Amazon Web Services ブログ

ビジネスアジリティを加速する AWS のアーキテクチャ part 2 – Unified Commerce on AWS

前回の記事では、ビジネスのユースケースに合わせてすぐに利用できる AWS Applictions と数多くのユースケースをカバーして開発の工程を削減できる AWS Solutions / Solutions Guidance をご紹介しました。この記事では、流通小売業のビジネス課題に対応した Solutions Guidance「AWS でのユニファイドコマースに関するガイダンス ( Guidance for Unified Commerce on AWS ) 」をご紹介します。

ビジネスアジリティを加速する AWS のアーキテクチャ part 1 – AWS Solutions / Solutions Guidance

このブログでは、DXに取り組む小売のエンタープライズ企業の皆様に向けて、ビジネス課題をより早く解決するために提供されている AWS Applications とシステム開発を効率的に行うためにWEBで公開されているリソース、AWS Solutions、Solutions Guidance、AWS Samples をご紹介します。

Optimize software development with Amazon CodeWhisperer

Amazon CodeWhisperer でソフトウェア開発を最適化する方法

企業は新しい機能を、より早く顧客に提供することで差別化を図ります。自動化を活用してコード品質を最適化し、パフォーマンスを向上させ、ソフトウェアがセキュリティ/コンプライアンス要件を満たしていることを確認することで、ソフトウェア開発を加速する必要があります。

詳解 : Seekable OCI を使用した AWS Fargate におけるコンテナイメージの遅延読み込み

この記事では、Seakable OCI (SOCI) の詳細と、コンテナイメージの内容を変更したり既存のツールやワークフローを変更することなく、SOCI を用いてコンテナイメージのインデックスを作成する方法について説明します。また、SOCI インデックスを利用してコンテナイメージを遅延読み込みする remote containerd snapshotter、SOCI snapshotter についても説明します。最後に、AWS Fargate で SOCI を使用する際の考慮点について説明します。