Amazon Web Services ブログ

Tag: AWS Elemental MediaConvert

Fuji TV Unified MAM

【お客様事例】株式会社フジテレビジョン 総合コンテンツ管理システムの構築

株式会社フジテレビジョン様では、2019年度の送出マスター設備更新に合わせて、番組素材を一元的に管理する「総合コンテンツ管理システム」を開発・導入されました。これは、従来放送局の送出マスター設備のサブシステムとして構築していた「番組バンク」と呼ばれるシステムとは大きく異なります。クラウドを活用することで、社内設備を最小限にしたシンプルなシステムとなっています。このシステムでは、放送用番組素材だけではなくインターネット動画配信や番組販売用の番組素材も扱い、アーカイブシステムも包括しています。 2020年12 月に開催されたAWS re:Invent 2020では、フジテレビジョン様に「総合コンテンツ管理システム」の導入経緯と効果、今後の展望についてご登壇いただきました。本ブログでは、こちらのセッションをご紹介させていただきます。

Read More
locipo_feature

在名民放4局による動画・情報配信プラットフォームLocipo(ロキポ)におけるAWSの活用

在名民放4局共通で動画を中心とした配信プラットフォームを構築した背景 昨今、ITテクノロジーの急激な進化の中で放送局を取り巻く環境が大きく変化しており、地上波放送だけでなくインターネットを通じたOTT配信においてもコンテンツ展開をしていくことが、今後の事業継続をしていく上で必要であると考えている放送事業者が増えています。しかし、ローカル局が配信ビジネスに取り組む場合には、ローカル局単独での配信サービスではコンテンツ数において他の配信サービスに及ばない可能性が高い、という課題があります。この状況に対して、東海テレビ放送・中京テレビ放送・CBCテレビ・テレビ愛知の在名民放4局が協力し、東海エリアのコンテンツ集約を行い、視聴者への利便性を高めながら、エリアの視聴者を中心にサービスの展開ができるプラットフォーム「Locipo(ロキポ)」を構築・運用されています。

Read More
creating-a-secure-video-on-demand-vod-platform

AWSでセキュアなビデオオンデマンド(VOD)プラットフォームを構築する方法

動画の活用は情報共有や学習の主要な手段となっており、お客様はeラーニングや動画配信の分野に参入するために、革新的なソリューションに投資を始めています。動画コンテンツはお客様のIP (知的財産) であり、保護され安全に配信される必要があります。オンライン動画は、企業、教育機関、政府機関などあらゆる業界がますます活用するようになっている強力なテクノロジーです。 多くの企業や組織はセキュアなストリーミングソリューションを必要としています。特に、医療機関、大学・学校、企業、OTT・メディア事業者、知的財産権・著作権保護団体、弁護士、官公庁などはセキュリティが絶対に必要であると考えるべきでしょう。

Read More

Amazon CloudFront、Lambda@Edge、AWS Elemental MediaConvertによるオンザフライ動画変換

はじめに メディアライブラリ内の動画が、長編の特集ムービー、もしくは短編の「ハウツー」クリップであっても、通常、動画アセットの人気は視聴者の好みによって決まります。 AWSは、メディアサプライチェーンの自動化やコンテンツ配信の合理化など、お客様がオンライン動画コンテンツを配信する際に使用できる複数のソリューションを提供しています。 オンザフライ動画変換ワークフローを導入することで、メディア配信にかかる全体的なコストをさらに最適化できます。単一品質のレンディションで、まれにしか視聴されない、またはまったく視聴されない動画アセットについて考えてみてください。例えば、動画処理や配信の投資収益率(ROI)が動画コンテンツの人気と直接結びつく、広告付きの「無料視聴可能」モデルはオンザフライ動画変換の検討対象となるでしょう。また、次のようなユースケースにも適しています 。

Read More

ビデオストリーミング急増に伴う課題を解決したAWSがテクノロジー&エンジニアリング・エミー賞を受賞

2020年の混乱の中、何百万もの人々がオンラインビデオでニュース、情報、スポーツ、エンターテイメントを求めていました。 このことは、オンデマンド配信で世界中の視聴者数が39%増の7億7,000万人という記録的な伸びを示したことからも明らかです。ビデオストリーミングはすべての地域で増加し、 Conviva によれば、2020年第4四半期のストリーミングの時間は2019年と比較して44%跳ね上がりました。

Read More

自動化 ABRでよりスマートなビデオエンコードを行う方法

はじめに 今日使用されているオーバーザトップ(OTT) 配信形式の中で最も一般的なものは、ABR(アダプティブビットレート)技術を使用した、ビデオの提供に基づいています。ABRパッケージには、一定範囲のビットレートと解像度でエンコードされたコンテンツの、複数のレンディションが含まれています。 HTTPライブストリーミング(HLS)やHTTP上のダイナミックアダプティブストリーミング(DASH)などの形式は、同じビデオにおける、複数のレンディションを持つラダーの作成方法を定義します。それぞれ異なるフレームサイズまたはビットレートでエンコードされ、ウェブプレーヤー、モバイルデバイス、スマートテレビへと提供されます。各プレーヤーは、ディスプレイ設定と現在利用可能な帯域幅に合った、適切なレンディションを動的に選択できます。 その目的は、必要に応じてレンディションを切り替えることにより、コンテンツをスムーズに再生することです。

Read More