Amazon Web Services ブログ

Category: AWS Proton

re:Invent 2021: AWS コンテナトラック

2021 年の re:Invent では、参加者の皆さんに対して対面およびバーチャルのカンファレンス体験を提供します。イベントの対面部分は、2021 年 11 月 29 日から 2021 年 12 月 3 日までラスベガスで開催されます。バーチャルイベントの参加者は無料で登録でき、バーチャル re:Invent プラットフォームによりセッションのサブセットにアクセスできます。本記事では、コンテナトラックを取り上げており、Amazon Elastic Container Service (ECS)、Amazon Elastic Kubernetes Service (EKS)、AWS App Runner、AWS Fargate、AWS Proton、Amazon Elastic Container Registry (ECR)、AWS App Mesh に関するセッションを紹介します。 いつものように、re:Invent 2020 以降に AWS が取り組んできたものを皆さんと共有できることにワクワクしています。まだ re:Invent へ登録していない場合は、今すぐバーチャル参加者としてプラットフォームに登録し、すべてのアジェンダを確認してお気に入りのセッションをカレンダーに追加してください。

Read More

新機能 — AWS Proton は、テンプレートを管理するための Terraform および Git リポジトリをサポートします

2021 年 11 月 24 日(米国時間)、AWS Proton の 2 つの機能のリリースを発表します。1つ目は、AWS Proton オープンロードマップで最も要望の多かった、Terraform を使用してインフラストラクチャの定義とプロビジョニングを行うためのものです。 2 つ目は、Git リポジトリから AWS Proton テンプレートを直接管理する機能です。 AWS Proton は、re:Invent 2020 で発表された、コンテナおよびサーバーレスアプリケーション向けの完全に管理されたアプリケーション配信サービスです。AWS Protonは、インフラストラクチャーチームが、開発者の生産性に影響を与えることなく、インフラストラクチャーの自動化と管理を行えるようにすることを目的としています。これにより、開発者はプラットフォームチームを介さずに、アプリケーションの配信に必要なテンプレートを入手できます。 AWS Proton を使用する場合、インフラストラクチャチームは環境とサービステンプレートを定義する必要があります。テンプレートの詳細については、こちらをご覧ください。

Read More