Amazon Web Services ブログ

Category: Amazon EC2

AWS Inferentia を搭載した Inf1インスタンスが東京リージョンで Amazon SageMaker に対応しました

みなさん、こんにちは。アマゾン ウェブ サービス ジャパン、シニアエバンジェリストの亀田です。 AWS Inferentiaを搭載した Inf1インスタンスが東京リージョンにおいて、SageMaker で利用可能になりましたのでお知らせいたします。 AWS Inferentia と Inf1 インスタンスとは? 一般的に機械学習のビジネス利用は、データ準備、学習と推論の 3 つのフェーズに分かれます。このうち学習環境は高価な GPU を搭載した専用 Amazon EC2インスタンスが用いられるケースが多くありその金額が課題となりえます。Amazon SageMaker を使うと高価な学習用インスタンスは、学習が終了した時点で学習用インスタンスを自動で停止させることで無駄な課金を抑えることができ、さらに、Managed Spot Training 機能を使うことで、スポットインスタンスをベースとした安価な学習を行うことが可能です。その学習の結果として推論モデルが生成され、さらに API が生成され商用環境に組み込まれることとなります。 概して、推論環境は高価な GPU 搭載インスタンスが必要な学習環境よりそのコストは安いものとなりますが、一時的かつ反復的に行われる学習環境とことなり、常時起動が前提となることが多く、そのコストは時間とともに積みあがります。さらに、ビジネスが順調に成長した場合、学習環境は中央集権型で構築されるのに対して、推論環境は多くの環境に組み込まれそのコストが課題となっていきます。

Read More

Amazon ECS Fargate/EC2 起動タイプでの理論的なコスト最適化手法

この記事は、 Theoretical cost optimization by Amazon ECS launch type: Fargate vs EC2 を翻訳したものです。 本ブログは Julia Beck, Thomas Le Moullec, Kevin Polossat, and Sam Sanders によって投稿されました。 お客様から、 Amazon Elastic Container Service (Amazon ECS) のベストプラクティスについてご質問をいただくことがよくあります。特に、 Well-Architected Framework の コスト最適化 の柱に注目されるケースがあります。こちらに関する大きな要因の 1 つには、お客様が EC2 もしくは Fargate 起動タイプという選択肢をとることができるという点が考えられます。2019年には Fargate 起動タイプについて 最大50%の値下げ が発表され、また現在は Fargate Spot や Savings Plan も発表されており、大きく節約することが可能です。これらの考慮事項を踏まえて、 2 […]

Read More

【開催報告&資料公開】放送業界向け InterBEE 2020 / re: Invent 2020 Recap セミナー

1 月 28 日に放送業界のお客様向けに、昨年開催された InterBEE 2020 と AWS re:Invent 2020 の Recap セッションを実施しました。 ■InterBEE 2020 Recap アマゾンウェブサービスジャパン ソリューションアーキテクト 門田 梓 [Slide] ソリューションアーキテクトの門田より、InterBEE 2020 で発表した AWS を活用した放送業界の AWS 活用事例を紹介しました。2020 年は新型コロナウイルスの感染拡大が番組制作に非常に大きく影響した年でした。登壇いただいたお客様は、この困難に立ち向かうため、AWS のサービスとツールを活用して コストを必要最小限に、ゼロから作るより迅速に、拡張性や可用性のメリットを手に入れています。本セッションでご紹介した概要は以下の通りです。

Read More

【開催報告&資料公開】新聞・出版業界向け re: Invent 2020 Recap セミナー

1 月 28 日に新聞・出版業界のお客様向けに AWS re:Invent 2020の Recap セッションを実施しました。 クラウドコンピューティングの分野で世界最大規模の「学習型」カンファレンスである AWS re: Invent は、例年 12 月に 1 週間程度いただいてラスベガスで開催しておりました。しかし、昨年はコロナウィルス感染拡大の影響により、11 月末からの 3 週間に拡大して完全オンライン(参加無料)で開催されました。およそ 50 万人の方にご登録いただき、5 つの基調講演と 500 以上のセッションをご提供、期間中は 200 以上の新機能・新サービスを発表しました。

Read More

SAP on AWS: 2020年振返り

はじめに 2020年を振り返ると、どれだけ信じがたい出来事が起きたかということを認めなくてはなりません。全世界的にCOVID-19やその他の世界の出来事によって私たちの生活様式が変化し、多くの人々にとって困難なものとなりました。このパンデミックにより、企業は顧客や従業員のニーズを満たすために、ほぼ即座に運用上の変更を余儀なくされました。また、多くの企業がクラウドサービスの利用を始めました。 この数週間にわたり、毎年恒例のre:Inventカンファレンスの一環として、私たちは多くのお客様からの声を聞く機会がありました。その数社はSAPトランスフォーメーションのストーリーを世界へ共有するためのバーチャルステージを行いました。:

Read More

プレビュー開始 – より優れたスループットを提供する、さらに大規模で高速な io2 Block Express EBS ボリューム

Amazon Elastic Block Store (EBS) ボリュームは、2008 年の発売以来、EC2 の必要不可欠なコンポーネントです。現在、特定のユースケースに対応し、指定されたパフォーマンスが得られるように設計された 6 種類の HDD ボリュームおよび SSD ボリュームから選択できます。 今年初めに、以前の io1 ボリュームよりも 100 倍高い耐久性と 10 倍の IOPS/GiB を備えた io2 ボリュームを発売しました。io2 ボリュームは、ハイパフォーマンスでビジネスクリティカルなワークロードなど、I/O 負荷が高くレイテンシーの影響を受けやすいアプリケーションに最適です。 さらに進化 本日から、さらに優れたパフォーマンスを提供する io2 Block Express ボリュームのプレビューを開始します! このボリュームは、AWS Nitro System の一部として実装された高度な通信プロトコルを活用した新しい EBS Block Express アーキテクチャに基づいて構築され、最大 256 K IOPS と 4000 MBps のスループット、最大 64 TiB のボリュームサイズを実現します。すべてミリ秒未満で、低分散 I/O レイテンシーです。スループットは、プロビジョンド IOPS ごとに […]

Read More

EC2 更新 – D3/D3en 高密度ストレージインスタンス

2012 年の HS1 や 2015 年の D2 を含む、高密度ストレージを持つ EC2 インスタンスを数世代立ち上げてきました。この名前から推測できるように、お客様は、データウェアハウス、データレイク、ネットワークファイルシステム、Hadoop クラスターなどに、非常に経済的なオンインスタンスストレージを大量に必要とする場合に、これらのインスタンスを利用しています。このようなワークロードには、大量の I/O とネットワークスループットが必要ですが、コンピューティング能力に対するストレージ比率が高いと正常に動作します。 新しい D3 インスタンスおよび D3en インスタンス 本日、D3 インスタンスおよび D3en インスタンスをローンチします。以前のインスタンスと同様に、これらのインスタンスにより、大量の低コストオンインスタンス HDD ストレージにアクセスできます。D3 インスタンスには 4 つのサイズがあり、最大 32 個の vCPU と 48 TB のストレージを利用できます。仕様は以下のとおりです。 インスタンス名 vCPU RAM HDD ストレージ ディスクスループットの総計 (128 KiB ブロック) ネットワーク帯域幅 EBS 最適化帯域幅 d3.xlarge 4 32 GiB 6 TB (3 x 2 […]

Read More

新しい EC2 M5zn インスタンス – クラウドで最速の Intel Xeon Scalable CPU

非常に高いコアあたりのパフォーマンスと高いメモリ対コア比をお求めのお客様のために、コンピューティング集約型の z1d インスタンスを 2018 年半ばにローンチしました。これにより、フロントエンドの電子設計自動化 (EDA)、保険数理、および CPU バウンドのリレーショナルデータベースワークロードを強化します。 補完的なユースケースに対応するため、お客様から、ローカル NVMe ストレージがなく、ネットワークスループットが高く、メモリ対 vCPU 比が低い、z1d のような高いコアごとのパフォーマンスを発揮する EC2 インスタンスを求められています。お客様から、この属性セットを持ったインスタンスを構築した場合、そのインスタンスはゲーム、金融アプリケーション、それに自動車、航空宇宙、エネルギー、電気通信産業、ハイパフォーマンスコンピューティング (HPC) で使用されるシミュレーションモデリングアプリケーションなどのワークロードに最適だとご指摘いただきました。 M5zn のご紹介 本日、z1d インスタンスの成功に基づき、M5zn インスタンスを 7 つのサイズでローンチします。このインスタンスは、最大 4.5 GHz のオールコアのターボクロック周波数を持つ、第 2 世代のカスタム Intel® Xeon® Scalable (カスケードレイク) プロセッサーを使用します。M5zn インスタンスは高頻度処理を特徴とし、汎用 M5 インスタンスの変形で、AWS Nitro System 上に構築されます。このインスタンスは、低レイテンシーの 100 Gbps ネットワークと Elastic Fabric Adapter (EFA) も備え、HPC や通信負荷の高いアプリケーションのパフォーマンスを向上させます。 次に、M5zn インスタンス (すべての VPC のみ、HVM […]

Read More

新機能 – Amazon EC2 R5b インスタンスは、3 倍高い EBS パフォーマンスを実現

2018 年 7 月、Amazon Elastic Compute Cloud (Amazon EC2) 向けにメモリ最適化された R5 インスタンスを発表しました。R5 インスタンスは、高機能データベース、ウェブ規模の分散インメモリキャッシュ、インメモリデータベース、リアルタイムのビッグデータ分析、およびその他のエンタープライズアプリケーションなどのメモリ集約型のアプリケーション向けに設計されています。 R5 インスタンスには、2 つの異なるブロックストレージオプションがあります。R5d インスタンスは、高速、低レイテンシーのローカルストレージにアクセスする必要があるアプリケーション向けに、最大 3.6 TB の NMVe インスタンスストレージを提供します。さらに、すべての R5b インスタンスは Amazon Elastic Block Store で動作します。Amazon EBS は、あらゆる規模のスループット集約型のワークロードとトランザクションを集中的に使用するワークロードの両方で、Amazon EC2 とともに使用できるように設計された、使いやすく、高性能で、可用性の高いブロックストレージサービスです。リレーショナルと非リレーショナル両方のデータベース、エンタープライズアプリケーション、コンテナ化されたアプリケーション、ビッグデータ分析エンジン、ファイルシステム、そしてメディアワークフローといった幅広いワークロードが、Amazon EBS では広範にデプロイされています。 本日、R5 インスタンスファミリーに新たに追加された R5b をご利用いただけるようになったことを発表します。新しい R5b インスタンスは AWS Nitro System によって起動され、EC2 で利用できる最高のネットワーク接続ストレージパフォーマンスを実現します。この新しいインスタンスは、最大 60 Gbps の EBS 帯域幅と 260,000 個/秒 (IOPS) の […]

Read More