Amazon Web Services ブログ

Category: Amazon Simple Storage Service (S3)

using-amazon-ivs-and-mediaconvert-in-a-post-processing-workflow

Amazon IVSとMediaConvertでのポストプロセスワークフロー

Amazon Interactive Video Service(Amazon IVS)ではAmazon Simple Storage Service(Amazon S3)にライブストリームを録画できるようになりました。これにより、過去のライブストリームをAmazon S3に保存し、後で再利用することができます。これをAWS Elemental MediaConvert HLSインジェストと組み合わせることで、入力クリッピング、スティッチング、SCTE-35挿入、画像オーバーレイなどの放送グレードの機能を使用して、再生ストリームのリブランディング、収益化、再パッケージ化を行うことができます。 この記事ではAmazon IVS の自動録画と MediaConvert へのインジェストを自動化するためのワークフローの作成方法を紹介します。Amazon IVS アセットの最初と最後にリーダーとバンパーを縫い付け、MediaConvert を使ってアセットに画像(バグと呼ばれることもあります)をオーバーレイします。MediaConvert を使用して、ABR(Automated Adaptive Bitrate) DASH 出力と SD プロキシ MP4 ファイルを作成します。

Read More
FireLens の内部構造を示す図。

詳解 FireLens – Amazon ECS タスクで高度なログルーティングを実現する機能を深く知る

この記事は Under the hood: FireLens for Amazon ECS Task (記事公開日: 2019 年 11 月 18 日) を翻訳したものです。 2019 年 11 月、Amazon ECS は FireLens によるカスタムログルーティングのサポートを発表しました。FireLens によって、人気の高いオープンソースのロギングプロジェクトである Fluentd や Fluent Bit を簡単に使用することができ、さまざまな AWS サービスやパートナーの宛先にログを送信することができます。 この記事では、私たちがなぜ、どのようにして FireLens を作ったのか、詳しく説明します。また、私が FireLens を使用した結果を共有し、FireLens を設定するための推奨事項を紹介します。この記事では、FireLens、Fluent Bit や Fluentd について深く掘り下げます。Fluentd や Fluent Bit に馴染みのない方は、読み進める前に、Fluentd や Fluent Bit と FireLens のドキュメントをよく理解しておくことをお勧めします。

Read More
Amazon Chime SDK Smart Video Sending Demo

Amazon Chime SDK ”スマートビデオ送信”デモの紹介

Amazon Chime SDK は開発者が自分のウェブやモバイルアプリケーションにオーディオ、ビデオ、スクリーン共有機能を素早く追加するために使用できるリアルタイムコミュニケーションコンポーネントを提供します。このブログ記事ではオープンソースの Amazon Chime SDK  ”スマートビデオ送信”デモを紹介します。このデモでは最大250の会議プラットフォームの参加プールから最大16のビデオタイルを動的に表示する方法を紹介します。”スマートビデオ送信”は開発者が会議中に送信するビデオに優先順位をつける簡単な方法です。 会議に参加している参加者は自分のビデオをオンにしてプレビューすることができます。一方、バックエンドコンポーネントは、事前に割り当てられたアルゴリズム、または設定可能な役割ベースのロジックを使用して、会議で送信および共有される最大16の出席者のビデオストリームを選択します。開発者はアクティブな発言者や最近の発言者など、共有されるビデオストリームを自動的に決定するロジックを構築したり、会議中のビデオストリームの制御や選択をファシリテーターなどの役割に割り当てることができます。このソリューションにより、すべてのミーティングプラットフォームが、それぞれのクライアントでビデオタイルを共有できるようになります。また、サーバー側のカスタムロジックで、実際に会議でストリームされるビデオを選択することもできます。このデモではバックエンドのロジックは参加者の参加順に基づいており、新しい参加者が優先的にビデオをストリーミングするようになっています。このロジックはアーキテクチャ図に描かれている AWS Lambda 関数に格納されています。

Read More
Fuji TV Unified MAM

【お客様事例】株式会社フジテレビジョン 総合コンテンツ管理システムの構築

株式会社フジテレビジョン様では、2019年度の送出マスター設備更新に合わせて、番組素材を一元的に管理する「総合コンテンツ管理システム」を開発・導入されました。これは、従来放送局の送出マスター設備のサブシステムとして構築していた「番組バンク」と呼ばれるシステムとは大きく異なります。クラウドを活用することで、社内設備を最小限にしたシンプルなシステムとなっています。このシステムでは、放送用番組素材だけではなくインターネット動画配信や番組販売用の番組素材も扱い、アーカイブシステムも包括しています。 2020年12 月に開催されたAWS re:Invent 2020では、フジテレビジョン様に「総合コンテンツ管理システム」の導入経緯と効果、今後の展望についてご登壇いただきました。本ブログでは、こちらのセッションをご紹介させていただきます。

Read More
Play Video Store

高品質な動画配信を最速で実現するPLAY VIDEO STORESでのAWSの活用

業界を取り巻く環境 世界的なパンデミックが日本にも影を落としている中、ストリーミングを使ったライブイベントの配信が驚異的な伸びを示しています。2020年の早い段階から、大規模なイベントや対面集会が次々に中止に追い込まれました。オリンピックが延期され、プロスポーツは無観客となりました。企業においても入社式や集合教育、株主総会といったものがソーシャルディスタンスの導入により大きな影響を受けています。この流れの中、ライブイベント配信を支える企業にはこれまで無縁だったビジネスを含め、様々な業界から無数の依頼が舞い込んでおり、その全てに対応するには非常に難しい環境にあります。

Read More

株式会社トラフィック・シム 放送データ共有システム RecShare CLOUD における AWS の活用

メディアワークロードにおける同録の概要や課題 メディアワークロードでは、同録(同時録画または同時録音の略称)という領域があり、例えば、日本の放送事業者に対しては、放送法第十条「放送番組の保存」において、いわゆる「法定同録」の義務が定められています。「法定同録」以外の、視聴者目線での身近な例としては、スポーツや音楽関連などのライブイベントを放送しつつ「同録」しておき、適宜簡易な編集を施してハイライトシーンで利用する例などが挙げられます。前者の法定同録については高い可用性・耐久性が求められますし、後者のイベント利用においては、可用性・耐久性に加えて、編集者にとって使いやすい UI/UX が求められることになります。従来はこれらの要件に対応するには、オンプレミス環境に高価な収録機器や高耐久なストレージなどを調達・設置したり、高価なソフトウェアの購入や開発をする必要がありました。本記事では、これらの課題を解決することができる SaaS ソリューションとして、株式会社トラフィック・シムが提供している RecShare CLOUD における AWS の活用についてご紹介します。

Read More

AWS Service Catalog とAWS Marketplace の CloudEndure を使用して、AWS アカウントのプロビジョニングとサーバーの移行を自動化する

AWS クラウドに移行する予定の会社の移行プロジェクトに関与している場合は、移行の準備、ポートフォリオの発見、計画、設計など、さまざまな段階を経ることでしょう。ほとんどの場合、これらの段階の後に正念場を迎え、物理ベース、仮想ベース、またはクラウドベースのインフラストラクチャワークロードの AWS への移行を開始します。AWS のお客様は、CloudEndure (現在は AWS の会社) などのツールを使用して、アプリケーションの移行、災害復旧や AWS へのレガシーインフラストラクチャのバックアップを自動化します。移行中にお客様が直面する課題の 1 つに、サーバーを管理して、数百または数千の AWS アカウントで構成される階層的なアカウント構造に移動することがあります。このブログ記事では、新しい CloudEndure 移行プロジェクトのセットアップを自動化する方法と、お使いの環境で新しいアカウントを販売するたびに「アカウント自動販売機」を使用してこのプロセスを自動化する方法を学びます。 はじめに CloudEndure は、AWS への大規模な移行と障害復旧のデプロイを簡素化、迅速化、自動化するのに役立ちます。継続的なデータレプリケーションはバックグラウンドで行われ、アプリケーションの中断やパフォーマンスへの影響はありません。これにより、データがリアルタイムで同期され、カットオーバー/フェイルオーバーウィンドウが最小限に抑えられます。カットオーバー/フェイルオーバーが開始されると、CloudEndure は高度に自動化されたマシン変換とオーケストレーションプロセスを実行します。これにより、最も複雑なアプリケーションやデータベースでも、互換性の問題なく、最小限の IT スキルで AWS でネイティブに実行できます。AWS Marketplace から CloudEndure をデプロイできます。 このアカウントの自動販売機を作成するには、AWS Service Catalog、AWS Lambda、AWS Organizations などのネイティブの AWS のサービスを追加で使用します。また、CloudEndure との API 統合を使用して、アカウントの作成後に新しいプロジェクトをセットアップします。さらに、移行をサポートするために、販売したアカウントで AWS Direct Connect、Amazon Kinesis Data Firehose、Amazon S3 Transfer Acceleration などの追加の AWS のサービスを設定して、この参考用のサンプルソリューションを拡張できます。 このソリューションのサービス このソリューションで使用するサービスの簡単なレビューを次に示します。 […]

Read More

AWS Service Catalog、AWS Organizations、AWS Lambda を使用して、アカウントの作成とリソースのプロビジョニングを自動化する

組織が AWS のサービスの使用を拡大するにつれて、ビジネスプロセスの分離またはセキュリティ、コンプライアンス、請求のために複数の AWS アカウントを作成する必要性についてしばしば語られます。私たちが仕事をしている多くのお客様は、各ビジネスユニットで別々の AWS アカウントを使用しているため、組織のさまざまなニーズに対応できます。複数のアカウントを作成すると、運用上の問題が簡素化され、セキュリティやリソースの分離、トラブルの影響の到達範囲の縮小、請求の簡素化などの利点が得られますが、ベースライン設定の作成、ブートストラップ、設定に時間がかかります。お客様は、アカウントの作成とブートストラップをスケーラブルかつ効率的な方法で管理して、定義済みのベースラインを使用して新しいアカウントを作成し、ガバナンスガードレールを配置したいと考えています。最も重要なことは、時間とリソースを節約するために、お客様が自動化を望んでいることです。このブログ記事では、一般的なガードレールを自動化し、デフォルトユーザーの作成、カスタムネットワークの設定、AWS のサービスのキュレーションセットを使用した製品の既存の AWS 環境へのプロビジョニングなどのタスクを設定することにより、アカウントの作成と設定を自動化する方法を紹介します。このブログは、前のブログ記事 AWS Organizations を使用してエンドツーエンドのアカウント作成を自動化する方法で説明した実装を拡張します。 このブログ記事で説明されている AWS のサービス: AWS Organizations は、複数の AWS アカウントのポリシーベースの管理を提供します。AWS Organizations を使用すると、アカウントのグループを作成し、アカウント作成を自動化し、それらのグループのポリシーを適用および管理できます。 AWS Service Catalog は、AWS での使用が承認されているサービスのカタログを作成および管理できます。 AWS CloudFormation は、クラウド環境のすべてのインフラストラクチャリソースを記述およびプロビジョニングするための共通言語を提供します。AWS CloudFormation を使用すると、シンプルなテキストファイルを使用して、すべてのリージョンとアカウントにわたってアプリケーションに必要なすべてのリソースを自動化された安全な方法でモデリングおよびプロビジョニングできます。 AWS Lambda を使用すると、サーバーのプロビジョニングや管理を必要とせずにコードの実行が可能になります。料金は消費したコンピューティングの時間分だけを支払います。コードが実行されていない場合は無料です。 このブログ記事で使用されている用語: ルートアカウント – アカウントビルダーが AWS Service Catalog 製品として起動される単一の AWS アカウント。新しく構築されるすべてのアカウントは、このアカウントで実行されている AWS Organizations のルートの下に作成されます。 ベースラインテンプレート – このテンプレートには、新しく作成されたアカウントの AWS Service Catalog ポートフォリオで AWS […]

Read More

VMware Cloud on AWSにおけるストレージオプションと設計

VMware Cloud on AWSはVMwareのSoftware-Defined Data Center (SDDC)技術をAWSのグローバルインフラストラクチャ上で提供するためVMwareとAWSが共同開発したソリューションです。 様々なストレージ要件のワークロードが存在する場合、利用可能なストレージオプションの種類を把握し、異なる条件下でそれらをどう使っていくことが最適であるかを理解することが重要です。 VMware Cloud on AWSは複数のストレージサービスと統合されており、VMware vSphereワークロードに対して選択肢と柔軟性を提供しています。しかしながら各サービスは特定のシナリオに最適化されており、ワークロード全体に対して最適な単一のアプローチというものはありません。正しいサービスを選択するには、まずVMware vSphereワークロードのストレージ要件やパフォーマンスの統計データを理解しなければいけません。それを踏まえた上で、お客様のワークロードに適したコスト、可用性、パフォーマンス要件を満たすストレージを計画、実装することができます。

Read More
Cloud Video Editing

【Edit in the Cloud】AWSで編集環境を構築する方法 ~Cloud Video Editing テンプレート~

Edit in the Cloudシリーズの第1回目では、AWS上で様々な編集シナリオの想定モデルを実現するための基礎知識を説明しました。今回はいよいよGitHubのサンプルをデプロイする段階に入ります。このステップ バイステップガイドでは、AWS上で編集ホスト、ストレージをデプロイし、接続する方法を詳しく説明します。このテンプレートによりユーザーはAmazon Elastic Compute Cloud (Amazon EC2) 上に編集環境を構築することができます。加えて、Amazon FSx for Windows ファイルサーバーはEC2インスタンスからストレージとして利用し、メディアアセットの共有リポジトリとして活用することができます。また、このテンプレートには、Teradici for Federated Loginと連携したAWS Directory Servicesが含まれており、シームレスな編集体験を可能にしています。では早速テンプレートを利用して環境を構築していきましょう。まずご自身のAWSアカウントを利用して、AWSマネジメントコンソールにログインしたら次のAWS CloudFormationデプロイメントテンプレートを使用します。本テンプレートは現在、US-East-1とUS-West-2で提供しています。

Read More