Amazon Web Services ブログ

Tag: IoT

AWS re:Invent 2019 で開催予定の IoT セッションのご案内

re:Inventまで2週間を切りました。今年のre:Inventでは40を超える数多くのIoTセッション・ワークショップ・チョークトークが予定されています。この記事ではこれらの多くのセッションの中からいくつか紹介するとともに、セッション以外の楽しみ方についても紹介したいと思います。 SpotLight Session Transform tomorrow’s industries with AWS IoT(IOT305-L) AWS IoTを使用すると、組織は比類のないスケーラビリティ、エンドツーエンドのセキュリティ、および他のAWSサービスとの密な統合により、デバイスデータを安全に接続、管理、分析できます。 このセッションでは、AWS IoTのVPが、AWS IoTの新機能と、顧客が今日の洞察を解き放ち、明日の産業を変革する方法を共有します。 Transforming automotive manufacturing with Volkswagen(IOT339) デジタルプロダクションプラットフォーム(DPP)は、機械学習、分析、コンピューティングサービスなど、AWS IoTの広範かつ詳細なサービスカタログを使用して構築されたクラウドプラットフォームです。 このセッションでは、VolkswagenとAWSがDPPを使用して、プラント/デバイスの接続、データ管理とガバナンス、既存の産業およびエンタープライズシステムとの統合を含む共有サービスの共通セットを提供することにより、接続を加速し、生産プラントを最適化する方法を学びます。 また、パブリッククラウドとオンプレミスのAWS IoT展開にまたがる包括的なプラットフォームを通じてこれを達成する方法も学びます。 Digital transformation and IoT monetization(IOT207-R) AWS IoTは世界中の業界に大規模に展開されていますが、ビジネス上の結果はどうでしょうか? このセッションでは、一部のお客様がAWS上に構築されたIoTソリューションを収益化する方法について詳しく説明します。 また、予知保全、資産管理、自己最適化製品、自動的な在庫管理など、さまざまなユースケースにわたる製造業のデジタル変革の例を見ていきます。 Building smarter devices for a better life(IOT209-R) コネクテッドホームは、消費者の生活を改善する統合された自律的なエクスペリエンスのためにデバイスとサービスを結び付けます。 このセッションでは、家庭内の日常的なデバイスをインテリジェントなものに変える方法を学びます。 AWS IoTサービスの豊富なセットを使用して、これらのデバイスを大規模にリモートで監視、制御、およびセキュリティで保護する方法を学びます。 また、AWS IoTを使用して、これらのスマートデバイスからロック解除されたデータを分析し、適切なビジネス上の意思決定を行い、より良い製品を構築し、消費者体験を向上させる方法についても説明します。 Post-launch planning for IoT deployments(IOT210-R) IoTの真の力はデバイスを統合することです。 収集されたデータからの洞察をうけ、運用効率を実現し、カスタマーエクスペリエンスを向上させ、ビジネスの成果を向上させます。 このセッションでは、エッジからクラウドまでのさまざまなAWS IoTサービスを使用して、単一のデバイスから大規模な展開に移行しながら、IoT展開を管理および継続させる方法を知ることができます。 […]

Read More

AWS セキュリティが IoT セキュリティのホワイトペーパー(日本語版)を公開しました

IoT デバイスや IoT デバイスが生成するデータセキュリティについて、理解を深めて適切に対処していただけるように、AWS による IoT ( モノのインターネット) のセキュリティ保護ホワイトペーパーを発行しました。このホワイトペーパーの対象読者は、サービス固有レベルの AWS の IoT セキュリティ機能に関心があるすべてのお客様、およびコンプライアンス、セキュリティ、公共政策の専門家です。 IoT テクノロジーはデバイスと人を様々な方法でつなぎ、業種を超えて使用されるようになりました。たとえば、IoT を使用すれば、ある都市の建物群のサーモスタットをリモート管理したり、何百基もの風力タービンを効率的に制御したり、自動運転の車をさらに安全に利用できるようになります。様々なタイプのデバイスで転送するすべてのデータに関して、一番の関心事はセキュリティです。 IoT テクノロジーの利用に伴う特有の課題については、世界中の政府が大きな関心を示しています。各国政府は IoT イノベーションの進展とデータセキュリティ保護全般の問題について、新しい規制要件の必要性と内容を検討しています。このホワイトペーパーでは、具体的な例を示して、米国国立標準技術研究所 (National Institute of Standards and Technology、NIST) および英国の行動指針 (Code of Practice) が公表した IoT の最近の進展について取り上げます。 Momena Cheema Momena は AWS のサービス機能とプライバシー機能の熱心なエバンジェリストです。モノのインターネット (IoT)、人工知能、機械学習など、グローバルな最新テクノロジーとトレンドの視点から、執筆、ワークショップ、講演、教育キャンペーンを展開しています。目標は、公共機関と民間企業の様々な業種のお客様に、クラウドが提供するセキュリティとプライバシーのメリットをご活用いただくことです。 (翻訳:ソリューションアーキテクト 飯田 起弘。原文は AWS Security releases IoT security whitepaper)

Read More

AWS RoboMakerでROSアプリケーションのビルドとバンドルをおこなう

12か月前から、クラウドロボティクスサービスであるAWS RoboMakerの開発を開始しました。 私たちに直面していた最大の疑問の1つは、次のとおりでした。サービス上でROSアプリケーションを簡単に実行できるようにするにはどうすればよいのか。 ロボットアプリケーションは、多数の依存関係を持つさまざまなパッケージが大量に混在しています。 シミュレーションも含まれると、その依存関係のリストがさらに増えます。 多くの検討と研究の結果、私たちはappimage、flatpak、snapcraftに触発され、ローカルのの開発環境でも私たちのサービスでも使える単一のファイルフォーマットを作成しました。 このフォーマットをbundleと呼びます。 パッケージングアーティファクトをどのような設計するかを決定した後、生成を容易にするためのコマンドラインツールを作成したいと思いました。 ツールが既存のROSエコシステム内に収まることが私たちにとって非常に重要でした。 その結果ROSのビルドツールの中で最新かつ最高のものであるcolconの上に構築することにしました。 ColconはROS1とROS2アプリケーションを構築できます。 またそれは非常に拡張性があり、革新的で重要な機能の多くを提供します。 この記事では、既存のROSビルドツールと、なぜcolconがROS2のビルドツールとして選ばれたのかを説明しています。 Colconは私たちの代わりに多くの大変な作業を肩代わりすることにより、私たちは特定の機能に集中することができます。 さらに、colcon buildはcatkin_makeとament_makeを利用してビルドしていたパッケージを変更することなく置き換えます。 つまり、colconの上にツールを構築することで、AWS RoboMakerユーザーは単一のツールをインストールしてフルワークフローを実行し、AWS RoboMakerで使用するためのbundleを生成できます。 この記事では、AWS RoboMakerで使用するbundleを作成するための通常のワークフローと、頻繁に発生する問題に対するいくつかの解決策について説明します。 2番目のセクションでは、最新バージョンの「bundle」ファイルフォーマットについて詳しく説明し、colcon bundleを実行してbundleを作成するときに何が起こるかについて概要を説明します。 なぜbundleなのか ROSシミュレーションワークフローには、ROSおよびその他のアプリケーションのランタイム依存関係がインストールされた環境が必要です。 通常は、さまざまなapt-get installコマンドを実行することによって実現されます。 このインストールは時間がかかり、さらに公開されているパッケージのアップデートはいつでも発生する可能性があるため、同じインストールを確実に再現することはできません。 私たちのサービスでは、シミュレーションを実行するたびにaptを使用して新しい環境をインストールすることの信頼性を心配していたので、さまざまなパッケージ形式を調べました。 ROSアプリケーション全体で最も魅力的で信頼性の高い配布形式はDebianパッケージでした。 それはROSのロボットを動かすのに必要な、boostまたは他の外部ライブラリ、そして実際のアプリケーションコードなど、すべてを含むことができます。 ダウンロード、作成、および更新のための最適化を柔軟に追加できるようにするため、既存のフォーマットを使用しないことにしました。 そこで私たちは「bundle」フォーマットと、それをサポートするための対応するツールを作成しました。 最初のバージョンはうまくいきましたが、以下のようないくつかの制限がありました。 ワークスペースの更新のみでbundleを更新するのは、最初のcolcon bundleの呼び出しと同じくらいの時間がかかりました。 更新されたbundleをロボットにデプロイすることは、ダウンロードとbundleコンテンツの抽出の両方において、期待したほど速くはありませんでした。 これらの制限を軽減または削除するための最適化を含むbundle形式の、バージョン2を発表できることに興奮しています。 フォーマットは現在部分的なダウンロードと部分的な抽出をサポートしています。 これには3つの大きな利点があります。 2G / 3Gといった帯域幅に制約のあるリモートデバイスであるロボットのアップデートで、使用される帯域幅を削減することができました 必要なものだけを抽出するようになりました。bundleの大部分が変更されていない場合は、ダウンロードまたは展開に無駄なコストを負う必要はありません。 ローエンドのデバイスでは、これにより大幅な時間の節約になります(TurtleBotsでは、デプロイにかかる時間が60分から1分に短縮されました) 全体のアーカイブは圧縮されていないので、段階的にbundleすることができます。 これにより、ワークスペースを簡単に更新するための再bundle時間が5分以上から数秒に短縮されます AWS RoboMakerはこの新しいバージョンをサポートしています。 これらの新しい機能を試してみたい場合は、開発環境でsudo pip3 install -U colcon-bundleを実行してください。 このブログの後半では、この新しい形式の実装について詳しく説明します。 […]

Read More

AWS RoboMakerで新しい言語、タグ付け、AWS CloudFormationをサポートしました

AWS RoboMakerはロボットの開発とテストを簡単にし、インテリジェントなロボットアプリケーションの大規模なデプロイを可能にします。 今回、RoboMakerのマネージメントコンソールでサポートする言語に、フランス語、韓国語、簡体字および繁体字中国語、日本語、ドイツ語、イタリア語、スペイン語、ポルトガル語が追加されました。さらに、タグ付けとAWS CloudFormationに対応したことで、リソース管理の簡易化及び、構築を簡単にできるようになりました。 タグを利用することで、ロボットアプリケーション、シミュレーション、シミュレーションJOB、ロボットやフリートの管理を行う際の、アクセスコントロールやコストの管理が行いやすくなりました。CloudFormationを利用することで、RoboMakerのリソースであるロボットアプリケーション、シミュレーションアプリケーション、ロボット、フリートの作成が簡単になります。 AWS RoboMaker は現在、US East (N. Virginia)、US West (Oregon)、EU (Ireland) リージョンで利用可能です。始める場合は、サンプルシミュレーションの実行をマネージメントコンソールより実行するか、RoboMakerのサービスページを見るところから始めましょう。

Read More

AWS IoT Device Management

AWS IoTとAWS GreenGrassは、IoTデバイスとアプリケーションのための強固な基盤とプログラミング環境を提供します IoTの本質として、数千または数千の場所に配置された数千万のデバイスが何百万が包含されたイベントの規模のデバイス展開が頻繁に発生します。スケールの観点から、個々のデバイスを個別に扱うことは不可能です。さまざまな展開構成、デバイスモデルなどに対応する柔軟性を保持しながら、一括してデバイスをセットアップ、監視、更新、および最終的にリタイアする必要があります。 AWS IoT Device Management 本日(2017/11/29 PST)、この課題に取り組むためのAWS IoT Device Managementをローンチします。デバイスの製造からリタイヤまでのライフサイクルの各フェーズの手助けとなるでしょう。 あなたが手に入れるものは:

Read More

ローカルのMosquitto MQTT BrokerをブリッジにAWS IoTを使う

AWS SDKまたはAWS IoT Device SDKを使用して、数百万のオブジェクトをAWS IoTに安全に接続できます。 製造業におけるIoTの場合、オブジェクトは複数の理由でゲートウェイに接続されます。 センサーは非常に制約され、クラウドに直接接続できないことや、センサーはプロトコルとしてMQTTが使えないまたは、 ゲートウェイ上でローカルに分析と処理を実行する必要があります。 ローカルMQTTブローカーの1つの機能は「ブリッジ」と呼ばれ、MQTTメッセージを交換できるように、ローカルMQTTブローカーをAWS IoTに接続することができます。 これにより、オブジェクトがAWS IoTと双方向で通信し、AWSクラウドの恩恵を受けることができます。 この記事では、この機能が非常に便利で、実装方法を示すユースケースについて説明します。   MQTTブローカーをAWS IoTにブリッジする理由 IoTではセキュリティが最も重要であり、AWS IoTブローカーには、クライアント証明書付きのTLS 1.2などに基づいてデバイスを認証および認可する高度なセキュリティビルトインが組み込まれています。 従来のIoTデプロイメントを使用している場合は、MQTTブローカーにユーザー名やパスワードなどの他の認証メカニズムを使用してオブジェクトをすでに接続している可能性があります。 MQTTブローカーは、センサーがデプロイされる非常に近い場所(ローカルMQTTブローカー)もしくはクラウドの中に構築されています。 現在のセキュリティ標準をAWS IoTのものに合わせてアップグレードする予定で、AWS IoTのスケーラビリティとルールエンジンの恩恵を受けるには、従来のMQTTブローカーをAWS IoTにブリッジすることができます。これは、現在のシステムのアップグレードを待たずにすばやく導入できる簡単な一時的なソリューションです。単一のブローカーを超えるスケーリングはこの記事の範囲には含まれていませんが、Mosquitto MQTT Brokerのブリッジ機能に焦点を当てます。 MosquittoのようなオープンソースのMQTTブローカーは、Linuxのような多くのオペレーティングシステムにインストールすることができます。ローカルデバイスにMosquittoをインストールすると、Mosquitto bokerの機能(ローカルでのメッセージの永続化、ローカルでのログのアクティビティ)をローカルで有効にするだけでなく、ローカルデバイスにMosquittoをインストールすることで、AWS IoTにデータを送信するための特別なコードを開発する必要がありません。

Read More

改善されたAWS IoT Buttonデベロッパーエクスペリエンスの発表

5月には、正式にAWS IoT Buttonを開始し、開発者コミュニティから提供されたボタンのサポートに圧倒されました。 私たちは皆様の提案に耳を傾け、AWS IoT Buttonの改良された開発者体験を発表することを喜ばしく思います。 今日から、iOSとAndroid用の新しいモバイルアプリでAWS IoT Buttonを設定できます。 モバイルアプリケーションは、ボタンの登録、設定、およびプログラミングのプロセスを簡素化します。 あらかじめ設定されたAWS Lambdaのブループリントを使用して、このボタンをクリックするとSMSや電子メールを送信するボタンを素早くプログラムすることができます。 または、あなたが選択した機能のための独自のLambdaコードを書くことができます。 さらに、新しいバージョンのAWS IoT Buttonは、バッテリー寿命を2倍に設計しました。 amazon.comで今予約注文することができます。 それまで待ちたくない場合は、元のAWS IoTボタンは引き続き使用でき、AWSアカウントごとに20ドルのAWSクレジットを提供します。 AWS IoT Buttonの詳細については、製品ページをご覧ください。   原文: Announcing an Improved AWS IoT Button Developer Experience (翻訳: SA福井)

Read More