Amazon Web Services ブログ

Category: Compute

AWS Webinar - Cloud Optimization for Containers

【開催報告】「 クラウド最適化コンテナ編 ~コンテナ x Graviton2 x スポットインスタンスによるコスト最適化~」セミナー

EC2スポットインスタンススペシャリスト ソリューションアーキテクトの滝口です。2021年8月26日にオンラインで開催された「クラウド最適化コンテナ編 ~コンテナ x Graviton2 x スポットインスタンスによるコスト最適化~」セミナーでは、150名近くの聴衆の方々にご参加いただき、AWSからの技術解説、またAmazon ECSとAmazon EKSそれぞれをお使いの2社のお客様による、Amazon EC2スポットインスタンスを使いこなすための具体的な活用方法をご紹介いただきました。 本記事では、お客様のご登壇資料を含む当日資料をご紹介し、また参加者の皆様からいただいた当日のQ&Aの一部をご紹介します。

Read More

Amazon VPC のルーティング強化により、VPC 内のサブネット間のトラフィックが調査可能に

2019 年 12 月以降、Amazon Virtual Private Cloud (VPC)では、すべての入力トラフィック(北-南トラフィック)の特定のネットワークインターフェイスへのルーティングが許可されるようになりました。この機能を使用できる理由は多数あります。たとえば、侵入検出システム(IDS)アプライアンスを使用して着信トラフィックを検査したり、入力トラフィックをファイアウォールにルーティングするために使用します。

Read More
stream-tennis-matches-through-aws-elemental-medialive-and-generate-real-time-replays-with-amazon-rekognition

AWS Elemental MediaLiveとAmazon Rekognitionでリプレイ映像をリアルタイムで作成する~ テニスでの活用例 ~

放送局では自動化による運用コスト削減のために、クラウドを利用するケースが増えています。例えば、スポーツのライブ中継では、リプレイ映像が利用されます。この作業は従来、編集者が手作業で行っていました。編集者はイベント全体を見て、注目すべきセグメントの開始(マークイン)と終了(マークアウト)のタイムスタンプにフラグを立てます。そして、これらのセグメントをつなぎ合わせて、様々な長さのリプレイを作成します。最新の機械学習(ML)技術を使えば、このような手間のかかる作業を人手を介さずに自動的に行うことができます。この記事ではテニスの試合を例に、AWS Elemental MediaLiveによるビデオストリーミングと、Amazon Rekognitionによるリアルタイムのリプレイ生成を紹介します。

Read More
build-a-live-streaming-chat-application-using-amazon-ivs-and-amazon-chime-sdk

Amazon IVSとAmazon Chime SDKでライブストリーミングチャットアプリケーションを作る方法

低遅延のライブストリーミングの構築やチャット機能の実装は、インタラクティブな体験を求めるお客様からの共通の要望です。例えば、UGC(ユーザー生成コンテンツ)を使ったライブ配信アプリを構築したいと考えているお客様は、ユーザー間の交流を深めるためにチャットを求めています。ライブコマースサービスでは、販売者はライブストリーミング中の製品チャットの問い合わせに対応する必要があり、教育分野では、教師が仮想教室でQ&Aを通じて学生と交流したいと思うかもしれません。 Amazon Chime SDKにAmazon Interactive Video Service (Amazon IVS)を統合することで、お客様は、フルマネージドで低遅延の、チャットを組み込んだインタラクティブなライブ放送イベントを構築することができます。 Amazon IVSは、低遅延でインタラクティブなライブストリーミング体験を迅速に構築するのに役立ちます。Twitchの技術をベースにしたAmazon IVSチャンネルは、完全に管理された低遅延のライブストリームであり、時間指定のメタデータAPIを使用して視聴者の体験を向上させます。 Amazon Chime SDKは、ライブストリーミング用に強化されたチャット体験の構築をサポートします。メッセージング機能であるAmazon Chime SDK for messagingのリリース以来、お客様は非同期、スケーラブル、永続的、インタラクティブなチャット体験やチャット機能を従量課金で構築できるようになりました。

Read More

【今すぐ登録しよう】 リニューアル 9 月 1 日(水)15 時開始!AWS 初級者ウェビナー AWSome Day Online Conference

こんにちは! AWS Webinar チームです。 毎月第一水曜日に開催している AWSome Day Online Conference が、9 月 1 日にリニューアルします! AWSome Day Online Conference は AWS クラウドの基礎を約 3 時間で学べる AWS 初級者を対象としたウェビナーです。2 名の AWS インストラクターが基礎をわかりやすく解説し、視聴いただいた後の次のステップもご案内します。9 月では、そのセッション内容をリニューアルし、AWS 主要サービスの最新情報に加え、IoT、機械学習、ブロックチェーン、人工衛星など次世代システムに活用されている AWS サービスも紹介します。すでに一度 AWSome Day に参加したことがある方でも復習のために再度ご視聴可能となっておりますので、ぜひこの機会にご視聴ください。

Read More

AWS中国リージョンでAWSサービスを活用して構築されたスマートホームソリューションと家電製品との接続

この記事は、Connecting home appliances with a smart home solution built on AWS in the AWS China Region を翻訳したものです。 本ブログでは、AWSサービスを活用した家電メーカーのスマートホームソリューション構築および維持する方法を紹介していきます。これらのソリューションは、接続された製品の付加価値を提供するプラットフォームであると同時に、ユーザーが製品を利用するためのアプリケーションでもあります。中国で家電製品を製造して世界中で販売しているお客様の実際のユースケースとなります。本ブログではエンドツーエンドソリューションの概要のリファレンスアーキテクチャについて紹介し、AWS IoTと他のAWSサービスをどのように連携したかのコアユースケースについて説明します。本ブログにより、スマート家電を利用する家族と情報共有するためにどのようにセキュアに構築したか、およびAWS中国リージョンで大規模な家電製品のフリートを安全に管理する方法を学習できます。本ブログには Python コードスニペットが含まれているので、デバイスからスマートホーム IoT プラットフォームにデータを送信し、デバイスからユーザー向けのモバイルアプリケーションや Web アプリケーションへのマルチメディアファイルを安全に共有するソリューションをトライできます。

Read More

AWS App Mesh を使用した Amazon ECS でのカナリアデプロイパイプラインの作成

この記事は Create a pipeline with canary deployments for Amazon ECS using AWS App Mesh を翻訳したものです。 この記事では Amazon Elastic Container Service (Amazon ECS) で実行されるアプリケーションのカナリアデプロイ戦略を、AWS App Meshと組み合わせて実装する方法を説明します。ALB の加重ターゲットグループを使用した AWS CodeDeploy でのカナリアデプロイを行う場合はこちらの記事を参照してください。

Read More

[開催報告] Mobile World Congress 2021: AWS Virtual Village Re:Cap

アマゾン ウェブ サービス ジャパン株式会社 ソリューションアーキテクトの宮田です。 通信事業者の方々、通信業界に関わられている方々、5G やエッジコンピューティングなどの最新技術の動向にご興味のある方々を主な対象として、2021年8月11日に「Mobile World Congress 2021: AWS Virtual Village Re:Cap」をウェビナーで開催しました。 本記事では通信領域における導入事例を含め、当日の内容・動画を皆様にご紹介します。

Read More

[AWS Black Belt Online Seminar] CON201 ECS 入門 資料公開

AWS Black Belt オンラインセミナー「CON201 ECS 入門」を公開します。視聴は YouTube から、資料閲覧は SlideShare から可能です。 本セッションでは、Amazon Elastic Container Service (Amazon ECS) について、Amazon ECS や AWS におけるコンテナ実行環境に興味がある、Docker やコンテナの概念を多少ご存じの方に向けて、Amazon ECS の特徴を短い動画やスライドでご紹介いたします。Amazon Elastic Compute Cloud (Amazon EC2) をコンテナの実行環境 (データプレーン) として利用する場合の動作の概念や、Amazon ECS におけるリソース表現といった基本的な内容をご紹介いたします。 なお、本セッションと合わせて「CON202 ECS での Fargate 入門」も公開しております。是非、こちらも合わせてご覧ください。また、コンテナの基本的な概念については「CON141 コンテナ入門」でご紹介しておりますので、こちらもご覧いただくことをおすすめいたします。 今回の YouTube は AWS Black Belt オンライン AWS コンテナサービスシリーズの YouTube の再生リストにも追加しております。 また、AWS Black Belt Online […]

Read More

2020年 AWS Container Security Surveyの結果

この記事は、Results of the 2020 AWS Container Security Survey ( 2020/12/03 投稿 ) を翻訳したものです。 2019 年、我々は初めて AWS Container Security Survey を発表しました。そして、 2020 年も皆様に本 Survey を提供します。 2019 年と同様に、2020 年も AWS のコンテナユーザーに対し匿名での調査を実施しました。調査ページにアクセスした 655 名のうち 295 名が回答に着手し、そのうち 156 名が最後まで回答してくださいました(完了率 52 %)。かかった時間は平均 10 分強でした。質問を提案して下さった方々 及び 本 Survey の拡散に協力してくださった方々に改めてお礼申し上げます。 ご参加いただいた皆様、ご意見をお寄せいただいた皆様、本当にありがとうございました。 グラフを見ると、全体的にコンテナセキュリティに関するグッドプラクティスの点で、良い傾向があることがわかります。スキャニングからポリシーに至るまで、ほぼ全ての主要な項目で 2019 年と比べて採用率が上昇しました。特に、 2 つの点が目立っています。 “supply chain management” への取り組みが低下しているように見えますが、この理由については、調査での質問に関連性があるのか、それともより深い理由があるのか、根本的な理由を明らかにするための調査が必要です。 “signing container […]

Read More