Amazon Web Services ブログ

Category: General

(速報) 2016年AWS Partner Network(APN) Award発表!

みなさん、こんにちは。Partner SA 酒徳です。 本日、東京ミッドタウン カンファレンスホールにてAWS Partner Summit 2017 – Japan が開催され、昨年2016年の功績を讃え、APN Awardの授与式も同時に行われました。 APN Awardは一年を通し、各分野において最もパフォーマンスを発揮されたAPNパートナー様が受賞されるアワードで、今年は下記5つの分野において受賞パートナー様が選出されました。 APN Awardを授与されましたパートナー様とその授与内容についてご紹介させて頂きます。 – APN Partner of the Year 2016 年間を通じて営業・技術・マーケテイング分野等のパートナーとしての総合力で判断し、 AWSのビジネスに最も貢献いただいたAPNパートナー様が受賞 – APN Rising Star of the Year 2016 APNに加入して頂き1年目にして、AWSビジネスに最も高く貢献頂いたAPNパートナー様が受賞 – APN Cloud Business of the Year 2016 AWSが企業のビジネスに大きく貢献いただき、市場に大きな影響を与えたAPNパートナー様が受賞 – APN Architecture of the Year 2016 AWSの利用アーキテクチャがクラウド利用上優れているものの中から、最も先進的、実用的、チャレンジングなものをAWS のソリューションアーキテクトが選定。同システムを構築したAPNパートナー様が受賞 – APN Reference […]

Read More

3月のAWS Black Belt オンラインセミナーのご案内

こんにちは。ソリューションアーキテクトの志村です。AWS Black Belt オンラインセミナー3月の配信についてご案内させて頂きます。今月は2月にリリースされたばかりの「Amazon Chime」をはじめとして、初登場となるサービスが多数あります! 3月の開催予定 サービスカット 3/1(水) 18:00-19:00 Amazon Athena 3/8(水) 18:00-19:00 Amazon Chime 3/15(水) 18:00-19:00 Auto Scaling 3/22(水) 18:00-19:00 Developer Tools (CodeX シリーズ) 3/29(水) 18:00-19:00 Amazon AI ソリューションカット 3/14(火) 12:00-13:00 Well-Architected Framework 3/28(火) 12:00-13:00 動画配信 on AWS お申し込みは、それぞれ上記のリンクより行って頂けます。キャンセルの際も連絡不要ですので是非お早めにご登録ください。Speaker、Staff 一同みなさまのご参加をお待ちしております。

Read More

既存のAmazon EC2インスタンスにIAM Roleがアタッチできるようになりました

AWS Identity and Access Management(IAM) のロール を利用することで、Amazon EC2上で実行するアプリケーションは、AWSが自動的に作成、配布、およびローテーションする一時的なセキュリティ資格情報を利用することができます。一時的な資格情報を使用することは、IAMのベストプラクティスとなっており、インスタンスで長期間の鍵の管理する必要がなくなります。IAM Roles for EC2 (EC2のIAMロール)を使用することで、長期的なAWSアクセスキーを手動またはプログラムで管理する必要もなくなります。そして本日、既存のEC2インスタンスにIAMロールをアタッチすることが可能になり、アプリケーションはAWSによって提供される一時的なセキュリティ資格情報を使用できるようにするよう設定できるようになりました。 また、既存のEC2インスタンスに添付されているIAMロールを変更することも可能になります。 このブログ記事では、AWS CLIを使用して既存のEC2インスタンスにIAMロールをアタッチする方法をご紹介します。 ソリューションの概要 このブログ記事のソリューションでは、 1. IAMロールの作成 2. IAMロールなしで起動された既存のEC2インスタンスにIAMロールをアタッチ 3. アタッチされているIAMロールの付け替え この記事では、新しく作成されたIAMロールを”YourNewRole“とします。このロールに関連付けられたインスタンス・プロファイルを”YourNewRole-Instance-Profile“、 既存のインスタンスを”YourInstanceId“とすることにます。 これら(赤字)はアカウントのリソース名に置き換えてください。 ここでは、AWSコマンドラインインターフェイス(CLI)の設定が完了しており、IAMロールを作成する権限、EC2 APIを呼び出す権限を持っていることを前提としています。 IAMロールの作成 注:既存のIAMロールをアタッチする場合は、このポストの「IAMロールなしで最初に起動された既存のEC2インスタンスにIAMロールをアタッチ」に進んでください。 またAWSマネージメントコンソールを使用してIAMロールを作成してから、同じセクションに進むこともできます。 AWS CLIからIAMロールを作成する前に、信頼ポリシーを作成する必要があります。 信頼ポリシーは、EC2などのAWSサービスがアプリケーションに代わってIAMロールを引き受けることを許可します。 信頼ポリシーを作成するには、下記のポリシーをコピーし、YourNewRole-Trust-Policy.jsonという名前で保存したテキストファイルに貼り付けます。 { “Version”: “2012-10-17”, “Statement”: [ { “Effect”: “Allow”, “Principal”: { “Service”: “ec2.amazonaws.com” }, “Action”: “sts:AssumeRole” } ] } 信頼ポリシーを作成すると、既存のEC2インスタンスにアタッチできるIAMロールを作成する準備が整いました。 AWS CLIからIAMロールを作成 1. AWS […]

Read More

AWS IPv6 の更新 – 15 のリージョンおよび複数の AWS のサービスにまたがるグローバルサポート

過去数年間に、IPv6 のサポートを AWS の多くの異なる部分に追加してきました。最初は 、、、、、、および S3 Transfer Acceleration から開始し、最終的には先月発表した Virtual Private Cloud の EC2 インスタンスに対する IPv6 のサポート (当初は リージョンで利用開始) にまで拡大されました。本日は、VPC の EC2 インスタンスに対する IPv6 のサポートが、合計 15 のリージョンで利用でき、これらのリージョンのうち 9 つで、IPv6 に対する Application Load Balancer のサポートが利用できるようになったことをお知らせします。IPv6 アドレスを使用できるアプリケーションを構築およびデプロイして、サーバー、オブジェクトストレージ、ロードバランサー、およびコンテンツ配信サービスと通信できます。Apple および他のベンダーからの IPv6 サポートの最新のガイドラインに従い、モバイルアプリケーションは、AWS と通信するときに IPv6 アドレスを使用できるようになりました。 IPv6 が 15 リージョンで利用可能に 新しい VPC および既存の VPC の EC2 インスタンスに対する IPv6 のサポートが、、、、、、、、、、、、、、、および リージョンで利用可能になり、今すぐ使用を開始できます。新しい […]

Read More

毎日集計される料金表の通知 ~ AWS料金表API

昨年、AWS のお客様とパートナーから、AWS のサービスの料金を取得するためのシステム的な方法を求める要望が寄せられました。このニーズに対して、昨年 12 月に 13 の AWS のサービスの料金を対象とした AWS の料金表 API を発表しました。この API は、ダウンロード用に JSON および CSV 形式で料金表データを提供し、お客様は AWS のサービスの料金を問い合わせることができます。料金表 API では、Amazon SNS 通知を通じて料金変更の更新情報を受け取ることもできます。 AWS 料金表の API の拡張 過去 3 か月に、当社は AWS の料金表 API サービスを拡張し、すべての AWS のサービスについて料金表データを提供するようにしました。クラウドベースのソリューションの構築またはクラウドへのオンプレミスワークロードの移行に関するコスト分析を行っているお客様は、AWS のサービスの包括的な料金表にこれまでよりも簡単にアクセスできます。これにより、お客様とパートナーは、クラウドソリューションの予算、予測、および計画をより詳細に管理できます。AWS の料金表 API の拡張に加えて、お客様はサインアップして割引料金、新しいサービスやインスタンスタイプの通知を受け取ることができます。通知の受信のサブスクライブの際は、更新情報を受け取るタイミングをカスタマイズでき、1 日 1 回、または料金の更新が発生するたびに設定できます。1 日 1 回の通知を選択した場合、SNS 通知にはその日に適用されたすべての料金変更が含まれます。料金表 API にサブスクライブした場合に受け取る E メール通知のサンプルを次に示します。 料金表 API […]

Read More

事前にご確認ください – AWSにおける2016年12月31日(日本時間2017年1月1日)のうるう秒

2016年末最後の数秒をカウントダウンする場合は、最後に1秒を追加するのを忘れないようにしてください! 次回のうるう秒(通算27回目)が、UTC(世界標準時)の2016年12月31日 23:59:60として挿入されます(訳注:日本標準時では2017年1月1日 8:59:60になります)。これは地球上での時刻(協定世界時)と太陽時(天文時)とのずれを小さくするために行われ、この結果、UTCでは今年最後の1分は61秒あることになります。 参考)「うるう秒」挿入のお知らせ(総務省) 前回のうるう秒の際に出した情報(事前にご確認ください – AWSでのうるう秒対応)は引き続き有効で、今回も同様に処理されますが、少しの違いと進展があります: AWS調整時刻(AWS Adjusted Time) –うるう秒挿入前後の24時間の期間にわたって、うるう秒の1秒を少しずつ分散します(UTCで12月31日の11:59:59から、2017年1月1日12:00:00まで)。AWS調整時刻と協定世界時はこの期間が終了後に同期します。(訳注:この期間の1秒をごくわずかに遅くすることで、追加される1秒を長い時間のなかに分散する方法であり、これは前回うるう秒挿入時と同じ挙動です。詳しくは前回の情報をご確認ください。) Microsoft Windows – Amazonによって提供されたMicrosoft WindowsのAMIを利用しているインスタンスは、AWS調整時刻に従います。 Amazon RDS – 大多数のAmazon RDS インスタンスは (UTCで設定されている場合)“23:59:59” を2回記録します。しかし、Oracle 11.2.0.2、11.2.0.3、12.1.0.1 はAWS調整時刻に従います。Oracle 11.2.0.4と12.1.0.2について詳細な情報が必要な場合はAWSサポートにお問い合わせください。 サポートが必要ですか? このうるう秒挿入についてご質問がある場合は、AWSサポートにコンタクトいただくか、EC2フォーラムにポストしてください。 — Jeff; 翻訳:下佐粉 昭(@simosako) 原文:https://aws.amazon.com/blogs/aws/look-before-you-leap-december-31-2016-leap-second-on-aws/

Read More

新しい AWS Application Discovery Service コンソール

は、クラウドへの移行計画を立てるのに役立ちます。 AWS クラウド導入フレームワークの中心的なコンポーネントとして、これはシステムに関する重要な情報を検出して収集する処理を自動化するプロセスを簡略化します (詳細については、新しい AWS Application Discovery Service – クラウド移行を計画するをお読みください)。 データ収集には 2 つのオプションがあります。軽量エージェントを物理サーバーまたは VM にインストールすることもできますし、VMware 環境で Agentless Discovery Connnector を実行することもできます。 どちらの場合でも、 は以下の情報を収集します。 インストール済みのアプリケーションおよびパッケージ。 実行中のアプリケーションおよびプロセス。 TCP v4 および v6 接続。 カーネルブランドおよびバージョン。 カーネル設定。 カーネルモジュール。 CPU およびメモリの使用状況。 プロセスの作成および終了イベント。 ディスクおよびネットワークイベント。 NIC 情報。 DNS、DHCP、および Active Directory の使用。 軽量エージェントは、リッスンする TCP ポートと関連するプロセスに関する情報も収集します。この機能は Agentless Discovery Connector にも近日中に追加される予定です。 情報は収集され、オプションのレビューのためにローカルに保存されてから、ポート 443 の安全な接続を介してクラウドにアップロードされます。この情報は処理され、相関され、暗号化された形式でリポジトリに格納されます。その後、その情報を使用して移行したいアプリケーションを選択することができます。 新しい Application Discovery […]

Read More

IoTコンピテンシーの紹介

IoTコンピテンシーの紹介 あなたはお客様に革新的なIntenet of Things(IoT)を提供、手助けができるAPNパートナーでしょうか? あなたの会社は、AWSでIoTアプリケーションを構築しようとしている企業顧客にサービスを提供することに重点を置いていますか? IoTにおけるAPNパートナーの機会は莫大です。 IDCは、Internet of Things(IoT)の世界市場は、2015年の6,926億ドルから2020年には1兆4600億ドルに成長し、年間成長率(CAGR)は16.1%になると予測しています。 インストール済みIoT基盤は、2015年の121億人から2020年には300億人以上に増加することが予測され。[1] AWS上で革新的なIoTアプリケーションを構築しようとする世界中のお客様がますます増えています。私たちの目標は、ビジネス目標を達成するのに役立つ顧客とのつながりを支援することです。 AWSコンピテンシープログラムは、お客様が特定のビジネスのニーズにミートした正しいAPNパートナーを探し出すのに役立ちます。re:Invent内で開催されているAWS グローバルパートナーサミットにおいて、2つの新しいAWSコンピテンシーの1つAWS IoTコンピテンシーについて 発表致します。 AWS IoTコンピテンシーの発表 AWS IoTコンピテンシーは、コンサルティング/テクノロジーパートナーが スマートファクトリー、スマートシティ、エネルギー、自動運転、ヘルスケア(これらに限らず)を含む様々なユースケースに技術の提供 かつ/もしくは 開発の能力があることを示します。 AWS IoTコンピテンシーを取得するには、公開事例の提供や第三者の監査を完了させるなど幾つもの要求を満たす必要があります。我々はAWS上でのIoTソリューション/成熟度を示し、お客様がIoTパートナーを特定しコンタクするためにIoTコンピテンシー取得に際して高いバーを設定しました。 要求事項についてはこちらをクリック AWS IoTコンピテンシーパートナーは、次のようなビジネス、技術、およびマーケティングのさまざまなメリットを得る資格を得ます。 ・IoTコンピテンシーのロゴをマーケティング資料に使用できる ・AWS IoTコンピテンシーパートナーとしてのAWS Webサイトで公認 ・AWS partner solution finderでAWS IoTコンピテンシーパートナーとしての指定 ・マーケット開拓のためのファンド提供 ・AWSコンピテンシーとAWSに関するIoTに関する将来のAWS発表に含める際の優位性 ・APNパートナーのスポットライト(引用、お客様の声、ビデオなど)に含める際の優位性 ・ウェブセミナー、ロードショー、イベントのAWSコンピテンシーに関する情報開示の優位性 IoTカテゴリとローンチパートナー 以下にカテゴリ毎にIoTパートナーをご紹介します。おめでとうございます。 エッヂ(Edge):IoTデバイスを構築するために使用されるハードウェアおよびソフトウェア、またはIoTソリューションまたはアプリケーションで使用される完成品を提供するパートナー。 例として、センサー、マイクロプロセッサ、マイクロコントローラ、オペレーションシステム、セキュア通信モジュールや評価/デモキットなどとなります。 ・Intel ・Microchip Technology ゲートウェイ(Gateway):クラウドにエッジデバイスを接続するデータアグリゲーションハードウェアおよび/またはソフトウェアを提供し、エンタープライズITシステムに接続するだけでなく、前段でインテリジェンスを提供するパートナー。 例として、ハードウェアゲートウェイ、プロトコルを変換するソフトウェアコンポーネント、ローカルでの意思決定をサポートするためにオンプレミスプラットフォームなどとなります。 ・MachineShop プラットフォームプロバイダ(Platform Provider):ISVが開発したクラウドベース 収集/解析/行動/IoTデータの活用 のプラットフォーム 例として、デバイス管理システム、可視化ツール、メンテナンス予測、データ解析、機械学習などとなります […]

Read More

AWS Personal Health Dashboard – 関係するリソースの管理

AWS Service Heath Dashboardをリリースしたのは2008年になります。当時はAWS Cloudは比較的新しく、各サービスの利用状態を確認するのにいい手段でした(現在のService Health Dashboardと比べると、この8年でAWSがどのくらい成長した化が見て取れます)。 現在のダッシュボードは、AWSサービス毎の状態を俯瞰的に表示するため、個別最適されたダッシュボードというわけれではありませんでした。そのため、お客様と会話をすると、全体的なダッシュボードというよりは、お客様の利用サービス、リソースに合わせた状態管理を希望されることもありました。 新サービス Personal Health Dashboard 関心のあるサービスについてより多くの情報を提供できるよう、AWS Personal Health Dashboardをリリースしました。サービス名の通り、このダッシュボードは利用しているAWSサービスのパフォーマンス、可用性に関した個別のビューのみならず、サービスの状態に変化が会った際にはアラートを自動的に発行します。利用中のサービスに関して一元的に監視するためにデザインされており、影響を及ぼすであろう問題に関して、より詳細に可視化することが可能です。ダッシュボードに関係する情報が登録されると、コンソールから通知アイコンを確認出来ます。 “issues”をクリックすると、影響するであろうAWSインフラストラクチャが確認できます(これらのデータはすべてテストデータです)。 アイテムをクリックするとその問題を修復するためのガイダンスを含むより詳細の情報を確認することができます。 また事前に予定されているアクティビティを確認することで注意喚起をうながすこともできます。 それ以外にも、興味のあるサービスについての情報を確認することもできます。 またCloudWatch Eventsと連携することで、アラート対応でしたり、スケジュールイベント対応を自動化させることも可能です。例えば、自主的にメンテナンスイベント対応が必要なEC2インスタンスを移動することで、メンテナンスイベント通知対応が可能になります。 ご自身のアカウントがビジネスサポート、もしくはエンタープライズサポートに加入頂いてる場合、この新しいAWS Health APIをご利用頂けます。このAPIを使い、Personal HealthDashboardの情報をを既存のITマネジメントツールとの連携されることがが可能になります。 – Jeff(翻訳はSA酒徳が担当しました。原文はこちら)

Read More