Amazon Web Services ブログ

Category: General

AWS のディープラーニング

私のようなタイプの人であれば、人工知能 (AI) や機械学習 (ML)、ディープラーニングは実に興味深く胸を躍らせるトピックではないかと思います。AI、ML、ディープラーニングが今まで以上に幅広く利用されるようになるに連れ、Dr. Issac Asimov 氏がサイエンスフィクションで描いた「スター・ウォーズ」に出てくるようなロボット工学そして医学の進歩、さらには「スタートレック」のキャプテンカークやそのクルーに「誰も行ったことのない場所へ、勇敢に突き進もう (to boldly go where no man has gone before)」と言わせたテクノロジーが実際に可能になるのではないかと思わずにいられません。   前述のトピックに興味がある人にとって、画像や動画を複数のカテゴリに区別する畳み込みニューラルネットワーク (Convolutional Neural Networks) や、音声認識、自然言語によるインターフェース、推奨エンジンなど、ディープラーニングにより可能となる AI や ML のソリューションには馴染みが深いのではないかと思います。けれども、データサイエンティスト、機械学習の利用者、リサーチサイエンティスト、ディープラーニングに興味を持つ熱心なユーザー達がこうしたテクノロジーに携わりインフラストラクチャや環境、ツールを設定する作業は必ずしも簡単ではありません。多くの開発者はディープラーニング技術を使用して、ディープラーニングをトレーニングモデルそしてソリューション開発に早く繋げていきたいと考えています。こうした理由から、経験豊富なデータサイエンティストであれ、今から始めたいと思っている興味津々の開発者まで、速くディープラーニングのソリューションを構築したいと思っている方々に向けて、いくつかのリソースをご提供したいと思います。 ディープラーニングのリソース Apache MXNet は Amazon が選んだディープラーニングのフレームワークです。Apache MXNet フレームワークと NVIDIA GPU コンピューティングを組み合わせれば、スケーラブルなディープラーニングプロジェクトとソリューションを簡単に AWS クラウドで開始できます。MxNet のディープラーニングの旅を始める方々を対象に、様々なセルフサービス形式のチュートリアルやデータセットが今すぐ利用できるようになっています。 AWS ディープラーニング AMI の起動: このガイドでは、Ubuntu で AWS ディープラーニング AMI を起動する手順を説明しています。 MXNet – コンピュータビジョンのアプリケーションを作成: この実践的なチュートリアルは構築済みのノートブックを使用してニューラルネットワークの利用でコンピュータビジョンを構築し、手書きの数字を識別する方法を説明します。 AWS […]

Read More

8 月の AWS Black Belt オンラインセミナーのご案内

【注意】セミナーの実施日程について更新がありました.最新の実施日程は,こちらをご覧ください. こんにちは。ソリューションアーキテクトの志村です。AWS Black Belt オンラインセミナー8月の配信についてご案内させて頂きます。8月は開発者の方々に役立つ内容を多めに放送する予定です。ソリューションカットでは、デプロイをテーマにしたものと,Redshift のテーブル設計についてのものをお送りします。また今年に入って大きなアップデートがあった DynamoDB についてもお送りします。   8月の開催予定   サービスカット 8/2(水) 18:00-19:00 AWS X-ray 8/9(水) 18:00-19:00 Amazon DynamoDB 8/23(水) 18:00-19:00 AWS MobileHub 8/30(水) 18:00-19:00 AWS Key Management Service (KMS) ソリューションカット 8/22(火) 12:00-13:00 Deployment on AWS 8/29(火) 12:00-13:00 Amazon Redshift テーブル設計詳細ガイド お申し込みは、それぞれ上記のリンクより行って頂けます。キャンセルの際も連絡不要ですので是非お早めにご登録ください。スピーカー、スタッフ 一同みなさまのご参加をお待ちしております。

Read More

AWS SDK for Java 2.0 開発者向けプレビューを公開

AWS 開発者用ツールのチームは AWS SDK for Java のリリースに向けて熱心に取り組んできました。そして本日、バージョン 2.0 の開発者用プレビューを公開するに至りました。このバージョンは過去にリリースした 1.11.x codebase を大きく書き換えたものです。整合性、イミュータビリティ、使い勝手の良さに視点を向けて Java 8 の上に構築しました。 新しい SDK には、ノンブロッキングの I/O のサポート、ランタイムで使用したい HTTP 実装を選択できるなど、リクエストが多かった機能を含んでいます。新しいノンブロッキング I/O サポートは既存のものに比べより効率的で、サービスクライアントの Async バリアントのスレッドベース実装を取り入れています。ノンブロッキングのリクエストはそれぞれ CompletableFuture オブジェクトを戻します。バージョン 2.0 SDK では、これまでの API にいくつもの変更を追加しています。たとえば、既存のクライアントのコンストラクタと変更可能なメソッドを、クライアントビルダーと変更不可能なクライアントをベースにした非同期モデルと置換します。また、SDK はリージョンをシングルリージョンクラスにするために使用するクラスの異種コレクションを折りたたみ、ストリーミング用 API の新しいセットを提供します。SDK は GitHub でご利用いただけます。GitHub に関する問題をスタートして公開フィードバックを送信したり、いつもの方法でリクエストのプルを送信することができます。 SDK の詳細については AWS 開発者ブログの「AWS SDK for Java 2.0 – 開発者用プレビュー (AWS SDK for Java 2.0 […]

Read More

AWS Summit Tokyo 2017でのAmazon EC2 Container Service (ECS) 関連セッションまとめ

5月末〜6月頭に開催されたAWS Summit Tokyo 2017において、を実際にご利用頂いているお客様からの導入事例セッションとAWSからのTechセッションを合わせると、なんと11ものAmazon ECS関連セッションが行われました。Summit全体で130以上のセッションがありましたので、その中で10%程度がAmazon ECS関連だったということになります。Amazon ECSは、2015年4月にGA(東京リージョン含む)して以来、着実にお客様に導入を頂き、スタートアップからエンタープライズまで、新規システムだけでなくオンプレからの移行でも利用される標準的なサービスとなってきたことの表れかと思います。 この投稿では、それらのセッションを一気に見返せる様に情報を集約してお届けしたいと思います。これらの情報をご覧になって、Amazon ECSの利用をぜひご検討下さいませ。 導入事例トラック ナビタイムサービスにおける、Amazon ECS を活用したシステム移行 ~『乗換NAVITIME』での移行事例 ~ 資料 [リコー] サービス全断はダメ、ゼッタイ。途切れないテレビ会議システムを目指して 〜AWS を最大限活用して可用性を高める秘策〜 資料 動画 クックパッドの機械学習を支える基盤のつくりかた 資料 動画 Amazon ECS と SpotFleet を活用した低コストでスケーラブルなジョブワーカーシステム (※株式会社インティメート・マージャー様事例) 資料 動画 [Intelligence] オンプレから移行するので、Amazon ECS でコンテナ化と Terraform でインフラコード化した話 資料 DAU 100 万人突破! 急成長を支える Shadowverse のインフラ技術 資料 DMM における会員基盤プラットフォームへのAWS導入から活用事例の紹介 資料 動画 [ABEJA] IoT / Bigdata / AI […]

Read More

Amazon Redshift Spectrum 10 のベストプラクティス

Amazon Redshift Spectrum を使うことで、Amazon S3 に置かれたデータに対して Amazon Redshift の SQL クエリを走らせることができます。つまり Redshift Spectrum によって、データウェアハウスのローカルディスク内に保存されたデータ以外に対しても、Redshift の分析を拡張できるようになるのです。S3 の “データレイク” に貯まった大量のデータに対して、面倒で時間のかかる抽出・変換・ロード(ETL)処理を行うことなく、クエリを投げることができます。Redshift Spectrum は洗練されたクエリ最適化を用いて、数千ものノードにまでスケールして高速に処理を行います。 このブログポストでは、Redshift Spectrum の 10 の重要なベストプラクティスについて、いくつかのカテゴリにわけてご紹介します。 このガイドラインは、Redshift をお使いのお客さまとの多くのやりとりや、直接的なプロジェクトに基づいて作られています。 Amazon Redshift vs. Amazon Athena AWS のお客さまは、私たちによく「Amazon Athena と Amazon Redshift Spectrum について、どう使い分けをすればよいのでしょうか?」と尋ねます。 Amazon Athena の利用シーン Athena は S3 に置かれたデータに対して、SQL によるインタラクティブなアドホッククエリを投げるといったユースケースに向いています。Athena はサーバーレスアーキテクチャなので、クエリを投げるためにクラスタを立ち上げる必要はありません。クエリごとにスキャンした S3 のデータ量に基づいて料金が発生します。データを圧縮、パーティショニング、または列指向フォーマットに変換することにより、費用を節約しつつ優れたパフォーマンスを得ることができます。JDBC に対応しているすべての BI ツールや SQL […]

Read More

7 月の AWS Black Belt オンラインセミナーのご案内

こんにちは。ソリューションアーキテクトの岡本です。AWS Black Belt オンラインセミナー 7 月の配信についてご案内させて頂きます。今月はAmazon Connect, AWS Shield, AWS Step Functions と Black Belt 初開催となるサービスの紹介が多く予定されておりますので、是非とも最新情報の習得にお役立ていただければと思います。またその他にも AWS Lambda, AWSの運用監視といった実用的な技術情報をお届けいたします。 サービスカット 7/5(水) 18:00-19:00 Amazon Connect 7/18(火) 12:00-13:00 AWS Shield   ※ 通常の開催日時と異なりますのでご注意ください 7/19(水) 18:00-19:00 AWS Lambda 7/26(水) 18:00-19:00 AWS Step Functions ソリューションカット 7/25(火) 12:00-13:00 Monitoring on AWS -AWS運用監視- お申し込みは、それぞれ上記のリンクより行って頂けます。キャンセルの際も連絡不要ですので是非お早めにご登録ください。Speaker、Staff 一同みなさまのご参加をお待ちしております。

Read More

Amazon EC2 スポットインスタンスを利用した Amazon ECSクラスターの起動

この記事は気前よく次の方から寄贈されました。 Chad Schmutzer Solutions Architect Shawn O’Connor Solutions Architect   本日、Amazon EC2 Container Service(Amazon ECS)が、ECSコンソール上から直接 Amazon EC2 Spot Instances上に ECSクラスターを起動させる機能をサポートする事を発表しました。 スポットインスタンスを利用すると、Amazon EC2の余剰コンピュートキャパシティに入札することが出来ます。スポットインスタンスは通常、オンデマンドインスタンスよりも50-90%安い価格です。スポットインスタンス上でECSクラスターを起動することで、既存のコンテナ化されたワークロードの実行コストを削減したり、同じ予算を維持しながら、コンピュートキャパシティを2倍から10倍に増やすことが可能です。もしくは、その両方を実現することもできます! スポットインスタンスを利用する場合、インスタンス時間あたりに支払う価格を指定します。現在のスポットプライスを上回る価格で入札している間、スポットインスタンスは起動します。スポットプライスの上昇によりインスタンスが回収された場合、インスタンスが実行された分の時間は請求されません。 ECSコンソールはスポットインスタンスをデプロイするために、 Spot Fleetを利用します。Spot Fleetは、利用者にとって最も良い価格となる様にスポットインスタンスを起動し、コンテナ化したアプリケーションの為にリクエストしたターゲットキャパシティ(インスタンスやvCPUの数で表現される)をデプロイしようします。スポットプライスや、空き容量の変化によってスポットインスタンスが回収された場合、Spot Fleetはターゲットキャパシティを維持しようとします。 コンテナはSpot Fleetが大きくなる多様なリソースプールに適してします。Spot Fleetを利用すると複数のスポットインスタンスプール(インスタンスタイプとアベイラビリティゾーンの組み合わせ)に渡ってキャパシティをプロビジョニング出来き、アプリケーションの可用性を向上させ、時間経過と共に運用コストを削減できます。ECSが提供する拡張性と柔軟性を備えたコンテナ配置システムとSpot Fleetとの組み合わせはコンテナ化されたワークロードを効率的にデプロイし、わずかなコストであらゆる規模のクラスタを容易に管理できます。 従来は、スポットインスタン上へのECSクラスタのデプロイは手動で行われてました。この記事では、ECSコンソール上からのSpot Fleetとの新しいインテグレーションによって、高い可用性とスケーラビリティをどの様に実現し、コンテナ化したワークロードをどの様にコストを削減するのかを紹介します。また、AWS CloudFormationを利用し、スポットインスタンス上にECSクラスターを構築する方法も紹介します。   スポットインスタンスで実行するECSクラスタの作成 AWS マネージメントコンソールを利用してECSクラスタを作成することが可能です。 Amazon ECSコンソールを開きます。 https://console.aws.amazon.com/ecs/ ナビゲーションパネル上でClustersを選択します。 Clustersページでは、Create Clusterを選択します。 Cluster nameに名前を入力します。 インスタンス設定では、プロビジョニングモデルとしてSpotを選択します。 配置戦略の選択 2つの利用可能なSpet Fleet配置戦略はDiversified戦略かLower price戦略です。 Spot Fleetで選択した配置戦略は、利用可能なスポットインスタンスプールからSpot Fleetをどの様に満たすかを決定します。diversified戦略を使用すると、スポットインスタンスは全てのプールにわたって分散されます。lowest price戦略を選択した場合、リクエストで指定された最低価格のプールから取得されます。 […]

Read More

【開催報告】CTO Night 2017 Spring @ AWS Summit Tokyo

こんにちは。ソリューションアーキテクトの篠原英治(@shinodogg)です。 Amazon.comのCTOであるWerner Vogels(@werner)の3年振りの来日に伴いまして、AWS Summit Tokyoの期間中に、日本の著名なCTOの皆さまにお集まりいただき、 CTO Night 2017 Spring (#CTONight) を開催しました。     ■ CTOs Round Table   少人数の日本のCTOの皆さまをお招きし、AmazonのCTOとしてAmazonのイノベーションをリードするWernerとラウンドテーブル形式で最新の技術動向についてディスカッションを行いました。   Wernerから、AmazonがAWSというクラウドビジネスを始めたことで、1テクノロジー企業から、テクノロジープロバイダーとなり、CTOとしてどのように全社のテクノロジーをドライブしてきたか?といったトピックからはじまり、Wernerのブログ(Working Backwards – All Things Distributed)でも詳細に解説されている、新しくサービス/プロダクト/機能を開発する際にAmazon社内で取られている方法論など、白熱した議論が展開されました。   ビジネスやサービスが多岐に渡るようになるにつれ、技術的なキャッチアップが困難になり、CTOとしてどのようにそれに取り組むべきか?というトピックに関しては、Werner自身は週4-6時間はメールやミーティングなどを一切シャットアウトして集中してハンズオンで新しい技術を習得しており、そこで得たものをコードレビューやプロダクトチームとのディスカッションに活かしている、とのことでした。CTOが社内で取り扱う全ての技術分野の専門家になることは厳しい部分があるものの、エンジニアチームを、進化する同じ船に乗せるといった意味で開発者と会話をする際の姿勢などについて、日本のCTOの皆さまのエピソードもご紹介いただきました。   プログラミング言語を選定する上での考え方や、サーバーのroot権限をCTO自らが持つべきか?など様々なトピックに関するディスカッションはあっという間に時間が経過し、Werner自身も非常に有意義だったと申しておりました。ご参加いただいたCTOの皆さまありがとうございました!     ■ Startup CTO Night with Amazon CTO – Werner Vogelsによる公開技術レビュー   2014 年 7 月にシークレットイベントとして開催され大盛況だったWernerによる 『Startup CTO Night with Amazon CTO』を3 年ぶりにAWS Dev Day Tokyoにて行いました。   […]

Read More

AWS が 7 年連続でガートナーのサービスとしてのインフラストラクチャ (IaaS) に関するマジッククアドラントでリーダーとして認定される

AWS での各製品計画セッションはお客様を中心に進められています。当社は最善を尽くしてお客様の声に耳を傾け、それに基づいて将来の開発のロードマップを構築しています。ロードマップの項目の約 90% はお客様のリクエストに基づくものであり、お客様から寄せられた特定のニーズや要件を満たすよう設計されています。 このお客様主導のイノベーションにより、7 年連続でガートナーのサービスとしてのインフラストラクチャ (IaaS) に関するマジッククアドラントで当社が「リーダー」クアドラントで最上位の地位を確保し、最も高い実行力と先見性のあるビジョンを持っていると評価されたものと確信しています。 詳細については、レポートの全文をお読みください。このレポートには多くの詳細が含まれており、お客様がクラウドプロバイダーを選ぶときに確認する機能や要素がよくまとめられています。

Read More

6 月の AWS Black Belt オンラインセミナーのご案内 [GreenGrass緊急開催決定!]

こんにちは。プロフェッショナルサービスの宮本です。AWS Greengrassが一般利用可能となったため、AWS GreengrassのAWS Black Belt オンラインセミナーの緊急開催が決定しました!IoTデバイスからのデータ送信量が増加傾向にある昨今、GreenGrassのようにIoTデバイスのローカル環境上で実行できるアプリケーションの管理が必須な技術要素となってきています。この機会をお見逃しなく! ※サービスカットですが、火曜日のお昼開催となりますのでご注意ください。 6 月は、AWSの新サービス、機能追加のご紹介や、5月30日から6月2日まで4日間に渡って開催されたAWS Summit Tokyo 2017の振り返りなど幅広いラインナップでお送りいたします。また今年から開始したオンラインハンズオンの開催もありますので、ふるってご参加いただければと思います。 ※ 2017/6/6追記: 6/20に予定していたAWS Lambda回は都合により7月に延期になりました。 6 月の開催予定 サービスカット 6/7(水) 18:00-19:00 Amazon Redshift Update – 最近追加された新機能とRedshift Spectrumの解説 6/14(水) 18:00-19:00 AWS Snowball 6/21(水) 18:00-19:00 Server Migration Service Application Discovery Service 6/27(火) 12:00-13:00 AWS Greengrass 6/28(水) 18:00-19:00 AWS Code Services Part 2 ソリューションカット 6/13(火) 12:00-13:00 AWS Summit […]

Read More