Amazon Web Services ブログ

Category: Migration

Microsoft Azure SQL Database から Amazon Aurora への移行

Oracle や Microsoft SQL Serverなどのライセンスが必要なエンジンから、AWS上で稼働するオープンソースエンジンへ移行する気運がますます高まっています。対象データの移行先として Amazon Aurora が選ばれています。この投稿では AWS Database Migration Service (AWS DMS) を用いた Microsoft Azure SQL database から Amazon Aurora MySQL クラスタへの移行方法を紹介します。 前提条件 この記事では、Azure SQLデータベースが既にインストールされていることを前提としています。移行には、このデータベースの接続情報(DNSエンドポイント、ユーザー名、パスワードなど)が必要です。また、移行作業に使用するユーザには、Azure SQLデータベースのデータにアクセスするための適切な権限が必要です。 記事の目的に合わせ、ターゲット(移行先データベース)として Amazon Aurora クラスタを作成します。 AWS DMSはソース(移行元データベース)およびターゲットとして、様々なデータベースエンジンをサポートしていますが、多くのお客様は独自のストレージエンジンを使用したAmazon Auroraを選択します。このエンジンは、3つのアベイラビリティゾーンに跨る耐久性、自動ポイントインタイムバックアップ、最大15台の低レイテンシ読み取りレプリカを実現します。 ターゲット用の Aurora クラスタを既に作成している場合は、新規に作成する必要はありません。新しい Aurora クラスタを作成する場合は、Amazon Aurora DB クラスタ作成の手順を参照してください。 AWS DMS インフラのセットアップ ここまででソースとターゲットの情報が確認できたので、AWS DMS インフラを設定していきましょう。 AWS DMSは非常に高い柔軟性をもつ為、多くのコンポーネントから構成されています。AWS CloudFormationを使用することで、これらのコンポーネントをまとめて単一の「スタック」にグループ化し、原子性を保った1つのユニットとして何度も再作成することができます。 AWS CloudFormation のコンソールを開いて設定を始めます。 […]

Read More

Amazon RDS for PostgreSQL が新しいマイナーバージョン 9.6.6, 9.5.10, 9.4.15, 9.3.20 をサポート

PostgreSQL コミュニティによるアップデートに追従し、PostgreSQL のマイナーバージョンである 9.6.6, 9.5.10, 9.4.15, 9.3.20 が Amazon RDS for PostgreSQL でサポートされました。このリリースでは、PostgreSQLの3つのセキュリティ上の脆弱性が修正され、追加のバグ修正と改善が行われています。 このアップデートでは、Oracle Database で利用される関数、パッケージの一部を実装した Extension “orafce” と、プレフィックスマッチングを提供する Extension “prefix” のサポートがバージョン 9.6.6 に含まれています。 マネジメントコンソールを使い数クリックで新たな RDS for PostgreSQL を作成するか、既存のインスタンスをワンクリックでアップグレードすることで、新しいバージョンを利用できます。アップグレードする場合、短いダウンタイムが発生することにご注意ください。データベースインスタンスをアップグレードするにあたっての詳細は、 Amazon RDS ユーザーガイドをご覧ください。 Amazon RDS for PostgreSQL は、クラウドで簡単に PostgreSQL を設定、運用、スケール可能です。それぞれのリージョンでご利用いただけるかどうかは、Amazon RDS for PostgreSQL の料金ページをご覧ください。 翻訳は江川が担当しました。原文はこちらです。

Read More

AWS DMS と Amazon Kinesis Data Firehose を利用した Aurora PostgreSQL データベースへのストリームデータのロード

AWS Database Migration Service (AWS DMS) を利用することで、様々なデータソースから商用データベースやオープンソースデータベースへとデータを移行できます。このサービスでは、Oracle Database から Oracle Database への移行といった同一のDBMS製品間での移行をサポートしています。また、Oracle Database から Amazon Aurora, Microsoft SQL Server から MySQL へといった異なるプラットフォーム間での移行もサポートしています。さらに、ストリーミングデータを Amazon S3 から Amazon Aurora, PostgreSQL, MySQL, MariaDB, Oracle, SQL Server を含む様々な移行先へ配信することが可能です。 Amazon Kinesis Data Firehose は、AWS へストリーミングデータをロードする上で、最も簡単な方法です。ストリーミングデータのキャプチャ、変換を行い、Amazon Kinesis Data Analytics, Amazon S3, Amazon Redshift, Amazon Elasticsearch Service へロードできます。Firehose を利用することで、すでに利用しているビジネスインテリジェンスツールやダッシュボードを使い、ニアリアルタイム分析が可能となります。Firehose はお客様が送信するデータのスループットに合わせて自動的にスケールするフルマネージドサービスで、継続した運用管理を必要としません。Firehose は、ロード前にデータをまとめ、圧縮し、暗号化することで、ロード先のストレージで必要な容量を最小化したり、セキュリティを向上させたりすることができます。 AWS DMS […]

Read More

Amazon Kinesis を用いた Databaseの継続的な変更

Emmanuel Espina は、アマゾン ウェブ サービスのソフトウェア開発エンジニアです。 このブログ記事では、Amazon Kinesis を使用して変更をストリーミングすることによって、中央リレーショナルデータベース を他のシステムと統合する方法について説明します。 次の図は、分散システムにおける一般的なアーキテクチャ設計を示しています。これには、「」と呼ばれる中央ストレージと、この中央ストレージを消費するいくつかの派生「衛星」システムが含まれます。 この設計アーキテクチャを使用して、リレーショナルデータベースを中央データストアとして使用し、このシステムのトランザクション機能を利用してデータの整合性を維持することができます。このコンテキストにおける派生システムは、この変化の事実の単一ソースを観察し、それらの変更を変換し、フィルタリングし、最終的にはその内部インデックスを更新する全文検索システムとすることができます。もう 1 つの例は、OLAP クエリに適した列形式ストレージです。一般に、中央リレーショナルシステムの個々の行を変更する際にアクションを取る必要のあるシステムは、派生データストアに適した候補となります。 これらの種類のアーキテクチャの単純な実装では、変更された行を検索するために派生システムが定期的にクエリを発行し、本質的に SELECT ベースのクエリで中央データベースをポーリングします。 このアーキテクチャのより優れた実装となるのが、非同期の更新ストリームを使用するアーキテクチャです。データベースには通常、行のすべての変更が格納されるトランザクションログがあるため、この変更のストリームが外部オブザーバシステムに公開されている場合、これらのシステムにこれらのストリームを添付して行の変更を処理およびフィルタリングできます。ここでは、中央データベースとして MySQL、メッセージバスとして Amazon Kinesis を使用して、このスキーマの基本的な実装をご紹介します。 通常、MYSQL バイナリログは、マスター上のすべての変更を読み取ってローカルに適用する読取りレプリカに公開されます。この記事では、変更をローカルデータベースに適用するのではなく、Amazon Kinesis ストリームに変更を公開する、一般化されたリードレプリカを作成します。 このメソッドの重要な点の 1 つは、コンシューマーが SQL クエリを受け取らないことです。SQL クエリは公開される可能性もありますが、一般的なオブザーバーは、SQL 互換のデータレプリカを維持しない限り、SQL にはあまり関心がありません。代わりに、変更されたエンティティ (行) を 1 つずつ受け取ります。このアプローチの利点は、コンシューマーが SQL を理解する必要はなく、事実の単一ソースは誰が変更を消費するのかを知る必要はないということにあります。これは、さまざまなチームが、必要なデータ形式で調整することなく作業できることを意味します。さらに都合がいいことに、Amazon Kinesis クライアントはが特定の時点から読む機能を備えているため、各コンシューマーは独自のペースでメッセージを処理します。これが、メッセージバスがシステムを統合するための結合されていない方法の 1 つとなる理由です。 この記事で使用されている例では、行フェッチャーは中央データベースに接続する通常の Python プロセスであり、リードレプリカをシミュレートします。 データベースは、Amazon RDS または MySQL の任意のインストールのいずれかになります。RDS の場合、フェッチャープロセスは RDS インスタンスホストにカスタムソフトウェアをインストールすることができないため、別のホスト […]

Read More

大規模なデータベースをオープンソースデータベースへ移行する際のカテゴリ分けと優先度づけ

AWS Schema Conversion Tool (AWS SCT)とAWS Database Migration Service (AWS DMS) はコマーシャルデータベースからAmazon RDSの様々なデータベースエンジンへの移行を簡単に行えるようにするツールです。 AWS SCTはプロプライエタリなデータベースをオープンソースデータベースへ移行する際に手助けを行います。移行元のデータベーススキーマや多くのカスタムコードを移行先のデータベースに適した形へ変換を行います。ツールが変換を行うカスタムコードには、ビュー、ストアード・プロシージャー、ストアード・ファンクションを含みます。一方、自動的に変換が出来ないものとしては、手動で変換が行いやすいように該当箇所を抽出します。AWS DMSはダウンタイムを最小限に抑えながら、簡単・安全にデータを移行することを可能にします。 データベースエンジンを変更することは大変な作業ですが、Amazon Auroraのようなスケーラブルでコスト効率がいいフルマネージドサービスの恩恵を受けやすくなる利点があり、移行を行う価値があります。AWS SCTとAWS DMSを用いることで、単一のデータベースからオープンソースへの移行を評価し、計画を行うことが容易になります。 AWT SCTアセスメントレポートを生成し、これらのツールを使用することで、データベースを移行することが、どのくらい簡単であるかということがおわかりになると思います。 以下のブログやビデオは、オープンソースデータベースへ移行するための情報の一例です。 How to Migrate Your Oracle Database to PostgreSQL How to Migrate Your Oracle Database to Amazon Aurora Migrate from SQL Server or Oracle into Amazon Aurora using AWS DMS もし、数百・数千のデータベースを持っていた場合は 評価レポートを作成し、1つ、2つ、またはさらに10のデータベースをオープンソースデータベースへ移行することは、簡単なプロセスです。 おそらく、どのアプリケーションが利用しているデータベースを最初に移動するか判断するための材料は十分お持ちだと思います。 […]

Read More

オートメーションを活用したCloudEndureによるAWSへの容易な移行

Carmen PuccioとMandus Mombergによる記事。 CarmenとMandusは、AWSパートナーソリューションアーキテクトで、移行に注力しています。 オンプレミス環境からクラウドへのソフトウェアやサービスの移行は、独自の考慮事項と要件を伴うことは明らかです。移行結果に自信を持たせるには、容易に拡張できる移行戦略が必要です。つまり、ワークフローの大部分を自動化する必要があります。なぜクラウド内の自動化が重要であるのかに関する文書が不足しているわけではありません。この記事では、AWSアドバンスト・テクノロジーパートナーであるCloudEndureを使用して自動化された移行を実行する方法を説明し、自動化されたテストを組み込むことに重点を置いて、アプリケーションが移行後に期待どおりに動作することを確信できます。 オンプレミスからAWSへのワークロードの移行には、慎重な計画と正確な実行が必要です。クラウドに移行するにはさまざまな戦略がありますが、移行を容易にするツールも数多くあります。すべての移行ツールは、ダウンタイムとアプリケーションワークロードの影響を最小限に抑え、AWSへの移行を容易にし、データ損失を最小限に抑える、という共通の目標を持っています。 ワークロードをクラウドにすばやく移動したい場合、通常リホスト方式(リフト&シフト)に従います。リホスト実行時の課題の1つは、移行されたアプリケーションが期待どおりに実行されていることを手動で確認するのにかかる時間です。適切な移行を検証するための自動化および迅速なテストパイプラインを組み込んだ移行は、成功する可能性が高いだけでなく、反復可能なプロセスを活用し、手動検証時間を短縮することで効率を向上させます。 ソリューションの概要 このブログ記事で説明するソリューションでは、CloudEndureとAWS Database Migration Service(AWS DMS)を使用し、ソースAmazon VPCから目的のAmazon VPCへ、オンプレミスからAWSへの、Go Gitサービス(Gogs)の移行について説明します。このデモのために2つの異なるVPCを使用していますが、このブログポストで使用しているツールの自動化と組合せによって、オンプレミスからAWSへの移行を容易に実現することができます。CentOS 7が稼働するモックソース環境の設定では、AWS CloudFormationとAnsibleの組合せを選択しましたので、あなたのテスト用AWS環境でご確認することができます。 CloudEndureはアプリケーションサーバの移行を担当し、AWS DMSはEC2インスタンス上で実行されているMySQLサーバからGogs DBを、完全に管理されたAmazon RDSデータベースに再構築する役目を負います。このデモンストレーションのためDMSを活用し、RDSへのデータベースのレプリケート方法を示しました。もう1つの選択肢として、データベース移行において、CloudEndureによるEC2へのリホストを行うことができます。 CloudEndureは起動時に、移行後のインスタンスでカスタム後処理スクリプトを呼び出す機能があります。この機能を使用すると、カスタム構成を実行し、自動化された承認テストを実行して、移行されたサーバでアプリケーションが正常に動作していることを確認できます。 移行の信頼性のため、AWS Lambda、AWS SNS、AWS SQS、CloudEndureの後処理機能を活用して、一連のテストを実行するための自動テストパイプラインを構築しています。すべてのテストが正常に完了すると、ソース環境から構築されたイメージを使用して高可用性Gogs環境をデプロイするAWS CloudFormationテンプレートが自動的に起動されます。 次の図は、この記事で取り上げる移行プロセスを示しています。 プロセスの仕組みは次のとおりです。 Ansibleは、AWS Application Discovery Service、CloudEndureエージェント、およびGogsソースサーバの再設定およびテストに使用されるスクリプトをインストールします。 AWS DMSは、GogsソースDBサーバを宛先RDSインスタンスに移行します。 CloudEndureエージェントが実行されると、ブロックレベルのコピーが開始され、GogsソースサーバとAWSの初期同期が実行されます。 CloudEndureが初期同期を完了すると、Continuous Data Protection(CDP)エンジンは新しいデータのリアルタイム同期を開始し、サーバはAWSでのテスト準備完了としてマークされます。 CloudEndure.pyスクリプトはconfig.ymlファイルのhosttomigrate変数に基づいて移行を開始します。 (この変数は、CloudEndureダッシュボードにインスタンス名として表示されます)。 CloudEndure.pyスクリプトはCloudEndure APIを呼び出し、ソースインスタンスの最新のスナップショットからテストインスタンスを開始します。 CloudEndureは、最新のスナップショットから宛先に新しいインスタンスを起動し、CloudEndure.shポストプロビジョニングスクリプトを実行します。このスクリプトは次の処理を行います。 DMSが複製しているRDSインスタンスを指すようにGogsを再構成し、Gogsサービスを再起動します。 Gogsサービスが稼動しているかどうかを確認します。稼働している場合、CloudEndure.shポストプロビジョニングスクリプトはCloudEndure_PostProcessing.pyスクリプトを呼び出します。このスクリプトはCloudEndure Pass / Fail SNSトピックに成功通知を送信します。メッセージの例は次のようになります。 “Message”: “{“instanceId”: ” i-0bb669daff4b1eea1″,”Pass”: […]

Read More

オンプレミスや Amazon EC2 上の Oracle Database を Amazon Redshift に移行

AWS Database Migration Service (AWS DMS) は、簡単かつ安全なAWSへのデータベース移行の手助けをします。AWS Database Migration Service は広く使われている商用データベースとオープンソースデータベースに対応しています。このサービスはOracleからOracleのような同一プラットフォームでの移行に対応していますし、Oracleから Amazon Aurora や、Microsoft SQL Server からMySQLのような異なるプラットフォーム間での移行にも対応しています。移行元のデータベースは移行中も完全に動作しつづけたままであり、データベースに依存するアプリケーションのダウンタイムを最小限に抑えます。 AWS Database Migration Service を使用したデータレプリケーションは、AWS Schema Conversion Tool (AWS SCT) と緊密に統合されており、異なるプラットフォーム間でのデータベース移行プロジェクトを簡略化します。異なるプラットフォーム間での移行には AWS SCT を使用できますし、同一プラットフォームであれば移行元エンジンの純正スキーマ出力ツールが使えます。 この投稿では、Oracle Database のデータウェアハウスから Amazon Redshift へのデータ移行にフォーカスします。 以前の AWS SCT では、Oracle Database のビューやファンクションなどのカスタムコードを Amazon Redshift と互換性のあるフォーマットに変換できませんでした。ビューとファンクションを変換するには、最初に Oracle Database スキーマをPostgreSQLに変換し、それから Amazon Redshift と互換性のあるビューとファンクションを抽出するスクリプトを実行する必要がありました。 お客様のフィードバックに基づいたアップデートの後、AWS SCT と […]

Read More

Oracle Database を Amazon Aurora に移行する方法

この投稿では、商用データベースから Amazon Aurora への移行を容易にするために AWS Schema Conversion Tool (AWS SCT) と AWS Database Migration Service (AWS DMS) をどのように使えるかの概要をお伝えします。今回は、Oracleから Amazon Aurora with MySQL Compatibility への移行にフォーカスします。 データベースエンジンの変更は不安を伴うかもしれません。しかし、Amazon Aurora のようなスケーラビリティやコスト効果の高いフルマネージドサービスのバリュープロポジションは、それに挑戦する価値を生み出します。その手順を簡単にするツールがある場合は特にです。データベースをあるエンジンからほかのものに移行するとき、主に2つのことを考慮する必要があります。スキーマとコードオブジェクトの変換と、データ自身の移行と変換です。幸いにも、データベースの変換と移行の両方を容易にするツールをAWSは用意しています。 AWS Schema Conversion Tool は移行元データベースのスキーマとカスタムコードの大部分を新しい移行先データベースと互換性のあるフォーマットに自動的に変換することで、異なるプラットフォーム間でのデータベース移行をシンプルにします。このツールが変換するカスタムコードには、ビューやストアドプロシージャ、ファンクションを含みます。このツールで自動変換できない一部のコードは明確に示されるので、ユーザー自身でそれを変換することができます。AWS Database Migration Service は最小限のダウンタイムでデータを簡単かつ安全に移行することを手助けします。 すばらしい! では、どこから始まれば良いのでしょう? AWS SCT での移行手順 通常、移行の最初のステップは実現可能性と作業量のアセスメントです。現行のOracleからAuroraにデータベースを移行するために要する作業量の大枠な概要を AWS SCT は生成することができます。SCTはいくつかのOS上で動作しますが、このブログではWindows上で動かします。SCTをダウンロードするためには、マニュアルの AWS Schema Conversion Tool のインストールと更新 をご覧ください。SCTのマニュアル全体を見たい場合は AWS Schema Conversion Tool […]

Read More

AWS Server Migration Service – クラウドへのサーバー移行が簡単に!

これはAhmed Omranのゲストポストです。 AhmedはAWSのMigration Solutions Architectです。 大規模構成におけるオンプレミスサーバーの移行は、自動化、スケジューリング、少ない帯域幅の消費や移行時間の短縮を調整することなしに行うことはできません。 この記事では、AWS Server Migration Service(AWS SMS)を使用して、オンプレミスのワークロードをAWSに効率的に移行する方法を段階的に説明します。 AWS Server Migration Serviceとは何ですか? 2016年10月、エンドツーエンドのサーバー移行プロセスを簡素化する目的でAWS SMS を紹介しました。 AWS SMS は現在、仮想アプライアンスを使用したエージェントレスサービスとしてのオンプレミス仮想マシン(VMs)の移行をサポートしています。 AWS SMSには、次の主要な利点があります: ライブサーバーボリュームのAWSへのレプリケーションを順次自動化することにより、カットオーバー時のサーバーダウンタイムを削減します。 費用対効果の高い方法で大規模サーバーの移行を行います。 広く使用されている多くのオペレーティングシステムをサポートします。 使いやすいUIを使用して、サーバー移行の進捗状況を管理および追跡します。 AWS SMSは、VMware 環境からAWSへの大規模マイグレーションを計画している場合に重要な考慮事項となる、ダウンタイム、エージェントレスツール、順次レプリケーション、およびカットオーバー前のアプリケーションテストなどに対する理想的なソリューションです。 AWS SMSは、サーバーの移行に使用する無料のサービスです。 Amazon EBS スナップショットやAmazon S3など、移行プロセス中に使用されたストレージリソースにのみ支払います。 現在、米国東部(米国バージニア州)、米国西部(オレゴン州)、米国東部(オハイオ州)、EU(アイルランド)、アジア太平洋(シドニー)、アジア太平洋(東京)、アジア太平洋(ソウル) 、アジア太平洋地域(ムンバイ)でサービスが利用可能です。 どのように機能するのですか? AWS SMS を使用してワークロードを移行する手順を説明する前に、移行プロセス自体とAWS SMS がどのように処理するかについて詳しく説明します。 移行プロセスは、次の図に示すように、4つの段階に分かれています。 AWS SMS 移行プロセスの概要 AWS SMS の最終出力はAmazon Machine Image(AMI)です。移行プロセスは、ジョブが終了されるまで(あなたが消去するか、または90日後に自動的に終了するまで)、各レプリケーションの実行ごとにAMIを生成します。 移行段階は、調整された複製頻度で反復されます。各レプリケーションの実行間隔の最短時間は12時間で、最大時間は24時間です。この反復サイクルの有効期間は90日です。その後、レプリケーションジョブは終了します。 移行するVMのグループを選択できます。 […]

Read More

新発表 – AWS Server Migration Service

私は、我々の顧客の多くが直面している状況を強調するために、歴史的な写真を使用するのが好きです。お客様はデータ移行のために長期のメンテナンス期間を取ることができずに、ITインフラ基盤をAWSクラウドへ移行する必要があります。何故ならこれらのアプリケーションはミッションクリティカルであり、負荷の高いデータ処理指向であり、ギガバイト又はテラバイト級のデータを単に移動するためにシステム停止をすることは実用的ではないからです。 新サービス 本日、私はAWS Server Migration Serviceについてお話したいと思います。 このサービスは、既存の仮想化されたアプリケーションをAmazon EC2に移行するプロセスを簡素化、合理化します。図に示された使用例のIT機器をサポートするために、長期のメンテナンス期間を必要とすることなく、ライブ仮想マシン(VMs)をクラウドへ順次レプリケーションすることができます。あなたは既存のサーバー群の順次移行を自動化、スケジュール設定、トラッキングができ、数十、数百に及ぶボリュームの大規模移行のプロセスや実行を簡略化することができます。 あなたは、AWS Management Console、AWSコマンドラインインターフェイス(CLI)、移行APIから、レプリケーションのプロセスを完全にコントロールすることができます。移行のためWindowsまたはLinuxサーバーを選択した後、あなたのアプリケーション利用パターンとネットワーク帯域を最小化するのに最もふさわしいレプリケーション頻度を選択することができます。舞台裏では、AWS Server Migration Serviceは、サーバー群をクラウドへレプリケートし、新たなAmazon Machine Image(AMI)を作成します。あなたは、コンソールから各レプリケーションジョブのステータスを追跡することができます。各増分同期は新規AMIを生成し、あなたの実際のカットオーバーに先立って移行されたサーバー群のテストが可能です。 Server Migration Serviceの使用の流れ あなたは、実際の移行プロセスを開始する前に、AWS Server Migration Service Connectorをダウンロードし、設定しておく必要があります。Connectorは既存の仮想化環境内で稼働しますがマイグレーション自体はエージェントレス型で稼働するため、エージェントを各サーバーに導入する際のトラブルを低減します。あなたが大規模な組織、および/または複数の仮想環境を持っている場合は、コネクタの複数のコピーを展開することができます。コネクタは、既存の環境内からアクセスできるウェブUIを持っています。あなたが使用許諾契約をクリックした後、あなたは、パスワードを作成し、ローカルネットワークの設定を構成し、その他幾つかの設定を行います。 次に、SMS、S3、及びSNSのAPIにアクセスできるように、AWSアカウントまたはIAMユーザーCredentialを持ったConnectorを準備する必要があります。 もしあなたがIAMユーザーを使用する場合は、適切なIAMロールを作成する必要があります。(ユーザガイドにサンプルが含まれています) Connectorが起動・稼働している間、AWS管理コンソールにログインし、Server Migration Serviceを操作し、そのサービスに登録されているすべてのConnectorの一覧が参照できます。各Connectorからサーバーカタログをインポートすることができ、サーバーのインベントリ情報を調べることができます。 それからレプリケーションする幾つかのサーバーを選択し、「Create replication jobs」をクリックします。次にサーバーのライセンスタイプ(オンデマンドまたはBYOL)を選択します。 それによって、あなたはすぐにレプリケーションを開始するか、将来の日時に開始するかを選択することができます。また、レプリケーション間隔を選択することもできます。 あなたが設定の確認、承認をした後、ダッシュボードでレプリケーションのジョブをすべて参照することができます。 独立したジョブを実行することも可能です。 それぞれの順次実行の後、作成されたAMIが表示されます。 「Launch instance」をクリックし、EC2インスタンスタイプを選択、そして移行サーバーの受け入れテストの実施となります。   今すぐ利用可能 AWS Server Migration Serviceは、米国東部(バージニア北部)、欧州(アイルランド)、およびアジアパシフィック(シドニー)の地域で利用可能になり、本日から利用可能です。サービスの利用は無料ですが、レプリケーション・プロセス中に使用したS3ストレージ、およびマイグレーションが完了した際に作成されるEBSからスナップショットの使用料がかかります。 -Jeff; (翻訳は諸岡が担当しました。原文はこちら)  

Read More