Amazon Web Services ブログ

Category: General

東急ハンズメッセのピークにお客様の信頼を取り戻した高コスト効率の Amazon DynamoDB

私は街歩き愛好家です。 新しい街を歩き、裏通りや細い路地を探索し、それらをユニークで特別なものにしているものを見つけることが楽しみです。東京を訪問中、渋谷を歩いている時に驚くようなホビーショップを見つけました。8 階建のビルには、ありとあらゆるホビーのための工具、部品、組み立てキットがありました。(日本にいる私の同僚が書いた) 以下の記事から読み取れるように、このお店「東急ハンズ」は AWS カスタマーです! – Jeff 東急ハンズは、革新的な POS (Point of Sales) システムと EC サイトにより、お客様の体験をより良いものにしています。同社の新しいソリューションについて、同社 CTO の長谷川秀樹様はこう語ります。 小売業である当社は、常にコストを重視しており、DynamoDB の簡単にスケールする機能のおかげで運用のコスト効率が大幅に改善されました。高速で高い可用性、しかもスケーラブルなデータベースを、月当たりわずか数百ドルで使えるようになり、高価なハードウェアやデータベース運用担当者にお金を使う必要はなくなりました。 背景 東急ハンズは、日本で最も人気のある大規模小売店チェーンの 1 つです。雑貨や日本の文具、創作意欲を起こさせる DIY 用品や家庭用品をワンストップで購入できるお店を、日本、シンガポールに 40 店舗、展開しています。更に売り場として EC サイトを運用しており、お客様は PC やモバイル端末を使って 24 時間 365 日買い物ができます。東急ハンズは、同社の急速な成長ペースとビジネス機会創出ペースを維持するために、高速で柔軟、しかもスケーラブルな IT システムを完全に Amazon Web Services (AWS) 上で構築して運用しています。 AWS を使う以前は、東急ハンズの IT システムはオンプレミスのデータセンターに配置されており、データセンターを運用しスケールさせるのは非常に大変でした。東急ハンズは AWS に全てのシステムを移行すること (all-in) を決め、アプリケーションをオンプレミスのデータセンターからクラウドに移行しました。インフラストラクチャ管理を AWS に移管することで、東急ハンズはお客様へより良い価値を提供することに集中できるようになりました。長谷川様曰く、「私は AWS が好きです。なぜなら、時間とリソースをインフラストラクチャの管理ではなく、お客様のための改善に費やすことができるからです。AWS […]

Read More

明日のヘルスケアを今日提供するための取り組みを支える AWS

同僚の Jessica Beegle と Angel Pizarro が記述した、ヘルスケアへの心躍る新しいアプローチを紹介するゲストポストを以下に掲載します。 – Jeff 個別化医療とは、疾病の防止および治療において、個人ごとに異なる遺伝子、ライフスタイル、および環境を考慮するという、最近注目を集めている新たなアプローチです。 AWS は、ホワイトハウスの個別化医療イニシアティブを支援しており、私たちは、革新を加速し、研究を臨床に移すのにかかる時間を短縮することに継続して努めています。この一環として、私たちは、地球全体で研究者と臨床医をつなぐことができる高度にセキュアなプラットフォームを提供し、1,000 Genomes、The Cancer Genome Atlas (“TCGA”)、International Cancer Genome Consortium (“ICGC”) などの価値の高いヘルスケアデータセットを認定された研究者が無料で利用できるようにし、Qualcomm Tricorder XPRIZE や Digital Mammography DREAM Challenge などの地球規模の革新的な取り組みをサポートしています。 AWS は過去数年にわたり、多くの主要なグローバル企業、革新的なスタートアップ、上級規制機関によって活用されています。以下に、明日のヘルスケアを今日提供することを目標にして、個別化医療を研究室から臨床治療にもたらしつつある、当社のパートナーエコシステムのハイライトをいくつか紹介します。 NCI-MATCH Clinical Trial および Thermo Fisher Scientific National Cancer Institute Molecular Analysis for Therapy Choice (NCI-MATCH) プログラムは、個別化治療時代のがん治療という新しいパラダイムを定義します。NCI-MATCH プログラムは、米国全国規模の初めての臨床試験で、目標になっている次世代シーケンシング (NGS) テクノロジーは、この研究の一部である最大 20 の治療手段の 1 […]

Read More

Amazon RDS Update – MySQL 5.7 のサポート

MySQL 5.7 を実行する Amazon RDS データベースインスタンスを起動できるようになりました。 このリリースの MySQL では、パフォーマンス、スケーラビリティ、およびセキュリティに関して多くの機能拡張が提供されています。最も重要で現実の問題に強く関連する機能拡張のいくつかを、次に示します。 JSON データと、次の組み込み JSON 関数のネイティブサポート – JSON_ARRAY、 JSON_OBJECT、 JSON_QUOTE、 JSON_CONTAINS、 JSON_CONTAINS_PATH、 JSON_EXTRACT、 JSON_KEYS、 JSON_SEARCH、 JSON_APPEND、 JSON_ARRAY_APPEND、 JSON_ARRAY_INSERT、 JSON_INSERT、 JSON_MERGE、 JSON_REMOVE、 JSON_REPLACE、 JSON_SET、 JSON_UNQUOTE、 JSON_DEPTH、 JSON_LENGTH、 JSON_TYPE、および JSON_VALID。 新規および強化されたパフォーマンスメトリックスへのアクセスを提供するパフォーマンススキーマ。 解析、EXPLAIN、およびクエリの処理向上を実現するオプティマイザーの強化。 ネイティブ InnoDB 空間インデックスと Boost.Geometry との統合機能を備えた GIS (詳細については、「MySQL 5.7 and GIS, an Example」と「Making Use of Boost Geometry in MySQL […]

Read More

New – AWS CodeDeploy イベントの通知機能

AWS CodeDeploy は、EC2 インスタンスや オンプレミスで稼働するインスタンスを含む、さまざまなインスタンスに、それらを可能な限りオンライン状態にしたまま、コードを容易にデプロイできるようにするサービスです。CodeDeploy は、1 つのインスタンスから数千のインスタンスにいたる範囲を対象にできるように設計されました (詳細については、「New AWS Tools for Code Management and Deployment」を参照)。 CodeDeploy の通知 全体的なビルド、テスト、およびデプロイパイプラインの一環として、CodeDeploy を使いやすくするために、今日、新しい通知システムを導入しました。Amazon SNS 通知をアプリケーションのデプロイプロセスの前後および途中に送信するトリガーを作成できるようになりました。トリガーの設定は、デプロイプロセス全体を対象にすることも、デプロイプロセスでターゲットにされる個々のインスタンスを対象にすることもできます。また、成功した場合と失敗した場合の両方で、トリガーを送信できます。次に、すべてのトリガーを一覧します。 DEPLOYMENT_START DEPLOYMENT_SUCCESS DEPLOYMENT_FAILURE DEPLOYMENT_STOP INSTANCE_START INSTANCE_SUCCESS INSTANCE_FAILURE アプリケーションあたり最大 10 のトリガーを作成できます。複数のトリガーを 1 つのトピックに接続することも、各トリガーを個々のトピックに送信することもできます。SNS でサポートされているいずれのデリバリプロトコル (http、https、E メール、SMS、およびモバイルプッシュ) も使用できます。Lambda 関数を起動することもできます。 トリガーの作成 トリガーは、AWS マネジメントコンソールまたは AWS コマンドラインインターフェイス (CLI) を介して作成できます。この投稿では、コンソールを使用する操作手順を示します。サンプル CodeDeploy アプリケーションをセットアップします (3 つの t2.micro インスタンス)。 次に、初期デプロイを実行します。 SNS トピックを作成し、E メール経由でサブスクライブして、サブスクリプションを確認します。 […]

Read More

Amazon Aurora への移行 – お客様自身が語るサクセスストーリー

今回は、AWS のお客様である Safe Software によって記述されたゲストポストを紹介します。同社は Amazon Aurora のアーリーアダプターで、有用な経験をシェアしています。 – Jeff Safe Software はデータ移動のビジネスに携わっているので、先端のデータベーステクノロジーをサポートするように常に心がけています。この理念の当然の結果として、Amazon Aurora にも興味を抱きました。 AWS と Aurora のパワーを顧客のために活用するだけでなく、当社の内部プロセスを改善するという観点からも、この新しいテクノロジーを評価しました。Aurora のベータバージョンがリリースされたときに、当社のシステムを Aurora に移行することをすぐに考えました。この決定は、価値あるものであることが証明されました。Aurora に移行することによって、生産性が向上しただけでなく、年間のシステムコストが 40% も削減されました。 すでに移行は終了しているので、この経験から得たヒントや洞察を、Aurora への移行を検討している人たちとシェアしたいと思います。移行作業の詳細について説明したいのですが、実際にはボタンをクリックするだけで終了してしまったので、多くを書くことはできません。その代わりに、私たちが最初に試したこと、準備に使った方法、Aurora での運用を開始した後でシステムをさらに最適化した方法について、シェアしようと思います。 クラウドを必要とした理由 当社では、当社の空間データ変換テクノロジー FME の高い品質を維持するために、厳しい自動化テストスイートを実行します。このプラットフォームは、365 を超えるデータフォーマットと制限のない変換をサポートするので、自動化された日々のテストは、15,000 のテストを、4 つのオペレーティングシステムと 3 つの製品で、24 時間 365 日実行、というようにとても厳しいものになっています。 問題は、システムの健全性を維持するための、ハードウェアのプロビジョニングを継続できないことです。1 秒という応答想定時間を維持できなくなった、などとは思わないでください。 当社の内部プロダクションデータベースは、きわめてトラフィックの多いシステムで、140 を超えるテーブルに 1 億行にも達するデータが格納されています。このデータベースは、内部のイントラネットとレポート処理のフレームワークと同様に、ビルドシステムとテストシステム用の主要な運用リポジトリであり、150 台に及ぶサーバーファームをサポートしています。100 人を超えるユーザーが、このシステムを頼りにしています。 Aurora の前に試したこと 私たちは当初、すべてを RDS 上の MySQL に移行しようと考えましたが、負荷を管理するために、リードレプリカをかなり大きなインスタンス上で実行する必要があることに気付きました。それでも、ほとんどのクエリ用に処理できる接続数の運用上限を引き上げようと悪戦苦闘しました。必要な応答時間を達成しようともがきました。しかし、このソリューションは、すぐにコストが倍に膨れ上がりました。 […]

Read More

Amazon EMR Update – EBS および M4 & C4 インスタンスタイプのサポート

同僚の Abhishek Sinha が Amazon EMR の最新の追加機能について記述したゲストポストを、以下に掲載します。 – Jeff Amazon EMR は、Apache Hadoop、Apache Spark、Presto などの分散データ処理フレームワークを使って、EC2 インスタンスのマネージドクラスター上のデータを処理することを可能にするサービスです。 新しいバージョンの EMR (3.10 および 4.x) では、Amazon EBS ボリュームを使用して、各インスタンスのローカルストレージを増やすことができます。これは、サポートされるインスタンスタイプの既存のセットですぐれた機能を発揮し、EMR で M4 と C4 のインスタンスタイプを使用することを可能にします。ここでは、これらの両方の機能について詳しく説明します。 Amazon EBS の使用によるインスタンスストレージの拡大 EMR は HDFS (Hadoop Distributed File System) 用に各インスタンスのローカルストレージを使用して、S3 からのデータを処理する際に EMRFS を使用して中間ファイルを保存します。このストレージを拡張するために、EBS ボリュームを使用できるようになりました。EBS ボリュームは、関連付けられているインスタンスのライフサイクルに結び付けられ、インスタンスの既存のストレージが増えます。クラスターが終了すると、関連付けられている EBS ボリュームも一緒に削除されます。 次のシナリオでは、EMR インスタンスのストレージをカスタマイズできる利点を活用できます。 処理要件として、インスタンスのデフォルトで利用できる HDFS (またはローカル) ストレージよりも多くのストレージが必要 – EBS […]

Read More

Parse アプリケーションを AWS に移行するためのリソース

  Parse アプリケーションを AWS に移行するためのリソース Parse の段階的終了に関する最近の発表を踏まえ、AWS チームは、AWS コミュニティのメンバー向けに、いくつかの移行パスと代替サービスを開発者に提供するべく取り組んできました。ここでは、現在把握している情報をご紹介します。 AWS Mobile Development Blog の新しい投稿で、Parse Push から Amazon SNS への移行の方法を説明しています。 この投稿では、Parse からのデータのエクスポート、APNS および GCM の認証情報の取得、AWS リソースおよび Mobile Hub プロジェクトの作成、データのインポート、Amazon SNS トピックのパブリッシュと購読を実行するためのコードの修正というプロセスを説明しています。 MongoDB on the AWS Cloud Reference Deployment では、AWS で MongoDB クラスターを設計してホストする方法を説明しています。将来 Parse プラットフォームから移行することを決定した場合は、モバイルアプリケーション用の高速でスケーラブルな NoSQL データベースバックエンドとして Amazon DynamoDB を使用できます。 How to Set up Parse Server on […]

Read More

アマゾン ウェブ サービスが NICE を買収

  NICE を新しい同僚として暖かく迎えたいと思います。当社は、ハイパフォーマンスなテクニカルコンピューティングのためのソフトウェアとサービスを提供する主要プロバイダーである同社を買収することに合意しました。 HPC 向け製品 イタリアのアスティに本社を置く NICE は、世界中のお客様に製品とソリューションを提供しています。これらの製品は、ハイパフォーマンスコンピューティング (HPC) およびビジュアライゼーションのワークロードの最適化と集約に役立つと同時に、モバイルデバイスを利用する分散環境の従業員にとって有用なツールも提供します。 既存のお客様への対応 NICE のブランドとチームはそのまま、EnginFrame および Desktop Cloud Visualization (DCV) 製品の開発をサポートを継続します。お客様は引き続き、AWS チームの支援により強化された世界最高レベルのサポートとサービスを受けることができます。NICE と AWS は今後、協力してさらに優れたツールとサービスを生み出していきます。 毎日が初日 ジェフ・ベゾス がよく言うように、私たちにとって毎日が初日であり、まだすべての答えが見つかってはいないのです。しかし、このニュースを皆様にお知らせし、新しい同僚と顔を合わせて共に働けることを楽しみにしているとお伝えしたいと考えました。この契約は 2016 年第 1 四半期中に成立すると予想しています。    

Read More

最新情報 – Lambda 関数から VPC 内のリソースへのアクセス

  数か月前に、AWS Lambda 関数から VPC 内のリソースにまもなくアクセスできるようになると発表しました。要望の多かったこの機能が提供開始され、今日からご利用いただけることをお伝えできて嬉しく思います。 今回、Lambda 関数から Amazon Redshift データウェアハウス、Amazon ElastiCache クラスター、Amazon Relational Database Service (RDS) インスタンス、および特定の VPC 内からのみアクセス可能だったサービスエンドポイントにアクセスできるようになりました。それには、お使いの VPC を 1 つ選択し、関連するサブネットとセキュリティグループを指定するだけです。Lambda はこの情報を使用して、Lambda 関数が VPC 内のリソースにサクセスできるように、Elastic Network Interface (ENI) および (指定したサブネットから取り出された) プライベート IP アドレスをセットアップします。 VPC 内のリソースへのアクセス これは新しい関数を作成するときにセットアップできます。また、既存の関数が VPC にアクセスできるように更新することもできます。この機能は、Lambda コンソールまたは CLI から設定できます。 ここでは、コンソールからセットアップする方法を説明します。 必要な設定はこれだけです。不明点がある場合は、Lambda ドキュメントの「Configuring a Lambda Function to Access Resources in an […]

Read More

Amazon RDS の更新 – 暗号化されたスナップショットの共有、既存のインスタンスの暗号化

  Amazon RDS の更新 – 暗号化されたスナップショットの共有、既存のインスタンスの暗号化 当社では、ご使用の AWS 環境をできるだけ簡単に保護できるようにしたいと考えています。この分野での最近の発表には、暗号化された EBS ブートボリューム、Amazon Aurora での保管時の暗号化、複数の異なるサービスにわたる AWS Key Management Service (KMS) のサポートがありました。今日は、Amazon Relational Database Service (RDS) に保存されたデータに関するいくつかの追加オプションについて説明します。暗号化されたデータベーススナップショットを他の AWS アカウントと共有できるようになりました。また、暗号化されていないデータベースインスタンスに暗号化を追加することも可能になりました。暗号化されたスナップショットの共有 データベースインスタンスに対して保管時の暗号化を使用すると、インスタンスから自動および手動で作成されたデータベーススナップショットも暗号化されます。これまで、暗号化されたスナップショットは単一の AWS アカウントでのみ使用可能で、共有はできませんでした。今回、暗号化されたスナップショットを最大 20 の別の AWS アカウントと共有する機能を提供します。これを行うには、AWS Management Console、AWS Command Line Interface (CLI)、RDS API のいずれかを使用します。暗号化されたスナップショットは AWS リージョン内で共有できますが、パブリックで共有することはできません。既存の共有機能と同様に、今回のリリースは手動作成のスナップショットに適用されます。暗号化されたスナップショットを共有するには、スナップショットを選択して Share Snapshot をクリックします。これにより Manage Snapshot Permissions ページが開きます。1 つ以上のアカウント ID を入力し (1 つ入力するごとに […]

Read More