが、その中で「サービスに機械学習を取り入れたい」や「機械学習をどの様に始めれば良い?」といったご相談をいただくことがあります。そこで今回は、機械学習に興味があるけどまだ試したことがない方や、これから試そうとしている方に向けて、機械学習の基礎をプログラミングを通じて学ぶ勉強会を開催しました。 勉強会の内容 勉強会は前半座学、後半ハンズオンという2部構成で行い、2名の機械学習の スペシャリストソリューションアーキテクト がそれぞれ前半と後半の講師を担当しました。 機械学習勉強会 – 座学 ( SA 呉 和仁 ) 前半の座学では、まず最初に機械学習とは何かについて解説を行い、機械学習の起源とされている最小二乗法と小惑星セレスの場所を予測した歴史から機械学習の構成要素、及び現在ビジネスへの適用の準備状況などについても解説しました。 座学中盤は、機械学習の種類について、教師あり学習・教師なし学習・強化学習の3種類があることを、画像認識、テキストの感情分析、DeepRacerなどの実例を交えながら解説しました。 座学の最後には、ビジネスに機械学習を取り入れる時に必要な要素、MLプロジェクトの進め方、MLプロジェクトを加速する為の近道などについて解説しました。   機械学習勉強会 – ハンズオン ( SA 鮫島 正樹 ) 勉強会後半のハンズオンでは、 Amazon SageMaker のノートブックインスタンス環境と深層学習フレームワークの Tensorflow を利用した実際のプログラミングを通じた機械学習の手法について体験しました。 ハンズオンでは、 MNIST とよばれる手書き数字の画像データセットと機械学習のライブラリである scikit-learnを使った画像分類を行いました。 k-近傍法 (k-nearest neighbor) 、決定木 (Decision Trees) の実装方法と MNIST へ適用する方法を実際にプログラミングしました。また、二つの手法の違いを推論時間の測定を通じて確認しました。その他のアルゴリズムとして Random Forest も取り上げました。 ハンズオンの後半には、深層学習 (Deep […]

Read More