Amazon Web Services ブログ

Category: Announcements

「Resiliency in Japan-日本におけるAWSリージョンのレジリエンス-」ホワイトペーパーがAWS Artifactから入手できるようになりました。

AWSが高い耐障害性を確保しているか、また、マルチリージョンの活用により、お客様がどのように高いレジリエンスを確保できるかを解説したホワイトペーパーを、AWS Artifactにおいて公開しました。

Read More

Amplify Flutter の一般提供が開始されました。美しいクロスプラットフォームアプリを構築しましょう

AWS Amplify は、セキュアでスケーラブルなモバイルアプリケーションとウェブアプリケーションを構築するためのツールとサービスのセットです。現在 iOS、Android、JavaScript (ウェブおよび React Native) をサポートしている Amplify は、アマゾン ウェブ サービス (AWS) を活用するアプリケーションを構築するための最も高速で簡単な方法です。 Flutter は、ネイティブにコンパイルされたモバイル、ウェブ、およびデスクトップアプリケーションを単一のコードベースから構築するための Google の UI ツールキットで、最も急速に成長しているモバイルフレームワークの 1 つです。 AWS Amplify と Flutter を一体化する Amplify Flutter は、Flutter エコシステムに投資したものの、今は AWS の力も利用したいといったお客様のために設計されました。 2020 年 8 月、AWS は Amplify Flutter のデベロッパープレビューをローンチし、そのフィードバックを募集したところ、とても嬉しい反応をいただきました。このサービスの数か月におよぶ微調整の後、今日ようやく Amplify Flutter の一般提供を発表したいと思います。 一般提供での新しい Amplify Flutter 機能 一般提供リリースは、追加された次の 3 つの新機能によって、強力な Flutter アプリを簡単に構築できるようにします。 まず、AWS では最近、AWS […]

Read More

ビデオストリーミング急増に伴う課題を解決したAWSがテクノロジー&エンジニアリング・エミー賞を受賞

2020年の混乱の中、何百万もの人々がオンラインビデオでニュース、情報、スポーツ、エンターテイメントを求めていました。 このことは、オンデマンド配信で世界中の視聴者数が39%増の7億7,000万人という記録的な伸びを示したことからも明らかです。ビデオストリーミングはすべての地域で増加し、 Conviva によれば、2020年第4四半期のストリーミングの時間は2019年と比較して44%跳ね上がりました。

Read More

クローズアップ: BundesligaとAWSが2021シーズンに向けてパフォーマンススタッツを活用した新しいリアルタイムゲーム分析をアップデート

Bundesligaはファンにピッチ上でのアクションに対するより深い洞察を与えるための「Bundesliga Match Facts」 powered by AWSに新しい3つの機能の追加をアナウンスしました。3つの新しいMatch Factsには次のものが含まれます。まず「Most Pressed Player」はボールを保持中の選手が試合中にどれだけプレス (プレッシャー)を受ける状況に置かれたかを定量化し表示するものです。次に「Attacking Zones」は、応援するチームがどこから攻撃をしているか、ピッチのどのサイドから攻撃すると得点しやすいかを示すものです。3つ目は「Average Positions – Trends」で、チームの戦術フォーメーションがどのように変化したかまた、それが結果にどのようにインパクトを与えたかを示すものとなっています。

Read More

AWS SaaS Boost を利用したモノリスアプリケーションの SaaS 移行

AWS SaaS Factory で Principal Partner Solutions Architect を務める Tod Golding による記事です。 SaaS (Software-as-a-Service) モデルへの移行は多くの企業にとって魅力的ですが、新しいマルチテナントアーキテクチャへの移行に必要な時間、労力、投資は大きな障壁となる場合があります。 多くの企業にとって、SaaS への移行には、新しいテクノロジーの習得、マルチテナント構造の実装、新しい運用ツールの作成、新しい課金体型の採用、といった作業を伴います。 こういった障壁は、SaaS への移行がビジネスを成長させ将来の成功の鍵になると考えている企業にとって、特に深刻な問題になる可能性があります。そのような企業の多くは、わざわざアプリケーションの再構築やコードの書き換えを行うことなく、そして時間やコストも奪われることなく、SaaS への移行を加速する方法を模索しています。 そういったニーズに対応するために、アマゾンウェブサービス (AWS) では、AWS SaaS Boost をリリースしました。

Read More

Online Ask an Expert – Special Expert Day のご案内

AWS アカウントをお持ちのスタートアップ・デベロッパーのための施設である AWS Loft Tokyoで好評いただいていたAsk an Expertのオンライン版は、サービス開始から多くの皆様にご利用いただいています。 その中で、特定の AWS サービスについて深く質問する機会が欲しいというリクエストを頂戴し、この度、Special Expert Day として実現することになりましたのでご案内します。初回は2月19日(金)をデータベース、分析やコンテナのエキスパートが終日相談に対応可能な日程としてご用意しました。予約受付は2月13日(土)から開始します。

Read More

AWS PrivateLink for Amazon S3 の一般提供を開始

AWS re:Invent で AWS PrivateLink for Amazon S3 のリリースに関する発表が行われましたが、この新機能の一般提供が開始されました。AWS PrivateLink は、仮想ネットワークからのプライベート IP を使用して、Amazon Simple Storage Service (S3) とオンプレミスリソース間のプライベート接続を提供します。 S3 は VPC エンドポイントを追加する最初のサービスとして 2015 年に提供が開始されましした。これらのエンドポイントは、ゲートウェイや NAT インスタンスを必要としない S3 への安全な接続を提供します。この柔軟性はお客様に歓迎されましたが、オンプレミスアプリケーションから AWS Direct Connect または AWS VPN によるセキュアな接続を介した S3 へのプライベートアクセスが必要という意見も聞かれました。 機知に富む私たちのお客様は、プライベート IP アドレスを持つプロキシサーバーを Amazon Virtual Private Cloud にセットアップし、S3 のゲートウェイエンドポイントを使用することで、この問題を解決しました。この解決法は機能しますが、一般的にプロキシサーバではパフォーマンスが抑制されるだけでなく、障害点が増えてオペレーションが複雑になります。 このような欠点を排除し、問題を解決する方法として PrivateLink for S3 が開発されました。 この機能を使用することによって、Virtual Private Cloud 内で新しいインターフェイス […]

Read More

Amazon WorkSpaces – 2021年 在宅勤務のためのご提案

COVID-19との1年を振り返って コロナ禍が日常となって1年が経つといまだに信じることができません。2020年2月には、世界各国で渡航規制が始まり、多くの企業や組織がチームの大部分を在宅勤務に移行しはじめました。その中で、お客様がリモートワーク(テレワーク)に迅速に移行するニーズが存在することを肌身で感じました。 昨年、AWSではAmazon WorkSpacesを通じてお客様が在宅勤務に適応し、迅速にスケールアップができるようサポートしました。例えば、イタリアの地方自治体であるカリアリ市では、従業員と市民の安全が最優先事項となっています。仕事を止めないために、AWSはAmazon WorkSpacesの導入を支援し、600人以上の職員が安全に在宅でも勤務を継続できるようにサポートしました。フードデリバリー企業であるGrubhubは、これまで少人数での利用であったAmazon WorkSpacesの利用を、わずか2日間で1,200人以上の規模にまでスケールアップさせました。製薬企業である協和キリンは、1週間で数百人単位にまでAmazon WorkSpacesの利用を増やし、コンタクトセンター運営・コンサルティング企業であるHANKOOKでは2日間でリモートワークのための環境を用意することに成功しました。 新しいワークスタイル それから約1年が経過しましたが、COVID-19の影響は私たちが思っていたよりも長く続いています。そして、この経験の中で社会が発見したことは、リモートワークへの切り替えは、きっかけはCOVID-19への対応であったとしても、最終的に従業員が最高のパフォーマンスを発揮するために重要かつ恒久的な要素である、ということでした。つまり、リモートワークは新しい働き方の一部となる、ということです。最近のPwCの調査*によると、雇用主の83%がリモートワークの導入に成功したと考えており、これは2020年6月に実施された調査での73%と比較しても増加しています。 このような背景から、多くのお客様は長期的な視点に立ってリモートワーク戦略を再検討しており、Amazon WorkSpacesのようなマネージド型のDaaS(Desktop as a Services)ソリューションを導入するケースが増えています。この記事では、2021年の今日、リモートワーク戦略について検討している企業や組織がAmazon WorkSpacesの導入を検討する際、考慮すべき2つのポイントについてご紹介します。

Read More

Aurora PostgreSQL バージョン 9.6 のサポート終了のお知らせ

この投稿は、AWS フォーラムでご案内しているアナウンスメントの参考和訳です。 Amazon Aurora for PostgreSQL 1.X (PostgreSQL 9.6.XX互換)は 2022 年 1 月 31 日に廃止されます。影響を受けるデータベースクラスターをアップグレードするのに十分な時間を確保するために、12 ヶ月間の予告を実施しています。2022 年 1 月 31 日までに、Amazon Aurora for PostgreSQL メジャーバージョン 9.6 を実行しているデータベースを Amazon Aurora for PostgreSQL 10 以降にアップグレードすることを強くお勧めします。Aurora PostgreSQL バージョン 9.6 の廃止前に、1年を通して更新情報やリマインダーをお送りします。 2022 年 1 月 31 日までにデータベースをアップグレードしていない場合、Amazon Aurora は 2022 年 1 月 31 日以降のスケジュールされたメンテナンスウィンドウ内で Amazon Aurora for PostgreSQL […]

Read More