Amazon Web Services ブログ

Category: Launch

Amazon Elasticsearch Service が Amazon OpenSearch Service となり、OpenSearch 1.0 をサポート

当社では、2015 年に Amazon Elasticsearch Service (Amazon ES) をリリースしました。Amazon ES は、インタラクティブなログ分析、リアルタイムのアプリケーションモニタリング、ウェブサイト検索などの実行を容易にするフルマネージドサービスです。 Amazon ES は、大量のログデータを取り込むことができるため、ログ分析のために長らく愛用され続けています。さらに、UltraWarm 階層とコールドストレージ階層を使用すると、Amazon ES 上の従来のホットストレージと比較して 10 分の 1 のコストに削減できます。Amazon ES は、Logstash、Amazon Kinesis Data Firehose、Amazon CloudWatch Logs、および AWS IoT と統合するため、ユースケースの要件を満たす安全なデータ取り込みツールを選択できます。

Read More

Amazon EKS Anywhere — オンプレミスで Kubernetes クラスターの作成と管理が広く利用可能になりました

AWS re: Invent 2020 では、Amazon Elastic Container Service (Amazon ECS) Anywhere と Amazon Elastic Kubernetes Service (Amazon EKS) の新しいデプロイオプションを顧客のデータセンター内で事前発表しました。 2021 年 9 月 8 日、Amazon EKS Anywhere が広く利用可能になったことをお知らせします。Amazon EKS のデプロイオプションで、2021 年 9 月 8 日から VMware vSphere を使用して Kubernetes クラスターをオンプレミスで簡単に作成し、運用できます。EKS Anywhere は、Kubernetes クラスターをオンプレミスで作成し、運用するためのインストール可能なソフトウェアパッケージと、クラスターのライフサイクルサポートのためのオートメーションツールを提供します。

Read More

新機能 – Amazon EFS Intelligent-Tiering がアクセスパターンの変化に応じてワークロードのコストを最適化

Amazon Elastic File System (Amazon EFS) では、Amazon EFS 標準および Amazon EFS 標準 – Infrequent Access (EFS 標準 – IA) の 2 つの標準ストレージクラスと、Amazon EFS 1 ゾーン および Amazon EFS 1 ゾーン – Infrequent Access (EFS 1 ゾーン – IA) の 2 つのワンゾーンストレージクラスといった 4 つのストレージクラスを提供しています。標準ストレージクラスは、複数のアベイラビリティーゾーン (AZ) 内および複数のアベイラビリティーゾーンにまたがってデータを保存します。1 ゾーンストレージクラスは、マルチ AZ の回復力を必要としないワークロードのために、標準ストレージクラスを使用するファイルシステムと比較して 47% 低い料金で、単一の AZ 内にデータを冗長的に保存します。

Read More

新サービス – Amazon FSx for NetApp ONTAP

2018 年に、フルマネージドで信頼性が高く、高性能なファイルシステムである Amazon FSx ファミリーの最初の 2 つのサービス、すなわち Amazon FSx for Lustre と Amazon FSx for Windows ファイルサーバーについての記事を書きました。これらの両方のサービスでは、ハードウェアのプロビジョニング、ソフトウェア設定、パッチ適用、バックアップなどに対処することなく、一般的なオープンソースおよび商用ライセンスファイルシステムを使用できます。これらのリリース以降、お客様のリクエストに応じて、両方のサービスに多くの新機能を追加しました。

Read More

AWS CloudFormation の新機能 — 障害ポイントからスタックオペレーションをすばやく再試行する

この記事は、Danilo Poccia による寄稿の New for AWS CloudFormation – Quickly Retry Stack Operations from the Point of Failure を翻訳したものです。 クラウドコンピューティングの大きな利点の 1 つは、プログラム可能なインフラストラクチャにアクセスできることです。これにより、Infrastructure as Code を管理し、インフラストラクチャのプロビジョニングに同じアプリケーションコード開発のプラクティスを適用できます。 AWS CloudFormation は、関連する AWS およびサードパーティーのリソースのコレクションをモデル化し、それらを迅速かつ一貫してプロビジョニングし、ライフサイクル全体を通じて管理するための簡単な方法を提供します。CloudFormation テンプレートは、目的のリソースとその依存関係を記述し、それらをスタックとしてまとめて起動して設定できるようにします。テンプレートを使用して、リソースを個別に管理するのではなく、スタック全体を 1 つのユニットとして作成、更新、および削除できます。

Read More

多くの新機能を備えた Amazon Managed Grafana が一般公開されました

12 月に、AWS は Amazon Managed Grafana のプレビューをご紹介しました。Amazon Managed Grafana は Grafana Labs と共同で開発したフルマネージドサービスで、複数のソースからのデータを視覚化して分析するために Grafana のオープンソースバージョンとエンタープライズバージョンを簡単に使用できるようにします。Amazon Managed Grafana を使用することにより、サーバーのプロビジョニングや、ソフトウェアの設定と更新を行う必要なく、メトリクス、ログ、およびトレースを分析できます。 プレビュー中、Amazon Managed Grafana は新機能で更新されました。今回は、追加の新機能を備えた Amazon Managed Grafana が一般公開されたことをお知らせしたいと思います。

Read More

Amazon MemoryDB for Redis の紹介 – Redis 互換で耐久性に優れたインメモリデータベースサービス

インタラクティブなアプリケーションは、リクエストを処理して迅速に対応する必要があり、この要件はアーキテクチャのすべてのコンポーネントにまで及んでいます。マイクロサービスを採用し、アーキテクチャが相互に通信する多数の小さな独立したサービスで構成されている場合、これはさらに重要です。 このため、データベースのパフォーマンスは、アプリケーションの成功に不可欠です。読み取りレイテンシーをマイクロ秒に減らすために、耐久性のあるデータベースの前にインメモリキャッシュを配置できます。キャッシュのために、多くの開発者はオープンソースのインメモリデータ構造ストアである Redis を使用しています。実際、 Stack Overflowの2021開発者調査によると、Redisは5年間最も愛されているデータベースです。 このような要件のシステムを AWS で実装するには、完全マネージド型のインメモリキャッシュサービスであるAmazon ElastiCache for Redis を、 Amazon Aurora や Amazon DynamoDB などの耐久性のあるデータベースサービスの前で低レイテンシーキャッシュとして使用して、データ損失を最小限に抑えます。ただし、この設定では、キャッシュとデータベースとの同期を維持するために、アプリケーションにカスタムコードを導入する必要があります。また、キャッシュとデータベースの両方を実行する場合にもコストが発生します。

Read More

最新の AWS ヒーローの発表 – 2021 年 8 月

AWS ヒーローは一歩先を行き、コミュニティと知識を共有し、ユーザーが AWS でより良く、より迅速に構築できるよう支援しています。先月、AWS ヒーローコンテンツライブラリを立ち上げました。これは、ビルダーがインスピレーションを得て、ブログ、動画、スライドプレゼンテーション、ポッドキャスト、オープンソースプロジェクトなど、AWS ヒーローが作成した教育コンテンツから学ぶことができるワンストップライブラリです。技術コミュニティが進化するにつれ、新しいヒーローが続々登場しています。四半期ごとに、コミュニティの知識共有に大きな影響を与え、高く評価されている世界中の優れた個人グループを表彰しています。 今回は、カメルーンとマレーシアの最初のヒーローを含む、最新の AWS ヒーローをご紹介します。

Read More

AWS Backup Audit Manager を使用したバックアップコンプライアンスのモニタリング、評価、デモンストレーション

2021 年 8 月 24 日、AWS Backup Audit Manager が利用可能になったことをお知らせします。これは、バックアップのコンプライアンスステータスがビジネスおよび規制要件に適合しているかをモニタリングおよび評価するのに役立ち、監査人や規制当局へのコンプライアンスの実証に役立つレポートを生成することを可能にする、AWS Backup の新機能です。 AWS Backup は、AWS アプリケーションのポリシー主導のバックアップと復元を開始する機能を提供するフルマネージドサービスで、カスタムスクリプトや手動プロセスの必要性を排除することにより、データを大規模に保護するプロセスを簡素化します。しかし、お客様は、バックアップポリシーが適用されていることを検証し、監査人に対してコンプライアンスを証明する一環として、バックアップトランスクリプトを解析して監査可能なレポートに変換するために、独自のツールを使用する必要がありました。

Read More

Amazon MemoryDB for Redis のご紹介 – Redis 互換で耐久性に優れたインメモリデータベースサービス

インタラクティブなアプリケーションは、非常に迅速にリクエストを処理して対応する必要があり、アーキテクチャのすべてのコンポーネントでも同様にこの要件を満たす必要があります。マイクロサービスを採用し、アーキテクチャが相互に通信する多数の小さな独立したサービスで構成されている場合、これはさらに重要です。 このため、データベースのパフォーマンスは、アプリケーションの成功に不可欠です。読み取りレイテンシーをマイクロ秒に減らすために、耐久性のあるデータベースの前にインメモリキャッシュを配置できます。キャッシュの目的で、多くのデベロッパーはオープンソースのインメモリデータ構造ストアである Redis を使用しています。実際、Stack Overflow の 2021 Developer Surveyによると、5 年間にわたって、Redis は最も愛用されているデータベースです。

Read More