Amazon Web Services ブログ

Tag: AWS re:Invent

EC2インスタンスタイプのアップデート – T2, R4, F1, Elastic GPUs, I3, C5

今朝早くに、AWSのCEOであるAndy Jassyが次のアップデートとなるEC2インスタンスのロードマップを発表しました。私たちは高I/O、コンピューティング最適化、メモリ最適化インスタンスの性能を向上させるとともに、FPGAベースのコンピューティングを含めたハードウェアアクセラレーションの領域にも進出します。この投稿では本日の発表をまとめるとともに、追加情報を含むそのほかの投稿たちへのリンクを示します。 これらの新しいインスタンスを計画するにあたって、お客さまが直面している問題やEC2で実行しようとしているワークロードについて十分に理解するために、私たちは非常に多くの時間を費やしました。お客さまの反応はさまざまでしたが、頻繁に言及されていたのはインメモリ分析、マルチメディア処理、機械学習(最新のAVX-512命令を用いたもの)、そして大規模でストレージ集積型のERP(Enterprise Resource Planning)アプリケーションなどでした。 次のインスタンス群が本日から利用可能です。 新しいF1インスタンス – F1インスタンスによって、Field-Programmable Gate ArrayまたはFPGAとして知られる、革新的なプログラマブルハードウェアを使用することができます。コードを記述してFPGA上で実行することにより、多くのゲノム分析、地震分析、財務リスク分析、ビッグデータ検索、そして暗号アルゴリズムなどの多くの処理を最大30倍高速化することができます。また本日、F1インスタンスの開発者プレビューおよびハードウェア開発キットをリリースしただけでなく、お客様がFPGAによるアプリケーションやサービスを構築して、AWSマーケットプレイスで販売することもできるようになりました。詳細については開発者プレビュー ー EC2 Instances (F1) with Programmable Hardwareをご覧ください。 新しいR4インスタンス – R4インスタンスは、昨今のメモリインテンシブなビジネスインテリジェンス、インメモリキャッシング、そしてデータベースアプリケーションのために設計されており、最大488GiBのメモリを搭載しています。R4インスタンスは大きなL3キャッシュと高速なメモリスピードにより、R3インスタンスより高い性能を発揮します。ネットワークの観点では、プレイスメントグループで使用した場合に、12Gbpsの専有EBS帯域幅に加えて、ENAによる最大20Gbpsのネットワーク帯域幅をサポートします。インスタンスは6つのサイズがあり、最大64個のvCPUと488GiBのメモリを選択できます。詳細については次世代のメモリ最適化EC2インスタンス(R4)をご覧ください。 拡張されたT2インスタンス – T2インスタンスはCPUの最大出力を定常的に使わないタイプのワークロードで、大きなパフォーマンスを発揮します。お客さまはT2インスタンスを、アプリケーションサーバやWebサーバ、開発環境、継続的インテグレーションサーバ、そして小規模のデータベースといった、さまざまなワークロードで利用されます。私たちはt2.xlarge(16GiBメモリ)とt2.2xlarge(32GiBメモリ)の2つを新たに加えます。既存のT2インスタンスと同様、新しいサイズも十分なベースラインパフォーマンス(既存のインスタンスに比べて最大4倍)に加えて、コンピューティングパワーが必要なときに全コアをバーストさせることができます。詳細については、新しいT2.XlargeとT2.2Xlargeインスタンスをご覧ください。 そして以下のインスタンス群については準備中です。 新しいElastic GPUs – まもなく既存のEC2インスタンスに対して、1GiBから最大8GiBのGPUメモリと、それに見合うコンピューティングパワーを持った、高パフォーマンスのグラフィックアクセラレーション機能を追加できるようになります。Amazonにより最適化されたOpenGLライブラリは、自動でElastic GPUsを検知します。この新たなEC2インスタンスのプレビューを発表するのに合わせて、AWS Graphic Certification Programを提供します。詳細については進行中 – Amazon EC2 Elastic GPUsをご覧ください。 新しいI3インスタンス – I3インスタンスは、Solid State Driveをベースとして高速で低レイテンシの不揮発性メモリ(Non Volatile Memory Express: NVMe)を搭載しています。4KBブロックサイズに対する最大330万のランダムIOPSと、最大16GB/秒のディスクスループットがあります。このインスタンスは、多くのI/Oインテンシブなリレーショナル&NoSQLデータベース、トランザクション処理、分析ワークロードで要求される水準を満たすように設計されています。I3インスタンスには6つのサイズがあり、最大64個のvCPUと488GiBのメモリ、そして15.2TBのストレージ(ERPアプリケーションに最適です)を選択できます。ストレージに保存されたすべてのデータは、保存時に暗号化されます。また新しいElastic Network Adapter(ENA)もサポートしています。 新しいC5インスタンス – C5インスタンスは、インテルの新しいXeon “Skylake” プロセッサをベースとしており、ほかのすべてのEC2インスタンスよりも高速な処理を行うことができます。Broadwellの後継として、SkylakeはAVX-512をサポートしているため、高度な浮動小数点演算を必要とする機械学習、マルチメデイア処理、科学計算、そして金融業務などに適しています。C5インスタンスには6つのサイズがあり、最大72個のvCPUと144GiBのメモリを選択できます。ネットワークの観点では、ENAをサポートするとともに、デフォルトでEBS最適化となっています。 原文: EC2 […]

Read More

次世代のメモリ最適化EC2インスタンス(R4)

インメモリプロセッシングには大きな需要があります。日ごとに大きくなるワークロードと、世代を経るごとにパワーを増すCPUのおかげもあり、高性能のビジネスインテリジェンス、分析、データマイニング、そしてレイテンシに敏感なその他のワークロードにおいて、データセットを丸ごとメモリに載せることが、前提条件となりつつあります。分散キャッシングとバッチ処理ワークロードもまた、大量のメモリに素早くアクセスできることの恩恵を受けるでしょう。 私たちは本日、次世代のメモリ最適化EC2インスタンスをリリースします。大きなL3キャッシュと高速なメモリを搭載することで、既存のR3インスタンスより高い性能を発揮します。ネットワークの観点では、プレイスメントグループで使用した場合に、1Gbpsの専有EBS帯域幅に加えて、ENAによる最大20Gbpsのネットワーク帯域幅をサポートします。 R4インスタンスには以下の特徴があります。 インテル Xeon E5-2686 v4 “Broadwell” プロセッサ(2.3GHz) DDR4メモリ ハードウェア仮想化(HVM)のみ ラインナップは次の通りです。 モデル vCPUs メモリ(GiB) ネットワークパフォーマンス r4.large 2 15.25 最大10 Gigabit r4.xlarge 4 30.5 最大10 Gigabit r4.2xlarge 8 61 最大10 Gigabit r4.4xlarge 16 122 最大10 Gigabit r4.8xlarge 32 244 10 Gigabit r4.16xlarge 64 488 20 Gigabit   R4インスタンスはオンデマンドインスタンスとリザーブドインスタンスの形で、米国東部(バージニア北部)、米国東部(オハイオ)、米国西部(オレゴン)、米国西部(北カリフォルニア)、欧州(アイルランド)、欧州(フランクフルト)、アジアパシフィック(シドニー)、中国(北京)、そしてAWS GovCloud (US) リージョンにおいて利用可能です。詳細はEC2の料金ページをご覧ください。 原文:New – Next Generation […]

Read More

[APN] 2017年度のプレミアパートナーが発表されました

AWS re:Invent 2017の初日に開催されているGlobal Partner Summitにて 2017年度のAPN Premier Consulting Partnersが発表されました。 日本からはNEC様、NTT DATA様の2社が新たにプレミアパートナーとして紹介され、 既存の5社とあわせて合計7社となりました。各社様、おめでとうございます! Classmethod (クラスメソッド株式会社様) cloudpack (アイレット株式会社様) NEC (日本電気株式会社様) NRI (株式会社野村総合研究所様) NTT DATA (株式会社エヌ・ティ・ティ・データ様) Serverworks (株式会社サーバーワークス様) TIS (TIS株式会社様) ※アルファベット順にてご紹介 これでグローバルでは55社のプレミアパートナーがおり、そのうちの7社が日本のパートナー様となります。 今後共、日本市場へのAWSサービスの展開をお願い致します。 (Partner SA 松本)

Read More

パートナーソリューションファインダーの紹介: AWS でのニーズを満たすためのエキスパート APN パートナーを見つける

私の同僚の Kate Miller が を投稿しています。本日、彼女のゲスト投稿で、お客様のビジネスニーズにぴったりのパートナー開発者ソリューションを見つけるための新しいツールを紹介しています。 お客様は、AWS でワークロードの設計、移行、管理、最適化を手伝ってくれるコンサルティングパートナーを AWS パートナーネットワーク (APN) 内で求める場合があります。また、ビジネスニーズを満たすために AWS で構築または AWS と統合して活用できるテクノロジーパートナーソリューションを求める場合もあります。AWS には、世界中の何万というコンサルティングパートナーやテクノロジーパートナーで構成されている巨大な AWS パートナープログラムがあります。APN パートナーは、AWS における実質的にすべてのユースケースに対処するお手伝いができます。また、AWS でお客様のニーズに満たすお手伝いができる最適な APN パートナーを、できるだけ簡単に特定して接触できるようにしたいと思います。 AWS パートナーソリューションファインダーの紹介 本日、グローバルパートナーサミットにおいて、APN チームが AWS パートナーソリューションファインダーを発表しました。AWS パートナーソリューションファインダーを使うことで、AWS でビジネスニーズに応じたサービスやソリューションを提供できる APN パートナーをすばやく検索して見つけることができます。AWS パートナーソリューションファインダーでは、以下のことができます。 場所、業界、ユースケース、製品など、一般的なトピック別に検索する 認定された AWS リセラーや AWS マネージドサービスプロバイダーを簡単に見つける AWS コンピテンシーや AWS Service Delivery Program の賞を獲得した APN パートナーをすばやく見つける APN パートナー別に AWS で検証されたデータを一覧表示する APN パートナーとシームレスに接触する […]

Read More

AWS グローバルパートナーサミット – re:Invent 2016 のレポート

私の同僚の Dorothy Copeland は、AWS グローバルパートナープログラムのジェネラルマネージャーです。本日、 の AWS グローバルパートナーサミットに参加した彼女から、以下の詳細なレポートがゲスト投稿として送信されてきました。 re:Invent での重要な AWS グローバルパートナーサミットが無事終了しました。この丸 1 日のイベントは、AWS パートナーネットワーク (APN) パートナー限定です。今年は、AWS のシニアリーダーの基調講演で、APN に関するいくつかの発表、マーケットのキートレンド、AWS でお客様の成功をサポートする APN パートナーの事例が紹介されました。次に、APN チームが、いくつかのビジネスセッションおよびテクニカルセッションを主催し、APN パートナーが AWS ベースのビジネスを構築して成功させるために役立つトピックを取り上げました。サミットにおいて、過去 12 か月間に 10,000 を超える新しいパートナーが APN に登録されたことが発表されました。これにより、お客様は、何千という新しい APN テクノロジーパートナーや APN コンサルティングパートナーから、AWS と統合されたソフトウェアとして最適なものを見つけ、AWS でのワークロードやアプリケーションの設計、構築、移行、管理に役立てることができます。今年のグローバルパートナーサミットで APN チームが行った他の発表についても、いくつか紹介します。グローバルパートナーサミットの基調講演で、以下の AWS 幹部から発表がありました。 Terry Wise James Hamilton Dave McCann Mike Clayville Andy Jassy 基調講演では、以下のお客様からも発表がありました。 Dan Zelem、CTO、Johnson […]

Read More