Amazon Web Services ブログ

Category: Amazon VPC

新機能 – Virtual Private Cloud での EC2 インスタンスの IPv6 サポート

インターネットは、特にモバイルアプリケーション、コネクテッドデバイス、そしてIoTの分野で引き続き成長しており、それが業界全体のIPv6への移行に拍車をかけています。米国政府機関は2010年に定められた指令に従って、パブリックに公開されたサーバーとサービスをできるだけすみやかにIPv6に移行するように取り組んでいます。128ビットのアドレス空間を持つIPv6では十分な拡張の余地があり、新しいアプリケーションやユースケースへの道が開かれます。 EC2のIPv6 今年の初めに、S3 (Transfer Accelerationを含む)、CloudFront、WAF、および Route 53のIPv6サポートを開始しました。本日、新しい大きなステップとして、Virtual Private Cloud (VPC) およびEC2インスタンスのIPv6サポートを開始しました。米国東部 (オハイオ) リージョンを皮切りに、他のリージョンも対応を進めていきます。 IPv6サポートは、新規および既存のVPCで利用できます。マネジメントコンソール上でチェックボックスにチェックを入れるだけで、VPCごとにオプトインすることができます (APIとCLIもサポートされます)。

Read More

AWS ソリューション – Transit VPC

今日は新しい AWS ソリューションをご紹介します。とても興味深い機能です。AWS クイックスタートと同様に、これは AWS ソリューションアーキテクトがセキュリティと可用性のベストプラクティスを取り入れて構築した機能です。この新しい Transit VPC Solution は transit VPC と呼ばれる実に便利なネットワーク構築の実装方法を示します。この機能を使用して地理的に離れていたり、別々の AWS アカウントで実行している仮想プライベートクラウド (VPC) をグローバルネットワーク転送センターとして機能する一般的な VPC と接続することができます。このネットワークトポロジーはネットワーク管理を簡略化し、設定と管理を必要とする接続の数を減少することができます。さらに実装は仮想的に行うようになっているので、物理的なネットワーク機器は不要、コロケーション転送ハブの目の前にいる必要もありません。次の例をご覧ください。 この図では、transit VPC が中央にあり、その周囲に「スポーク型」の VPC と、企業データセンター、その他のネットワークが配置されています。transit VPC は複数の重要なユースケースをサポートします。 プライベートネットワーキング – 2 つ以上の AWS リージョンに渡るプライベートネットワークを構築できます。 共有接続 – 複数の VPC はデータセンター、パートナーネットワーク、その他のクラウドと接続を共有できます。 クロスアカウント AWS の使用量 – VPC と AWS のリソースを複数の AWS アカウントに収めることができます。 ソリューションは AWS CloudFormation スタックを使用し、すべての AWS リソースを起動し構成します。500 Mbps から […]

Read More