Amazon Web Services ブログ

Category: General

週刊AWS – 2016年4月25日

今日5/6はゴールデンウィークの谷間の平日です。今日はお休みにして、どこかに出かけられている方も多いのではないでしょうか?私は今日は仕事の日ですが外出の予定がありませんでしたので、とあるコワーキングスペースで仕事をすることにしてみました。いつものオフィスとは環境が変わって、案外はかどるものですね。 それでは、いつものように先週AWSの世界で起こった出来事を振り返ってみましょう。 月曜日 4月25日 AWS CloudFormationでEC2、ECS、Lambda、GameLiftのサポート改善を発表いたしました。 AWS IoTがアジアパシフィック(シンガポール)リージョンで利用可能になりました。 AWS Marketplace for Desktop Appsが欧州(アイルランド)リージョンで利用可能になりました。 AWS DevOps BlogにてHashiCorpのConsulとAWS CodeDeployによるデプロイメント がポストされました。 AWS Big Data BlogにてApache Sparkのスキルを磨きましょうがポストされました。 AWS Compute Blogにてゾンビが蔓延する世界をサーバレスなマイクロサービスで生き抜こうがポストされました。(訳注:タイトルは「2016 AWS Zombie Microservices Roadshowのお知らせ」が適切ですが原題が面白いのであえて意訳は最小限にしておきました) AWS Enterprise Blogにてあなたの会社におけるクラウド推進を推し進めるエンジンがポストされました。 AWS Partner Network BlogにてオンプレミスのネットワークエンジニアのためのAmazon VPCがポストされました。 火曜日 4月26日 ClassicLinkがVPCピアリングをサポートいたしました。 Amazon RDS MySQLでMySQL5.6から5.7へのアップグレードをサポートいたしました。(日本語版記事) 新たなホワイトペーパー(英語版)、IoTで重要な事柄を公開いたしました。 Amazon GameDev BlogにてLumberyard Beta 1.2が利用可能になったことを発表いたしました。 Amazon Web Services Blog(英語版)にて機械学習とレコメンデーション、そしてCloud Academyのデータアナリストがポストされました。 AWS […]

Read More

GE Oil &Gas 社 – クラウドでデジタルトランスフォーメーション

GE Oil & Gas 社は、親会社の General Electric 社によって行われた一連の買収の結果、1980 年代後半に誕生した、同社の比較的新しい部門です。現在、GE Oil &Gas 社は、親会社のデジタル革命を主導しています。下記のゲスト投稿は、GE Transportation の CTO で、以前は GE Oil & Gas 社のクラウド設計者であった Ben Cabanas 氏が、2016 年にオーストラリアのシドニーで行われた AWS Summit における同氏の最新のプレゼンテーションのテーマであった、大規模エンタープライズのクラウド移行に必要な主要ステップについて書かれたものです。 詳細については、AWS によるエンタープライズクラウドコンピューティングを参照してください。 課題と変革 GE Oil & Gas は、GE を前進させる重要戦略である、GE のデジタル革命の最前線に立っています。この部門を取り巻く環境として、この業界は激しい競争とコスト課題に直面しており、技術革新を受け入れることが不可欠になっています。GE の CIO である Jim Fowler 氏が言及しているように、今日製造業で成功するには、デジタルイノベーターになる必要があります。 クラウドへの移行は、GE のこの革新の中核部分です。もちろん、これは、これほどの規模、グローバルリーチ、業界における役割を持った、エンタープライズ内の大きな部門にとって、「言うは易く行うは難し」です。GE Oil & Gas では、11 の異なるリージョンと 7 つのリサーチセンターにおいて、45,000 人以上の従業員が働いています。GE Oil […]

Read More

セキュリティ脆弱性診断サービスであるAmazon Inspectorの一般利用開始

我々は、Amazon Inspectorがプレビューを経て全てのお客様に一般利用可能となったお知らせが出来ることを嬉しく思います。 Amazon Inspectorは、セキュリティ脆弱性診断サービスです。これは、Amazon EC2上で稼働するお客様のアプリケーションのセキュリティやコンプライアンス適合の改善を支援します。Amazon Inspector は、自動的にアプリケーションを評価し、脆弱性やベストプラクティスからの逸脱がないかどうかを確認し、重大性の順に結果を表示した詳細なリストを作成します。Amazon Inspector には、共通のセキュリティベストプラクティスや脆弱性の定義に対応した何百ものルールが収められたナレッジベースが備えられており、それらはAWS のセキュリティ研究者によって定期的に更新されます。 Amazon Inspectorは前払いの投資も必要ありませんし、追加的なソフトウェアライセンスや保守費用、専用のハードウェアも必要ありません。 お客様はご利用分のみの支払であり、それは柔軟なユースケース、たとえば継続的デプロイメントやオートスケールなどへの対応(それらはホスト毎やIP毎の支払モデルでは難しいものでしょう)を提供します。 Amazon Inspectorは、90日の無償利用を含みます。 ぜひともより詳細な情報を得るためにAmazon Inspectorの製品詳細ページをご覧になってください。   原文はこちら。日本語訳は市崎が担当しました。

Read More

週刊AWS – 2016年4月18日

ついこの間に新年のご挨拶をしたと思っていたら、あっという間に4月も下旬になってしまいました。今週末からゴールデンウィークですが、今年は5/2と5/6をお休みにすると10連休になります。 この機会に旅行に出かける方も多いかもしれませんが、もしも時間が空いたらAWSのことを思い出してみてください!米国時間で4/18,19にAWS Summit Chicagoが開催され数多くの発表が行われました。かなりのボリュームがありますので、この機会に最新情報をキャッチしてみてはいかがでしょうか?(概要はこちらのWebページとこちらの資料をご覧ください) それでは、いつものように先週AWSの世界で起こった出来事を振り返ってみましょう。 月曜日 4月18日 AWS CodePipelineがAWS CodeCommitとの連携をサポートいたしました。 AWS CloudFormationが新たにAmazon API GatewayをサポートしたとともにCloudWatch EventsとAWS WAFのサポートを改善いたしました。 AWS Developer Blogにてサーバーレスなサービスディスカバリ(パート1 – はじめに、パート2 – 参照する)がポストされました。 AWS Mobile Development BlogにてAWS IoTとAmazon Machine Learningでメンテナンスを予測するがポストされました。 AWS Big Data BlogにてStrata+Hadoop 2016におけるAWS:ストリーミングデータ処理のためのスケーラブルなアーキテクチャをAWSで構築するがポストされました。 火曜日 4月19日 Amazon EBSの新ボリュームタイプ、スループット最適化HDDとコールドHDDを発表いたしました。(日本語版記事) AWS Device Farmのアップデート – インタラクティブなテストを可能にするリモートアクセスを発表いたしました。(日本語版記事) Amazon Cognito向けUser Poolsを発表いたしました。(日本語版記事) Amazon Kinesisのアップデート – Amazon Elasticsearch Serviceとの統合、シャード単位のメトリクス、時刻ベースのイテレータを発表いたしました。(日本語版記事) AWS Elastic […]

Read More

AWS Elastic Beanstalk 管理されたプラットフォームの更新

アプリケーションが動作するAWS Elastic Beanstalkの環境を、指定したメンテナンス時間帯に、自動的に最新のバージョンに更新するよう選択出来るようになりました。Elastic Beanstalkは、サポートされるプラットフォーム(Java, PHP, Ruby, Node.js, Python, .NET, Go, およびDocker)の新しいバージョンを定期的にリリースしています。こちらには、オペレーティングシステム、ウェブおよびアプリケーションサーバ、言語やフレームワーク等の更新も含まれます。以前は、Elastic Beanstalkコンソール、コマンドラインインタフェース(CLI)、またはAPIを使って手動でElastic Beanstalkの環境の更新を開始しなければいけませんでした。本日より、シンプルに1週間ごとにメンテナンス時間帯を選択して、その時間帯で自動的に環境のプラットフォームバージョンを更新させることが出来るようになりました。 管理されたプラットフォームの更新により、アプリケーションを動作させるプラットフォームへパッチ適用したり、更新し続けるようを気を付ける必要はなくなりました。Elastic Beanstalkは、エンドユーザーへの影響は最小限になるように安全な形で更新を行います。この更新はimmutableデプロイメントメカニズムを使用します。こちらにより、Elastic Beanstalkは同様のAmazon EC2インスタンス群を起動して、環境を交換して既存のインスタンスを終了する前に更新をインストールします。もしElastic Beanstalkのヘルスシステムが更新の間に問題を検知した場合には、アプリケーションのエンドユーザーへのインパクトを最小限に保ちつつ、既存のインスタンス群にトラフィックを向け直します。 Elastic Beanstalkは新しいパッチとマイナープラットフォームのバージョンの更新を自動的に実行できます。環境ごとに異なるメンテナンス時間帯をスケジュール可能です。また定期的にスケジュールが組まれたメンテナンス時間帯以外でアップデートを開始させることも可能です。Elastic Beanstalkは、(例:Java 7 Tomcat 7 からJava 8 Tomcat 8への)メジャーバージョンアップデートを自動的に実行しません。その理由は、メジャーバージョンののアップデートには非互換の変更や追加のテストが必要な場合があるためです。こちらの場合は、手動でアップデートを開始する必要があります。 利用開始するには、Elastic Beanstalkコンソールの設定タブ、EB CLIまたはAPIで、管理されたプラットフォームの更新を有効にしなければなりません。管理されたプラットフォームの更新についての詳細は、ドキュメントまたはFAQをご覧ください。 Elastic Beanstalkの詳細: 製品ページ ドキュメント リリースノート プラットフォームサポートリスト 翻訳は舟崎が担当しました。原文はこちらです。

Read More

Box Zones – AWS によって企業レベルでデータの場所の管理が可能に

Box は、Fortune 500 の半数を超える企業で、安全なソースコンテンツ管理、コラボレーション、ファイル共有用として採用されています。 Box は、企業顧客のニーズに注意を払うことで成功を収めてきました。たとえば、昨年のブログで紹介した Box Enterprise Key Management (EKM) は、柔軟性が高く、不正アクセスを許さない暗号システムです。Box 顧客は、EKM を使用することによって、自身の暗号化キーを制御できます。この機能が進化した Box KeySafe を使用すると、最小規模の IT 組織でも暗号化機能を使用して、彼らが所有権を持つドキュメントを保護できます。Box Capture (ビジネス処理へのモバイルフォンの統合) や Box Governance (管理とコンプライアンス) などの他の Box 機能も、企業のビジネスニーズを満たすことを目的として構築されています。 私たちは、今日リリースの Box Zones をサポートする役割を担えることを嬉しく思っています。 この新機能は、Amazon S3 を使用しており、これにより Box 顧客は、ドイツ、アイルランド、シンガポール、東京の 4 つからストレージの場所を選択できます。Box 顧客は、データを保存する場所を選択できるだけでなく、透かし挿入、アクセス許可に関する細かな制御、コメント付加、ファイルのプレビューなど、Box のその他の機能のメリットもそのまま活用できます。 この新しい機能の詳細については、Box Zones のオンラインセミナーをご覧ください。 祝 Box Zones スタート。AWS を使用していただき、ありがとうございます。 – Jeff  

Read More

LiveOps Cloud – AWS を使用した数十億ドル規模のコールセンター市場の開発

LiveOps Cloud は広大な未開発市場を開こうとしています。LiveOps Cloud は、コンタクトセンター業界におけるソリューションプロバイダとして長年サービスを提供してきました。最近では、完全に AWS を使用して構築され、運用されている、CxEngage という新しい Contact Center-as-a-service プラットフォームを立ち上げました。LiveOps Cloud のエンジニアリング CTO 兼 SVP、Jeff Thompson 氏にこのすばらしい最新のサービスを開始するに至った経緯について尋ねてみました。 – Jeff; LiveOps Cloud は創立 16 年の企業です。当社は LiveOps Inc から生まれた新しい企業で、母体会社のコンタクトセンターソリューション提供における長い歴史を、クラウドの利便性、パフォーマンス、低コストが重視される新しい時代へと引き継いでいくことが我々のミッションです。 コンタクトセンタービジネスは広大で、世界中に少なく見積もっても 1,500 万人もの雇用を生み出す、数十億ドル規模からなる市場です。しかしながら、この業界はクラウドコンピューティングとしては後発で、クラウドインフラストラクチャとツールに関する技能を持つのは、コンタクトセンター就労人口のわずか 10% 程度です。特に銀行や小売業などの伝統的業種では、有効期限が近づいているオンプレミスのレガシーコールセンターシステムが多数存在しています。これらのシステムは、コスト削減、パフォーマンスの向上と高度化、新興市場への対応といった、企業が抱える現在の市場ニーズを満たすには不適当です。 クラウドベークオフ 当社では、100% クラウドで稼働する contact center-as-a-service (CCaaS) を作成を計画していました。システムは常時稼働し、安全で、マルチテナントで、すぐにスケーリングできるプラットフォームなので、いつでもどこでもお客様に特化したサービスを提供できます。当社の CCaaS はまさに "ホッケースティック" のような高成長パターンを遂げることを期待しています。それを実現するために、どんなプラットフォームが最も効果的かを注意深く考慮する必要がありました。 ベークオフ前に、いくつかの代替案を探しました。Azure、Rackspace、Google、および AWS はクラウド内のプロバイダミックスに入っており、コロケーション設備の使用を考えました。しかし、最後にあげたサービスこそ、まず向かうべきところでした。コロケーション外で運用するプラットフォームでは、新しいプラットフォームに組み込む必要のある、冗長化とスケーラビリティを実現できないことを経験を通して知っていました。当社は Microsoft 販売店ではなく、プラットフォームの作成に Windows 以外の多くのツールと Linux を多く使用するため、Azure は除外しました。Rackspace の […]

Read More

より良いがん治療を目指して – Fred Hutchinson がん研究センターとの共同作業

Jessica Beegle 氏と Christopher Crosbie 氏による刺激を与える経験談。 – Jeff; がん研究の科学は、新たな学術分野を取り込みながら進化を続けています。例えば、化学療法、増幅放射線治療、および発がん性物質特定のための疫学分野の進歩がこれに含まれます。また病理学によって、病気の様々な症状に対する理解が深まってきています。 コンピュータサイエンスの原則は、がんについての理解と治療方法の探求において、比較的新しい切り口となっています。コンピュータサイエンスに求められているのは、特定の DNA の差異が、がんとどのように関連しているかを解読し、それぞれの患者に対してどのような治療法が最も効果的かを解明することです。ゲノミクスと呼ばれる DNA 研究には、非常に巨大なデータ処理能力が求められるため、この種のタスクを処理するにはコンピュータサイエンスが最適でしょう。実際、科学者たちは、ゲノミクスによって 2025 年までに天文学、YouTube、Twitter を上回るデジタル情報が生成されることを予言しています。 現在はこのようなデータの収集、分析、視覚化のために開発されるソフトウェアの多くが、異なる IT システム、研究施設、ヘルスケア機関、および政府機関といった組織の中で生み出されています。これらの隔たりによって、科学上の発見のスピードが著しく阻害されています。 シアトルにある Fred Hutchinson がん研究センターの研究者たちは、この状況を変えようとしてきました。Fred Hutchinson がん研究センターのヒト生物学部門、および固形腫瘍トランスレーショナルリサーチの理事 Eric Holland 医学博士が率いる研究チームは、分子および医療データの分析ツールの使用と開発を目的とした、Oncoscape と呼ばれるオープンソースウェブアプリケーションを開発しました。Oncoscape により、研究者たちは新たなパターンや関連性を発見できるようになり、さらなるがん研究の発展が可能になりました。 コンピュータサイエンスの現在の技術を活用するため、Oncoscape チームは Github および AWS を採用しました。それにより、Github が提供するコード共有プラットフォームと、AWS が提供するクラウドコンピューティング機能を組み合わせ、相乗効果をもたらすことが期待されました。Holland 博士は次のように語っています。 Oncoscape をクラウドにホスティングすることにより、ソフトウェアの変更および再デプロイが容易になり、開発チームは研究コミュニティのニーズにすばやく対応できます。世界のどこからでもサイトに安全にアクセスできることを知っているので、データのビジュアル化で何が可能になるか、がん研究で協働するためどのように共通のプラットフォームを活用できるかを共同研究者たちに示すことができます。 Oncoscape の AWS デプロイを支援した IT ソリューションアーキテクトの Robert McDermott 氏は、「AWS はプロジェクトのニーズにすばやく対応する上で非常に有能で信頼でき、柔軟性に富むプラットフォームだ」と述べています。さらに、成熟度、信頼性、サービスの幅広さ、およびセキュリティが、AWS を使用する強力な理由となったと述べています。 Oncoscape は […]

Read More

ヒッグス粒子を発見した実験で自然界の調査に AWS を使用

同僚の Sanjay Padhi は AWS サイエンティフィックコンピューティングチームの一員です。Sanjay は、重要な科学的発見に役立つコンピューティングリソースを AWS がどのように提供したかに関するゲスト投稿を行いました。 – Jeff 質量の起源への洞察を提供する上で重要な役割を担うヒッグス粒子 (神の粒子と呼ばれることもある) は、2012 年に、スイスのジュネーブにある CERN の大型ハドロン衝突型加速器 (LHC) で、世界最大の実験装置である ATLAS および CMS により発見されました。この発見の基盤となる理論を提唱した研究者たちは、2013 年ノーベル物理学賞を受賞しています。 フランスとスイスの国境にまたがって地下深くに設置されている LHC は、世界最大 (全周 17 マイル) でこれまでにない高エネルギーの粒子加速器です。これにより、これまで探求してきたいかなる人間の発明よりも小さいスケールで自然界を探ることができます。 実験から生データへ 高エネルギー粒子の衝突により、質量はエネルギーに変換され、その後質量に再変換されて、新しい粒子が作り出されます。この粒子が CMS 検出器で観察されます。この検出器は長さ 69 フィート、幅 49 フィート、高さ 49 フィートで、フランスのセシー村近くにある地下 328 フィートのトンネルに設置されています。CMS からの生データは 1 秒あたり約 1 ペタバイトの割合で 25 ナノ秒毎に記録されます。 CERN Tier 0 データセンターで生データをオンラインおよびオフライン処理した後、そのデータセットは 48 […]

Read More

Airbnb – AWS で宿泊業界の新しいスタイルをつくる

Airbnb は、わずか数人のすばらしい着想が業界全体を大きく変えることがあることを示す、典型的なストーリーです。2008 年にスタートして以来、これまでに 8000 万人の客が Airbnb を利用して 190 以上の国にある 200 万軒以上の家に宿泊しました。最近では、全世界からの旅行者のため、キューバに 4000 軒の家をオープンしました。同社はまた、早くから AWS を活用してきました。 ゲストによる以下の投稿の中では、Airbnb エンジニアリングマネージャーである Kevin Rice 氏が、スタートアップにおいて AWS がどれほど重要な役割を担ったか、そしてどのようにその重要な位置にとどまっているかを解説しています。 – Jeff PS – スタートアップが AWS を利用してビジネスを展開する方法の詳細についてもご覧ください。 初期 当社の創設者たちは、Airbnb を成功させるために、スピーディーかつリーンであることが必要だと認識していました。これには、インフラストラクチャに投じる時間とリソースを最小化することが不可欠です。当社のチームは、ベーシックなホスティングについての業務にではなく、ビジネスを離陸させることに集中することが必要でした。 幸いなことに、ちょうどそのとき、アマゾン ウェブ サービスにはコンピューティングとストレージにおいて非常に成熟したサービスが構築されていたため、当社のスタッフは他の人からのサポートや最小使用要件に気を使うことなく、サーバーを立ち上げることができました。同社のクラウドコンピューティング機能のほぼすべてを AWS に移行することが決定されました。スタート当初の小さな企業では、利用できるリソースを可能な限り活用する必要があります。当社の従業員たちは、ビジネスを成功させるために替えのきかないところに注意を集中したいと考えていました。 Airbnb では、Amazon EC2 や Amazon S3 といった AWS の基本サービスの多くをすばやく導入しました。当初の MySQL データベースは Amazon Relational Database Service (Amazon RDS) に移行されました。RDS […]

Read More