Amazon Web Services ブログ

Amazon Redshift Data Sharing が一般提供開始となり、東京リージョンでもご利用可能

みなさん、こんにちは。アマゾン ウェブ サービス ジャパン、シニアエバンジェリストの亀田です。 2020 年 12 月にプレビューとして発表されたAmazon Redshift の新しい機能である、Data Sharing が東京リージョンでプレビューとして利用可能でしたが、一般提供開始となりましたのでお知らせいたします。 Amazon Redshift Data Sharing Amazon Redshift は最も高速で最も広く使用されているクラウドデータウェアハウスです。2020 年 4 月には Federated Query の機能が一般提供開始となり、Redshift 内部のデータだけではなく、運用データベース、およびデータレイクにあるペタバイト規模の構造化データと半構造化データを、標準的な SQL を使用して複数データソースを用いたデータ分析が可能となりました。さらに、Apache Parquet のようなオープンフォーマットでクエリの結果を S3 データレイクに保存することも可能で、Hadoopなどのビッグデータフレームワークを簡単に実行可能な Amazon EMR、Amazon S3などにクエリをサーバレスで発行可能な Amazon Athena、データサイエンティストとデベロッパーのための機械学習マネージドサービスであるAmazon SageMaker といった他の分析サービスを使ってさらに分析を実施することができます。2020 年 12 月には Redshift ML 機能がプレビューとしてリリースされ、使い慣れた SQL コマンドを使用して機械学習 (ML) モデルを作成、トレーニング、デプロイすることができるようになりました。

Read More

より低コストで高い性能を実現:SQL ServerのコストパフォーマンスでAWSがAzureを上回る

このブログでは、2021年2月25日にPrincipled Technologies社により発行されたベンチマーク資料をレビューしていきたいと思います。このベンチマークによると、同じSQL Serverワークロードを稼働させる上で、Amazon Elastic Compute Cloud(Amazon EC2)のR5b.8xlargeインスタンスがAzure E64_32s_v4 VMよりも低いコストで高い性能を発揮しています。
AWSはWindowsワークロード向けに優れたコストパフォーマンスを提供するだけでなく、クラウド上でWindowsを稼働させるより良い方法をご用意しています。既存のデータベースをEC2にリホストするにも、Amazon Relational Database for SQL Server(RDS)を利用しマネージドサービスに移行するにも、またはクラウドネイティブなデータベースにモダン化するにも、AWSはお客様がクラウドを最大限ご活用いただけるよう必要なサービスを揃えてお待ちしています。

Read More

Amazon RDS for PostgreSQL バージョン 9.6 のサポート終了のお知らせ

この投稿は、AWS フォーラムでご案内しているアナウンスメントの参考和訳です。 注記: 以下の内容は、Amazon Aurora クラスターには適用されません。 Amazon RDS は、PostgreSQL メジャーバージョン 9.6 の廃止プロセスを開始しています。これは、PostgreSQL コミュニティでは、2021 年 11 月 11 日をもって PostgreSQL 9.6 のサポートを終了することを計画している為です。 多くのお客様のデータベースがピーク負荷となる時期における可用性への影響を避けるため、Amazon RDS for PostgreSQL 9.6 は、UTC 協定世界時間の2022 年 1 月 18 日 00:00:01 (JST 日本標準時間の2022 年 1 月 18 日 09:00:01) で廃止となります。コミュニティでのPostgreSQL 9.6 の廃止 (2021 年 11 月 11 日) と RDS for PostgreSQL […]

Read More
週刊AWS

週刊AWS – 2021/3/1週

みなさん、こんにちは。AWSソリューションアーキテクトの小林です。 日本時間の3/2に大阪リージョンがローンチし、全てのお客様にご利用いただけるようになりました。従来はローカルリージョンという扱いで、東京リージョンを補完するDR用途でご利用くださいという位置づけになっていましたが、今回のローンチによりシステムを稼働させるメインのリージョンとしてもご利用いただけることになります。大阪リージョンに関するeBookをダウンロードいただけますので、ご興味がありましたらぜひご一読くださいね。また、3/2は東京リージョンの10周年記念日でした。 先週のアップデートを振り返ってみましょう。

Read More

Operating Lambda: イベント駆動型アーキテクチャにおけるアンチパターン – Part 3

Operating Lambda シリーズでは、AWS Lambda ベースのアプリケーションを管理している開発者、アーキテクト、システム管理者向けの重要なトピックについて説明します。3 部構成のこのセクションでは、イベント駆動型アーキテクチャと、それが Lambdaベースのアプリケーションとどのように関連しているかについてディスカッションします。 Part 1 では、イベント駆動型パラダイムの利点と、スループット、スケーリング、拡張性をどのように改善できるかについてカバーしています。Part 2 では、開発者が Lambda ベースのアプリケーションを構築するメリットを享受するのに役立つ設計原則とベストプラクティスについて説明しています。この記事では、イベント駆動型アーキテクチャの一般的なアンチパターンについて説明します。 Lambda は決まりきったサービスではなく、必要に応じてアプリケーションを構築するための幅広い機能を提供します。この柔軟性はお客様にとって重要ですが、技術的には動作するものの時には最適ではない設計となることもあります。

Read More

AWS アジアパシフィック (大阪) リージョンが3つのAZと多くのサービスと共に開設

AWS は長い期間をかけて、日本においてプレゼンスを確立してきました。2011年3月に AWS アジアパシフィック (東京) リージョンを開設し、2012年には3つ目となるアベイラビリティーゾーン(AZ)を、4つ目を2018年に追加しました。東京リージョンの開設以降、日本を含む世界中の多くのお客様に幅広いワークロードをホストするためにご利用いただいています! 2018年には大阪ローカルリージョンを開設し、日本のお客様に対してディザスターリカバリーのためのワークロードを展開する場としてご利用いただいていました。大阪ローカルリージョンは東京リージョンから400km離れた距離に設置された、分離され、単一のデータセンター内で耐障害性を考慮した設計が為されていました。 ローカルからスタンダードへ 大阪ローカルリージョンを拡張して3つのアベイラビリティーゾーンを持つスタンダードな AWS リージョンとして大阪リージョンが開設されたことを発表できることを嬉しく思います。AWSならではの特徴として、それぞれのAZはリージョン内で切り離されており、停電やネットワークの切断、洪水やその他の自然災害に対応する設計です。

Read More

Amazon EKS での Kyverno によるワンツースリーのように簡単なポリシー管理

本記事は、Easy as one-two-three policy management with Kyverno on Amazon EKS を翻訳したものです。 この投稿は、Raj Seshadri と Jimmy Ray によって寄稿されました。 クラウドネイティブな本番環境でコンテナが使用されるようになると、DevOps やセキュリティチームは、コンテナのアクティビティをリアルタイムで可視化し、ホストやネットワークリソースへのコンテナアクセスを制限し、実行中のコンテナに対する脆弱性の悪用に代表されるような攻撃を検出して防止する必要があります。 Kyverno は、ユーザーがプログラミング言語を習得する必要のない Kubernetes 用のポリシーエンジンです。Kyverno は、Kubernetes クラスターにポリシー対応のガバナンスとコンプライアンスを適用するための、直感的で Kubernetes ネイティブな手段を提供します。 ユースケース 今日まで、リアルタイムのコンテナランタイムセキュリティは、そのベストプラクティスを実装するオープンソースツールが限られているために、敷居が高いものでした。Kyverno は、API オブジェクトが変更されたときに Webhook イベントを受信するアドミッションコントローラーとしてインストールされます。この記事では、Kubernetes クラスターの管理者が構成を検証および変更する方法を紹介します。これらはすべて、Rego や他の言語を知らなくても可能です。Kyverno は、EKS クラスター上でポリシー管理をシンプルかつ簡単にしてくれます。 前提条件 すでに EKS または類似の Kubernetes クラスターが稼働していることを前提とします。例えば、このリンクをたどって Amazon EKS の使用を開始することができます。注意: k8s クラスターのバージョンは v1.14 以上である必要があります。このバージョンには Webhook のタイムアウトが追加されています。kubectl version を実行して確認してください。 ステップ […]

Read More

AWS公共部門サミット 各国事例を紹介。本年 4/16(金) 開催分の「登録」受付も始まりました。

2021年4月16日(金)に、AWS公共部門サミット・オンラインが開催されます(【登録はこちら】)。午前10時からの無料配信となりますので、ぜひご登録ください。米 国防総省の関連機関であるアメリカ国防兵站局など海外政府機関の事例を中心に40以上のセッションが予定されており、日本からも京都大学より事例登壇をいただく予定です(過去の登壇動画は、下部のRead Moreをご覧ください)。 今年の「AWS公共部門サミット・オンライン」の登録開始に併せまして、AWSジャパン・パブリックセクターより、今回のブログでは、2020年の10月に開催された「AWS Public Sector Summit Online 2020(以下、”昨秋の公共部門サミット”)」のキーポイントを振り返ります。

Read More

Amazon Connectで休日カレンダーを作成する

休日では、ビジネスニーズに基づいてコンタクトセンターで異なるカスタマーサービスのメカニズムが展開されます。電話が多くかかってくることにより営業時間を延長したい場合もあれば、人員が限られるために営業時間を短縮したり、営業しないようにしたい場合もあります。どちらのシナリオでも、コンタクトセンターのマネージャーがユーザーへの影響を及ぼすことなく、セルフサービスのロジックまたは営業時間を更新できる柔軟で簡単な方法を提供することが重要となります。 Amazon Connect の利点の 1 つは、リアルタイムで変更を行い、これらの変更がコンタクトセンターに与える影響を最小限に抑えるためにお客様に提供できる俊敏性です。休日カレンダーを実装することで、コンタクトセンターは新しい営業時間やセルフサービスのロジックを顧客に知らせることができます。また、事前に定義された時間帯に異なるアナウンスを行うこともできます。 このブログ記事では、AWS CloudFormation、AWS Lambda、および Amazon DynamoDB を活用して、Amazon Connect 内で休日カレンダー機能を作成します。これにより、コンタクトセンターのマネージャーは Amazon Connect の問い合わせフローを最小限の中断で更新できます。

Read More