Amazon Web Services ブログ

Category: General

GameStop – ミッションクリティカルなマルチチャネルのマーケティングプラットフォームを AWS に移動

GameStop は新品および中古のビデオゲームのハードウェア、ソフトウェア、アクセサリ、家電製品、ワイヤレスサービスを販売しています。14 か国に渡る小売店は 7,000 店以上あり、同社は日々何百万人もの顧客を相手に販売、サービスを提供しています。小売店の他にもオムニチャネル戦略を導入し、世界中で 4,600万人以上のメンバーがロイヤルティプログラムに参加しています。GameStop の Justin Newcom (インターナショナルテクノロジーサービス & サポート部シニアディレクター) と Jim March (アドバンスクラウドシステムエンジニア) との対話で、ミッションクリティカルなマルチチャネルマーケティングプラットフォームを従来のホスティングから AWS に移行した方法について伺いました。GameStop のストーリーをご覧ください。 ビジネスチャレンジ 2015 年 3 月、GameStop のインターナショナルホスティングとの契約期限が近付いていたため、GameStop チームは別のホスティングソリューションがないか真剣に探し始めました。以前から知られているホスティング企業数社と AWS を含むクラウドベンダー数社に RFP (提案依頼書) を送り、その返信が届き次第、決断は明らかになったそうです。その時のことを Justin は「AWS が圧倒的に優れていました」と述べています。別のクラウドベンダーとのミーティングから戻った Jim は、AWS の資料を読み進めるうちに思っていたよりも遥かに完全性が高く洗練されているサービスであることが分かったといいます。その後、GameStop は製品そして革新的なサービスを次々と送り出していること、評判、価格に基いて AWS を利用することに決定したそうです。しかし圧倒的に優れたサービスを選んだからといっても、問題なく進行させていくには様々なことを学ぶ必要があると考えていたといいます。 AWS 導入の始まり GameStop のテクノロジーリーダー達は AWS について学びやすい文化を築いていくことにしました。AWS を使用している他の利用者やパートナーと話し合い、優れた AWS コンサルティングパートナーを呼び、クラウド導入のスタートを切りました。そして最初に移行するのはミッションクリティカルなマルチチャネルのマーケティングプラットフォームに決定したそうです。このプラットフォームは e コマース以上のもので、カナダやヨーロッパのインストアカスタマーのアクティビティの他に、オンラインカスタマーへのサービスも管理しています。これは、顧客がレジでオンライン購入をする場合などインストアとオンラインのアクティビティを統合できるようにしています。AWS への移行は 2015 年ホリデーショッピングのシーズンまでに完了し、AWS […]

Read More

AWS オンラインセミナー – 2016 年 7 月(太平洋時間・英語によるセミナー)

次週開催のオンラインセミナーでは、いくつものすばらしいセミナーをご用意しています。いつものように参加費は無料となりますが、満席となる可能性が高いのでお早めにご登録ください。セミナーのスケジュール (太平洋時間、各オンラインセミナーの所要時間は 1 時間となります)。 7 月 26 日 午前 9 時 – AWS のご利用開始について 午後 12 時 – SQL から NoSQL : Amazon DynamoDB のベストプラクティス 7 月 27 日 午前 9 時 – AWS Device Farm を使用したモバイルアプリケーションのテスト 午前 10 時半 – Amazon EC2 マスタークラス 午後 12 時 – IoT のご利用開始について 7 月 28 日 午前 […]

Read More

新しい AWS トレーニングブートキャンプに参加して技術スキルを向上

同僚の Janna Pellegrino が次のゲスト投稿で新しい AWS トレーニングブートキャンプについて紹介しています、ぜひご覧ください。 — Jeff AWS トレーニングのポートフォリオの中から AWS のテクニカルブートキャンプでもっとも人気のある re:Invent、Summits などから 4 種類のコースをご用意しました。ご自分のスケジュールに適したコースをお選びください。 Taking AWS Operations to the Next Level では AWS CloudFormation、Chef、AWS SDK を活用してプロビジョニングの自動化や AWS インフラストラクチャリソースやアプリケーション設定についてご説明します。また、AWS Service Catalog の使用方法についても解説します。このコースはソリューションアーキテクトやシステム運用管理者 (SysOps アドミニストレーター) の方を対象にデザインされています。 Securing Next-Gen Applications at Cloud Scale では DevSecOps のアプローチを利用して、次世代のワークロードに対応できるクラウド規模の堅牢なセキュリティコントロールの設計と構成方法についてご説明します。AWS プラットフォームで高保証ワークロードを運用する場合の設計上の考慮事項も取り上げます。また、ガバナンス、構成管理、信頼性の高い決定の自動化、監査アーティファクトの生成、およびこれらのタスクをカスタムソフトウェアのワークロードでネイティブに統合する方法についてご説明するラボも実施します。このコースはセキュリティエンジニア、開発者、ソリューションアーキテクトおよびその他の技術的なセキュリティの実践者の方を対象にデザインされています。 Running Container-Enabled Microservices on AWS は Amazon ECS を使用してコンテナ対応アプリケーションを管理し拡張する方法についてご説明します。 ラボでは […]

Read More

ECSタスクのためのIAMロールによってコンテナ利用アプリケーションをより安全にする

Amazon ECSでは、コンテナから簡単にAPIリクエストを行うために、Amazon EC2のIAMロールをいつでも使うことができます。これによって、AWSの認証情報をコードや設定ファイルに保存しないというAWSのベストプラクティスに従うことができる上に。鍵の自動ローテーションといった利点も得られます。 例えば、ECSとAmazon S3を使った秘匿情報管理システムを作ったり、Amazon DynamoDBを使って状態管理したり、S3を使ってコンテナによって生成された成果物を保存したり、ということがロールによって可能であり、全てにおいてAWSの認証情報をコードの中に全く持つ必要がありません。 今までは、Amazon EC2のIAMロールを使う必要がありました。つまり、ECSクラスタのEC2インスタンスに紐付いたIAMポリシーは同一クラスタ内で実行されるタスクが必要な全てのIAMポリシーを含んでいる必要がありました。これは、もし1つのコンテナが特定のS3バケットへのアクセスが必要で、他のコンテナがDynamoDBテーブルへのアクセスが必要であった時、同一のEC2インスタンスに両方のIAM権限を与える必要があることを意味しています。 新しく公開されたECSタスクのためのIAMロールの導入によって、EC2コンテナインスタンスではなくECSタスクに直接IAMロールを紐付けることで、基盤をより安全に保つことができます。この手法によって、1つのタスクはS3にアクセスする特定のIAMロールを使いながら他のタスクはDynamoDBテーブルへにアクセスするIAMロールを使うことができます。 この機能によって、ECSクラスタインスタンスのIAMポリシーも最小限にすることが可能です。なぜなら、ECSサービスとやり取りするために必要な2,3のIAM権限を与えるだけで良いからです。 この記事で、タスクIAMロールのセットアップを眺めてみましょう。 必要条件 もしまだであればECSクラスタを作成し、最低でも1つのEC2インスタンスをクラスタ内に起動します。EC2インスタンスを起動するとき、Container instance IAM roleとして、AmazonEC2ContainerServiceforEC2RoleポリシーがアタッチされたIAMロールを選択します。 もし既存のクラスタがあれば、ECS最適AMIの2016.03.eを使い、この機能を使うために2016年7月13日リリースかそれより新しいSDKを使います。 デモンストレーション このデモでは、Amazon S3バケットを作成し’Hello World’ファイルをアップロードするだけの簡単なNode.jsアプリケーションを使います。アプリケーションのソースコードはaws-nodejs-sampleのGitHubレポジトリにあります。 Dockerイメージをビルドしプッシュする ターミナルアプリケーションで、以下のコマンドを実行します: $ git clone https://github.com/awslabs/aws-nodejs-sample すると現在のディレクトリの下にaws-nodejs-sampleという名前のディレクトリが作られ、サンプルアプリのコードが配置されます。そのディレクトリでDockerfileというファイルを作成し、以下のテキストを貼り付け保存します。 FROM node:argon # Create app directory RUN mkdir -p /usr/src/app WORKDIR /usr/src/app # Install app dependencies COPY package.json /usr/src/app/ RUN npm install # Bundle app source COPY […]

Read More

新たにアジアパシフィック(ムンバイ)リージョンがオープン

私たちはインドのムンバイに新たなリージョンをオープンしたことをお知らせ致します。インドでAWSをお使いのお客様は、サービスをより快適にお使いいただけるようになります。 新リージョン アジアパシフィック(ムンバイ)リージョンは2つのアベイラビリティゾーンがあり、グローバル全体では35個になりました。本リージョンでは、Amazon Elastic Compute Cloud (EC2) (C4, M4, T2, D2, I2, とR3インスタンスが 利用可能)と Amazon Elastic Block Store (EBS), Amazon Virtual Private Cloud, Auto Scaling, とElastic Load Balancing などの関連サービスに対応します。 他にも以下のサービスに対応致します。 AWS Certificate Manager (ACM) AWS CloudFormation Amazon CloudFront AWS CloudTrail Amazon CloudWatch AWS CodeDeploy AWS Config AWS Direct Connect Amazon DynamoDB AWS Elastic Beanstalk Amazon ElastiCache Amazon […]

Read More

Amazon Elastic File System が 3 つのリージョンで利用可能に

AWS のストレージ製品ラインは時間とともに豊かに多様な成長を遂げてきました。単一のストレージクラスで開始した Amazon S3 は現在、定期的かつ低頻度にアクセスされる、アーカイブ済みのオブジェクト向けの複数のストレージクラスを提供しています。同様に、単一のボリュームタイプで始まった Amazon Elastic Block Store (EBS) も、現在は 4 種類の SAN スタイルブロックストレージを提供しており、各ストレージが特定のアクセスパターンやデータタイプ向けに設計されています。オブジェクトストレージおよびブロックストレージへの対応は S3 および EBS によってカバーされていることから、AWS は次にファイルシステムに注目を向けました。AWS は、複数の EC2 インスタンス向けに、完全マネージド型ファイルシステムへの低レイテンシーの共有アクセスを提供するため、昨年 Amazon Elastic File System (EFS) を発表しました。そしてこのたび、EFS が US East (Northern Virginia)、US West (Oregon)、Europe (Ireland) の各リージョンでも本稼動使用できるようになりました。本日の発表に至るまで、AWS は長期のプレビュー期間にわたり、実に幅広いお客様のユースケースを検討してきました。EFS プレビューは、大規模かつ高スループット処理ワークロード、および多様なコンテンツとウェブ配信に最適でした。プレビュー期間、こうしたワークロードに対する EFS パフォーマンスについてポジティブなフィードバックが多数寄せられました。一方、レイテンシーの変化に影響を受け、ファイルシステムメタデータを多用するワークロードについても同様に優れたサポートを提供してほしいというご要望もいただきました。こうしたフィードバックへの取り組みの結果、本日のラウンチは非常に幅広いユースケースに対応できる設計となっています。これまで、お客様には EFS に大変ご満足いただき、すぐにでも使用を開始したいというご意見をいただいております。 EFS を構築した理由 AWS をご利用の多くのお客様から、拡張可能なファイルストレージをより簡単に管理する方法を提供してほしいというご要望をいただいてきました。こうしたお客様には、共通の名前空間と、企業または部署別のファイル階層への簡単なアクセスによってメリットを受ける、ウェブサーバ群やコンテンツ管理システムを稼動している方もいらっしゃいます。一方、多数の大規模ファイルを作成、処理、削除する HPC およびビッグデータアプリケーションを運用して、著しく変化するストレージ利用とスループットの需要に対応しているお客様もいらっしゃいます。また、AWS のお客様は、高可用性、高耐久性とともに、アクセスと変更に対しても強力な整合性を提供するモデルを求めてきました。 Amazon Elastic File System […]

Read More

【新機能】 暗号化された EBS スナップショットのクロスアカウントコピー

AWS は既に、 Amazon Elastic Block Store (EBS) ボリュームとスナップショットの暗号化をサポートし、AWS Key Management Service (KMS)によって暗号化キーの保管、管理が行うことができます。また、他の AWS アカウントへの EBS スナップショットのコピーをサポートし、スナップショットから新しいボリュームを作成することができます。本日、暗号化された EBS スナップショットをAWS リージョン間で移動できる柔軟性とともに、アカウント間でコピーする機能が追加されました。 このアナウンスは、3つの重要な AWS のベストプラクティスのもとに作られました。 定期的にEBS ボリュームのバックアップを取得する 環境(開発、テスト、ステージング、本番)毎にアカウントを作成し、複数アカウントを利用する バックアップを含めた、データ(保管時のデータ)の暗号化を行う 暗号化された EBS ボリュームとスナップショット では、実際にこの機能を利用してみたいと思います。まずは、振り返りの意味もこめて、IAM コンソールを使って、暗号化キーを作成します。   そして、暗号化キーを指定し(他のアカウントにコピーを行う場合、カスタムキーを利用する必要があります)、暗号化された EBS ボリュームを作成します。 続けて、暗号化された EBS スナップショットをボリュームから作成できます。   今ご覧いただいたように、私は既に長いボリュームIDとスナップショットID を私のAWS アカウントで有効にしています(こちらに関しての詳細は、They’re Here – Longer EBS and Storage Gateway Resource IDs Now Available をご確認ください)。 クロスアカウントコピー 今までご覧いただいたことに、何も新しいものはありませんでした。では、新しい部分に入っていきましょう!他のアカウントに暗号化された […]

Read More

AWS OpsWorksがCentOSをサポート

AWS OpsWorksを使って、CentOS 7が動作するAmazon EC2およびオンプレミスサーバを構成および管理することができるようになりました。 Chef 12 OpsWorksエージェントを使って、CentOSインスタンスを管理することが出来ます。CentOSは、OpsWorksが他のOS向けにサポートしている機能と同じ機能をサポートします。CentOSのサポートについての詳細は こちら をご覧ください。 OpsWorksの詳細: ・製品ページ ・ドキュメント 翻訳は舟崎が担当しました。(原文はこちら)

Read More

【AWS発表】新機能:Service Last Accessed Dataからのより詳細な情報取得

昨年末にAWS Identity and Access Management (IAM) で、IAMエンティティ(ユーザー、グループ、ロール)がAWSサービスに最後にアクセスした時刻を表示する機能としてService Last Accessed Dataをリリースしました。この機能は、最小限の権限付与に大きく役立つツールです。 本日、Service Last Accessed Dataの情報が追加され、どの権限を削除できるかをより簡単に識別することができるようになりました。 今回のリリースで、IAMエンティティとポリシーについて次のような情報にアクセスできます: マネージドポリシーやグループに関連付けられている全てのIAMユーザーおよびロールのLast Accessed Data あるIAMユーザー、ロール、グループに対して、サービスの権限を与えている全てのポリシー これらの追加された詳細データによってアクセスパターンやポリシー構成がより理解しやすくなります。結果として、より良い情報を元に権限管理の決断をくだせます。 この記事では、新しいより詳細なService Last Accessed Dataをウォークスルーし、どのように権限管理をより効果的に行うかについて説明します。   マネージドポリシーあるいはグループに関連付けられた全てのIAMユーザーおよびロールの最終アクセス履歴を参照する   あなたが、ユーザーやアプリケーションのセキュリティを管理する責任をもつIAMの管理者だと想像して下さい。全ての権限が必要ないIAMユーザーやロールに対して、ポリシーが広すぎる形で適用されていないかどうかを知りたいと思うことでしょう。これまでは、マネージドポリシーのアクセスアドバイザータブでは、サービスがいつ最後にアクセスされたかが表示されていましたが、どのユーザーあるいはロールが最後にアクセスしたのかを特定するためには、AWS CloudTrailのログをサーチする必要がありました。今回の機能によって、次のスナップショットに示すように、エンティティによるアクセス列のリンクをクリックすることにより、どのユーザーあるいはロールがそのサービスに最後にアクセスしたかだけではなく、そのサービスに関連付けられた全てのユーザーやロールがいつ最後にアクセスしたのかをすぐに見ることが出来るようになりました。   例えば、次のスクリーンショットは、あるマネージドポリシーで付与されているAmazon EC2の権限についての情報を表示しています。見ての通り、ポリシーをアタッチされている全てのユーザーやロールが実際にEC2にアクセスしているわけではありません。つまり、このユーザーやロールのうちの幾つかは、剥奪可能な過大な権限を持っていることを示しています。   あるユーザー、ロール、グループに対してサービスの権限を付与している全てのポリシーを参照する   さきほどと同じように、あなたが最小権限の原則を適用しようとしているIAM管理者であることを想像してください。あるユーザーやロールに対するService Last Accessed Dataを参照した後に、ユーザーやロールから必要ないポリシーを削除したりデタッチしたりしたいと思うかもしれません。この手助けとして、ユーザーのアクセスアドバイザータブで、どこで権限が付与されているかをクイックに見るために、ポリシーのアクセス権限内のサービス権限のリンクをクリックして下さい。そうすれば、AWS管理ポリシーやIAMグループから継承されたポリシーが表示されます。ダイアログボックスの中でポリシーの名前をクリックすることでそのポリシーを参照でき、簡単に変更を行うことが出来ます。   次のスクリーンショットは、あるIAMユーザーに付与されているEC2に対する権限のソースを示しています。見ての通り、複数のマネージドおよびインラインポリシーが定義されていて、幾つかのポリシーをクリーンナップあるいは統合する事が適切であるということを示唆しています。   Service Last Accessed Dataをより詳細に参照できる機能によって、権限管理がより容易になります。より詳細化されたService Last Accessed Dataについてコメントがある方は、下記のコメント欄にお願いします。ご質問のある方は、IAMフォーラムへの投稿をお願い致します。 – Zaher (翻訳はSA布目が担当しました。原文はこちら)

Read More

新しいAWSコンピテンシー – AWS移行

お客様から大規模ワークロードをAWS上に移行したい、そしてクラウド移行戦略に関する助言を求めている、とますます聞くようになりました。私たちは、AWS Database Migration Serviceを含むいくつかのクラウド移行ツールやサービス、そしてAWS Professional Services Cloud Adoption Frameworkのようなリソースを提供しています。さらに、AWSへの移行を成功に導く支援に関する専門性を発揮している、AWS Partner Network(APN)のコンサルティングおよびテクノロジーパートナーによる強力かつ成熟したエコシステムがあります。 移行を成功させた実績があり技術力を発揮してきたAPNパートナーをお客様が容易に見分けられるよう、AWS移行コンピテンシー(AWS Migration Competency)のローンチについて発表できることを嬉しく思います。 新しい移行コンピテンシー – 移行パートナーソリューション 移行コンピテンシーパートナーは、複雑な移行プロジェクトの調査、計画、移行、運用といったすべてのフェーズを通じて培ったAWSへの移行を成功させるための豊富な経験を持っており、ソリューションを提供します。 AWS Partner Competency Programでは、 以下のパートナーがエンタープライズ顧客のアプリケーションやレガシーなインフラストラクチャをAWS上に移行する支援ができることを確認しています。 カテゴリーとローンチパートナー 移行デリバリーパートナー – プロフェッショナルサービスによる教育、ツール、人員を提供することで成果を加速させ、すべての移行ステージでお客様を支援します。これらのパートナーは、AWS上のワークロードを継続的にサポートすることができるManaged Service Provider(MSP)としてAWSの監査を受けている関係にもあります。以下がローンチパートナーです(abc順、敬称略): 2nd Watch Accenture Classmethod, Inc. (クラスメソッド株式会社) ClearScale Cloud Technology Partners cloudpack (アイレット株式会社cloudpack事業部) Cloudreach Cognizant Technology Solutions CorpInfo CSC FPT Software Infosys Logicworks REAN Cloud Serverworks (株式会社サーバーワークス) Slalom Consulting Smartronix 移行コンサルティングパートナー – 特定の機能の迅速な開発や特定の成果を達成するためのトレーニングと専門知識を提供します。ソリューションの実装やアプリケーションのモダナイゼーションにおいて、DevOpsの適用を可能にするコンサルティングサービスを提供します。以下がローンチパートナーです(abc順、敬称略): […]

Read More