Amazon Web Services ブログ

Category: Compute

消費財企業と物流ベンダーがAWSデータレイクで車両管理を最適化する方法

この一連のブログのパート1 「消費財企業と物流ベンダーにとって車両管理データレイクが必要な理由」では、消費財企業と物流ベンダーが輸送と車両管理のためにデータレイクを必要とする理由を説明しました。 簡単に要約すると、データレイクは輸送と車両のデータを保存、管理、分析し、車両のメンテナンス、ドライバーの安全、配送ルート、小売業者や顧客の満足度を最適化し、コストと CO2 排出量を削減する理想的な方法です。 このフォローアップブログでは、さまざまなデータタイプとフォーマットにわたって、スケーラブルに簡単にデータを分析し、輸送車両を最適化できる AWS データレイクのアーキテクチャを説明します。

Read More

[AWS Black Belt Online Seminar] CON141 コンテナ入門 資料公開

AWS Black Belt オンラインセミナー「CON141 コンテナ入門」を公開します。視聴は YouTubeから、資料閲覧は SlideShareから可能です。 本セッションでは、コンテナとは何か、コンテナの特徴とメリット、及びコンテナがもたらす価値について10分ほどで説明を行います。コンテナとは何かをこれから学習する方々のみならず、コンテナがビジネスにどのような影響を及ぼすかを知りたい経営者むけに作成しました。 7分45秒目付近では、コンテナ導入で「OpsとDevの境界分離」&「厳密な同一性を維持した形で、成果物がテストから本番環境まで稼働する」ことを可能にし、アプリ開発(Dev)にもインフラ運用(Ops)双方に意味があることを説明しています。 今回の YouTube も AWS Black BeltオンラインAWS コンテナサービスシリーズのYouTubeの再生リストに追加しています。こちらもご利用ください。 AWS Black Belt Online Seminar 全体の資料はこちらにあります AWS Black Belt Online Seminar オンデマンド動画 コンテンツ 一覧 AWS サービス別資料 (すべての過去資料が閲覧できます) プレゼンテーション作成およびスピーカー担当はAWSインターネットメディアソリューション部ソリューションアーキテクトの黄が、記事はAWSコンテナスペシャリスト プリンシパルソリューションアーキテクトの荒木が担当しています。

Read More

[AWS Black Belt Online Seminar] CON350 コンテナとサーバレスの使い分け 資料公開

AWS Black Belt オンラインセミナー「CON350 コンテナとサーバレスの使い分け」を公開します。先日開始した、AWS Black Belt オンラインセミナーのコンテナサービスのビデオ(13分ほど)です。視聴は YouTubeから、資料閲覧は SlideShareから可能です。 サーバレスには魅力が沢山あります。サーバ管理不要、柔軟なスケーリングが利用可能、アイドル時もリソース確保不要、高可用性が組み込み済みなど盛りだくさんです。コンテナスペシャリストとして仕事をしている私ですが、サーバレスは本当に魅力的です。知った上でコンテナを使いたいですよね。 AWSのソリューションアーキテクトとして仕事していると、多くのお客様やパートナーの方からコンテナとサーバレスを勉強はしてきたものの、コンテナとサーバレスをどのように使い分けたらいいのかがわからないので指針がほしいという声をしばしば聞きます。今回のセミナーはそのために作成しました。 説明の中では、3層構造のよくある Web サイト構築をコンテナとサーバレス(と、Amazon EC2)で行う場合について比較をしています。サーバレスでの構築では、Amazon API Gateway を使って、コンテナではロードバランサを使っています。外部からのHTTPリクエスト処理ひとつとっても完全に同じではないのでわかりやすい違いがあります。 どちらでも実装できるのだが、という場合に役に立つのは11ページ目です。コンテナでいくのか、AWS Lambda でいくのかというディシジョンツリーを解説しています。こちらもぜひ御覧ください。 今回の YouTube も AWS Black BeltオンラインAWS コンテナサービスシリーズのYouTubeの再生リストに追加しています。こちらもご利用ください。 AWS Black Belt Online Seminar 全体の資料はこちらにあります AWS Black Belt Online Seminar オンデマンド動画 コンテンツ 一覧 AWS サービス別資料 (すべての過去資料が閲覧できます) 本記事およびスピーカーはいずれも、AWSコンテナスペシャリスト プリンシパルソリューションアーキテクトの荒木が担当しています。  

Read More
Custom checkpointing walkthrough

AWS Lambda でのカスタムチェックポイントによるバッチ処理の最適化

AWS Lambdaは、Amazon Kinesis Data StreamsやAmazon DynamoDB Streamsなどのソースから取得した複数メッセージをバッチ処理できます。通常の操作では、処理を行う関数は1つのバッチから次のバッチに移動して、ストリームからのメッセージを消費します。 ただし、バッチ内のアイテムの1つでエラーが発生すると、そのバッチ内の同じメッセージ群の一部が再処理される可能性があります。新しいカスタムチェックポイント機能により、失敗したメッセージを含むバッチの処理方法をより詳細に制御できるようになりました。 このブログ記事では、バッチ失敗時のデフォルトの動作と、このエラー状態に対処するために開発者が使用可能なオプションについて説明します。また、この新しいチェックポイント機能の使用方法について説明し、ストリーム処理を行う関数内でこの機能を使用する利点についても説明します。

Read More

AWS Network Firewallのデプロイモデル

この記事は Deployment models for AWS Network Firewall (記事公開日: 2020 年 11 月 17 日) を翻訳したものです。一部更新・加筆しています。 前書き AWSのサービスと機能は、セキュリティを最優先事項として構築されています。Amazon Virtual Private Cloud(VPC)を使用する際、お客様はネットワークアクセスコントロールリスト (NACL)とセキュリティグループ(SG)を使用してネットワークセキュリティを制御できます。しかし、多くのお客様はディープパケットインスペクション(DPI)やアプリケーションプロトコル検出、ドメイン名フィルタリング、侵入防止システム(IPS)など、それらの範囲を超える要件が求められます。また、大規模なシステムの場合、現在のSGおよびNACLでサポートされているものより多くのルールを必要とします。 このような場合のために、AWS Network Firewallをリリースしました。このサービスは、VPC向けのステートフルなマネージドネットワークファイアウォールおよびIPSサービスです。本サービスは何万ものルールをサポートしています。Network Firewallを初めて知る場合は、こちらの記事を先にご覧ください。Network Firewallの機能や使用例を説明しています。 この記事では、Network Firewallの一般的なユースケースのデプロイモデルに焦点を当てて解説します。

Read More

[AWS Black Belt Online Seminar] CON261 サービスディスカバリとAWS Cloud Map 資料公開

AWS Black Belt オンラインセミナー「CON261 サービスディスカバリとAWS Cloud Map」を公開します。先日開始した、AWS Black Belt オンラインセミナーのコンテナサービスの5番目のビデオです。視聴は YouTubeから、資料閲覧は SlideShareから可能です。 AWS Cloud Map は Amazon Route53の DNS 機能を介して、 IPv4 または IPv6 のいずれかを使用して、IP アドレスとポート番号の組からそのリソースの場所を取得します。検出 API を使用すると、AWS Cloud Map は IP アドレスとポート番号の組だけでなく、URL や ARN を返すこともできます。 今回のセッションでは、なぜサービスディスカバリが必要か、サービスディスカバリおよびサービスレジストリパターンを紹介し、さらに AWS Cloud Map の説明およびデモ(AWS CLI および、AWSマネジメントコンソール)が含まれています。ビデオは15分程度にまとめておりますのでお好きな時間でご覧ください。

Read More

EC2-Classic Networking は販売終了になります — 準備方法はこちら

2021 年 7 月 29 日 追記:自動化ワークフローのサポートにドキュメントへのリンクを追加し、AWS MGN の料金詳細へのリンクを明確にしました。 また、推奨されるインスタンスタイプのリストを更新して、AWS Nitro System で構築されたものを優先し、タイトルに「Networking」を追加しました。 この記事は、EC2-Classic Networking is Retiring – Here’s How to Prepare を翻訳したものです。 —————————————————————– 2006 年夏、 EC2 の立ち上げに戻りましょう。まず、1 つのインスタンスタイプ (venerable m1.small)、セキュリティグループ、および由緒ある米国東部 (バージニア北部) リージョンから始めました。EC2-Classic ネットワークモデルはフラットで、立ち上げ時には割り当てられたパブリック IP アドレスがありました。 初期のお客様は、すぐに価値を見出し、EC2 をさまざまな方法で使用し始めました。私たちはウェブサイトをホストし、Justin.TV の立ち上げをサポートし、Animoto が Facebook アプリがバイラルになったときに、3400 の驚くほどのインスタンスに拡張できるようにサポートしました。

Read More

Amazon ECS での Windows コンテナによるタスクネットワーキング

この記事は Getting started with task networking on Amazon ECS with Windows containers を翻訳したものです。 本日、AWS は Amazon Elastic Container Service (Amazon ECS) で稼働する Windows ワークロード向けに、awsvpc ネットワークモードのサポートを開始しました。この機能は各タスクを独自の Elastic Network Interface (ENI) に関連付けることで、Amazon ECS 上で動作する Windows タスクに EC2 と同じネットワーク機能をもたらします。 この記事では Amazon ECS で実行する Windows コンテナで、 awsvpc ネットワークモードを使用するための手順を説明します。

Read More
Solution architecture

Amazon S3 Object Lambda を使用してコンテンツを動的に翻訳する

この投稿はシニアソリューションアーキテクト、Sandeep Mohantyによって書かれました。 最近発表された Amazon S3 Object Lambda は、S3 バケット内のデータを動的に変換することで多くの可能性を生み出します。S3 Object Lambda を他の AWS サーバーレスサービスと共に使用して、S3 に保存されているコンテンツをさまざまなクリエイティブな方法で変換できます。1 つの例は、Amazon Translate で S3 Object Lambda を使用して、オンデマンドで S3 バケットのコンテンツを翻訳して提供することです。

Read More
5g-and-wavelength-for-media-and-entertainment

メディア&エンターテインメントでの5GとAWS Wavelengthの活用

ライブ制作における5GとAWS Wavelengthの活用 5Gモバイルサービスが導入で、広帯域化、低遅延化、ネットワークスライシングが実現され、メディアやエンターテインメントでは次のような新しい形の顧客体験の提供に繋がることが期待されています。 拡張現実(Augmented Reality)や仮想現実(Virtual Reality:VR) – これらはしばしばXRと総称されますが、5Gネットワークの機能とモバイル・エッジ・コンピューティング(MEC)を組み合わせることで、これらのタイプのサービスをより柔軟に提供することができます。シーンはネットワーク上でレンダリングされ、XRコンテンツはローカルでのグラフィック処理を最小限に抑えてヘッドセットに直接配信することができます。 ビデオストリーミング – ビデオとオーディオをより高速に、より高品質で配信できるようになったことで、よりインタラクティブなビデオを大画面でストリーミングできるようになります。 ゲームストリーミング – 位置情報サービスやモバイルゲームが新しいジャンルのゲームを生み出したように、5GとMECの機能は、新しいタイプの低遅延ゲーム体験を可能にします。高品質のゲームコンテンツは、前もってダウンロードする必要がなく、性能の低いデバイスに直接ストリーミングすることができます。 これらのユースケースは地域や市場ごとに異なるスピードで成熟し、コンシューマー向け、プロフェッショナル向け、エンタープライズ向けの各ユースケースにおいて、エンドユーザーの体験を徐々に向上させていくと考えられます。

Read More