Amazon Web Services ブログ

Tag: Disaster Recovery

AWS のディザスタリカバリ (DR) アーキテクチャ、パート IV: マルチサイトアクティブ/アクティブ

このブログはSeth Eliot (Principal Reliability Solutions Architect with AWS Well-Architected)によって執筆された内容を⽇本語化したものです。原⽂はこちらを参照して下さい。 このシリーズの最初のブログ記事では、ディザスタリカバリ (DR) の 4 つの戦略を紹介しました。その後の投稿では、バックアップと復元、パイロットライト、ウォームスタンバイアクティブ/パッシブ戦略の詳細を共有しました。 この投稿では、ワークロードを実行し、2 つ以上の異なるサイトでリクエストを処理するアクティブ/アクティブ戦略を実装する方法について説明します。他のDR戦略と同様に、これにより、自然災害、技術的な障害、または人的な行為などの災害イベントが発生しても、ワークロードを使用可能な状態に保つことができます。

Read More

AWS のディザスタリカバリ (DR) アーキテクチャ、パート III: パイロットライトとウォームスタンバイ

このブログはSeth Eliot (Principal Reliability Solutions Architect with AWS Well-Architected)によって執筆された内容を⽇本語化したものです。原⽂はこちらを参照して下さい。 このブログ記事では、 自然災害、技術的な障害、人的な行為などの災害イベントからワークロードを回復できるようにする、さらに2つのアクティブ/パッシブ戦略について学びます。以前、AWS でのディザスタリカバリ (DR) の 4 つの戦略を紹介しました。次に、バックアップと復元の戦略を検討しました。今回は、

Read More

AWS のディザスタリカバリ (DR) アーキテクチャ、パート II: 迅速なリカバリによるバックアップと復元

このブログはSeth Eliot (Principal Reliability Solutions Architect with AWS Well-Architected)によって執筆された内容を⽇本語化したものです。原⽂はこちらを参照して下さい。 前回のブログ記事で、AWS での災害復旧 (DR) に関する4つの戦略を紹介しました。これらの戦略により、災害イベントに備え復旧が可能になります。AWS Well-Architected Reliability Pillar ホワイトペーパーで提供されているベストプラクティスを使用して DR 戦略を設計することで、自然災害、技術的障害、または人的な行為による災害が発生しても、ワークロードを利用し続けることができます。 DR戦略: バックアップと復元の選択 図1に示すように、バックアップと復元はRTO(目標復旧時間)とRPO(目標復旧時点)が一番大きくなる選択と位置付けられています。その結果、災害発生から復旧までの間にダウンタイムが長くなり、データ損失が大きくなります。ただし、バックアップと復元は、実装するのが最も簡単で低コストの戦略であるため、ワークロードによっては適した戦略です。すべてのワークロードでRTOとRPOを数分以内に抑えることを必要とするわけではありません。

Read More
DR戦略 — RTO/RPOとコストの間のトレードオフ

AWS でのディザスタリカバリ (DR) アーキテクチャ、パートI:クラウドでのリカバリの戦略

このブログは Seth Eliot (Principal Reliability Solutions Architect with AWS Well-Architected) によって執筆された内容を⽇本語化したものです。原⽂はこちらを参照して下さい。 AWS Well-Architected 信頼性の柱のリードソリューションアーキテクトとして、お客様が AWS で復元力のあるワークロードを構築できるように支援をします。これは、お客様が直面する可能性のある最大の課題の1つである災害イベントに備えるのに役立ちます。このようなイベントには、地震や洪水などの自然災害、電力やネットワークの損失などの技術的な障害、不注意や不正な変更などの人的行為が含まれます。最終的に、ワークロードまたはシステムが主要な場所でビジネス目標を達成するのを妨げるイベントは、災害として分類されます。このブログ投稿では、災害に備えて復旧するプロセスである災害復旧 (DR) の設計方法を示しています。DR は、事業継続計画の重要な部分です。

Read More
Example architecture for the DR solution based on backup/restore

AWS BackupとAWS Backint Agentを用いたSAPアプリケーションのパッシブ災害対策

はじめに 災害対策(DR)ソリューションは、SAPシステム設計時の重要な側面です。AWS上でSAPワークロードを稼働しているお客様にとって、DRソリューションの設計で考慮すべき点は、シングルまた複数のAWSリージョンまたはアベイラビリティゾーン、目標復旧ポイント(RPO)や目標復旧時間(RTO)などのサービスレベルアグリーメント、そしてコストです。これらの検討を簡単にするために、SAPスペシャリストソリューションアーキテクトはSAP on AWSの可用性と信頼性のアーキテクチャガイダンスを作成しました。このガイドは、AWS上で高可用かつ信頼性の高いSAP NetWeaverベースのシステム構成をデプロイするという要件があるSAPのお客様やパートナー様のために、一連のアーキテクチャのガイドライン、戦略、決定事項を提供します。

Read More

VMware Cloud on AWSを利用したディザスタリカバリの設計上の考慮点

AWSでSr. Partner Solutions Architectを務めるSchneider LarbiとPartner Solutions Architectを務めるKiran Reidによる記事です。 VMwareをオンプレミスで実行しているお客様は、AWSグローバルインフラストラクチャを使用することの大きなメリットを理由に、VMware Cloud on AWSをハイブリッドクラウド戦略に組み込んでいます。 組織がハイブリッドクラウド戦略を計画する際、災害時の事業継続性を確保するために、ディザスタリカバリ(DR)は重要な考慮事項です。 この記事では、VMware Cloud on AWSを利用したディザスタリカバリを実装するためのアーキテクチャ上の考慮事項とベストプラクティスについて説明いたします。今回は主にVMware Cloud on AWSとVMware Site Recovery Manager (SRM)アドオンを中心に解説します。

Read More