Amazon Web Services ブログ

Tag: VMware

Amazon OpenSearch Serviceを利用したVMware Cloud on AWSワークロードのモニタリング

2021年9月8日:Amazon Elasticsearch ServiceはAmazon OpenSearch Serviceに名称変更されました。詳細を確認する。 AWSでSpecialist Solutions Architectを務めるDrew Rutledgeによる記事です。 VMware Cloud on AWSは、VMwareとAWSが共同で開発したソリューションで、vSphere、NSX、vSANなどのVMwareのSoftware-Defined Data Center (SDDC) テクノロジーをAWSグローバルインフラストラクチャ上で提供します。 Amazon OpenSearch Service (Amazon Elasticsearch Serviceの後継サービス) を利用すると、インタラクティブなログ分析、リアルタイムのアプリケーションモニタリング、ウェブサイト検索などを簡単に実行できます。Amazon OpenSearch Serviceは、Elasticsearchから派生した、分散型のオープンソース検索および分析スイートです。

Read More

VMware Transit Connectを使用したサードパーティのファイアウォールアプライアンスとVMware Cloud on AWSの統合

AWSでSr. Specialist Solutions Architectを務めるSheng Chenによる記事です。 VMware Cloud on AWS は、Amazon Web Services(AWS)とVMwareが共同開発した統合ハイブリッドクラウドサービスです。 お客様がハイブリッドクラウドアーキテクチャに継続的に移行するにつれて、VMware Cloud on AWSとネイティブAWSの環境、オンプレミスデータセンター、およびインターネットの間で一元化されたセキュリティ検査ソリューションを持つためのネットワークセキュリティ要件に対処することがますます重要になっていきます。 AWS Marketplaceで提供されるサードパーティファイアウォールソリューションの幅広い選択により、お客様はオンプレミスと同じネットワークセキュリティソリューションをクラウドにデプロイでき、シームレスなユーザーエクスペリエンスを実現できます。 本稿では、VMware Transit Connectの機能を活用して、お客様が希望するサードパーティファイアウォールソリューションをVMware Cloud on AWSと統合する方法について学習します。ここではVMware Transit Connectを使用して、Palo AltoのファイアウォールアプライアンスをVMware Cloud on AWSと統合するための詳細なウォークスルーの例を紹介します。

Read More
VMware Cloud on AWS

VMware Cloud on AWS で実現するマイクロサービスアーキテクチャとモダンアプリケーション

AWS で Sr. Specialist Solution Architect を務める Sheng Chen による記事です。 VMware Cloud on AWS は、Amazon Web Services (AWS) グローバルインフラストラクチャ上で、 VMware Software-Defined Data Center (SDDC) を展開し、 vSphere ワークロードを実行するための柔軟でスケーラブルなソリューションを提供します。 200 以上の AWS ネイティブ サービスとの統合アクセスにより、VMware Cloud on AWS は、お客様がビジネスの中断を最小限に抑えつつ、アプリケーションのモダナイゼーションジャーニーを加速するのに役立ちます。 具体的には、VMware Cloud on AWS と AWS サービス統合するための独自の機能を利用することで、お客様はアプリケーションの変革とマイクロサービス アーキテクチャへの移行を開始することができます。

Read More
VMware Cloud on AWS

VMware Cloud on AWSデータストアのAWS Analyticsサービスとの統合方法

AWSでSpecialist Solutions Architectを務めるBalakrishnan NairとPartner Solutions Architectを務めるKiran Reidによる記事です。 オンプレミスでVMwareを稼働させているお客様は、VMware Cloud on AWSをハイブリッドクラウド戦略に取り入れることでAWSグローバルインフラストラクチャを使えるという非常に大きなメリットを得ようとしています。 一方で、AWS Analyticsサービスはお客様のエンタープライズデータベース、データレイク、ログファイルレポジトリにあるデータからビジネス価値を創出する手段を提供します。 データ分析ソリューションの主な流れは以下です。 ソースから未整形の状態のデータを取り出します。これはテキスト、数値、ビデオファイルなどです。 データを整形しデータベースやデータレイクなどのストレージソリューションに格納します。 分析、洞察のために収集、ノイズ除去されたデータを可視化します。 お客様のデータセンターではファイルサーバー、FTPサーバー、データベース、ログなどの様々な異なるソースやアプリケーションからデータが生成され、なおかつこれらはビジネスにとって極めて重要なデータを含みます。 有用なデータの管理と抽出はお客様にアドバンテージをもたらし、また遵守しなければならない特定の企業コンプライアンス要件にも合致する可能性があります。 VMware Cloud on AWSへ移行中のお客様の中には、非構造化データを含むファイルシステムを扱うワークロードの移行を考えている方もおられるかもしれません。これらのファイルシステムは有用なビジネスデータを生み出す貴重なソースとなり得ますが、データセットからどうやって意義のある洞察を得るかを決めづらくする原因ともなり得ます。 本稿ではVMware Cloud on AWSがどのようにこういったデータセットをAWS Analyticsサービスの近くに配置し、これらのサービスを利用してより容易にビジネスデータから有用な洞察を引き出せるかをガイドします。

Read More

AWS Direct ConnectとVMware Cloud on AWSの統合

AWSでSr. Partner Solutions Architectを務めるSchneider Larbiによる記事です。 VMware Cloud on AWSは、AWSグローバルインフラストラクチャ上でVMware vSphereワークロードを実行できます。つまり、VMware Cloud on AWSが利用可能なすべてのAWSリージョンでvSphereワークロードを実行できます。 お客様は、ワークロードの一部をオンプレミス稼働させ、一部をVMware Cloud on AWSで稼働させるハイブリッドクラウドアーキテクチャの実装を選択する事ができます。 ハイブリッド実装において、お客様がオンプレミスとVMware Cloud on AWSネットワーク間の通信を許可するように接続を設定する設計パターンが見られます。 お客様は、ハイブリッドクラウド接続を実装するために、仮想プライベートネットワーク (VPN)やAWS Direct Connectなどのさまざまな方法を使用します。 本稿では、お客様がAWS Direct Connectを活用して、どうオンプレミスのVMwareインフラストラクチャとVMware Cloud on AWS間のハイブリッド接続を確立するか、AWS Direct Connectで耐障害性を達成する為のベストプラクティス、そして私たちがなぜそれを推奨するかについて説明します。

Read More
VMware Cloud on AWS

オンプレミスからVMware Cloud on AWSへのネットワークL2延伸の選択肢

AWSでSpecialist Solution Architectを務めるSchneider Larbiによる記事です。 VMware Cloud on AWSではお客様のオンプレミスネットワークをレイヤー2レベルでシームレスにクラウドへ延伸することができます。これは重要なことです。なぜならオンプレミスのレイヤー2ネットワークからIPアドレスを変更せずに、仮想マシンをVMware Cloud on AWSへ移行できるからです。 本稿執筆時点(2020年7月7日)で、VMware Cloud on AWSへネットワーク延伸する方法は以下の2つがあります。 VMware Autonomous NSX Edge Appliance VMware Hybrid Cloud Extension (HCX) ネットワーク延伸を実装するにあたりオンプレミスにNSXを持つ必要はありません。オンプレミスにNSX-Tがある場合、NSXにより自動でプロビジョニングされるNSX-T Edgeを、Software Defined Data Center (SDDC)やVMware Cloud on AWSの環境に接続するためのL2VPN (レイヤー2 VPN)のクライアントサイドとして利用することはできません。 本稿では、オンプレミスのネットワークをVMware Cloud on AWSへ延伸する際のアーキテクチャの考慮事項について説明します。これによりハイブリッドクラウドを実装したり、IPアドレスを変更することなくクラウドへ移行することができるようになります。

Read More

VMware Cloud on AWSの耐障害性設計に関する考慮事項とベストプラクティス

AWSでSpecialist Partner Solutions Architectを務めるKiran Reid、Sr TAM (MNG) を務めるSudha Thillai Govindarajan、Principal Partner Solutions Architectを務めるWen Yuによる記事です。 さまざまな業界や業種のお客様が、本番ワークロードにVMware Cloud on AWSを採用しています。 高可用性要件で実行したいワークロードがある場合、利用可能なさまざまなアーキテクチャパターンと構成オプションを理解することが重要です。 本稿では、VMware Cloud on AWSを活用するお客様の耐障害性設計に関する主な考慮事項と責任について説明します。

Read More

VMware Cloud on AWSのアカウントとVPCに関する考慮事項

AWSでSr. Partner Solutions Architectを務めるSchneider Larbiによる記事です。 VMware Cloud on AWSは、VMwareとアマゾン ウェブ サービス (AWS)が共同開発をした、AWSのグローバルインフラストラクチャ上でお客様のVMwareワークロードの実行を可能にするサービスです。 VMware Cloud on AWSサービスのデプロイ中に、Software Defined Data Center (SDDC)がAWS (またはお客様の)アカウントに接続され、ネイティブAWSサービスにシームレスにアクセスが可能となります。 この記事では、ネイティブAWSサービス連携を活用するために、VMware Cloud on AWSに接続するAWSアカウント及びそれぞれのAmazon Virtual Private Cloud (VPC)に関するガイダンスを提供いたします。

Read More

VMware Cloud on AWSを利用したディザスタリカバリの設計上の考慮点

AWSでSr. Partner Solutions Architectを務めるSchneider LarbiとPartner Solutions Architectを務めるKiran Reidによる記事です。 VMwareをオンプレミスで実行しているお客様は、AWSグローバルインフラストラクチャを使用することの大きなメリットを理由に、VMware Cloud on AWSをハイブリッドクラウド戦略に組み込んでいます。 組織がハイブリッドクラウド戦略を計画する際、災害時の事業継続性を確保するために、ディザスタリカバリ(DR)は重要な考慮事項です。 この記事では、VMware Cloud on AWSを利用したディザスタリカバリを実装するためのアーキテクチャ上の考慮事項とベストプラクティスについて説明いたします。今回は主にVMware Cloud on AWSとVMware Site Recovery Manager (SRM)アドオンを中心に解説します。

Read More

AWS Server Migration Service – クラウドへのサーバー移行が簡単に!

これはAhmed Omranのゲストポストです。 AhmedはAWSのMigration Solutions Architectです。 大規模構成におけるオンプレミスサーバーの移行は、自動化、スケジューリング、少ない帯域幅の消費や移行時間の短縮を調整することなしに行うことはできません。 この記事では、AWS Server Migration Service(AWS SMS)を使用して、オンプレミスのワークロードをAWSに効率的に移行する方法を段階的に説明します。 AWS Server Migration Serviceとは何ですか? 2016年10月、エンドツーエンドのサーバー移行プロセスを簡素化する目的でAWS SMS を紹介しました。 AWS SMS は現在、仮想アプライアンスを使用したエージェントレスサービスとしてのオンプレミス仮想マシン(VMs)の移行をサポートしています。 AWS SMSには、次の主要な利点があります: ライブサーバーボリュームのAWSへのレプリケーションを順次自動化することにより、カットオーバー時のサーバーダウンタイムを削減します。 費用対効果の高い方法で大規模サーバーの移行を行います。 広く使用されている多くのオペレーティングシステムをサポートします。 使いやすいUIを使用して、サーバー移行の進捗状況を管理および追跡します。 AWS SMSは、VMware 環境からAWSへの大規模マイグレーションを計画している場合に重要な考慮事項となる、ダウンタイム、エージェントレスツール、順次レプリケーション、およびカットオーバー前のアプリケーションテストなどに対する理想的なソリューションです。 AWS SMSは、サーバーの移行に使用する無料のサービスです。 Amazon EBS スナップショットやAmazon S3など、移行プロセス中に使用されたストレージリソースにのみ支払います。 現在、米国東部(米国バージニア州)、米国西部(オレゴン州)、米国東部(オハイオ州)、EU(アイルランド)、アジア太平洋(シドニー)、アジア太平洋(東京)、アジア太平洋(ソウル) 、アジア太平洋地域(ムンバイ)でサービスが利用可能です。 どのように機能するのですか? AWS SMS を使用してワークロードを移行する手順を説明する前に、移行プロセス自体とAWS SMS がどのように処理するかについて詳しく説明します。 移行プロセスは、次の図に示すように、4つの段階に分かれています。 AWS SMS 移行プロセスの概要 AWS SMS の最終出力はAmazon Machine Image(AMI)です。移行プロセスは、ジョブが終了されるまで(あなたが消去するか、または90日後に自動的に終了するまで)、各レプリケーションの実行ごとにAMIを生成します。 移行段階は、調整された複製頻度で反復されます。各レプリケーションの実行間隔の最短時間は12時間で、最大時間は24時間です。この反復サイクルの有効期間は90日です。その後、レプリケーションジョブは終了します。 移行するVMのグループを選択できます。 […]

Read More