Amazon Web Services ブログ

Category: Security, Identity, & Compliance

Amazon Inspector でセキュリティ脆弱性テストを拡大

私の同僚である Eric Fitzgerald による次の記事は、AWS Lambda 関数を使用して Amazon Inspector による評価結果をお客様のチケット発行システムやワークフローシステムに転送する方法についてご説明しています。 — Jeff AWS Re:Invent 2015 にて、セキュリティ脆弱性評価サービスの Amazon Inspector をご紹介しました。同サービスは、お客様が早期かつ頻繁にセキュリティ脆弱性テストを実施できるようにサポートするものです。Amazon Inspector をご利用いただくと、お客様は開発環境、テスト環境、実稼働環境でセキュリティテストを自動化することができます。セキュリティ脆弱性をソフトウェア開発、デプロイ、運用ライフサイクル全体の一部として識別します。Amazon Inspector の自動セキュリティテストは、お客様から非常に高く評価されています。Amazon InspectorAnalyze Application Security により、セキュリティ評価を今まで以上に頻繁に実行できるようになったほか、以前に比べセキュリティ脆弱性の早期発見に繋がったと報告を受けています。けれども、セキュリティ脆弱性を識別するだけでは完全といえません。脆弱性を発見したら問題を修正する必要があります。多くのお客様は Amazon Inspector による評価結果に対応するためのワークフローを自動化そして加速するために、Amazon Inspector を自社のワークフローシステムやチケット発行システムと統合しています。Amazon Inspector はそうしたポイントを念頭にを設計しているので、Amazon Inspector による評価結果をメールやワークフローシステムまたはチケット発行システムで統合する方法のひとつを詳しくご説明することにいたしました。 AWS Lambda を使用して Amazon Inspector による評価結果をチケット発行システムにプッシュする この例では AWS Lambda 関数を使用して、メール経由で作成するインシデントに対応できるシステムに Amazon Inspector を接続します。イベントのフローは次のとおりです。 Amazon Inspector が実行しセキュリティ評価を行います。実行終了前に Amazon Simple Notification Service […]

Read More

[New] Amazon Cognito 向け User Pools

Amazon Cognito を使うことでバックエンドコードを書いたり、インフラストラクチャの管理をする必要なくモバイルや Web アプリに簡単に認証やユーザ管理とデータ同期を簡単に追加できます。ユーザごとの設定やアプリケーションの状態データをバックエンドコードを書いたり、インフラストラクチャの管理をする必要なく AWS Cloud に保存することが簡単になります。昨年、AWS CloudTrail サポートやログインプロバイダとして Twitter および Digits の使用、Cognito におけるイベントに応答するAWS Lambda function の実行機能、そして Amazon Kinesis へのユーザアイデンティティデータのストリーミングといったいくつかのパワフルな新機能を Cognito に追加しました。 User Pools モバイルと Web アプリに簡単にユーザサインアップとサインインを追加するのに Amazon Cognito を利用できるようになりました。User Pool の機能を用いて、数億ユーザまでスケールし、フルマネージドなので構築したり、セキュアにしたりアプリに対する認証をスケールしたりするのに関連する重労働について心配することなく独自のユーザディレクトリを作成できます。この機能は email による確認、電話番号による確認や多要素認証といった拡張されたセキュリティ機能も提供します。アプリ開発者として、みなさんはこういった目的のために、Federated Identity Pools と呼ぶようになった Cognito の機能を利用して、Amazon、Facebook、Google、Twitter もしくは Digits といった外部のアイデンティティプロバイダを利用するというオプションを既に持っていました。User Pool を使うことで Web とモバイルの SaaS アプリ、ゲームなどといった面でサインアップとサインインに詳細なコントロールが可能になります。あらゆるスケール(潜在的には数十や数億のユーザ)でディレクトリサービスを構築し稼働させることは簡単ではなく、ユーザ名、パスワード、email アドレスやその他のセンシティブな情報のかけらを管理するときに追加されるセキュリティの重荷とともに全くもって付加価値を生まない重労働です。User Pool を使う場合、独自のディレクトリサービスを構築し、稼働させる必要はありません。 アカウントごとの複数のUser Pool 自分の […]

Read More