Amazon Web Services ブログ

Category: Amazon MemoryDB for Redis

Amazon MemoryDB for Redis が東京リージョンでご利用可能となりました

みなさん、こんにちは。アマゾン ウェブ サービスジャパン、シニアエバンジェリストの亀田です。 Amazon MemoryDB for Redis が東京リージョンでご利用可能なりましたのでお知らせいたします。 Amazon MemoryDB for Redis MemoryDB for Redis は Redis 互換で耐久性に優れた新しいインメモリデータベースです。MemoryDB を使用すると、データの耐久性と高可用性を備えた、マイクロ秒の読み取りおよび一桁ミリ秒の書き込み性能を必要とするアプリケーションを簡単かつコスト効率に優れた方法で構築できます。 従来 AWS はAmazon ElastiCache for Redis というRedis 互換のインメモリデータストアのサービスを提供していました。ElastiCache for Redis を利用する場合は、 Amazon Aurora や Amazon DynamoDB などの耐久性のあるデータベースサービスと組み合わせて使用し、低レイテンシーキャッシュとして使用しながらも、データ損失を最小限に抑えるアーキテクチャをとる必要がありました。この場合、キャッシュとデータベースとの同期を維持するために、アプリケーションにカスタムコードを導入する必要があり、キャッシュとデータベースの両方を実行する追加コストも発生します。

Read More

Amazon MemoryDB for Redis の紹介 – Redis 互換で耐久性に優れたインメモリデータベースサービス

インタラクティブなアプリケーションは、リクエストを処理して迅速に対応する必要があり、この要件はアーキテクチャのすべてのコンポーネントにまで及んでいます。マイクロサービスを採用し、アーキテクチャが相互に通信する多数の小さな独立したサービスで構成されている場合、これはさらに重要です。 このため、データベースのパフォーマンスは、アプリケーションの成功に不可欠です。読み取りレイテンシーをマイクロ秒に減らすために、耐久性のあるデータベースの前にインメモリキャッシュを配置できます。キャッシュのために、多くの開発者はオープンソースのインメモリデータ構造ストアである Redis を使用しています。実際、 Stack Overflowの2021開発者調査によると、Redisは5年間最も愛されているデータベースです。 このような要件のシステムを AWS で実装するには、完全マネージド型のインメモリキャッシュサービスであるAmazon ElastiCache for Redis を、 Amazon Aurora や Amazon DynamoDB などの耐久性のあるデータベースサービスの前で低レイテンシーキャッシュとして使用して、データ損失を最小限に抑えます。ただし、この設定では、キャッシュとデータベースとの同期を維持するために、アプリケーションにカスタムコードを導入する必要があります。また、キャッシュとデータベースの両方を実行する場合にもコストが発生します。

Read More

Amazon MemoryDB for Redis のご紹介 – Redis 互換で耐久性に優れたインメモリデータベースサービス

インタラクティブなアプリケーションは、非常に迅速にリクエストを処理して対応する必要があり、アーキテクチャのすべてのコンポーネントでも同様にこの要件を満たす必要があります。マイクロサービスを採用し、アーキテクチャが相互に通信する多数の小さな独立したサービスで構成されている場合、これはさらに重要です。 このため、データベースのパフォーマンスは、アプリケーションの成功に不可欠です。読み取りレイテンシーをマイクロ秒に減らすために、耐久性のあるデータベースの前にインメモリキャッシュを配置できます。キャッシュの目的で、多くのデベロッパーはオープンソースのインメモリデータ構造ストアである Redis を使用しています。実際、Stack Overflow の 2021 Developer Surveyによると、5 年間にわたって、Redis は最も愛用されているデータベースです。

Read More