Amazon Web Services ブログ

Category: *Post Types

AWS アジアパシフィック (大阪) リージョンが3つのAZと多くのサービスと共に開設

AWS は長い期間をかけて、日本においてプレゼンスを確立してきました。2011年3月に AWS アジアパシフィック (東京) リージョンを開設し、2012年には3つ目となるアベイラビリティーゾーン(AZ)を、4つ目を2018年に追加しました。東京リージョンの開設以降、日本を含む世界中の多くのお客様に幅広いワークロードをホストするためにご利用いただいています! 2018年には大阪ローカルリージョンを開設し、日本のお客様に対してディザスターリカバリーのためのワークロードを展開する場としてご利用いただいていました。大阪ローカルリージョンは東京リージョンから400km離れた距離に設置された、分離され、単一のデータセンター内で耐障害性を考慮した設計が為されていました。 ローカルからスタンダードへ 大阪ローカルリージョンを拡張して3つのアベイラビリティーゾーンを持つスタンダードな AWS リージョンとして大阪リージョンが開設されたことを発表できることを嬉しく思います。AWSならではの特徴として、それぞれのAZはリージョン内で切り離されており、停電やネットワークの切断、洪水やその他の自然災害に対応する設計です。

Read More

AWS公共部門サミット 各国事例を紹介。本年 4/16(金) 開催分の「登録」受付も始まりました。

2021年4月16日(金)に、AWS公共部門サミット・オンラインが開催されます(【登録はこちら】)。午前10時からの無料配信となりますので、ぜひご登録ください。米 国防総省の関連機関であるアメリカ国防兵站局など海外政府機関の事例を中心に40以上のセッションが予定されており、日本からも京都大学より事例登壇をいただく予定です(過去の登壇動画は、下部のRead Moreをご覧ください)。 今年の「AWS公共部門サミット・オンライン」の登録開始に併せまして、AWSジャパン・パブリックセクターより、今回のブログでは、2020年の10月に開催された「AWS Public Sector Summit Online 2020(以下、”昨秋の公共部門サミット”)」のキーポイントを振り返ります。

Read More

Amazon Connectで休日カレンダーを作成する

休日では、ビジネスニーズに基づいてコンタクトセンターで異なるカスタマーサービスのメカニズムが展開されます。電話が多くかかってくることにより営業時間を延長したい場合もあれば、人員が限られるために営業時間を短縮したり、営業しないようにしたい場合もあります。どちらのシナリオでも、コンタクトセンターのマネージャーがユーザーへの影響を及ぼすことなく、セルフサービスのロジックまたは営業時間を更新できる柔軟で簡単な方法を提供することが重要となります。 Amazon Connect の利点の 1 つは、リアルタイムで変更を行い、これらの変更がコンタクトセンターに与える影響を最小限に抑えるためにお客様に提供できる俊敏性です。休日カレンダーを実装することで、コンタクトセンターは新しい営業時間やセルフサービスのロジックを顧客に知らせることができます。また、事前に定義された時間帯に異なるアナウンスを行うこともできます。 このブログ記事では、AWS CloudFormation、AWS Lambda、および Amazon DynamoDB を活用して、Amazon Connect 内で休日カレンダー機能を作成します。これにより、コンタクトセンターのマネージャーは Amazon Connect の問い合わせフローを最小限の中断で更新できます。

Read More

新たに SaaS Journey Framework ホワイトペーパーを公開しました

AWS で SaaS Business Lead を務める Oded Rosenmann による記事です。 SaaS(Software as a Service)提供モデルは、多くの企業にとってますます魅力的になっています。 新規および既存のアプリケーション・プロバイダが、この提供モデルで成功を収めたいと望んでいる一方で、SaaS への移行はビジネスに大きな影響を与える可能性もあります。 多くの企業にとって、SaaS への移行は大きな変化をもたらす出来事であり、企業は自社のビジネスをあらゆる側面から検討する必要があります。サービスとしてのビジネスを定義、構築および運用するためには、製品の販売、マーケティング、開発、サポート、収益化の方法など、評価しなければいけない検討事項がたくさんあります。

Read More

管理者が複数の Private Marketplace カタログを管理できるようになりました

AWS Marketplace では、管理者がその組織内の異なる AWS Marketplace アカウントのために、独自にキュレーションした複数のサードパーティ製品のセットを作成できるようになりました。この新機能は、管理者がさまざまなユーザーグループに対するソフトウェアガバナンスを拡張できるようにすることによって Private Marketplace を拡大するため、俊敏性が向上され、そのユーザーのためのソフトウェア調達プロセスを迅速化できるようになります。

Read More

お客様のソフトウェアニーズに合わせて AWS Private Marketplace カタログを管理

Private Marketplace を使用すると、AWS コンサルティングパートナー、再販業者、システムインテグレーターは、承認された AWS Marketplace 製品のカタログを作成および管理して、複数のお客様や個別のニーズに対応できます。この多様なチャネルコミュニティは、お客様のニーズに合わせてカスタマイズされた Private Marketplace カタログの作成により、ソフトウェア環境の管理を支援することができます。さらに、独立系ソフトウェアベンダー (ISV) または再販業者からのソフトウェアソリューションおよびプロフェッショナルサービスを、Private Marketplace カタログに追加できます。お客様のために Private Marketplace カタログを作成することの価値を共有したいと考えています。Private Marketplace では、独自の価値提案を強調しながら、さまざまなユースケースやチームにわたって調達戦略の最新化を支援できます。

Read More

「Resiliency in Japan-日本におけるAWSリージョンのレジリエンス-」ホワイトペーパーがAWS Artifactから入手できるようになりました。

AWSが高い耐障害性を確保しているか、また、マルチリージョンの活用により、お客様がどのように高いレジリエンスを確保できるかを解説したホワイトペーパーを、AWS Artifactにおいて公開しました。

Read More

ポルトガル政府とAWSは、クラウド移行を加速する”覚書”を締結

2020年12月16日、ポルトガル政府とアマゾン ウェブ サービス (AWS) は、覚書 (MoU=Memorandum of Understanding) の締結を発表しました。この合意は、公共部門でのクラウドコンピューティングの採用を加速し、ポルトガル政府の「デジタル移行戦略」に貢献するものとなります。 今回のブログでは、AWSジャパン・パブリックセクターより、この「覚書」の概要と、実現されるメリットについて、ご紹介します。──── 日本の政府機関・公共機関(自治体・独法・教育・医療/ヘルスケア・NPO)のお客様との間においても、このような個別の案件や調達を”横断”した包括的なDX推進のための協力体制の構築を加速していきたいと、AWSでは考えています。

Read More

Amazon CloudFront、Lambda@Edge、AWS Elemental MediaConvertによるオンザフライ動画変換

はじめに メディアライブラリ内の動画が、長編の特集ムービー、もしくは短編の「ハウツー」クリップであっても、通常、動画アセットの人気は視聴者の好みによって決まります。 AWSは、メディアサプライチェーンの自動化やコンテンツ配信の合理化など、お客様がオンライン動画コンテンツを配信する際に使用できる複数のソリューションを提供しています。 オンザフライ動画変換ワークフローを導入することで、メディア配信にかかる全体的なコストをさらに最適化できます。単一品質のレンディションで、まれにしか視聴されない、またはまったく視聴されない動画アセットについて考えてみてください。例えば、動画処理や配信の投資収益率(ROI)が動画コンテンツの人気と直接結びつく、広告付きの「無料視聴可能」モデルはオンザフライ動画変換の検討対象となるでしょう。また、次のようなユースケースにも適しています 。

Read More

Amplify Flutter の一般提供が開始されました。美しいクロスプラットフォームアプリを構築しましょう

AWS Amplify は、セキュアでスケーラブルなモバイルアプリケーションとウェブアプリケーションを構築するためのツールとサービスのセットです。現在 iOS、Android、JavaScript (ウェブおよび React Native) をサポートしている Amplify は、アマゾン ウェブ サービス (AWS) を活用するアプリケーションを構築するための最も高速で簡単な方法です。 Flutter は、ネイティブにコンパイルされたモバイル、ウェブ、およびデスクトップアプリケーションを単一のコードベースから構築するための Google の UI ツールキットで、最も急速に成長しているモバイルフレームワークの 1 つです。 AWS Amplify と Flutter を一体化する Amplify Flutter は、Flutter エコシステムに投資したものの、今は AWS の力も利用したいといったお客様のために設計されました。 2020 年 8 月、AWS は Amplify Flutter のデベロッパープレビューをローンチし、そのフィードバックを募集したところ、とても嬉しい反応をいただきました。このサービスの数か月におよぶ微調整の後、今日ようやく Amplify Flutter の一般提供を発表したいと思います。 一般提供での新しい Amplify Flutter 機能 一般提供リリースは、追加された次の 3 つの新機能によって、強力な Flutter アプリを簡単に構築できるようにします。 まず、AWS では最近、AWS […]

Read More