Amazon Web Services ブログ

医療情報ガイドラインをクラウド上で実践する – ネットワーク編 Part 1

本ブログでは、はじめに AWS の責任共有モデルに触れ、どのように医療機関等のお客様が負担をオフロードできるかについて整理します。次に、クラウド環境で医療情報システムを構築・運用する際に、特にご質問をいただくことの多いネットワークの観点で、Part 1 では厚生労働省の医療情報ガイドラインに即した医療情報システム構築におけるポイントとして、専用線的接続や VPN を利用し医療機関等の拠点とクラウドを接続するハイブリッド構成に焦点を当ててご紹介します。

鉱業やエネルギー業界向けのメンテナンス部品の可視性と期日通りの到着を実現する AWS のオファリング

資材のインバウンドサプライチェーンの目的は、予備部品、補修可能部品、消耗品を予定されたメンテナンス作業に間に合 […]

Amazon ECS on AWS Fargate で設定可能な Linux パラメータの追加

Amazon ECS on AWS Fargate で設定可能な Linux パラメータの追加

AWS Fargate 上の Amazoon ECS タスクにおいて、① Linux カーネルパラメータを調整可能に、② コンテナ間で PID namespace を共有可能になりました。Linux カーネルパラメータを調整することで、ワークロードのネットワークスループットを最適化したり、信頼性を向上させることが可能になります。また、ECS タスク内のコンテナ間で PID namespace を共有することで、コンテナランタイムセキュリティツールなどの可観測性ツールをサイドカーコンテナとして実行することが容易になります。

Amazon RDS for SQL Server でのデータベースメールの使用

データベース メールは、Microsoft SQL Server で頻繁に使用される機能の 1 つです。データベース メールを使用すると、SMTP (Simple Mail Transfer Protocol) サーバーを使用して SQL Server からユーザーにメッセージを送信できます。この投稿では、データベース メールを設定し、Amazon Simple Email Service (Amazon SES) 経由で RDS for SQL Server DB インスタンスから E メールを送信する方法を学びます。