Amazon Web Services ブログ

Category: AWS Greengrass

AWS Greengrass -ユビキタス, 現実世界におけるコンピューティング-

データセンターやオフィス内のコンピューティングやデータ処理は簡単です。一般的に、良好な接続性と安定した電力供給が得られます。必要に応じてオンプレミスやクラウドベースのストレージにアクセスし、コンピューティングパワーを利用することができます。 しかし、現実の世界では状況が大きく異なります。接続は断続的で、信頼性が低く、速度と規模に制限があり、消費電力が重視され、ストレージの容量と計算能力を最大限に引き出すための限界があります。 多くの関心が高く/潜在的に貴重なデータが収集、処理、実行可能なインテリジェンスに変えられれば、現場に成果が現れます。 このデータは、地球の表面より数マイル下に位置する鉱山や油井、センシティブかつ安全でクリティカルな病院や工場、あるいは別の惑星(ハロー)に置かれているでしょう。 当社のお客様は、AWS Cloudの規模とパワーを使用して、これらの試行条件でローカル処理を行う方法を尋ねています。 第一に、データをローカルで測定、感知、処理するシステムを構築したいと考えています。 そして、彼らは、データに耐えるようにクラウドのようなローカルインテリジェンスをもたらし、互いに依存する調整されたローカルでのアクションを実装したいと考えています。 これを困難にしているのが、利用可能なローカル処理リソースやストレージリソースを活用したいと同時に、専用のセンサーや周辺機器に接続したいと考えていることです。 AWS Greengrassの紹介

Read More