Amazon Web Services ブログ

Category: Compute

AWS中国リージョンでAWSサービスを活用して構築されたスマートホームソリューションと家電製品との接続

この記事は、Connecting home appliances with a smart home solution built on AWS in the AWS China Region を翻訳したものです。 本ブログでは、AWSサービスを活用した家電メーカーのスマートホームソリューション構築および維持する方法を紹介していきます。これらのソリューションは、接続された製品の付加価値を提供するプラットフォームであると同時に、ユーザーが製品を利用するためのアプリケーションでもあります。中国で家電製品を製造して世界中で販売しているお客様の実際のユースケースとなります。本ブログではエンドツーエンドソリューションの概要のリファレンスアーキテクチャについて紹介し、AWS IoTと他のAWSサービスをどのように連携したかのコアユースケースについて説明します。本ブログにより、スマート家電を利用する家族と情報共有するためにどのようにセキュアに構築したか、およびAWS中国リージョンで大規模な家電製品のフリートを安全に管理する方法を学習できます。本ブログには Python コードスニペットが含まれているので、デバイスからスマートホーム IoT プラットフォームにデータを送信し、デバイスからユーザー向けのモバイルアプリケーションや Web アプリケーションへのマルチメディアファイルを安全に共有するソリューションをトライできます。

Read More

AWS App Mesh を使用した Amazon ECS でのカナリアデプロイパイプラインの作成

この記事は Create a pipeline with canary deployments for Amazon ECS using AWS App Mesh を翻訳したものです。 この記事では Amazon Elastic Container Service (Amazon ECS) で実行されるアプリケーションのカナリアデプロイ戦略を、AWS App Meshと組み合わせて実装する方法を説明します。ALB の加重ターゲットグループを使用した AWS CodeDeploy でのカナリアデプロイを行う場合はこちらの記事を参照してください。

Read More

[開催報告] Mobile World Congress 2021: AWS Virtual Village Re:Cap

アマゾン ウェブ サービス ジャパン株式会社 ソリューションアーキテクトの宮田です。 通信事業者の方々、通信業界に関わられている方々、5G やエッジコンピューティングなどの最新技術の動向にご興味のある方々を主な対象として、2021年8月11日に「Mobile World Congress 2021: AWS Virtual Village Re:Cap」をウェビナーで開催しました。 本記事では通信領域における導入事例を含め、当日の内容・動画を皆様にご紹介します。

Read More

[AWS Black Belt Online Seminar] CON201 ECS 入門 資料公開

AWS Black Belt オンラインセミナー「CON201 ECS 入門」を公開します。視聴は YouTube から、資料閲覧は SlideShare から可能です。 本セッションでは、Amazon Elastic Container Service (Amazon ECS) について、Amazon ECS や AWS におけるコンテナ実行環境に興味がある、Docker やコンテナの概念を多少ご存じの方に向けて、Amazon ECS の特徴を短い動画やスライドでご紹介いたします。Amazon Elastic Compute Cloud (Amazon EC2) をコンテナの実行環境 (データプレーン) として利用する場合の動作の概念や、Amazon ECS におけるリソース表現といった基本的な内容をご紹介いたします。 なお、本セッションと合わせて「CON202 ECS での Fargate 入門」も公開しております。是非、こちらも合わせてご覧ください。また、コンテナの基本的な概念については「CON141 コンテナ入門」でご紹介しておりますので、こちらもご覧いただくことをおすすめいたします。 今回の YouTube は AWS Black Belt オンライン AWS コンテナサービスシリーズの YouTube の再生リストにも追加しております。 また、AWS Black Belt Online […]

Read More

2020年 AWS Container Security Surveyの結果

この記事は、Results of the 2020 AWS Container Security Survey ( 2020/12/03 投稿 ) を翻訳したものです。 2019 年、我々は初めて AWS Container Security Survey を発表しました。そして、 2020 年も皆様に本 Survey を提供します。 2019 年と同様に、2020 年も AWS のコンテナユーザーに対し匿名での調査を実施しました。調査ページにアクセスした 655 名のうち 295 名が回答に着手し、そのうち 156 名が最後まで回答してくださいました(完了率 52 %)。かかった時間は平均 10 分強でした。質問を提案して下さった方々 及び 本 Survey の拡散に協力してくださった方々に改めてお礼申し上げます。 ご参加いただいた皆様、ご意見をお寄せいただいた皆様、本当にありがとうございました。 グラフを見ると、全体的にコンテナセキュリティに関するグッドプラクティスの点で、良い傾向があることがわかります。スキャニングからポリシーに至るまで、ほぼ全ての主要な項目で 2019 年と比べて採用率が上昇しました。特に、 2 つの点が目立っています。 “supply chain management” への取り組みが低下しているように見えますが、この理由については、調査での質問に関連性があるのか、それともより深い理由があるのか、根本的な理由を明らかにするための調査が必要です。 “signing container […]

Read More

[AWS Black Belt Online Seminar] CON202 ECS での Fargate 入門

AWS Black Belt オンラインセミナー「CON202 ECS での Fargate 入門」を公開します。視聴は YouTube から、資料閲覧は SlideShare から可能です。 本セッションは、Amazon Elastic Container Service (Amazon ECS) において実行環境 (データプレーン) として AWS Fargate を利用することについて、コンテナをサーバーレスで利用するメリットや、Amazon Elastic Compute Cloud (Amazon EC2) をコンテナの実行環境として利用する場合との比較を行いながら、AWS Fargate の特徴を短い動画でご紹介いたします。 Amazon ECS や AWS におけるコンテナ実行環境に興味がある、Docker やコンテナの概念を多少ご存じの方など、Amazon ECS や Fargate の初心者の方を対象とした内容ですので、是非お気軽にご覧ください。 なお、本セッションは「CON201 ECS 入門」と関連しておりますので、是非こちらのセッションも合わせてご覧ください。 今回の YouTube は AWS Black Belt オンライン AWS コンテナサービスシリーズの YouTube […]

Read More

新着情報 – 最新世代のインテル Xeon スケーラブルプロセッサを搭載した Amazon EC2 M6i インスタンス

昨年、当社は、AWS が設計した Graviton2 プロセッサを搭載した第 6 世代の EC2 インスタンスをリリースしました。現在、x86 ベースのインスタンスを含め、x86 命令に依存するワークロードのためにコストパフォーマンス上のメリットをもたらせるよう、第 6 世代を拡張しています。 本日、新しい汎用 Amazon EC2 M6i インスタンスが利用可能になったことをお知らせします。このインスタンスでは、同等の第 5 世代インスタンスと比較して、コストパフォーマンスが最大 15% 向上しています。新しいインスタンスは、3.5 GHz のオールコアのターボ周波数を持つ最新世代のインテル Xeon スケーラブルプロセッサ (コードネーム Ice Lake) を搭載しています。 インスタンスがインテルプロセッサを使用していることを示すためにインスタンスタイプ名の末尾に「i」を付けたことにお気付きかもしれません。AMD プロセッサの場合は「a」(M5a インスタンスなど)、Graviton プロセッサの場合は「g」(M6g インスタンスなど) を既に使用しています。

Read More
automatically-compare-two-videos-to-find-common-content

2つのビデオを自動的に比較し共通のコンテンツを探し出す

2つのビデオを比較し、共通している点、異なっている点を特定することはさまざまに役立ちます。2つのビデオソースの間で共通のコンテンツを探し出すことは、次のような多くの興味深いアプリケーションへと可能性を広げます。 自身のコンテンツの、サードパーティビデオによる不正使用を調査する 1組(2つ)のビデオストリームについて、コマーシャルが異なる場合でも確実に同じ番組が流れていることを確認 2つのビデオを比較して、どれくらい共通のコンテンツが存在するかを調べる

Read More

いかにして、Ryanair社は、S3 Object Lambda を使って COVID-19 ウオレット をリリースしたか?

ヨーロッパ最大の航空会社グループであるRyanair Holdings plcは、Buzz社、Lauda社、Malta Air社、Ryanair社の親会社です。80以上の拠点から毎日2,500便以上のフライトで、Covid-19以前では、1億4,900万人のゲストを輸送していました。グループ内では、37か国、225以上の目的地を450機で結びます。更に210機のボーイング737 を発注しました。これは、今後5年間でRyanairグループの運賃の値下げ及び運輸量を2億人に成長させることに繋がります。Ryanair社には、16,000人を超える高度なスキルを持つ航空専門家のチームがあり、ヨーロッパでNo.1の定時運航と、業界をリードする35年の安全基準を提供しています。Ryanair社は、ヨーロッパで最も環境に配慮した最もクリーンな航空会社グループであり、Ryanair社に乗り換えている顧客は、他のヨーロッパの4大主要航空会社と比較してCO2排出量を最大50%削減できます。 2021年3月10日、Ryanair社は、新しいCOVID-19 Travel ウォレットを開始しました。これはモバイルアプリケーションから入手できます。Ryanair社のお客様は、Covid-19 Travel ウォレットを使用して、PCRテストの陰性結果、Covidワクチン接種証明書、およびEU旅行に必要になるその他のCovid関連の文書をアップロードできます。顧客がアップロードしたドキュメントは、AmazonS3 に安全に保存されます。 1つのポイントで、すべてのCovid-19関連の文書を保存し、搭乗券に関連付けることができます。また、空港内を移動中にハードコピーを紛失した場合でも安心です。この新機能には、搭乗券内にあり、スタッフが、ゲートで、デジタル版またはハードコピーのドキュメントを確認することが出来ます。

Read More

Amazon SageMaker で DICOM イメージのアノテーションとMONAI フレームワークを使用した機械学習モデルを構築する

この記事は、“Annotate DICOM images and build an ML model using the MONAI framework on Amazon SageMaker” を翻訳したものです。 DICOM(Digital Imaging and Communications in Medicine)は、X線やMRIの画像と関連するメタデータを含む画像形式です。DICOMは、X線やMRIの表示と解釈を行う医療専門家および医療研究者のための標準です。この投稿の目的は、次の2つの問題を解決することです。 Amazon SageMaker Ground Truth は、組み込みまたはカスタムのデータラベリングワークフローをサポートするフルマネージド型のデータのラベリングサービスです。 カスタムのデータラベリングワークフローを使用してDICOM 画像を表示しラベル付けをします。 クラウド上で機械学習 (ML) モデルを準備、構築、トレーニング、デプロイするための専用ツールを備えた、包括的でフルマネージド型のデータサイエンスプラットフォームであるAmazon SageMaker でMONAI フレームワークを使用して DenseNet 画像分類モデルを開発します。 この記事では、DICOM形式の胸部X線画像と、関連する放射線レポートをフリーテキストファイルとして公開しているMIMIC Chest X-Ray (MIMIC-CXR) Databaseに含まれる、胸部X線DICOM画像データセットを使用しています。ファイルにアクセスするには、ユーザー登録をして、データ使用契約書に署名する必要があります。 画像のラベル付けは、Ground Truth プライベートワークフォースを通じて行います。AWS は、医用画像のラベル付けの経験をもつプロフェッショナルなマネージドワーカーを提供することもできます。

Read More