Amazon Web Services ブログ

Category: Compute

AWS Nitro Systemに於けるベアメタルインスタンスの性能

この記事は、2021 年 8 月 5 日に Matt Koop によって投稿された Bare metal performance with the AWS Nitro System をソリューションアーキテクトの小野が翻訳したものです。 ハイ・パフォーマンス・コンピューティング(HPC)は、アプリケーションの中でも特定プラットフォーム上で最も高いパフォーマンスを要する領域として知られています。当然の疑問として、ワークロードをAWS上に移行した場合のパフォーマンスと、既存のオンプレミスの「ベアメタル」プラットフォームでのパフォーマンスの差はどれくらいなのか、というものがあります。このブログ記事では「ベアメタル」インスタンスとAWSのNitro Hypervisorで動くインスタンスのパフォーマンスの差が、HPCワークロードに於いても僅かである事を紹介します。

Read More

Amazon EKS Anywhere — オンプレミスで Kubernetes クラスターの作成と管理が広く利用可能になりました

AWS re: Invent 2020 では、Amazon Elastic Container Service (Amazon ECS) Anywhere と Amazon Elastic Kubernetes Service (Amazon EKS) の新しいデプロイオプションを顧客のデータセンター内で事前発表しました。 2021 年 9 月 8 日、Amazon EKS Anywhere が広く利用可能になったことをお知らせします。Amazon EKS のデプロイオプションで、2021 年 9 月 8 日から VMware vSphere を使用して Kubernetes クラスターをオンプレミスで簡単に作成し、運用できます。EKS Anywhere は、Kubernetes クラスターをオンプレミスで作成し、運用するためのインストール可能なソフトウェアパッケージと、クラスターのライフサイクルサポートのためのオートメーションツールを提供します。

Read More

初めてのサーバーレスコンテナを AWS に素早くデプロイ

この記事は Fast forward on your first serverless container deployment on AWS を翻訳したものです。 はじめに モダナイゼーションとコンテナ技術は、最近のテクノロジー関連のニュースやレポート、カンファレンスでも話題になっています。コンテナは、オンプレミス、ローカル、およびハイブリッドのワークロードにおいて、モダンなコンピュートレイヤーとして主流になりつつあります。この記事では、コンテナのコンセプトをわかりやすい例で紹介し、AWS に初めてコンテナをデプロイするための軽量なツールセットを提供します。 あなたは技術的な初心者ですか?それとも技術領域以外のロールで仕事をしていますか?時間がある時にコーディングやハンズオンをしていますか?AWS でコンテナをデプロイしてみたいと思ったことはありませんか?もしあなたの答えが「はい」、もしくは「はい」、または「はい」であるならばグッドタイミングです!あなたは数分後には AWS上で最初のコンテナをデプロイして、ビルダーの経験を体験することができるでしょう。

Read More

Amazon Neptuneを活用した薬剤検索ツールのプロトタイピング

昨今、ビジネスニーズの多様化に伴い、社内外でのアプリケーションのニーズも複雑化しており、従来の構成では要件やパフォーマンスを満たせない場合もあります。このようなニーズの多様化に伴い、データベースもユースケースに基づいて選択する必要があります。AWSでは、Purpose-build databaseを用意しており、ユースケース別にデータベースタイプを選択できます。IQVIAサービシーズ ジャパン株式会社(Research & Development Solutions, Clinical Operations, Site Management Support, Centralized Monitoring)と実施したプロトタイピングでは、薬剤検索アプリケーションの特性から、対象データをグラフデータとして保存することで、アプリケーションニーズと高パフォーマンスを期待できると考え、Amazon Neptuneをデータベースとして採用しました。今回は、グラフデータベースであるAmazon Neptune を活用したプロトタイピングをご紹介致します。

Read More

AWS Inferentia上のPyTorch自然言語処理アプリケーションにおいて、12倍のスループットと最小のレイテンシーを実現

この記事は、2021年5月4日に Fabio Nonato de Paula、Mahadevan Balasubramaniam によって投稿された Achieve 12x higher throughput and lowest latency for PyTorch Natural Language Processing applications out-of-the-box on AWS Inferentia を翻訳したものです。2021年6月25日に発表された Amazon EC2 Inf1 インスタンスで新機能、パフォーマンスの向上、値下げを実現 の記事も併せてご参照下さい。 Snap、Alexa、Autodesk などの AWS のお客様は、 AWS Inferentia を使用して、さまざまな機械学習 (ML) デプロイで最高のパフォーマンスと最小のコストを達成しています。自然言語処理 (NLP) モデルは、リアルタイムおよびオフラインのバッチ処理のユースケースで人気が高まっています。当社のお客様は、サポートチャットボット、検索、ランキング、ドキュメントの要約、自然言語理解など、多くのアプリケーションにこれらのモデルをデプロイしています。AWS Inferentia を使うことで、オープンソースの NLP モデルをカスタマイズ無しですぐに実行でき、かつ最高のパフォーマンスと最小のコストを実現できます。

Read More
AWS Webinar - Cloud Optimization for Containers

【開催報告】「 クラウド最適化コンテナ編 ~コンテナ x Graviton2 x スポットインスタンスによるコスト最適化~」セミナー

EC2スポットインスタンススペシャリスト ソリューションアーキテクトの滝口です。2021年8月26日にオンラインで開催された「クラウド最適化コンテナ編 ~コンテナ x Graviton2 x スポットインスタンスによるコスト最適化~」セミナーでは、150名近くの聴衆の方々にご参加いただき、AWSからの技術解説、またAmazon ECSとAmazon EKSそれぞれをお使いの2社のお客様による、Amazon EC2スポットインスタンスを使いこなすための具体的な活用方法をご紹介いただきました。 本記事では、お客様のご登壇資料を含む当日資料をご紹介し、また参加者の皆様からいただいた当日のQ&Aの一部をご紹介します。

Read More

Amazon VPC のルーティング強化により、VPC 内のサブネット間のトラフィックが調査可能に

2019 年 12 月以降、Amazon Virtual Private Cloud (VPC)では、すべての入力トラフィック(北-南トラフィック)の特定のネットワークインターフェイスへのルーティングが許可されるようになりました。この機能を使用できる理由は多数あります。たとえば、侵入検出システム(IDS)アプライアンスを使用して着信トラフィックを検査したり、入力トラフィックをファイアウォールにルーティングするために使用します。

Read More
stream-tennis-matches-through-aws-elemental-medialive-and-generate-real-time-replays-with-amazon-rekognition

AWS Elemental MediaLiveとAmazon Rekognitionでリプレイ映像をリアルタイムで作成する~ テニスでの活用例 ~

放送局では自動化による運用コスト削減のために、クラウドを利用するケースが増えています。例えば、スポーツのライブ中継では、リプレイ映像が利用されます。この作業は従来、編集者が手作業で行っていました。編集者はイベント全体を見て、注目すべきセグメントの開始(マークイン)と終了(マークアウト)のタイムスタンプにフラグを立てます。そして、これらのセグメントをつなぎ合わせて、様々な長さのリプレイを作成します。最新の機械学習(ML)技術を使えば、このような手間のかかる作業を人手を介さずに自動的に行うことができます。この記事ではテニスの試合を例に、AWS Elemental MediaLiveによるビデオストリーミングと、Amazon Rekognitionによるリアルタイムのリプレイ生成を紹介します。

Read More
build-a-live-streaming-chat-application-using-amazon-ivs-and-amazon-chime-sdk

Amazon IVSとAmazon Chime SDKでライブストリーミングチャットアプリケーションを作る方法

低遅延のライブストリーミングの構築やチャット機能の実装は、インタラクティブな体験を求めるお客様からの共通の要望です。例えば、UGC(ユーザー生成コンテンツ)を使ったライブ配信アプリを構築したいと考えているお客様は、ユーザー間の交流を深めるためにチャットを求めています。ライブコマースサービスでは、販売者はライブストリーミング中の製品チャットの問い合わせに対応する必要があり、教育分野では、教師が仮想教室でQ&Aを通じて学生と交流したいと思うかもしれません。 Amazon Chime SDKにAmazon Interactive Video Service (Amazon IVS)を統合することで、お客様は、フルマネージドで低遅延の、チャットを組み込んだインタラクティブなライブ放送イベントを構築することができます。 Amazon IVSは、低遅延でインタラクティブなライブストリーミング体験を迅速に構築するのに役立ちます。Twitchの技術をベースにしたAmazon IVSチャンネルは、完全に管理された低遅延のライブストリームであり、時間指定のメタデータAPIを使用して視聴者の体験を向上させます。 Amazon Chime SDKは、ライブストリーミング用に強化されたチャット体験の構築をサポートします。メッセージング機能であるAmazon Chime SDK for messagingのリリース以来、お客様は非同期、スケーラブル、永続的、インタラクティブなチャット体験やチャット機能を従量課金で構築できるようになりました。

Read More

【今すぐ登録しよう】 リニューアル 9 月 1 日(水)15 時開始!AWS 初級者ウェビナー AWSome Day Online Conference

こんにちは! AWS Webinar チームです。 毎月第一水曜日に開催している AWSome Day Online Conference が、9 月 1 日にリニューアルします! AWSome Day Online Conference は AWS クラウドの基礎を約 3 時間で学べる AWS 初級者を対象としたウェビナーです。2 名の AWS インストラクターが基礎をわかりやすく解説し、視聴いただいた後の次のステップもご案内します。9 月では、そのセッション内容をリニューアルし、AWS 主要サービスの最新情報に加え、IoT、機械学習、ブロックチェーン、人工衛星など次世代システムに活用されている AWS サービスも紹介します。すでに一度 AWSome Day に参加したことがある方でも復習のために再度ご視聴可能となっておりますので、ぜひこの機会にご視聴ください。

Read More