Amazon Web Services ブログ

Tag: Developer Tools

Amazon ECS と AWS Fargate を利用した Twelve-Factor Apps の開発

この記事は、Developing Twelve-Factor Apps using Amazon ECS and AWS Fargate を翻訳したものです。 本投稿は、Solutions Architect の Sushanth Mangalore と Chance Lee により寄稿されました。 はじめに The Twelve-Aactor App と呼ばれる方法論は、モダンでスケーラブル、かつメンテナンス性に優れた Software-as-a-Service アプリケーションの構築に役立ちます。この方法論はテクノロジーにとらわれず、クラウドネイティブアプリケーションを開発するためのアプローチとして広く採用されています。 AWS で Twelve-Factor アプリケーションを開発するには、いくつかの方法があります。コンテナ技術をベースにしたソリューションは、Twelve-Factor アプリケーションに自然に適合します。この投稿では、Amazon Elastic Container Service (Amazon ECS) の Fargate 起動タイプを使用して開発されたサンプルソリューションを通じて、この方法論の要点を説明します。もし AWS 上でコンテナソリューションをすでに構築し始めている場合、この投稿で提供される情報は Twelve-Factor のコンテナアプリケーションアーキテクチャを計画するためのガイダンスとして使用できます。ここで説明したコンセプトは、EC2 起動タイプの ECS ベースのアプリケーションや、Amazon Elastic Kubernetes Service (Amazon EKS) ベースのアプリケーションにも同様に適用できます。 ソリューションの概要 サンプルのソリューションでは、コンテナベースの Python […]

Read More
Solutions Design diagram explaining how the solution is structured

Selenium, AWS Lambda, AWS Fargate, AWS Developer Tools を使ったサーバーレスなUIテスト

(この記事は、 Serverless UI testing using Selenium, AWS Lambda, AWS Fargate, and AWS Developer Tools を翻訳したものです。) 以前、Using AWS CodePipeline, AWS CodeBuild, and AWS Lambda for Serverless Automated UI Testing (日本語版 ) を公開してから、Chrome headless とFirefox headless が各ブラウザでネイティブにサポートされるようになったことで、事態は大きく変わりました。 AWS Lambda は今やコンテナイメージをサポートし、 AWS Step Functions はLambda と統合された Map state のサポートを追加し、AWS Fargate は完全にサーバーレスのテクノロジを利用した、UIテストを可能にしました。

Read More

サーバーレス LAMP スタック – Part 2: リレーショナルデータベース

本投稿は AWS サーバーレス アプリケーションのシニアデベロッパーアドボケートである Benjamin Smith による寄稿です。 本シリーズの他のパートは以下のリンクからアクセスできます。また、関連するサンプルコードはこちらの GitHub リポジトリにあります。 パート1:サーバーレス LAMP スタックの紹介 パート3:Webサーバーの置き換え パート4:サーバーレス Laravel アプリの構築 パート5:CDK コンストラクトライブラリ パート6:MVC からサーバーレスマイクロサービスへ この投稿では、サーバーレスアプリケーションで Amazon Aurora MySQLリレーショナルデータベースを使用する方法を学びます。Amazon RDS Proxy を使用してデータベースへの接続をプールおよび共有する方法と、構成を選択する方法を示します。この投稿のコード例は PHP で記述されており、この GitHubリポジトリにあります。なお、この概念自体は、AWS Lambda でサポートされている他のランタイム言語にも適用できますので、PHP に限定しない内容としてお読みいただけます。 サーバーレス LAMP スタック このサーバーレス LAMP スタックアーキテクチャについては、この記事で説明しています。このアーキテクチャでは、PHP Lambda 関数を使用して、Amazon Aurora MySQL データベースの読み取りと書き込みを行います。 Amazon Aurora は、MySQL および PostgreSQL データベースに高いパフォーマンスと可用性を提供します。基盤となるストレージは、最大64 テビバイト(TiB)まで需要に応じて自動的に拡張されます。 Amazon Aurora DB […]

Read More

新しいサーバーレス LAMP スタック – Part 1: 概要紹介

本投稿は AWS サーバーレス アプリケーションのシニアデベロッパーアドボケートである Benjamin Smith による寄稿です。 本シリーズの他のパートは以下のリンクからアクセスできます。また、関連するサンプルコードはこちらの GitHub リポジトリにあります。 パート2:リレーショナルデータベース パート3:Webサーバーの置き換え パート4:サーバーレス Laravel アプリの構築 パート5:CDK コンストラクトライブラリ パート6:MVC からサーバーレスマイクロサービスへ これは、PHP 開発者向けの投稿シリーズの第一弾です。このシリーズでは、PHP でサーバーレステクノロジーを使用する方法を説明します。サーバーレスアプリケーションを構築するために利用できるツール、フレームワーク、戦略や、なぜ今始めるべきかについて説明します。 今後の投稿では、Laravel や Symfony などの PHP フレームワークとともに構築された Web アプリケーションに AWS Lambdaを使用する方法を示します。Lambda を Web ホスティング機能の代替として使用することから、分離されたイベント駆動型のアプローチに移行する方法を示します。最小限のスコープの複数の Lambda 関数を他のサーバーレスサービスと組み合わせて、パフォーマンスの高いスケーラブルなマイクロサービスを作成する方法について説明します。 まずは、カスタムランタイム API を使用して Lambda で PHP を使用する方法を学びます。サンプルコードについては、この GitHubリポジトリにアクセスしてください。 サーバーレスLAMPスタック 従来の PHP アプリケーションの課題 スケーラビリティは、従来の LAMP スタックの伝統的な課題です。スケーラブルなアプリケーションとは、非常に多様なレベルのトラフィックを処理できるアプリケーションです。PHP アプリケーションは、多くの場合、必要に応じて Web サーバーを追加することにより、水平方向にスケーリングされます。これは、リクエストをさまざまな […]

Read More

Perforce Helix Core を AWS 上に構築する (Part3)

イントロダクション 3回にわたるAWSでのPerforce構築シリーズもこれで最後になりました。 Part1ではAWS 上で Perforce Helix Core を構築することの利点と技術的ポイントを俯瞰しました。 前回のPart2では AWS CloudFormation を用いてPerforceサーバーを構築する方法を解説しました。 今回のPart3では、Part2の手順7、CloudFormationの設定において「Enable Replica」をYesにしてReplica Serverの構築を有効にした場合のReplica ServerのSetup手順を紹介します。 Part2の手順で、Master Serverのみの構築を希望した場合は、こちらの手順は必要ありません。 もちろん、もう一度前回の記事の手順を最初からやり直して、Replica構築を有効にして、本記事の手順を実行していただくこともできます。 さて、実際の Replica server の構築手順ですが、これはAWS特有というわけではなく、Perforceの通常の構築手順に従って手動でコマンドを実行して行くというものになります。 それでは実際に手順を見ていきましょう! 事前準備 こちらのPart2の手順を実行していることが前提になります。実行されていない方はまずは前回の記事の手順を実行し、その際に必ず「手順7」の「Enable Replica」をYesにして有効にします。 こちらを参考にして東京リージョンで任意の名前のS3バケットを用意しておいてください。S3バケットの名前は全世界で一意の名前にする必要があります。 例えば次のようなS3バケットの名称にすると他のバケット名との衝突を避けることができます。 (例) perforce-test-[自分の名前]-[日付] など Replica Serverをセットアップする Replicaの動作を定義するには、Perforceのコマンドである“p4 configure set”コマンドを使用して、Master serverのdb.configファイルに構成情報を入力する必要があります。Replicaを作るにはまず最初にMaster serverを設定します。Master serverの設定が、後でReplica serverに複製されます。 Mater Server側で設定を行う まずは、Master Serverにsshログインします。下記では適宜、自分のssh keyとEIPアドレスに置き換えてください。 $ ssh -i ~/.ssh/general-key.pem p4admin@18.180.250.162 前回Part2でp4adminユーザーをサーバー側に作成していない場合は作成します。作成済みの場合はスキップして次に進みます。下記のコマンドを実行するとviが起動しますので内容を確認して、「:wq」をタイプして保存します。 [p4admin@master ~]$ p4 […]

Read More

Perforce Helix Core を AWS 上に構築する (Part2)

イントロダクション 前回の記事では AWS 上で Perforce Helix Core を構築することの利点を説明し、実際の構成パターンと構築における注意点を解説しました。 本記事では、実際に Perforce Helix Core をAWS に構築する手順をご紹介します。手順といっても AWS CloudFormation テンプレートを用意しておりますので、大部分は自動化されています。AWS CloudFormation では、設定をjsonやyamlでファイルに記述するだけでAWS のリソースのプロビジョニングを自動化することができます。 今回作成するサーバー構成の全体像は下図のようになります。AWS Cloudと書かれた中にあるサーバ群を設定します。デフォルトは Perforce の Master Server だけを構築する設定になっていますが、手順の中で Read only の Replica server を設定することも可能です。今回はインターネットから直接アクセスできるPublic Subnetにサーバーを配置していますが、Private Subnetにサーバーを配置して、VPNや AWS Direct Connect を介してオフィスやデータセンタのみからアクセスできる閉域にすることも可能です。 本記事では、まずは Perforce の Master server を構築する手順を見ていきます。次の Part3 の記事で、Replica server の構築手順を紹介します。Replica server の設定では、いくつか手動でコマンドを実行していただく必要があります。 なお、今回構築する Perforce Server への接続には […]

Read More

JenkinsとAWS CodeBuildおよびAWS CodeDeployとの連携によるCI/CDパイプラインの構築

この記事は、オープンソースの自動化サーバーである Jenkins を用いて、AWS CodeBuild のビルド成果物を AWS CodeDeploy でデプロイし、機能的なCI/CDパイプラインを構築する方法を説明します。適切な設定を行うことで、GitHubリポジトリにプッシュされたソースコードの変更を元にCI/CDパイプラインが起動され、自動的にCodeBuildに送られ、その出力がCodeDeployによってデプロイされることを実現できます。

Read More