Amazon Web Services ブログ

Category: General

6 月の AWS Black Belt オンラインセミナーのご案内 [確定版]

こんにちは。ソリューションアーキテクトの岡本です。AWS Black Belt オンラインセミナー 6 月の配信に関しまして、テーマが確定しましたので改めてご案内させて頂きます。6 月は、AWSの新サービス、機能追加のご紹介や、5月30日から6月2日まで4日間に渡って開催されたAWS Summit Tokyo 2017の振り返りなど幅広いラインナップでお送りいたします。また今年から開始したオンラインハンズオンの開催もありますので、ふるってご参加いただければと思います。 ※ 2017/6/6追記: 6/20に予定していたAWS Lambda回は都合により7月に延期になりました。 6 月の開催予定 サービスカット 6/7(水) 18:00-19:00 Amazon Redshift Update – 最近追加された新機能とRedshift Spectrumの解説 6/14(水) 18:00-19:00 AWS Snowball 6/21(水) 18:00-19:00 Server Migration Service Application Discovery Service 6/28(水) 18:00-19:00 AWS Code Services Part 2 ソリューションカット 6/13(火) 12:00-13:00 AWS Summit Tokyo 2017 まとめ ハンズオン 6/28(水) 14:00-16:30 […]

Read More

【新リージョン】2018年に大阪ローカルリージョンを開設予定

皆様にうれしい発表があります。AWSは2018年に大阪に新たなリージョンを開設します。 本リージョンは、ローカルリージョンと呼ばれる新しい設計概念のデータセンターです。AWSのローカルリージョンは、旧来の単一データセンターのインフラ設計とは全く異なる、耐障害性の高い単一のデータセンターです。AWS アジアパシフィック(大阪)ローカルリージョンは、東京リージョンと連携して利用いただくことを想定しています。 東京リージョンには3つのアベイラビリティゾーン(データセンター群)を用意しているため、お客様はいずれか一つのデータセンターで障害が発生した場合でも支障をきたさない、耐障害性に優れ高い可用性を持つアプリケーション構築が可能となっています。 IT資産に対する災害対策として国内に地域的な多様性を重要視するお客さまは、東京リージョンを補完する形で大阪ローカルリージョンをご利用いただけるようになります。 当初、AWS アジアパシフィック(大阪)ローカルリージョンは招待制になります。詳細は、開設時期が近づきましたら改めて発表いたします。

Read More

政府統一基準に対応したAWSクラウド利用のセキュリティリファレンス提供の取り組み@パブリックセクターシンポジウム ~AWS Summit Tokyo 2017~

  政府統一基準に対応したAWSクラウド利用のセキュリティリファレンスについて   アクセンチュア株式会社、株式会社NTTデータ、PwCあらた有限責任監査法人、富士ソフト株式会社は共同で、内閣サイバーセキュリティセンター(NISC)制定の政府統一基準に対応したAWSクラウド利用のセキュリティリファレンスを作成し、2017年3月23日より無償提供を開始しました。本リファレンスは、2016年8月31日に改訂された「政府機関の情報セキュリティ対策のための統一基準(平成28年度版)」を背景としており、クラウドの選定および利用の際のガイドラインやセキュリティ要件等の基準が追加されたことに対して、AWSクラウド環境におけるセキュリティ対応策の詳細を網羅的に提示しています。 サイバーセキュリティ基本法に基づいてNISCが制定する政府統一基準(以下、NISC統一基準)は、国内の政府機関が実施すべきセキュリティ対策の指針として幅広く利用されています。一方で、その要件やチェック項目は複雑かつ広範にわたるため、AWSクラウド等のクラウドを利用する際に、そのガイドラインや要件を満たすことを確認することは容易ではありませんでした。このたび共同開発した本リファレンスは、各社の情報セキュリティ対策に関する知見と実績を結集したものです。政府統一基準への準拠のノウハウを具体的に提示することにより、各政府機関が安全で信頼性の高いシステムを実現することを支援できるものと期待しています。   パートナー各社の取り組み   2017年5月30日に開催された「パブリックセクタ― シンポジウム ~AWS Summit Tokyo 2017 – Dive Deep Day~」にて、本リファレンスの作成者であるパートナー各社によるパネルディスカッションが行われ、各社の取り組みが紹介されました。

Read More

6 月の AWS Black Belt オンラインセミナーのご案内

こんにちは。プロフェッショナルサービスの宮本です。AWS Black Belt オンラインセミナー 6 月の配信についてご案内させて頂きます。6 月は、AWSの新サービス、機能追加のご紹介や、5月30日から6月2日まで4日間に渡って開催予定のAWSサミットの振り返り、Lambda書籍発売を記念したLambdaの網羅的なサービス解説など幅広いラインナップでお送ります。 6 月の開催予定 サービスカット 6/7(水) 18:00-19:00 Amazon Redshift Update – 最近追加された新機能とRedshift Spectrumの解説 6/14(水) 18:00-19:00 検討中 6/21(水) 18:00-19:00 Server Migration Service Application Discovery Service 6/28(水) 18:00-19:00 AWS Code Services Part 2 ソリューションカット 6/13(火) 12:00-13:00 AWS Summit Tokyo 2017 まとめ 6/20(火) 12:00-13:00 Lambda書籍発売記念 お申し込みは、それぞれ上記のリンクより行って頂けます。キャンセルの際も連絡不要ですので是非お早めにご登録ください。スピーカーおよびスタッフ一同、みなさまのご参加をお待ちしております。

Read More

Amazon EC2 Container Service – リリースに関する要約、お客様事例、コードについて

今回は、去年 に追加したいくつかの機能に関する概要と、お客様事例やコードについてご紹介します。このサービスは EC2 インスタンスのマネージド型クラスターの範囲内で Docker コンテナをいくつでも実行しやすくします。また、同サービスはコンソール、API、CloudFormation、CLI、PowerShell のサポートも備えています。簡単にアクセスできるように、Linux や Windows Docker イメージを EC2 Container Registry に保存できます。 リリースの要約 それでは ECS の最新機能と、その使用方法を説明したブログをいくつか見てみましょう:「アプリケーションの負荷分散 (Application Load Balancing)」- 去年は「アプリケーションロードバランサー (application load balancer)」のサポートを追加しました。この高性能なロードバランシングオプションはアプリケーションレベルで実行され、コンテンツベースのルーティングルールで定義することができます。ダイナミックポートをサポートし、複数のサービスでの共有が可能なため、コンテナ内でマイクロサービスを実行しやすくなります。詳細については「サービスロードバランシング (Service Load Balancing)」をご覧ください。 タスクで使用する IAM ロール – ECS タスクに IAM ロールを割り当てることでインフラストラクチャを安全にできます。これにより、各タスクごとに細かく設定しアクセス許可を付与できるので、各タスクが必要とするアクセス許可を割り当てることが可能です。詳しくは「タスクで使用する IAM ロール (IAM Roles for Tasks)」をご覧ください。 サービス Auto Scaling – 需要の変化に応じるため、サービス (タスク) のスケールダウンやスケールアップに関するスケーリングポリシーを定義できます。お客様は必要なタスクの最小数および最大数を選択し、1 つまたはそれ以上のスケーリングポリシーを作成するのみです。あとはサービス Auto Scaling で処理されます。この機能を活用するには「サービス Auto […]

Read More

AWS と EU の一般データ保護規則 (GDPR)

ちょうど 1 年ほど前、欧州委員会は新しい「EU一般データ保護規則」(General Data Protection Regulation, GDPR)を承認し、採択しました。ヨーロッパにおけるデータ保護についての法律において、GDPR は 1995 年に導入された「EUデータ保護指令」(「指令 95/46/EC」とも知られている) 以来の大きな変化です。GDPR は EU における個人データ(personal data)のセキュリティや保護を強化を目指しており、EUデータ保護指令や関連する全ての特定地域の法律を置き換えます。 AWS は GDPR の制定を歓迎します。この新しい強固な要件はデータの保護、セキュリティ、コンプライアンスの基準を引き上げ、最も厳しい統制に従うよう産業界を後押し、全ての方を安全になるよう助けます。GDPR が 2018年5月25日に施行される際に、全ての AWS サービスは GDPR に適合することをアナウンスさせて頂きます。 このブログ記事では、お客様が EU データ保護要件に対応する事ができるよう AWS は継続的に支援して行くというコミットメントの一部として、GDPR についてお客様を支援させて頂く内容を説明します。 AWS は何をしてくれるか? AWS は世界中にある全てのリージョンにわたってセキュリティやコンプライアンスについて高い基準を継続して維持します。セキュリティは常に我々にとって最も優先順位の高い「0番目の仕事」(job zero) です。AWS クラウドは現在実現できる最も強力で、柔軟性が高く、安全なクラウドコンピューティング環境をお客様に提供できるように設計されています。また AWS 上でお客様が GDPR 要件を満たしたインフラストラクチャ構築が行えるように多数のサービスやツールを提供しています。 ツールの一つは、AWS データ処理契約 (Data Processing Agreement, DPA) です。GDPR の要件を満たすようになる DPA を準備できたことを本日アナウンスさせて頂きます。この GDPR DPA は施工される 2018年5月25日 […]

Read More

AWS HIPAA 対応サービス発表についての詳細情報

では、HIPAA 対応サービスの発表がいくつかありました。AWS ヘルスケアおよびライフサイエンスグローバルテクニカルリーダーの Patrick Combes、および AWS ヘルスケアおよびライフサイエンスパートナーソリューションアーキテクトの Aaron Friedman が、その全貌についてお知らせするためにこの投稿を書いています。 -Ana ここ数週間の間に、次の AWS のサービスが BAA に追加されたことをお知らせいたします。 Amazon API Gateway、AWS Direct Connect、AWS Database Migration Service、Amazon SQS。これら 4 つのサービスはすべて AWS へのおよび AWS を通じてのデータの移動を容易にするため、お客様がこれらのサービスを使用してヘルスケアにおけるソリューションをどのように促進できるか楽しみです。これらのサービスのそれぞれのユースケースは膨大なので、お客様が Protected Health Information (PHI) でこれらのサービスを使用できるいくつかの方法を取り上げます。 AWS の事業提携の追補 (BAA) の適用を受けるすべての HIPAA の対象サービスと同様に、PHI は、保管時または転送時に暗号化される必要があります。HIPAA のホワイトペーパー を参照することをお勧めします。これは、PHI を保存、処理、および転送するための AWS の HIPAA 対応サービスの設定方法について説明しています。そしてもちろん、PHI に該当しないアプリケーション部分については、90 以上のサービスを使用して、ユーザーに最適なエクスペリエンスを提供することができます。HIPAA のアーキテクチャに関するアイデアは、ウェブサイトでご覧いただけます。 Amazon API […]

Read More

New – Amazon Simple Queue Service (SQS) でサーバー側の暗号化を導入

AWS シリーズの中でも尊敬に値するサービスの 1 つ、 は多くのアプリケーションにおいて欠かせない一部を担っています。「Amazon SQS でより優れたアーキテクチャを実現 (Amazon SQS for Better Architecture)」や「Amazon SQS と Amazon DynamoDB で大量のメッセージを処理する (Massive Message Processing with Amazon SQS and Amazon DynamoDB)」などのプレゼンテーションは、SQS をどのように使用すれば復元力とスケーラブルが高いアプリケーションを構築できるのか説明しています。そして今回、サーバー側の暗号化をサポートすることでその SQS がさらに便利になりました。今後は による暗号化キーを使用して、スタンダードと FIFO キューの両方で SQS 暗号化済みメッセージを保存するオプションが提供されます。このオプションはキューの作成時に選ぶことができます。また、同時に既存のキューで設定することも可能です。SSE はメッセージ本文を暗号化しますが、キューのメタデータやメッセージのメタデータまたはキューごとのメトリクスは対象外になります。既存のキューに暗号化を追加しても、過去のメッセージは暗号化の対象にはなりません。同様に、暗号化を解除しても過去のメッセージの暗号化がキャンセルされることはありません。 暗号化したキューを作成 新しいバージョンの では、便利なグラフィックを使用してスタンダードと FIFO キューのどちらかを選択できます。 キューとオプションの Dead Letter Queue に属性を設定することができます。 Use SSE を確認し希望のキーを選択できるようになりました。 各顧客やリージョン独自の AWS マネージド型カスタマーマスターキー (CMK) を使用したり、ご自分のキーを作成して管理することができます。ご自分のキーを使用する場合は、メッセージの暗号化や複合化を許可するため、KMS キーポリシーを必ず更新してください。データ再利用期間を設定することもできます。この間隔は SQS […]

Read More

AWS ホットスタートアップ – 2017 年 4 月

春到来に伴い Tina Barr のスタートアップ企業を紹介するブログです。お楽しみください! -Ana 今月も引き続き、AWS を利用しているホットなスタートアップ企業を紹介していきます。今回は 3 つの新しいスタートアップ企業を紹介します。 Beekeeper – 社員同士のコミュニケーションをよりシンプルに Betterment – 誰でも簡単に投資をスタート ClearSlide – 業界をリードするセールスエンゲージメントプラットフォームを提供 3 月のホットスタートアップを見逃しましたか? 大丈夫、こちら からご覧いただけます。 Beekeeper (スイス、チューリッヒ) チューリッヒ工科大学 (ETH Zurich) 卒業の Flavio Pfaffhauser と Christian Grossmann は、人々を結び付けるためのテクノロジーを構築することに熱心です。学生のソーシャルコミュニティから始まったそれは、すぐに Beekeeper になりました。Beekeeper は、仕事場において社員がどこからでもコミュニケーションを取り合うことを可能にするプラットフォームです。Flavio と Christian は自分達の目的に適った方法で、人々がエンゲージするソーシャルプラットフォームの構築方法を学びました。すると、様々なビジネスから各社の特別なプロセスとニーズに対応できるプラットフォームをリクエストされるようになりました。このプラットフォームは、デスクに向かっていたり出先にいたとしても、まるですぐ隣に相手が座っているかのように感じられるものを作りたいというコンセプトから始まりました。2012 年に創設された Beekeeper は、情報交換、コミュニケーション、ピアコラボレーションの改善に焦点を当てています。そして組織にとって、社員の声に耳を傾けることが非常に大切であると考えています。「まずはモバイル、デスクトップも OK (“Mobile First, Desktop Friendly”)」なプラットフォームは、シンプルかつ直観的なインターフェイスで、複数のオペレーティングシステムを簡単に 1 つのエコシステムにすることができます。インターフェイスは企業のブランドやアイデンティティに合わせてスタイルしたりカスタマイズすることができます。社員はいつでもどこにいても、プライベートチャットやグループチャット、ビデオ、ファイル共有、フィードバックに関するアンケート調査などを通じて同僚とコミュニケーションを取り合うことができます。Beekeeper の分析ダッシュボードで、リーダーシップチームはディスカッションで何がトレンディングトピックになっているのか確認したり、社員のエンゲージメントやアプリ使用をリアルタイムでトラッキングすることができます。Beekeeper は現在 137 か国に渡り、サービス業や建設業、運送業そしてその他の業界で利用されています。Beekeeper は同社のエンジニア達が顧客サービスの問題に集中できるようにする […]

Read More

ローカルのMosquitto MQTT BrokerをブリッジにAWS IoTを使う

AWS SDKまたはAWS IoT Device SDKを使用して、数百万のオブジェクトをAWS IoTに安全に接続できます。 製造業におけるIoTの場合、オブジェクトは複数の理由でゲートウェイに接続されます。 センサーは非常に制約され、クラウドに直接接続できないことや、センサーはプロトコルとしてMQTTが使えないまたは、 ゲートウェイ上でローカルに分析と処理を実行する必要があります。 ローカルMQTTブローカーの1つの機能は「ブリッジ」と呼ばれ、MQTTメッセージを交換できるように、ローカルMQTTブローカーをAWS IoTに接続することができます。 これにより、オブジェクトがAWS IoTと双方向で通信し、AWSクラウドの恩恵を受けることができます。 この記事では、この機能が非常に便利で、実装方法を示すユースケースについて説明します。   MQTTブローカーをAWS IoTにブリッジする理由 IoTではセキュリティが最も重要であり、AWS IoTブローカーには、クライアント証明書付きのTLS 1.2などに基づいてデバイスを認証および認可する高度なセキュリティビルトインが組み込まれています。 従来のIoTデプロイメントを使用している場合は、MQTTブローカーにユーザー名やパスワードなどの他の認証メカニズムを使用してオブジェクトをすでに接続している可能性があります。 MQTTブローカーは、センサーがデプロイされる非常に近い場所(ローカルMQTTブローカー)もしくはクラウドの中に構築されています。 現在のセキュリティ標準をAWS IoTのものに合わせてアップグレードする予定で、AWS IoTのスケーラビリティとルールエンジンの恩恵を受けるには、従来のMQTTブローカーをAWS IoTにブリッジすることができます。これは、現在のシステムのアップグレードを待たずにすばやく導入できる簡単な一時的なソリューションです。単一のブローカーを超えるスケーリングはこの記事の範囲には含まれていませんが、Mosquitto MQTT Brokerのブリッジ機能に焦点を当てます。 MosquittoのようなオープンソースのMQTTブローカーは、Linuxのような多くのオペレーティングシステムにインストールすることができます。ローカルデバイスにMosquittoをインストールすると、Mosquitto bokerの機能(ローカルでのメッセージの永続化、ローカルでのログのアクティビティ)をローカルで有効にするだけでなく、ローカルデバイスにMosquittoをインストールすることで、AWS IoTにデータを送信するための特別なコードを開発する必要がありません。

Read More