Amazon Web Services ブログ

Category: Migration

オンプレミスや Amazon EC2 上の Oracle Database を Amazon Redshift に移行

AWS Database Migration Service (AWS DMS) は、簡単かつ安全なAWSへのデータベース移行の手助けをします。AWS Database Migration Service は広く使われている商用データベースとオープンソースデータベースに対応しています。このサービスはOracleからOracleのような同一プラットフォームでの移行に対応していますし、Oracleから Amazon Aurora や、Microsoft SQL Server からMySQLのような異なるプラットフォーム間での移行にも対応しています。移行元のデータベースは移行中も完全に動作しつづけたままであり、データベースに依存するアプリケーションのダウンタイムを最小限に抑えます。 AWS Database Migration Service を使用したデータレプリケーションは、AWS Schema Conversion Tool (AWS SCT) と緊密に統合されており、異なるプラットフォーム間でのデータベース移行プロジェクトを簡略化します。異なるプラットフォーム間での移行には AWS SCT を使用できますし、同一プラットフォームであれば移行元エンジンの純正スキーマ出力ツールが使えます。 この投稿では、Oracle Database のデータウェアハウスから Amazon Redshift へのデータ移行にフォーカスします。 以前の AWS SCT では、Oracle Database のビューやファンクションなどのカスタムコードを Amazon Redshift と互換性のあるフォーマットに変換できませんでした。ビューとファンクションを変換するには、最初に Oracle Database スキーマをPostgreSQLに変換し、それから Amazon Redshift と互換性のあるビューとファンクションを抽出するスクリプトを実行する必要がありました。 お客様のフィードバックに基づいたアップデートの後、AWS SCT と […]

Read More

Oracle Database を Amazon Aurora に移行する方法

この投稿では、商用データベースから Amazon Aurora への移行を容易にするために AWS Schema Conversion Tool (AWS SCT) と AWS Database Migration Service (AWS DMS) をどのように使えるかの概要をお伝えします。今回は、Oracleから Amazon Aurora with MySQL Compatibility への移行にフォーカスします。 データベースエンジンの変更は不安を伴うかもしれません。しかし、Amazon Aurora のようなスケーラビリティやコスト効果の高いフルマネージドサービスのバリュープロポジションは、それに挑戦する価値を生み出します。その手順を簡単にするツールがある場合は特にです。データベースをあるエンジンからほかのものに移行するとき、主に2つのことを考慮する必要があります。スキーマとコードオブジェクトの変換と、データ自身の移行と変換です。幸いにも、データベースの変換と移行の両方を容易にするツールをAWSは用意しています。 AWS Schema Conversion Tool は移行元データベースのスキーマとカスタムコードの大部分を新しい移行先データベースと互換性のあるフォーマットに自動的に変換することで、異なるプラットフォーム間でのデータベース移行をシンプルにします。このツールが変換するカスタムコードには、ビューやストアドプロシージャ、ファンクションを含みます。このツールで自動変換できない一部のコードは明確に示されるので、ユーザー自身でそれを変換することができます。AWS Database Migration Service は最小限のダウンタイムでデータを簡単かつ安全に移行することを手助けします。 すばらしい! では、どこから始まれば良いのでしょう? AWS SCT での移行手順 通常、移行の最初のステップは実現可能性と作業量のアセスメントです。現行のOracleからAuroraにデータベースを移行するために要する作業量の大枠な概要を AWS SCT は生成することができます。SCTはいくつかのOS上で動作しますが、このブログではWindows上で動かします。SCTをダウンロードするためには、マニュアルの AWS Schema Conversion Tool のインストールと更新 をご覧ください。SCTのマニュアル全体を見たい場合は AWS Schema Conversion Tool […]

Read More

AWS Server Migration Service – クラウドへのサーバー移行が簡単に!

これはAhmed Omranのゲストポストです。 AhmedはAWSのMigration Solutions Architectです。 大規模構成におけるオンプレミスサーバーの移行は、自動化、スケジューリング、少ない帯域幅の消費や移行時間の短縮を調整することなしに行うことはできません。 この記事では、AWS Server Migration Service(AWS SMS)を使用して、オンプレミスのワークロードをAWSに効率的に移行する方法を段階的に説明します。 AWS Server Migration Serviceとは何ですか? 2016年10月、エンドツーエンドのサーバー移行プロセスを簡素化する目的でAWS SMS を紹介しました。 AWS SMS は現在、仮想アプライアンスを使用したエージェントレスサービスとしてのオンプレミス仮想マシン(VMs)の移行をサポートしています。 AWS SMSには、次の主要な利点があります: ライブサーバーボリュームのAWSへのレプリケーションを順次自動化することにより、カットオーバー時のサーバーダウンタイムを削減します。 費用対効果の高い方法で大規模サーバーの移行を行います。 広く使用されている多くのオペレーティングシステムをサポートします。 使いやすいUIを使用して、サーバー移行の進捗状況を管理および追跡します。 AWS SMSは、VMware 環境からAWSへの大規模マイグレーションを計画している場合に重要な考慮事項となる、ダウンタイム、エージェントレスツール、順次レプリケーション、およびカットオーバー前のアプリケーションテストなどに対する理想的なソリューションです。 AWS SMSは、サーバーの移行に使用する無料のサービスです。 Amazon EBS スナップショットやAmazon S3など、移行プロセス中に使用されたストレージリソースにのみ支払います。 現在、米国東部(米国バージニア州)、米国西部(オレゴン州)、米国東部(オハイオ州)、EU(アイルランド)、アジア太平洋(シドニー)、アジア太平洋(東京)、アジア太平洋(ソウル) 、アジア太平洋地域(ムンバイ)でサービスが利用可能です。 どのように機能するのですか? AWS SMS を使用してワークロードを移行する手順を説明する前に、移行プロセス自体とAWS SMS がどのように処理するかについて詳しく説明します。 移行プロセスは、次の図に示すように、4つの段階に分かれています。 AWS SMS 移行プロセスの概要 AWS SMS の最終出力はAmazon Machine Image(AMI)です。移行プロセスは、ジョブが終了されるまで(あなたが消去するか、または90日後に自動的に終了するまで)、各レプリケーションの実行ごとにAMIを生成します。 移行段階は、調整された複製頻度で反復されます。各レプリケーションの実行間隔の最短時間は12時間で、最大時間は24時間です。この反復サイクルの有効期間は90日です。その後、レプリケーションジョブは終了します。 移行するVMのグループを選択できます。 […]

Read More

新発表 – AWS Server Migration Service

私は、我々の顧客の多くが直面している状況を強調するために、歴史的な写真を使用するのが好きです。お客様はデータ移行のために長期のメンテナンス期間を取ることができずに、ITインフラ基盤をAWSクラウドへ移行する必要があります。何故ならこれらのアプリケーションはミッションクリティカルであり、負荷の高いデータ処理指向であり、ギガバイト又はテラバイト級のデータを単に移動するためにシステム停止をすることは実用的ではないからです。 新サービス 本日、私はAWS Server Migration Serviceについてお話したいと思います。 このサービスは、既存の仮想化されたアプリケーションをAmazon EC2に移行するプロセスを簡素化、合理化します。図に示された使用例のIT機器をサポートするために、長期のメンテナンス期間を必要とすることなく、ライブ仮想マシン(VMs)をクラウドへ順次レプリケーションすることができます。あなたは既存のサーバー群の順次移行を自動化、スケジュール設定、トラッキングができ、数十、数百に及ぶボリュームの大規模移行のプロセスや実行を簡略化することができます。 あなたは、AWS Management Console、AWSコマンドラインインターフェイス(CLI)、移行APIから、レプリケーションのプロセスを完全にコントロールすることができます。移行のためWindowsまたはLinuxサーバーを選択した後、あなたのアプリケーション利用パターンとネットワーク帯域を最小化するのに最もふさわしいレプリケーション頻度を選択することができます。舞台裏では、AWS Server Migration Serviceは、サーバー群をクラウドへレプリケートし、新たなAmazon Machine Image(AMI)を作成します。あなたは、コンソールから各レプリケーションジョブのステータスを追跡することができます。各増分同期は新規AMIを生成し、あなたの実際のカットオーバーに先立って移行されたサーバー群のテストが可能です。 Server Migration Serviceの使用の流れ あなたは、実際の移行プロセスを開始する前に、AWS Server Migration Service Connectorをダウンロードし、設定しておく必要があります。Connectorは既存の仮想化環境内で稼働しますがマイグレーション自体はエージェントレス型で稼働するため、エージェントを各サーバーに導入する際のトラブルを低減します。あなたが大規模な組織、および/または複数の仮想環境を持っている場合は、コネクタの複数のコピーを展開することができます。コネクタは、既存の環境内からアクセスできるウェブUIを持っています。あなたが使用許諾契約をクリックした後、あなたは、パスワードを作成し、ローカルネットワークの設定を構成し、その他幾つかの設定を行います。 次に、SMS、S3、及びSNSのAPIにアクセスできるように、AWSアカウントまたはIAMユーザーCredentialを持ったConnectorを準備する必要があります。 もしあなたがIAMユーザーを使用する場合は、適切なIAMロールを作成する必要があります。(ユーザガイドにサンプルが含まれています) Connectorが起動・稼働している間、AWS管理コンソールにログインし、Server Migration Serviceを操作し、そのサービスに登録されているすべてのConnectorの一覧が参照できます。各Connectorからサーバーカタログをインポートすることができ、サーバーのインベントリ情報を調べることができます。 それからレプリケーションする幾つかのサーバーを選択し、「Create replication jobs」をクリックします。次にサーバーのライセンスタイプ(オンデマンドまたはBYOL)を選択します。 それによって、あなたはすぐにレプリケーションを開始するか、将来の日時に開始するかを選択することができます。また、レプリケーション間隔を選択することもできます。 あなたが設定の確認、承認をした後、ダッシュボードでレプリケーションのジョブをすべて参照することができます。 独立したジョブを実行することも可能です。 それぞれの順次実行の後、作成されたAMIが表示されます。 「Launch instance」をクリックし、EC2インスタンスタイプを選択、そして移行サーバーの受け入れテストの実施となります。   今すぐ利用可能 AWS Server Migration Serviceは、米国東部(バージニア北部)、欧州(アイルランド)、およびアジアパシフィック(シドニー)の地域で利用可能になり、本日から利用可能です。サービスの利用は無料ですが、レプリケーション・プロセス中に使用したS3ストレージ、およびマイグレーションが完了した際に作成されるEBSからスナップショットの使用料がかかります。 -Jeff; (翻訳は諸岡が担当しました。原文はこちら)  

Read More

AWS Application Discovery Service アップデート – VMware のエージェントレス検出

既存の環境を詳しく調べたり、状況の識別、そしてシステムやアプリケーションをクラウドに問題なく移行するために必要な情報と可視性を提供できるように設計された AWS Application Discovery Service については、今年すでにブログで紹介しました (詳しくは過去のブログ New – AWS Application Discovery Service – Plan Your Cloud Migration をご覧ください)。ブログで解説した検出プロセスでは、既存の各ホストで実行できる小規模で軽量なエージェントを使用しています。このエージェントはバックグランドで関連性のあるシステム情報を収集し、確認用にローカルで保管してからポート 443 の安全な接続状態で Application Discovery Service にアップロードします。この情報は AWS Key Management Service (KMS) が保護する暗号化したリポジトリで処理、相関、保管されます。仮想化環境で各ゲストオペレーティングシステムにエージェントをインストールすることは、計画上またはその他の理由により実践的とは言い難い場合があります。このエージェントは、広範に渡る Windows バージョンや Linux ディストリビューションで実行することができますが、過去にリリースされた Windows を使用していたり、Linux の稀なディストリビューションが混ざっている可能性は無視できません。 新しいエージェントレス検出 AWS Application Discovery Service のメリットを多くの AWS のお客様に提供するため、新しいエージェントレス検出オプションを本日リリース致しました。VMware vCenter 環境で仮想マシン (VM) を実行している場合は、この新しいオプションを使用して各ゲストにエージェントをインストールする必要なく、関連性のあるシステム情報を収集できます。代わりにオンプレミスアプライアンスを VCenter で読み込み、その中でゲスト VM を検出できるようにします。どのオペレーティングシステムを使用していても、vCenter アプライアンスはシステムパフォーマンス情報や、各 […]

Read More

New – AWS Application Discovery Service – クラウド移行計画

1980年代半ばを振り返ると、私はウォールストリートに配置されたシステムを手掛けていました。多くのプロジェクトの制約により、マンハッタンにある高いデータセンターで、数えきれないほどの時間を費やして、デバッグのほとんどをオンサイトで行う必要がありました。データセンターは高層フロア全体を占めていました。 そこでの業務の終わりが近づいたころ、私は非公式のフロアツアーをしてみました。数十年に渡って調達され続けたハードウェアとソフトウェアのおかげで、シアトルにあるリビングコンピュータ博物館と同じくらい面白かったです。有名なブランドとモデルのハードウェアのほとんどがあり、不可解かつ複雑な配線で全体がつながっており、更新や変更作業には非常に不安がつきまとうような、関係者内でのみ理解できる情報とともに置かれていました。 今日では、多くのお客様が上述したようなレガシーな環境の大部分をAWSクラウドへ移行する計画があり、時間をかけて詳細を検討しています! Application Discovery Service 新しいAWS Application Discovery Service (シカゴで開催されたAWS Summitで最初の発表)は、現行環境を調査し、何が起こっているかを見極め、既存のアプリケーションのクラウド移行を成功させるために必要な情報を可視化します。 このサービスはAWS Cloud Adoption Frameworkの重要な部分です。このフレームワークはお客様のクラウドジャーニーを支援します。とりわけ、移行ステップの概要を記載します: 現在のIT資産を評価 調査と計画策定 構築 稼働 Application Discovery Serviceは、手作業でやる場合には時間がかかり退屈で複雑な処理を自動化するもので、ステップ2に焦点を当てています。 The Discovery Agent 始めるためには、移行元ホストに小型で軽量なエージェントをインストールするだけです。このエージェントは以下のシステム情報を収集します: インストールされたアプリケーションとパッケージ 実行中のアプリケーションとプロセス TCP v4/v6 接続 カーネル種別とバージョン カーネル構成 カーネルモジュール CPUとメモリーの使用率 プロセスの生成と終了のイベント ディスクとネットワークのイベント TCP/UDPのリスニングポートと関連するプロセス NIC情報 DNS、DHCPやActive Directoryの利用 このエージェントはオンライン、オフラインどちらでも実行できます。オフライン実行の場合、上述のリストにある情報を収集し、お客様が確認できるようローカルに保存します。 オンライン実行の場合、ポート443を使ったセキュアな接続でApplication Discovery Serviceに情報をアップロードします。この情報は、CLIコマンドとAPI関数の新しいセットによりアクセスできるリポジトリーに保存された後、関連付けられ、処理されます。 エージェントは、Ubuntu 14、Red Hat 6-7、CentOS 6-7、そしてWindows (Server 2008 R2、Server 2012、Server […]

Read More