Amazon Web Services ブログ

Tag: AWS Direct Connect

AWS Direct ConnectとVMware Cloud on AWSの統合

AWSでSr. Partner Solutions Architectを務めるSchneider Larbiによる記事です。 VMware Cloud on AWSは、AWSグローバルインフラストラクチャ上でVMware vSphereワークロードを実行できます。つまり、VMware Cloud on AWSが利用可能なすべてのAWSリージョンでvSphereワークロードを実行できます。 お客様は、ワークロードの一部をオンプレミス稼働させ、一部をVMware Cloud on AWSで稼働させるハイブリッドクラウドアーキテクチャの実装を選択する事ができます。 ハイブリッド実装において、お客様がオンプレミスとVMware Cloud on AWSネットワーク間の通信を許可するように接続を設定する設計パターンが見られます。 お客様は、ハイブリッドクラウド接続を実装するために、仮想プライベートネットワーク (VPN)やAWS Direct Connectなどのさまざまな方法を使用します。 本稿では、お客様がAWS Direct Connectを活用して、どうオンプレミスのVMwareインフラストラクチャとVMware Cloud on AWS間のハイブリッド接続を確立するか、AWS Direct Connectで耐障害性を達成する為のベストプラクティス、そして私たちがなぜそれを推奨するかについて説明します。

Read More
VMware Cloud on AWS

オンプレミスからVMware Cloud on AWSへのネットワークL2延伸の選択肢

AWSでSpecialist Solution Architectを務めるSchneider Larbiによる記事です。 VMware Cloud on AWSではお客様のオンプレミスネットワークをレイヤー2レベルでシームレスにクラウドへ延伸することができます。これは重要なことです。なぜならオンプレミスのレイヤー2ネットワークからIPアドレスを変更せずに、仮想マシンをVMware Cloud on AWSへ移行できるからです。 本稿執筆時点(2020年7月7日)で、VMware Cloud on AWSへネットワーク延伸する方法は以下の2つがあります。 VMware Autonomous NSX Edge Appliance VMware Hybrid Cloud Extension (HCX) ネットワーク延伸を実装するにあたりオンプレミスにNSXを持つ必要はありません。オンプレミスにNSX-Tがある場合、NSXにより自動でプロビジョニングされるNSX-T Edgeを、Software Defined Data Center (SDDC)やVMware Cloud on AWSの環境に接続するためのL2VPN (レイヤー2 VPN)のクライアントサイドとして利用することはできません。 本稿では、オンプレミスのネットワークをVMware Cloud on AWSへ延伸する際のアーキテクチャの考慮事項について説明します。これによりハイブリッドクラウドを実装したり、IPアドレスを変更することなくクラウドへ移行することができるようになります。

Read More

VMware Cloud on AWSの耐障害性設計に関する考慮事項とベストプラクティス

AWSでSpecialist Partner Solutions Architectを務めるKiran Reid、Sr TAM (MNG) を務めるSudha Thillai Govindarajan、Principal Partner Solutions Architectを務めるWen Yuによる記事です。 さまざまな業界や業種のお客様が、本番ワークロードにVMware Cloud on AWSを採用しています。 高可用性要件で実行したいワークロードがある場合、利用可能なさまざまなアーキテクチャパターンと構成オプションを理解することが重要です。 本稿では、VMware Cloud on AWSを活用するお客様の耐障害性設計に関する主な考慮事項と責任について説明します。

Read More

VMware Cloud on AWSのアカウントとVPCに関する考慮事項

AWSでSr. Partner Solutions Architectを務めるSchneider Larbiによる記事です。 VMware Cloud on AWSは、VMwareとアマゾン ウェブ サービス (AWS)が共同開発をした、AWSのグローバルインフラストラクチャ上でお客様のVMwareワークロードの実行を可能にするサービスです。 VMware Cloud on AWSサービスのデプロイ中に、Software Defined Data Center (SDDC)がAWS (またはお客様の)アカウントに接続され、ネイティブAWSサービスにシームレスにアクセスが可能となります。 この記事では、ネイティブAWSサービス連携を活用するために、VMware Cloud on AWSに接続するAWSアカウント及びそれぞれのAmazon Virtual Private Cloud (VPC)に関するガイダンスを提供いたします。

Read More

VMware Cloud on AWSを利用したディザスタリカバリの設計上の考慮点

AWSでSr. Partner Solutions Architectを務めるSchneider LarbiとPartner Solutions Architectを務めるKiran Reidによる記事です。 VMwareをオンプレミスで実行しているお客様は、AWSグローバルインフラストラクチャを使用することの大きなメリットを理由に、VMware Cloud on AWSをハイブリッドクラウド戦略に組み込んでいます。 組織がハイブリッドクラウド戦略を計画する際、災害時の事業継続性を確保するために、ディザスタリカバリ(DR)は重要な考慮事項です。 この記事では、VMware Cloud on AWSを利用したディザスタリカバリを実装するためのアーキテクチャ上の考慮事項とベストプラクティスについて説明いたします。今回は主にVMware Cloud on AWSとVMware Site Recovery Manager (SRM)アドオンを中心に解説します。

Read More

日本テレビ放送網株式会社、日テレ系ライブ配信トライアルにおいて AWS を利用した Cloud Playout を実現

Cloud Playout 導入の背景 放送/配信業務において映像を送出する Playout システムは LIVE 映像が配信されている LIVE フィードと事前に準備済みの映像ファイルである Asset の切替、番組進行 / 編成管理、緊急切替といった様々な処理を行います。そして LIVE フィード / Asset の切替や映像の “フタ被せ” ( 権利の関係から映像配信できない場合に別映像を被せる ) は該当の映像区間のみに対して処理をするため、フレーム精度 ( 後述 ) での対応が求められます。そのため Playout システムの構築には専用ハードウェアの組み込みや数年単位での検討/構築期間、多くのコストが掛かる事が従来は一般的でした。 日本テレビ放送網株式会社 ( 日本テレビ ) は2020 年 10 月より始めた地上波プライムタイムのライブ配信トライアル ( 日テレ系ライブ配信トライアル ) において、これらの課題を解決し、迅速にサービスを実現するために株式会社 PLAY ( PLAY ) の Cloud Playout サービス “ PLAY KRONOS ( KRONOS […]

Read More

AWSを通じて日本取引所グループ(JPX)のarrownetにアクセスをする

“undifferentiated heavy lifting”という言葉をしばしば聞くことがあると思います。これは、競合他社との差別化にはなりえない作業にリソースを大量に消費することを言います。たとえば、サーバを構築し、OS にセキュリティパッチを適用するようなことです。このような作業は、より付加価値が高い製品やサービスを生み出すための活動から、ヒト・モノ・カネを奪い去ります。AWS では、お客様起点の重要な役割として、作業を簡素化し、自動化できるクラウドによるソリューションによって、開発者を”undifferentiated heavy lifting”から解放できるように支援しています。 金融業界では、過去20年間で大きな進歩を遂げています。たとえば、キャピタルマーケットの領域では、クラウドによるマーケットデータの活用により、トレーディングチームはリアルタイムでより良い洞察を導き出し、増え続けるデータからリスクをより効率的に計算できるようになりました。 しかしながら、いくつかの企業にとって、”undifferentiated heavy lifting”はまだ存在しています。それらの1つは、金融機関が規制機関や取引所によって設定された規制や業界ルールを遵守しなければならないことに関連しています。市場参加者は、これらの市場ルールを遵守する必要があり、遵守しない場合はペナルティを受ける場合もあります。 金融業界は、進化し続ける要件の複雑さと細分性が高まっている世界で最も規制の厳しい業界の1つです。しかし、金融機関がコンプライアンスに投資するすべてのリソースについて、多くは義務から機会への移行を行えていません。言い換えれば、ほとんどの金融機関では、同業他社との差別化を図るのではなく、ビジネスを行うためのコストとして、依然として規制やコンプライアンスを捉えています。 野球で例えるならば、プレイヤーはゲームのルールに従わなければなりませんが、優れたプレイヤーは、常に個人とチームの両方のレベルでパフォーマンスを改善するために戦略と戦術を使用しています。同様に、企業は規制要件に対応する必要がありますが、合理化、自動化、コスト効率の高い方法でそれに対応する必要があります。 このブログでは、日本取引所グループ (JPX) が AWS でどのように市場参加者にとってより良い顧客体験を生み出しているかをお話します。JPXは、これまでネットワークへのアクセスに関連していた”undifferentiated heavy lifting”を排除することで、市場参加者が新しいサービスのテスト、構築、立ち上げに向けてリソースを再利用できるようにしています。 JPXは、メンバー企業のクラウドでの市場アクセスを強化 2020年5月、JPX は市場参加者が AWS Direct Connect を介して、売買システムや清算決済システムなどにつながる高信頼ネットワークである arrownet にアクセスできるようにしました。 以前は、会員企業がarrownetに接続したい場合、JPXと自社のオフィスやデータセンター間に専用線を注文し、そのうえでネットワーク構築やセキュリティ対策を実施する必要がありました。このネットワーク構成は、変動する市場に迅速に対応するための信頼性と安定性が必要で、さらに十分な通信容量を提供する必要がありました。回線が接続されると、市場参加者は24時間365日体制で監視し、ハードウェア障害に対応するために人的リソースも投下する必要がありました。また専用線ベンダー側の監視にも、これらの重要なタスクのための人件費とサポート費も付属しています。つまり、arrownetへの接続は、利用者が長年にわたって対応してきた”undifferentiated heavy lifting”とも言えます。 JPXは、市場参加者からフィードバックを取り入れ、arrownetをクラウドに拡大し、市場参加者のアクセスを簡素化しました。市場投入までの時間が短縮され、マーケットからのデータを AWS 環境で扱うことで、マーケットの変動に対してオンデマンドで拡張できるようになります。 JPX は AWS Direct Connect の仮想インターフェイスを提供します。これにより、会員企業は短い期間でarrownetに接続して、テストすることができます。その結果、AWS の利用者は、以前は専用回線接続で直面していた”undifferentiated heavy lifting”な作業をすることなく、クラウド環境でマーケットからのデータを受け取ることができます。 現在の会員企業がこの合理化されたマーケットアクセスの恩恵を受けるだけでなく、FinTech スタートアップも恩恵を受けることができます。多くの Fintech スタートアップは AWS のサービスを使用しているため、彼らの既存の環境をより効果的に活用するには、クラウドネイティブ接続が必要でした。マーケットへの迅速なアクセスができるようになったFintech スタートアップは、新製品やサービスの市場投入までの時間をさらに短縮することができるでしょう。 現在、AWS Direct Connect により、JPX […]

Read More