Amazon Web Services ブログ

Category: Amazon EC2

近日公開 – EC2 C6gn インスタンス – AWS Graviton2 プロセッサーによる 100 Gbps ネットワーキング

AWS Graviton2 による Amazon Elastic Compute Cloud (EC2)インスタンスでワークロードを実行している Snap、NextRoll、Intuit、SmugMug、Honeycomb などのお客様からの素晴らしいフィードバックに基づき、本日、Arm ベースの幅広い Graviton2 ポートフォリオに加わる C6gn インスタンスを発表します。これにより、最大 100 Gbps のネットワーク帯域幅と、最大 38 Gbps の Amazon Elastic Block Store (EBS) 帯域幅を提供し、最大 40% 高いパケット処理パフォーマンス、それに現在の世代の x86 ベースのネットワーク最適化インスタンスと比較して最大 40% 高いコストパフォーマンスを実現します。 この新しいインスタンスタイプは、C6G インスタンスと比較して、4 倍のネットワーク帯域幅と 2 倍の EBS 帯域幅を提供し、4 倍のパケット処理パフォーマンスを実現します。つまり、ハイパフォーマンスコンピューティング (HPC)、ネットワークアプライアンス、リアルタイムビデオ通信、データ分析などの高いネットワーク帯域幅を必要とするワークロードを持つお客様は、最大かつ最も困難なアプリケーションを Arm に導入し、高いパフォーマンスとコスト最適化の利点を活かすことができます。 C6gn インスタンスは次の 8 つのサイズでご利用いただけます。 名前 vCPU メモリ (GiB) ネットワーク帯域幅 (Gbps) EBS […]

Read More

近日公開 – グラフィックワークロード用の AMD GPU を搭載した Amazon EC2 G4ad インスタンス

例えば、ゲームストリーミング、アニメーション、ビデオレンダリングなどの高性能グラフィックワークロードを抱えるお客様は、低コストで高いパフォーマンスをいつも求めています。本日、G4 インスタンスファミリーの新しい Amazon Elastic Compute Cloud (EC2) インスタンスが稼働し、まもなくご利用いただけるようになることをお知らせします。これにより、グラフィックスを多用するワークロードのパフォーマンスを向上させ、コストを削減できます。新しい G4ad インスタンスは、AMD の最新の Radeon Pro V520 GPU と第 2 世代 EPYC プロセッサを搭載し、EC2 で初めて AMD GPU を搭載しています。 2019年にリリースされ、NVIDIA T4 GPU を搭載した G4dn インスタンスは、以前は EC2 で最も費用対効果が高い GPU ベースのインスタンスでした。G4dn インスタンスは、本番稼働環境やグラフィックスを多用するアプリケーションでの機械学習モデルのデプロイに最適です。ただし、G4dn と比較して、新しい G4ad インスタンスは、前述のゲームストリーミング、リモートグラフィックスワークステーション、レンダリングシナリオなど、グラフィックスを多用するワークロードに対して、最大 45% 低い料金のパフォーマンスを実現します。同じサイズの G4dn インスタンスと比較して、G4ad インスタンスはパフォーマンスが最大 40% 向上しています。 G4dn インスタンスは、Tensor コアなどのハードウェア最適化が含まれているため、小規模機械学習 (ML) トレーニングや GPU ベースの ML 推論に最適なオプションであり続けます。さらに、G4dn インスタンスは、CUDA、CudNN、NVENC […]

Read More

新登場 – Amazon EC2 Mac インスタンスを使用した macOS、iOS、ipadOS、tvOS、watchOS アプリの構築とテスト

私は、これまでのキャリア全体を通じて、新しいハードウェアとソフトウェアの状況をしっかりと把握しておくことに全力を注いできました。10 代のころは Altair 8800 と Apple II を持っていました。大学の 1 年目、誰かが「モデムでここに電話して」と言って私に電話番号をくれました。 電話をしてみると、相手は「PENTAGON TIP」と答え、ARPANET にアクセスできました! 私は、興味津々で躍進する PC 業界を追い掛け、Byte、InfoWorld、そして廃刊されて久しいその他の雑誌の新刊が出るたびに貪るように読みました。1983 年の始め、Apple Computer が手頃な価格で購入できるコンパクトで自己内蔵型、かつ非常に使いやすい新しいシステムを近々発売するといううわさが流れました。1984 年の 1 月にスティーブ・ジョブズが Macintosh を発表すると、私が勤めていた会社はすぐさま Macintosh 数台をクロス開発ホストとして使用された Apple Lisa システム一組と共に注文しました。デベロッパーとして、私は Mac の豊富な組み込み API とサービスに魅了され、分厚い電話帳のような Inside Macintosh ドキュメントは今でも私の宝物です! 新しい Mac インスタンス この数年間、AWS のユーザーから Amazon Elastic Compute Cloud (EC2) で macOS を実行したいという希望が寄せられていました。これらのユーザーのニーズをより良く理解するために沢山の質問を投げかけてきましたが、本日、待ちに待った新しい Mac インスタンスをご紹介したいと思います! 初代の (128 KB) Mac […]

Read More

AWS Systems Managerを使用して順番にパッケージをデプロイする

AWS Systems Managerを使うと、マネージドインスタンスへのパッケージデプロイの順序を制御できます。マネージドインスタンスとして管理できるものには、Amazon Elastic Compute Cloud(Amazon EC2)インスタンス、他のクラウド環境で稼働するVMを含む仮想マシン(VM)、そしてオンプレミスサーバーがあります。ハイブリッドインフラストラクチャの構成管理手順を自動化したいお客様もいらっしゃるでしょう。そのためには、特定のマネージドインスタンス上で特定のパッケージを順序立てた方法で実行し、インストール順序においてそれぞれのパッケージが干渉し合わないようにする必要があります。現在、Systems Manager Distributorパッケージを使用することで、マネージドインスタンスにソフトウェアパッケージを公開できます。ただし、それらが1回限りのインストール用に構成されている場合、パッケージの実行はマネージドインスタンスで同時に発生する可能性があります。

Read More

【開催報告】「秋のスポットインスタンス祭り」セミナー

EC2スポットインスタンススペシャリスト ソリューションアーキテクトの滝口です。2020年11月11日にオンラインで開催された「秋のスポットインスタンス祭り」セミナーでは、100名を超える聴衆の方々にご参加いただき、AWSのソリューションアーキテクトによる技術解説に加え、スポットインスタンスを効果的に活用されている2社のお客様の具体的な事例をご紹介いただきました。 本記事では、お客様のご登壇資料を含む当日資料をご紹介し、また参加者の皆様からいただいた当日のQ&Aの一部をご紹介します。 当日アジェンダと資料 13:00 ~ 13:45 自動スケールから始める EC2 スポットインスタンス 講師:滝口 開資(アマゾン ウェブ サービス ジャパン株式会社 ソリューション アーキテクト) 概要:みなさまのシステム、自動スケール機能はお使いでしょうか。クラウドに移行したものの、EC2インスタンスはずっと立ち上げっぱなし。負荷の高いタイミングでも台数固定。そしてEC2の費用は慢性的に高止まり。こんな課題を抱えていらっしゃるみなさまに向けて、まず前半ではスケールする大規模処理での例としてWebサービス、機械学習、データ分析のワークロードを取り上げ、活用できる技術スタックの選定方針を紹介しました。 そして後半では、EC2インスタンスの自動スケールの仕組み、そしてそこにスポットインスタンスを組み合わせてコスト最適化を狙う方法をわかりやすくお伝えしました。 自動スケールから始める EC2 スポットインスタンス 13:45 ~ 14:15 実例から学ぶAWS Batch x スポットインスタンスによる大規模バッチ処理 講師:宮本 大輔(アマゾン ウェブ サービス ジャパン株式会社 ソリューション アーキテクト) 概要:クラウドでは必要な時に必要な量の計算リソースを起動して処理を行うことができるため、HPC (High Performance Computing) やゲノム解析、大量の動画像の処理といった用途に適しています。そしてこのような大規模バッチ処理をコスト効率よく行うためにはスポットインスタンスの活用が重要なポイントとなります。本セッションでは、大規模バッチ処理に対してスポットインスタンスを適用する際に考慮しなければいけないことや、注意すべきポイントについて、AWS Batchを活用した実例を交えてご紹介いたしました。 実例から学ぶAWS Batch x スポットインスタンスによる大規模バッチ処理 14:15 ~ 14:45 スポットインスタンス/インスタンスフリートを活用した Amazon EMR のコスト最適化 講師:川村 誠(アマゾン ウェブ サービス ジャパン株式会社 ソリューション アーキテクト) 概要:Amazon EMR はスポットインスタンスとインスタンスフリートを活用することで、コストを最適化することができます。直近のサービスアップデートでそれらの活用がより簡単に運用可能となりました。本セッションでは […]

Read More

アップデート — EC2 Auto Scalingのキャパシティリバランシング機能によるスポットインスタンスの事前置き換え

本記事は、EC2プロダクトサービスチームのDeepthi ChelupatiとChad Schmutzerによる寄稿です。 本日より、Amazon EC2 Auto Scaling のキャパシティリバランシング機能を提供するようになりました。これは、Auto Scaling グループで Amazon EC2 スポットインスタンスのライフサイクルをプロアクティブに管理するための新機能です。キャパシティリバランシングは、最も余裕のある空きキャパシティを自動的に選択する capacity-optimized 配分戦略 (英語記事)と、複数のアベイラビリティーゾーンにまたがって複数のインスタンスタイプを活用できるミックスインスタンスポリシー機能を補完する位置付けの機能です。キャパシティリバランシングは、スポットインスタンスが Amazon EC2 サービスによって中断される前に、 Auto Scaling グループのスポットインスタンスを自動的に置き換えます。これにより、お使いの Auto Scaling グループの可用性をより一層高めることができます。 スポットインスタンスの事前置き換えを実現するため、キャパシティリバランシングは EC2 サービスの新機能である、 EC2 インスタンスのリバランス通知を活用します。これは、スポットインスタンスが中断のリスクが高まった際に送信されるシグナルです。リバランス通知は、これまで提供してきた 2 分前のスポットインスタンス中断通知よりも早く提供されることが期待されるため、来たる中断に備え、ワークロードをプロアクティブにリバランスする機会を提供します。 EC2 Auto Scaling のキャパシティリバランシングは、スポットインスタンスのライフサイクルを踏まえ、その時点で必要な希望容量を維持するためのシームレスで自動化された仕組みを提供します。これには、リバランス通知の監視、また中断のリスクが高い場合の代替キャパシティーの事前起動、さらに必要に応じて Elastic Load Balancing からのデタッチや、設定されたライフサイクルフックの実行が含まれます。この記事では、スポットインスタンスを中心としたワークロードに対して、EC2 Auto Scaling でキャパシティリバランシングを使用して Auto Scaling グループを管理する方法の概要を説明し、お使いの環境でキャパシティリバランシングを活用するためのユースケースの例を紹介します。 EC2 Auto Scaling と スポットインスタンス — これまでのおはなし さてここで、スポットインスタンスが何であるか、また EC2 […]

Read More

[AWS Black Belt Online Seminar] AWS EC2 Image Builder 資料及び QA 公開

先日 (2020/08/25) 開催しました AWS Black Belt Online Seminar「AWS EC2 Image Builder」の資料を公開しました。当日、参加者の皆様から頂いた QA の一部についても共有しております。 20200825 AWS Black Belt Online Seminar AWS EC2 Image Builder AWS クラウドサービス活用資料集(すべての過去資料が閲覧できます) Q. 推奨として、AMI の作成は各リージョンで行った方がいい、あるいは1リージョンで作ったもののコピーがいい、などありますか?リージョン固有の何かがないかと懸念しています。 A. EC2 起動のために AMI はリージョンごとに必要になりますが、EC2 Image Builder はマルチリージョンへのイメージ出力に対応していますので、特別な考慮無く ImageBuilder は作成した AMI を必要なリージョンにコピーできます。ただし、香港やバーレーンなど一部のリージョンについては、サービス利用及びイメージを展開するために事前のリージョン有効化が必要です。また、EC2 Image Builder 実行時にソースイメージとして選択する AMI は、EC2 Image Builder と同じリージョンに存在する必要があります。 Q. スライド:EC2 Image Builder パイプライン 実行時の内部動作テスト後にインスタンス削除となっておりますが、テスト中の EC2 […]

Read More

ローカルの NVMe ベースの SSD ストレージを備えた AWS Graviton2 に基づく新しい Amazon EC2 インスタンス

数週間前、私は、新しい AWS Graviton2 Amazon Elastic Compute Cloud (EC2) インスタンスタイプである M6g の発表に関する投稿を書きました。それ以来、数百のお客様にコストパフォーマンスの大幅な向上を実感していただいています。これらのお客様の中には Honeycomb.io、SmugMug、Redbox、Valnet Inc. が含まれています。 2021 年 6 月 11 日に、AWS Graviton2 プロセッサに基づく 2 つの新しいインスタンスファミリーを発表しました。すなわち、C6g と R6g が既存の M6g に追加されました。M ファミリーのインスタンスは、アプリケーションサーバー、ゲームサーバー、中規模のデータベース、キャッシングフリート、ウェブティアなど、幅広い汎用ワークロードに対応することを目的としており、多くの場面で活用できます。C ファミリーのインスタンスは、ハイパフォーマンスコンピューティング (HPC)、バッチ処理、広告配信、動画エンコーディング、ゲーム、科学的モデリング、分散分析、CPU ベースの機械学習推論など、コンピューティングを多用するワークロードに適しています。R ファミリーのインスタンスは、オープンソースデータベース、インメモリキャッシュ、リアルタイムのビッグデータ分析など、メモリ使用量が多いワークロードに適しています。これらのインスタンスタイプの詳細と、それらがワークロードに関連する理由については、AWS の VP 兼 Distinguished Engineer である James Hamilton 氏のこの動画で詳細をご確認いただけます。 2021 年 7 月 27 日は、さらなるニュースを共有したいと思います。それは、これらの 3 つのファミリーすべてに「d」バリアントが追加されるということです。M6gd、C6gd、および R6gd インスタンスタイプは、NVM Express (NVMe) […]

Read More

[AWS Black Belt Online Seminar] Amazon EC2 Deep Dive: AWS Graviton2 Arm CPU搭載インスタンス 資料及び QA 公開

先日 (2020/07/07) 開催しました AWS Black Belt Online Seminar「Amazon EC2 Deep Dive: AWS Graviton2 Arm CPU搭載インスタンス」の資料を公開しました。当日、参加者の皆様から頂いた QA の一部についても共有しております。 20200707 AWS Black Belt Online Seminar Amazon EC2 Deep Dive: AWS Graviton2 Arm CPU搭載インスタンス AWS クラウドサービス活用資料集(すべての過去資料が閲覧できます) Q. 現在 ECR に登録してあるコンテナイメージは Graviton2 でそのまま動きますか? A. コンテナイメージについては、Arm アーキテクチャ専用のものが必要になります。ECR 上で x86 、Arm 両方のイメージをホストする事も可能ですのでこちらの Blog 記事もご参照ください。 また、Arm 用イメージの作成方法については、M6g などの Arm インスタンス上で作成する方法の他にも、CodeBuild の Arm […]

Read More

【開催報告】「コンテナ × スポットインスタンス」 活用セミナー

スポットインスタンススペシャリスト ソリューションアーキテクトの滝口です。2020年6月10日にオンラインで開催された「コンテナ × スポットインスタンス」 活用セミナーでは、200名を超えるご参加人数という大盛況のもと、AWSのソリューションアーキテクトによる技術解説と、各種コンテナ技術を最大限に活用してスポットインスタンスをご利用いただいている3社のお客様から、実際の事例についてお話いただきました。 本記事では、お客様のご登壇資料を含む当日資料のご紹介、また参加者の皆様からいただいた当日のQ&Aの一部をご紹介します。 当日アジェンダと資料 12:00~13:00 Amazon EC2 Auto Scaling によるスポットインスタンス活用講座 講師:滝口 開資(アマゾン ウェブ サービス ジャパン株式会社 ソリューション アーキテクト) Amazon EC2 Auto Scaling によるスポットインスタンス活用講座 13:00~14:00 具体的実装に学ぶ、Amazon ECS × EC2 スポットインスタンス、Amazon EKS × EC2 スポットインスタンスによる低コスト & 高可用アーキテクチャ 講師:Hara Tori(アマゾン ウェブ サービス ジャパン株式会社 シニアデベロッパー アドボケイト) Containers + EC2 Spot: 特性と実装パターンに学ぶ低コスト & 高可用アーキテクチャ / Practical Guide for Amazon EC2 Spot with Containers […]

Read More