Amazon Web Services ブログ

Category: General

公共部門のデジタル化がもたらす大きな可能性 デジタル技術の「民主化」が日本の隅々で加速するデジタルトランスフォーメーションを支援

AWS は発足から 3 年目を迎えたデジタル庁と、ガバメントクラウドの加速を継続して支援します 急ピッチでデジ […]

AWS Application Migration Serviceを使用してAzureのWordPressをAWSに移行する

AWS MGNは、高度に自動化されたリフト&シフトソリューションを提供することで、クラウド移行の簡素化、促進、コスト削減を実現します。 1台のサーバーにつき最大 90 日間、サーバーの数に制限なく無料で移行できます。ほとんどのお客様は、この 90 日以内にサーバーの移行を完了し、AWS Application Migration Service を無料でご利用いただけます。
このブログでは、AWS MGN を使用して Azure 上の仮想マシンを AWS に移行する方法について解説します。 移行をスムーズに成功させるための手順、ベストプラクティス、留意点について説明し、AWS が提供する様々な機能を最適に活用できるよう助言します。

AWS での IoT ワークロードのデプロイと管理

モノのインターネット ( IoT ) ワークロードを導入しようとする場合、企業はプラットフォームを複数の選択肢から選択することになります。この選択肢はさまざまで、独自デバイスのハードウェアを含めて完全にゼロから構築する方法や、事前に設定されたハードウェアを購入して、完全な SaaS (Software as a Service) IoT プラットフォームに接続するような方法があります。
このブログの目的は、IoT ソリューションの設計に必要なスキルや知識を理解し、どのコンポーネントを自前で開発して、どのコンポーネントを外部の技術ソリューションとして買ってくるのかを判断できるようにすることです。IoT ワークロードを AWS に移行しようと考えている場合は、 「 AWS IoT Core へのシームレスな移行を計画する 」 をご参照ください。 AWS を利用することによる、移行プロセスの簡略化、提供可能なサポート、得られるメリットなどを理解するための最初のステップとして役立ちます。

Amazon EKS Pod Identity を利用した Amazon Bedrock アプリケーションの実行

このブログでは、 Amazon EKS 上で動作するアプリケーションに対して、Amazon EKS Pod Identity を利用して Amazon Bedrock への IAM ロール 権限を追加する方法をご紹介します。 Amazon EKS Pod Identity を利用して ServiceAccount との IAM ロールのアソシエーションを行うと、 ServiceAccount を Pod に指定するだけで、 IAM ロールベースのアクセス権限を簡単に付与することができます。

Anywhere Real Estate が AWS を利用して物件の検索、マーケティング、取引体験をモダナイズしている方法

不動産仲介業者や代理店にとって、優れた不動産リスティングを行うには優れたマーケティングが必要です。 Anywhere Real Estate の Listing Concierge アプリケーションはこのニーズを満たし、リスティング促進のための直感的なツールセットを提供します。

AWS Migration Hub Orchestrator を使用した SAP システムの移行

AWS Migration Hub Orchestrator for SAP は、手動タスクの多くを排除し、移行中に関係するさまざまなツール間の依存関係を管理し、移行の進捗状況を 1 か所で確認できるようにすることで、AWS への移行に必要な時間と労力を削減します。
このブログでは、AWS Migration Hub Orchestrator の仕組み、アーキテクチャ、サポートされている移行パターン、前提条件、および全体的な移行プロセスについて説明します。

簡単に構築できる AWS コスト可視化ダッシュボードのユースケース – Cost and Usage Dashboard (CUD) と CUDOS –

AWS のコスト最適化および可視化を支援するダッシュボードである Cost and Usage Dashboard (CUD) と Cloud Intelligence Dashboards のひとつである CUDOS ダッシュボード (CUDOS) をご紹介します。これらビジュアル化されたダッシュボードは、AWS コンソールにアクセスできない、より広い範囲のステークホルダーに対して、コストに関するインサイトやインタラクティブな分析結果を共有することを容易にします。コストの「見える化」、そしてその分析した情報の共有について、課題をお持ちのお客様に特におすすめします。

Amazon CloudWatch Internet Monitor の紹介

Internet Monitor では、AWS でのワークロードの利用状況に合わせて、可用性やパフォーマンスなどのインターネット測定値を継続的に監視できます。Internet Monitor を使用すると、時間の経過に伴う平均的なインターネットの性能の指標や、場所やインターネットサービスプロバイダー (ISP) ごとの問題 (イベント) に関する洞察を得ることができます。また、Amazon CloudFront、Amazon WorkSpaces ディレクトリ、または Amazon Virtual Private Cloud (Amazon VPC) で直接ホストされているアプリケーションのエンドユーザーのユーザー体験に影響を与えているイベントを簡単に特定できます。アプリケーションエンドポイントに関連する測定値により、問題の範囲、場所、根本原因をすばやく特定できるため、修正に必要なアクションを実行できます。これらすべてを、アプリケーションコードを変更することなく、またワークロードのパフォーマンスに影響を与えることなく実行できます。