Amazon Web Services ブログ

Category: Management Tools

Estimating AWS Config recorder costs and usage using AWS CloudTrail

AWS CloudTrail を使用した AWS Config 設定レコーダーのコストと使用量の見積もり

AWS Config は、AWS アカウント内の AWS リソースの設定変更を追跡するサービスです。AWS Config は、記録しているリソースタイプの変更を検出するたびに、設定レコーダー を使用して設定項目を作成します。この記事では、AWS Config が有効になっている場合に、AWS CloudTrail を使用して設定項目の数の推定値を把握する方法を説明します。

Amazon FSx for NetApp ONTAP を使用してクロスプラットフォームの分散ファイルシステムを作成する

Peer Softwareの Global File Service(PeerGFS)により、クロスプラットフォームのファイルレプリケーションや、同期、キャッシュテクノロジを使用して、顧客がエッジや、データセンター、AWS からファイルにアクセスする方法を説明します。

スポットプレイスメントスコアによる Amazon EC2 スポットインスタンスの最適化

スポットプレイスメントスコアは、Amazon EC2 スポットインスタンスを利用する際に最適なインスタンスタイプを特定したり、データ分析やハイパフォーマンスコンピューティングなどの一時的な作業に最適なアベイラビリティーゾーン (AZ) を選択したりするために使用する機能です。当ブログではスポットプレイスメントスコアのメリットやスポットプレイスメントスコアを利用した AWS Solution であるスポットプレイスメントスコアトラッカーについて解説します。

Amazon Managed Grafana ワークスペースでバージョン 9.4 を選択できるようになりました

Amazon Managed Grafana をご利用の多くのお客様から、ナビゲーション、ダッシュボード、ビジュアライゼーションなどの最新機能を備えた Grafana のバージョンを選択できるようにしてほしいというご要望をいただいていました。本日、バージョン 9.4 をサポートした Amazon Managed Grafana ワークスペースが選択できるようになったことを発表します。

Implementing AWS Session Manager logging guardrails in a multi-account environment

マルチアカウント環境での AWS Session Manager ロギングガードレールの実装

Session Manager では、IAM ロールを使用しながら、インバウンドポートを開かずに EC2 インスタンスにアクセスできます。このブログ記事では、脅威の検出、インシデント対応、フォレンジック、ログのアーカイブを目的として、すべてのセッションアクティビティが中央アカウントに記録されるように、Session Manager に追加のガードレールを適用する方法を説明します。