Amazon Web Services ブログ

Tag: Transportation

小売/消費財企業が OTIF (On-Time, In-Full) 配送を改善する方法

EC サイトで注文をして、荷物が遅れて届いたことはありませんか?あるいは、予定通りに荷物を受け取ったものの、一部の商品が欠けていたこともあるでしょう。私も最近、このような不満が残る経験をしたことがあります。週末の旅行で使用する予定で、Keen の新しいハイキングシューズを注文しました。旅行の前日に届く予定だったのですが、そのシューズが到着したのは旅行に出発後でした。もちろん不満で、そのシューズを返品しました。 また、Keurig のコーヒーメーカーと K-Cup カプセル1箱をオンラインで注文しました。コーヒーメーカーは予定通り届きましたが、カプセルが届きませんでした。またしても新しいコーヒーマシンを試すことができず、不満でした。K-Cup カプセルの注文をキャンセルし、代わりにコストコで購入しました。 この2つの状況で、小売業者は全部または一部の売上を失いました。同じような販売機会損失のシナリオが何度も起こっているとしたらどうでしょう。規模が大きくなってきたときの売上減は、小売業者の収益に大きな影響を与え、何度も起こると最悪の事態を招きます。私が説明したこれらの状況は、「Not-on-time but in-full」や「On-time but not in-full」と呼ばれています。もちろん、最適な状態は「On-time in-full」(OTIF) です。

Read More

消費財企業の車両管理部門が考慮すべき 3 つの革新的テクノロジー

このシリーズブローグのパート 2「消費財企業と物流ベンダーがAWSデータレイクで車両管理を最適化する方法」では、消費財企業の車両管理部門が非常にスケーラブルな Amazon Web Services (AWS) データレイクを構築し、リアルタイムデータやドライバーの安全性スコア、車両テレメトリデータから実用的な洞察を得る方法について説明しました。続くこのブログではさらに一歩進んで、消費財企業が車両管理データレイクからさらに多くの価値を得るために実現可能な 3 つの最先端テクノロジーについて説明します。

Read More

消費財企業と物流ベンダーがAWSデータレイクで車両管理を最適化する方法

この一連のブログのパート1 「消費財企業と物流ベンダーにとって車両管理データレイクが必要な理由」では、消費財企業と物流ベンダーが輸送と車両管理のためにデータレイクを必要とする理由を説明しました。 簡単に要約すると、データレイクは輸送と車両のデータを保存、管理、分析し、車両のメンテナンス、ドライバーの安全、配送ルート、小売業者や顧客の満足度を最適化し、コストと CO2 排出量を削減する理想的な方法です。 このフォローアップブログでは、さまざまなデータタイプとフォーマットにわたって、スケーラブルに簡単にデータを分析し、輸送車両を最適化できる AWS データレイクのアーキテクチャを説明します。

Read More

消費財企業と物流ベンダーにとって車両管理データレイクが必要な理由

消費財企業にとって輸送は重要なパズルのピースです。現材料と構成部品を製造施設に配送し、完成品を小売業者と消費者に届けることが重要です。これは、輸送と物流に問題が起こると、消費財企業が大きな影響を受けることを意味します。inboundlogistics.com によると、労働力不足や消費者の購入増加、世界中の輸送の課題、予測困難な気象イベント、COVID-19 パンデミックの全体的な影響のため、2021 年中は輸送はタイトになると予想されています。 これらの要因から考えるべきポイントは何でしょうか?消費財企業は、輸送のニーズを注意深く監視する必要があります。 さらにできれば、問題が発生した際に迅速に対応できるよう、インバウンドおよびアウトバウンドの輸送ニーズを積極的に管理するべきです。 輸送ニーズを積極的に管理するために何ができるのか、疑問に思われるかもしれません。答えは車両管理 (フリートマネジメント) のためのデータレイク構築です。 このブログでは、消費財企業と物流ベンダーが輸送と配送車両を管理するために、データレイクがどのように役立つかを示します。

Read More