Amazon Web Services ブログ

Category: Industries

FFmpeg から クラウド上の AWS Media Services への RTMP を使った接続

全 5 回の Blog 連載のうちの 4 回目の連載である今回は、様々なエンコーダーから AWS Media Services への接続および設定方法を学びます。AWS Media Services はカスタマーに対して、高いスケーラビリティを持つ over-the-top (OTT) ビデオ体験を提供することを可能にします。ライブチャンネルもしくはイベントを配信するには、カメラなどの機器からのビデオ信号をエンコードし、追加的な処理、パッケージング、配信のために、クラウドに送信します。 FFMPEG と RTMP および AWS MEDIA SERVICES を利用したチャンネルの作成 こちらの例では、RTMP (Real-Time Messaging Protocol) 伝送用エンコーダーとして FFmpeg を用いたストリームをセットアップし、クラウド上での動画処理およびパッケージングのための AWS Media Services の設定方法を、ステップ・バイ・ステップの手順でお見せします。 FFmpeg は、オーディオとビデオを記録、変換、およびストリームする完全なクロスプラットフォームのソフトウェアソリューションです。 ワークフロー例のダウンロード こちらの例では、下記の方法を学びます。 ・RTMP を使った伝送用エンコーダーとして FFmpeg をセットアップ ・伝送ストリームを AWS Elemental MediaLive で受けて、adaptive bitrate (ABR) のストリームにエンコードする設定方法 ・AWS Elemental MediaLive の出力を AWS Elemental […]

Read More

FFmpeg から クラウド上の AWS Media Services への RTP を使った接続

全 5 回の Blog 連載のうちの 3 回目の連載である今回は、様々なエンコーダーから AWS Media Services への接続および設定方法を学びます。AWS Media Services はカスタマーに対して、高いスケーラビリティを持つ over-the-top (OTT) ビデオ体験を提供することを可能にします。ライブチャンネルもしくはイベントを配信するには、カメラなどの機器からのビデオ信号をエンコードし、追加的な処理、パッケージング、配信のために、クラウドに送信します。 FFMPEG と RTP および AWS MEDIA SERVICES を利用したチャンネルの作成 こちらの例では、RTP (Real-Time Transport Protocol) 伝送用エンコーダーとして FFmpeg を用いたストリームをセットアップし、クラウド上での動画処理およびパッケージングのための AWS Media Services の設定方法を、ステップ・バイ・ステップの手順でお見せします。 FFmpeg は、オーディオとビデオを記録、変換、およびストリームする完全なクロスプラットフォームのソフトウェアソリューションです。 ワークフロー例のダウンロード こちらの例では、下記の方法を学びます。 RTP を使った伝送用エンコーダーとして FFmpeg をセットアップ 伝送ストリームを AWS Elemental MediaLive で受けて、adaptive bitrate (ABR) のストリームにエンコードする設定方法 AWS Elemental MediaLive の出力を AWS […]

Read More

OBS Studio から クラウド上の AWS Media Services への接続

全 5 回の Blog 連載のうちの 2 回目の連載である今回は、様々なエンコーダから AWS Media Services への接続および設定方法を学びます。AWS Media Services はカスタマーに対して、高いスケーラビリティを持つ over-the-top (OTT) ビデオ体験を提供することを可能にします。ライブチャンネルもしくはイベントを配信するには、カメラなどの機器からのビデオ信号をエンコードし、追加的な処理、パッケージング、配信のために、クラウドに送信します。 OBS STUDIO と AWS MEDIA SERVICESを利用したチャンネルの作成 こちらの例では、OBS(Open Broadcaster Software) Studio というソフトウェアと RTMP (Real-time Messaging Protocol) Pushを用いたストリームをセットアップし、クラウド上での動画処理およびパッケージングのための AWS Media Servicesの設定方法を、ステップ・バイ・ステップの手順でお見せします。 ワークフロー例のダウンロード こちらの例では、下記の方法を学びます。 RTMP push を使った伝送用エンコーダーとしての OBS Studio のセットアップ 伝送ストリームを AWS Elemental MediaLive で受けて、adaptive bitrate (ABR) のストリームにエンコードする設定方法 AWS Elemental MediaLive の出力を AWS […]

Read More

オンプレミスの AWS Elemental Live から クラウド上の AWS Media Services への接続

AWS Media Services は、あなたのカスタマーに対して、高いスケーラビリティを持つ over-the-top (OTT) ビデオ体験を提供することを可能にします。ライブチャンネルもしくはイベントを配信するには、クラウド上で追加的な処理、パッケージング、配信する前に、まず、撮影機器からのビデオ信号をエンコードする必要があります。まずは、(クラウドに対して)地上のカメラ、ソフトウェア、ハードウェアから始めていきましょう。 オンプレミスエンコーダと AWS Media Services を使用してライブビデオの作成を開始する 全 5 回の Blog 連載を通じて、様々なエンコーダをどのように設定して AWS Media Services に接続するのかを学ぶことが出来るでしょう。最初のこのワークフローでは、撮影現場の AWS Elemental Live エンコーダーを利用して、Real-time Transport Protocol (RTP) と forward error correction (FEC) のチャンネルを作成・設定し、クラウド上で処理およびパッケージングをするための AWS Media Services を設定する方法をステップバイステップで解説していきます。 下記の方法を学びます。 オンプレミスのアプライアンスである AWS Elemental Live を、FEC を有効にした RTP を使った伝送用エンコーダーとしてセットアップする方法 伝送ストリームを AWS Elemental MediaLive で受けて、adaptive bitrate (ABR) のストリームにエンコードする設定方法 […]

Read More

Amazon Rekognition Video と Amazon Kinesis Video Streams を使用してサーバーレスのビデオ分析環境を構築し、ライブフィードをベースにした顔分析を簡単に実行する

ビデオを撮影し、保存するとろこまではごく一般的に行われていますが、そのビデオに主要人物、場所、またはものが映り込んでいるかどうかは、だれかが画面の前に座って、そのビデオを見る時間がとれるまで分析されることはありませんでした。  深層学習を活用した使い勝手の良いサービスを使用して、ビデオを分析するプロセスを合理化し、自動化できるとしたらどうでしょう? Amazon Rekognition Video は、人物を追跡したり、活動を検出したり、物体、有名人、および不適切なコンテンツを認識したりする、深層学習を使用した動画分析サービスです。Amazon Rekognition Video は、ライブストリーム内の顔を検出して認識できます。Rekognition Video は、Amazon S3 に保存されている既存のビデオを分析し、活動、人物と顔、物体を示すラベルをタイムスタンプ付きで返すため、シーンを簡単に見つけることができます。Amazon Kinesis Video Streams からライブビデオの顔認識を実行することも可能です。Amazon Kinesis Video Streams を使用することで、分析、機械学習 (ML)、およびその他の処理のために、接続されたデバイスから AWS へ動画を簡単かつ安全にストリーミングできるようになります。 今回のブログ記事では、自分で顔認識機能をテストする方法をご紹介します。この機能を利用することで、ライブビデオフィードから、既知の個人の顔情報を集めた特定の顔情報コレクションに一致する顔がそのビデオに含まれているかを判別することもできます。 これらの例としては、要人、参考人、会社や組織の特定の人々、または個々のユースケースで意味をなすあらゆる種類の顔情報コレクションが挙げられます。 サーバーレスアーキテクチャの概要 以下はこのブログ記事でご紹介するビデオ分析フローを図式化したものです。このコレクションでは単一の顔を使用しますが、容易に数百万の顔情報コレクションに拡張することができます。 このブログ記事では、Amazon Kinesis Video Stream にライブフィードを送信するためにあなたのノート PC のウェブカムを使用します。 そこから Amazon Rekognition Video のプロセッサがフィードを分析し、私たちの作成したコレクションと比較します。  一致した結果は、AWS Lambda と Amazon Simple Notification Service (Amazon SNS) との統合によりメールで私たちに送信されます。 結果を理解する 次に、ライブのビデオストリームで顔情報が特定されたときに、Amazon Rekognition Video からの結果を見てみます。この結果はウェブカムのフィードに既知または未知の顔が現れたときに、Amazon […]

Read More

あなたが主役の自動ビデオ編集!

何時間ものビデオ映像の中で特定の人物を見つけたいと思ったことはありませんか? 21 才のお誕生日パーティー用にビデオを準備していて、お誕生日を迎える子供の楽しい思い出を見つけたいのかもしれません。特定の社員が最後の勤務日に何をしたかを見るためにビデオ映像を探し回っているのかもしれませんし、ネイサンズ国際ホットドッグ早食い選手権での自分の活躍のハイライト映像を作りたいのかもしれません。 このブログ記事では、Amazon Rekognition Video と Amazon Elastic Transcoder の機能を組み合わせて、長時間のビデオを所定の人物の全映像を映し出すハイライトビデオに自動で変換する方法を学んでいただけます。 シンプルなデモ このプロセスを説明するため、私は AWS の Day in the Life of an AWS Technical Trainer ビデオを使用します。ビデオを見ると、カメラに向かって話す人、お客様を訓練する人、そしてオフィス内を歩く人が数人が出演しているのがわかります。 このビデオは、このブログで後ほど説明するプロセスで処理されたもので、このプロセスは具体的に選択した人物のビデオを自動で作成します。これらのアウトプットビデオを見て、最終版を確認してください。 John のビデオ Karthik のビデオ MJ のビデオ Edward のビデオ 現に、MJ のビデオは 2 つの個別のシーンが自動的に結合されたため、単一の連続した撮影ショットのように見えます。シーンがどこでつながれているかは、ビデオをじっくり見なければわかりません! プロセス これがハイライトビデオを作成するために使用された全体的なプロセスです。 Amazon Rekognition で顔コレクションを作成し、認識するべき人を教える。 Amazon Rekognition Video を使って、保存されたビデオファイル内の顔を検索する。 顔が認識された箇所の個々のタイムスタンプを収集して、それらを定義された長さのクリップに変換する。 Amazon Elastic Transcoder を使用して新しいビデオを結合する。 各ステップの説明は次のとおりです。 ステップ 1: […]

Read More

【AWS Media Services】東京リージョンローンチのお知らせ

  こんにちわ。プロダクトマーケティング エバンジェリストの亀田です。 先日AWS Media Services(AMS)の東京リージョンにおけるローンチセミナーの開催報告をしましたが、その後すべてのサービス、通称AMS 5 兄弟すべて東京リージョンでリリースされましたので、改めてサービス内容をご紹介いたします。 AWS Elemental MediaConvert AWS Elemental MediaLive AWS Elemental MediaPackage AWS Elemental MediaStore AWS Elemental MediaTailor 一般的に動画配信はこのようなシステム構成となります。 このそれぞれの局面で使用される5つのマネージド型ソリューションをパッケージ化したものがMedia Services、通称AMS5兄弟と言われるサービス群です。これらをうまく活用いただくことで、映像配信サービスを立ち上げる際に、従来いろいろとj時間のかかったインストールや設定等の工数を削減し、コンテンツにフォーカスすることができるようになります。 MediaConvert Media Convertは映像のトランスコードサービスです。コンテンツライブラリから、ブロードキャストおよびマルチスクリーン配信用のオンデマンドコンテンツを簡単にトランスコードできるファイルベースのビデオ処理サービスとなります。従来のElasticTranscoderの上位互換版という位置づけであり、4Kトランスコードにも対応しています。 MediaLive Media Liveはライブ配信用マネージドサービスです。テレビやマルチスクリーンデバイス用の高品質のライブビデオストリームをリアルタイムでエンコードし配信を行うことができるライブビデオ処理サービスです。 ソリューションアーキテクトの安司による、ハンズオン資料も公開されています。 20180123 20分でlive配信aws media services(media live mediapackage)_pub MediaStore MediaLiveとセットで使用されるのがMediaStoreです。MediaStoreはS3の耐久性、可用性を生かしながら、よりライブ配信に特化したメディアストレージ機能を提供します。 MediaStoreはHLS配信に特化し、DRMがない低遅延な配信を実現します。これにより従来S3を用いたライブ配信における、結果整合性モデルにより生じる読み込み遅延などが解消し、よりスムーズかつ安定したライブ配信が可能です。 MediaPackage MediaPackageではストリーミングコンテンツをセキュアかつ確実に大規模に配信できるビデオ配信およびジャストインタイムパッケージングサービスです。DRMプロバイダは、Secure PackagerおよびEncoder Key Exchange(SPEKE)と統合が可能で、さまざまな収益モデル(AVOD、TVOD、SVOD)もサポートし、動画フォーフォーマット変換も可能なオリジンサービスです。 MediaTailor MediaTailorはコンテンツのパーソナライゼーションおよび収益化を目的としたサーバーサイドの広告挿入(SSAI)を実装可能なサービスです。これにより視聴者エンゲージメントを高めながら、収益化の柔軟性を実現できます。   その他AWSの動画配信をまとめたBlackbeltウェビナーを先日弊社ソリューションアーキテクトの安司が行っていますので合わせてご覧ください。 AWS Black Belt Online […]

Read More

【開催報告】AWS Media Services ローンチセミナー

こんにちわ。プロダクトマーケティング エバンジェリストの亀田です。 1月23日にre:Invent 2017で発表されたAWS Media Servicesのラウンチセミナーを行いましたので、その資料公開とともに内容をブログでお届けします。 AWS Media Servicesは、クラウド上で動画ワークフローを構築可能なフルマネージドのメディアサービス群となります。 このサービスを使用して、信頼性の高い、ブロードキャスト品質の動画ワークフローをクラウド上で簡単に構築できます。AWS Media Servicesを使用すると、メディアおよびエンターテイメント企業、エンタープライズ、スタートアップ企業、政府機関のいずれを問わず、視聴者にプロフェッショナル品質のメディア環境を簡単に提供できます。従来のデータセンターで時間、労力、費用を費やして特殊なビデオ機器を運用する必要はありません。これらのオンデマンドで伸縮自在なサービスにより、イノベーションを加速させ、動画テクノロジーのさまざまな変化に迅速に対応できます。 Amazon CloudFront、AWS CloudFormation、Amazon CloudWatch などの AWS の補完的なサービスと、セキュリティ、管理、本番環境向けサードパーティアプリケーションとの統合により、ライブ動画およびオンデマンド動画コンテンツの処理と配信のためのツール一式が提供されます。 AWS Media Servicesは全部で5個のサービスから構成されます。 AWS Elemental MediaConvert AWS Elemental MediaLive AWS Elemental MediaPackage AWS Elemental MediaStore AWS Elemental MediaTailor それぞれのサービスの紹介は是非、上記リンクをクリックしてご確認ください。 セミナーではまず、私の方からAWSのロードマップに見るCloudFrontの重要性や、分散型と集中型におけるアーキテクチャの違い、AWSメディアワークロードの事例についてお話をさせていただきました。 続いて、AWS Elementalプロダクト マネージメント ディレクターのリオネル・ブランギエ から 本題のAWS Media Services 紹介セッションを同時通訳でお届けしました。 その後、ソリューションアーキテクト M&E の安司 仁より、「初心者でも簡単 AMSデモンストレーション」としてLive配信を20分で構築可能なデモを行いました。 20180123 20分でlive配信aws media services(media live mediapackage)_pub 当日、一部設定ミスをおこしても操作開始から10分程度で発表者のスマートフォンからLive配信を確認いただき、簡単かつ迅速に環境構築、配信可能であることを体感頂きました。   […]

Read More

Amazon Rekognition Video: ディープラーニングベースのビデオ認識

  Amazon Rekognitionを発表したのは昨年のre:Invent 2016期間中でした。手を汚してコードを書き、サービスを活用して画像認識ソリューションを構築するのにとても興奮しました。ご存知かもしれませんが、Amazon Rekognition Imageは、ディープラーニングを利用してスケーラブルな画像認識と分析を提供するクラウドサービスです。Rekognitionを利用して、オブジェクトとシーンの検出、リアルタイム顔認識、セレブリティ認識、節度の認識だけではなく、テキスト認識をアプリケーションやシステム統合して構築することができます。 Amazon Rekognition Imageサービスは、深層ニューラルネットワークモデルを利用して作成されており、Prime Photosで毎日数億の画像分析を可能にしているのと同じテクノロジーに基づいています。これまで、Rekognitionはスケーラビリティ、自動的な分析、サーチ、画像の分類を提供することに重点的にフォーカスしてリリースされてきました。今その全てが変わっています。今回、このサービスの幾つかの追加機能についてお伝えできることを嬉しく思います。

Read More

AWS Media Services – クラウドベースの映像処理、保存、収益化

初期のWebビデオがどんなものだったのか覚えていますか? スタンドアローンのプレーヤー、低速で不安定な接続、過負荷なサーバー、そして今まで存在していたバッファリングメッセージは、20年も前に標準策定されたものでした。 今日、技術の進歩と幅広い標準のおかげで、物事はずっと改善されています。 視聴者は現在様々な操作が可能で、様々な形、サイズのデバイスを使用して、ブロードキャスト、ストリーミング、またはOTTで送信されたライブおよび録画コンテンツを楽しむことができ、それらコンテンツへの即時アクセスが期待できます。 これらの期待に応えることは、コンテンツクリエイターとディストリビューターにとってのチャレンジです。 ワンサイズのすべての形式でビデオを生成する代わりに、メディアサーバーは、幅広いサイズ、フォーマット、およびビットレートに対応するビデオを制作する準備ができていなければなりません。計画的または計画外の需要の急増にも注意をしなければなりません。このような複雑さに直面しても、コンテンツ収益化モデルを保護するために、コンテンツ及び安定供給するインフラ準備が必要となります。 New AWS Media Services 2017年11月27日、上記課題の1つまたは複数に対応するよう設計された、様々な放送品質のメディアサービスを開始します。これらを一緒に使用して完全なエンドツーエンドのビデオソリューションを構築することも、ビルディングブロックスタイルで1つ以上のサービスを組み合わせて使用することもできます。皆様はインフラストラクチャーのセットアップに使う時間を短縮し、より革新的なコンテンツの作成、配信、収益化に集中することが可能です。サービスはすべて伸縮可能であり、処理能力、接続、ストレージを強化し、100万ユーザー(およびそれを超える)のスパイクを容易に処理できます。 サービスは次のとおりです(一連のインタラクティブコンソールや、包括的なAPIセットからアクセスできます)。 AWS Elemental MediaConvert – OTT、ブロードキャスト、またはアーカイブのためのファイルベースのトランスコーディングサービスで、さまざまなフォーマットやコーデックをサポートします。 マルチチャンネルオーディオ、グラフィックオーバーレイ、クローズドキャプション、いくつかのDRMオプション機能をサポートしています。 AWS Elemental MediaLive – テレビやマルチスクリーンデバイスにリアルタイムでビデオストリームを配信するライブエンコーディングサービスです。エンコードパラメータを完全に制御しながら、信頼性の高いライブチャネルを数分で展開できます。 広告挿入、マルチチャンネルオーディオ、グラフィックオーバーレイ、クローズドキャプションをサポートしています。 AWS Elemental MediaPackage – オリジンサーバーとジャストインタイムパッケージのサービスです。 1つのビデオ入力から、複数のデバイスで視聴するために様々な形式のビデオ出力を生成します。 複数の収益モデル、タイムシフトライブストリーミング、広告挿入、DRM、ブラックアウト管理をサポートしています。 AWS Elemental MediaStore – Amazon Simple Storage Service(S3)の規模と耐久性を活用しながら、ライブストリーミングのような高性能かつ低遅延のアプリケーションで利用可能なメディア最適化ストレージサービスです。 AWS Elemental MediaTailor – 広告配信とサーバーサイド広告挿入、幅広いデバイス、トランスコード、サーバーサイドとクライアントサイドの広告挿入の正確なレポートをサポートする収益化サービスです。 以下のセクションでは、すべての機能をリストするのではなく、できるだけ多くのスクリーンショットをご紹介し、豊富な機能セットとこれら一連のサービスによって得られる設定をよりご理解いただけるように努めます。 AWS Elemental MediaConvert MediaConvertでは、ファイルに格納されているコンテンツをトランスコードすることができます。 個々のファイルやメディアライブラリ全体を処理することができます。コンテンツと目的の出力を指定する変換ジョブを作成し、それをMediaConvertに送信するだけです。これらはインストールやパッチ適用の必要がなく、納期やパフォーマンスに影響を与えずにニーズに合わせてサービス拡張できます。 MediaConvertのコンソールでは、出力プリセット、ジョブテンプレート、キュー、およびジョブを管理できます: ビルドインシステムのプリセットを使用することも、独自のプリセットを作成することもできます。 独自プリセットにより設定をフルコントロール可能です: ジョブテンプレートには名前が付けられ、1つ以上の出力グループが生成されます。クリックしてテンプレートに新しいグループを追加することができます: すべての準備が整ったら、いくつかの最終的な選択を行いジョブを作成するために「Create」をクリックします。 […]

Read More