Amazon Web Services ブログ

Category: Industries

Play Video Store

高品質な動画配信を最速で実現するPLAY VIDEO STORESでのAWSの活用

業界を取り巻く環境 世界的なパンデミックが日本にも影を落としている中、ストリーミングを使ったライブイベントの配信が驚異的な伸びを示しています。2020年の早い段階から、大規模なイベントや対面集会が次々に中止に追い込まれました。オリンピックが延期され、プロスポーツは無観客となりました。企業においても入社式や集合教育、株主総会といったものがソーシャルディスタンスの導入により大きな影響を受けています。この流れの中、ライブイベント配信を支える企業にはこれまで無縁だったビジネスを含め、様々な業界から無数の依頼が舞い込んでおり、その全てに対応するには非常に難しい環境にあります。

Read More
Choosing the right AWS live streaming solution for your use case

ユースケースに合わせたAWSライブストリーミングソリューションの選択

昨年7月、AWSは低遅延の双方向ストリーミングサービスを実現するマネージドライブストリーミングサービスAmazon Interactive Video Service (Amazon IVS) を発表しました。Amazon IVSは、既存のAWSメディアサービスに加えてライブストリーミング体験を構築するための優れた機能を備えていますが、お客様から特定のユースケースに対してどのオプションが最適かという質問をよく受けます。 この質問に回答するためには、まずお客様のビジネスゴール、コア技術コンピテンシー、アプリケーション要件を理解することが重要だと考えています。

Read More

株式会社トラフィック・シム 放送データ共有システム RecShare CLOUD における AWS の活用

メディアワークロードにおける同録の概要や課題 メディアワークロードでは、同録(同時録画または同時録音の略称)という領域があり、例えば、日本の放送事業者に対しては、放送法第十条「放送番組の保存」において、いわゆる「法定同録」の義務が定められています。「法定同録」以外の、視聴者目線での身近な例としては、スポーツや音楽関連などのライブイベントを放送しつつ「同録」しておき、適宜簡易な編集を施してハイライトシーンで利用する例などが挙げられます。前者の法定同録については高い可用性・耐久性が求められますし、後者のイベント利用においては、可用性・耐久性に加えて、編集者にとって使いやすい UI/UX が求められることになります。従来はこれらの要件に対応するには、オンプレミス環境に高価な収録機器や高耐久なストレージなどを調達・設置したり、高価なソフトウェアの購入や開発をする必要がありました。本記事では、これらの課題を解決することができる SaaS ソリューションとして、株式会社トラフィック・シムが提供している RecShare CLOUD における AWS の活用についてご紹介します。

Read More

Amazon FSx for Windows File ServerをAzure ADDSドメインと使用する方法

このブログはAdeleke Coker (Sr. Cloud Support Engineer)によって執筆された内容を日本語化した物です。原文はこちらを参照して下さい。 Amazon FSx for Windows File Serverは、業界標準のSMB(Server Message Block)プロトコルでアクセスでき、Microsoft Active Directoryと統合された共有ファイルストレージを必要とする様々なユースケースに使用されています。Amazon FSxは、オンプレミスでもクラウドでも、セルフマネージドでもフルマネージドでも、ユーザIDをホストしているMicrosoft Active Directoryであれば、どこでも使用することができます。このブログでは、ユーザIDがAzure Active Directory Domain Services (ADDS)ドメインでホストされている場合に、どのようにAmazon FSxを使用できるかについて説明します。Active Directoryは、ネットワーク上のオブジェクトに関する情報を保存し、管理者やユーザーがその情報を簡単に見つけて使用できるようにするために使用されるMicrosoftのディレクトリサービスです。これらのオブジェクトには、通常、ファイルサーバーなどの共有リソースや、ネットワークユーザーおよびコンピュータアカウントが含まれます。Amazon FSxは、AWS Directory Service for Microsoft Active DirectoryでAmazon FSxを使用したり、オンプレミスのActive DirectoryでAmazon FSx for Windows File Serverを使用したりするなど、ファイルシステムを参加させるActive Directory環境を管理者が柔軟にコントロールすることができ、ポリシーの適用や管理権限の委譲を容易に行う事が出来ます。 ADDS上でホストされているActive Directoryにユーザーのアイデンティティがある場合、アイデンティティをAWSに移行または同期する必要なく、そのActive DirectoryでAmazon FSx for Windows File Serverを使用することができます。このブログでは、ラボ環境での例を用いて、Amazon FSxを既存のADDSに参加させる方法を示します。既存のADDSのアイデンティティは、保存されたファイルにアクセスするためにこの共有を利用することができ、Amazon FSx for Windows File Serverのファイル共有に対して認証するためにAzure […]

Read More
How to: Build an engaging feed app with React and Amazon IVS

ReactとAmazon IVSを使用して魅力的な動画フィードアプリを構築する方法

はじめに ライブ動画配信は人々を魅了するコンテンツとしての新しいスタンダードになりましたが、動画の専門知識を持たない開発者はいざ配信を開始する際にしばしば苦労していると聞きます。ライブ動画の取り込み、処理、パッケージング、配信、再生を、優れたユーザーエクスペリエンスで管理することは大変な作業です。 Amazon Interactive Video Service (Amazon IVS)は視聴者の場所に関わらず、低レイテンシーのライブ動画を配信する際の複雑な技術的課題に対応できるよう設計されています。Amazon IVSを使用すると人々を魅了するようなインタラクティブな動画エクスペリエンスを作り出すことに集中できます。

Read More

AWS DataSyncとAmazon FSxを使って1ヵ月でファイルストレージをAWSへマイグレーション

このブログはVaibhav Singh (Cloud Infrastructure Architect with AWS ProServe India)によって執筆された内容を日本語化した物です。原文はこちらを参照して下さい。   オンプレミスからクラウドへの移行では、さまざまなお客様がそれぞれに異なった環境を持っていて実現方法も異なります。あるお客様はオンプレミスで稼働しているワークロードの規模が小さかったり、あるお客様は複数のデータセンターに複数のストレージアレイを設置していたり、さらに複雑で膨大なセットアップを行っているお客様もいるかと思います。クラウドに移行する場合、現在のデータストレージ環境を調査することの難しさや、どのように始めればよいか戸惑うのは当然のことでしょう。 AWSプロフェッショナルサービスは、ダウンタイムを最小限に抑えながら、お客様のクラウドへの移行をサポートし、最も効率的で効果のある方法でクラウドソリューションを最大限に活用できるようにします。AWSは、アプリケーションやデータベース、バックアップやディザスタリカバリ(DR)のスタックを再設計することなく、ビジネスに最適な方法でデータをクラウドに移行することを支援します。 この記事では、10,000人以上の従業員を抱えるグローバル金融サービス企業のお客様が、AWSプロフェッショナルサービスによる迅速かつ安全なオンライン移行によって、どのようにしてクラウドへの移行を加速させたかを紹介します。このケースでは、お客様はAWS DataSyncとAmazon FSx for Windows File Server(Amazon FSx)を使用して、100TB以上のファイルストレージを迅速かつシームレスに移行することができました。

Read More
Cloud Video Editing

【Edit in the Cloud】AWSで編集環境を構築する方法 ~Cloud Video Editing テンプレート~

Edit in the Cloudシリーズの第1回目では、AWS上で様々な編集シナリオの想定モデルを実現するための基礎知識を説明しました。今回はいよいよGitHubのサンプルをデプロイする段階に入ります。このステップ バイステップガイドでは、AWS上で編集ホスト、ストレージをデプロイし、接続する方法を詳しく説明します。このテンプレートによりユーザーはAmazon Elastic Compute Cloud (Amazon EC2) 上に編集環境を構築することができます。加えて、Amazon FSx for Windows ファイルサーバーはEC2インスタンスからストレージとして利用し、メディアアセットの共有リポジトリとして活用することができます。また、このテンプレートには、Teradici for Federated Loginと連携したAWS Directory Servicesが含まれており、シームレスな編集体験を可能にしています。では早速テンプレートを利用して環境を構築していきましょう。まずご自身のAWSアカウントを利用して、AWSマネジメントコンソールにログインしたら次のAWS CloudFormationデプロイメントテンプレートを使用します。本テンプレートは現在、US-East-1とUS-West-2で提供しています。

Read More

AWS における Amazon SageMaker と AWS Data Exchange を使ったアルゴリズム取引

本投稿は AWSのソリューションアーキテクトである Diego Colombatto, Balaji Gopalan と Oliver Steffmann による寄稿を翻訳したものです。 株式取引の大部分が、こちら や こちら の記事で説明されているように、自動化されていることはよく知られています。たとえば、取引戦略を実装するためにアプリケーションや「ロボット」が使用されています。最近の金融サービス業界の新たなトレンドは、取引ソリューション (アルゴリズム取引ソリューション等) をクラウドに移行することです (こちら や こちら の記事で説明されています)。

Read More

ニュース記事 : Morningstar、機械学習の適用を加速するためのグローバル AWS DeepRacer 企業コンペティションを開始

本投稿は AWS 金融事業部門 による寄稿を翻訳したものです。 次の記事は、 もともと Morningstar 社にて発表されたものです。 AWS DeepRacer の最初の社内コンペティションは、世界中の 445 人以上の従業員の機械学習と人工知能の実践学習を推進する。 シカゴ、2019 年 5 月 30 日 /PR Newswire/- 独立系インベストメントリサーチの大手プロバイダーであるMorningstar, Inc. (Nasdaq:MORN) は、今週、全社的にAmazon Web Service (AWS) DeepRacer コンテストを開始しました。Morningstar の技術部門の 35% を含む 8 か国の 445 名を超える従業員が、AWS DeepRacer リーグで約 100 チームを結成しており、機械学習機能を持つ1/ 18 スケールのレーシングカーのプログラミングとそのレーシングを行っています。AWS DeepRacer League Virtual Circuit はすべての開発者がアクセスでき、 amazon.comでレーシングカーを予約注文できます。

Read More
Watch now: HPA Tech Retreat 2021 insights and innovations

HPA Tech Retreat 2021のインサイトとイノベーション

HPA Tech Retreatではコンテンツの制作、管理、発信に携わる個人や企業が一堂に会し、エンジニアリング、テクノロジー、クリエイティビティ、ビジネスの分野で活躍する著名なリーダーや新進気鋭のリーダーが集まり、今日のメディアやエンターテインメントの現場が直面している最も魅力的なトピックについて議論しています。 以下のビデオでは、Joachim Zell (JZ)が率いるHollywood Professional Association (HPA)のTech Retreat 2021におけるソート・リーダーシップ・プロジェクト「Found Lederhosen」から得られたインサイトとイノベーションを紹介しています。このプロジェクトでは、ロンドン、ドバイ、ブリスベン、メキシコシティで制作された映画のショートフィルムに加え、ハリウッドでのバーチャルプロダクション撮影、モンゴルで制作されたアニメーション、そしてテーマに沿ったビデオゲームが紹介されました。

Read More