Amazon Web Services ブログ

Category: General

AWS Control Tower が東京リージョンでご利用いただけるようになりました

みなさん、こんにちは。アマゾン ウェブ サービス ジャパン、シニアエバンジェリストの亀田です。 AWS Control Tower が東京リージョンで利用可能となりましたのでお知らせいたします。 AWS Control Tower Control Tower はセキュアなマルチアカウント AWS 環境をセットアップおよび管理するために利用できるサービスです。複数の AWS アカウントやチームがある場合、クラウドのセットアップと管理はそれぞれのコンプライアンスポリシーなどに照らし合わせて設定を行う必要があり、複雑で時間のかかる作業になってしまうケースが多くあります。Control Tower では、新しくセキュアなマルチアカウントの AWS 環境を、セットアップし管理するための最も簡単な方法が提供され、AWS が何千ものエンタープライズのクラウド移行業務を通して確立した、ベストプラクティスに基づいて開発されています。 Control Tower を用いて一度ガバナンスとベストプラクティスを設定した後は、追加のAWSアカウントは、数クリックだけでプロビジョニングすることができるようになります。 Landing Zone 従来東京リージョンでは、Control Tower が利用できなかったため、Landing Zoneという、セキュアなマルチアカウントの AWS 環境をより迅速に設定できるようにするソリューションが提供されていました。Landing Zoneを使うと、環境セットアップが自動化され、コアアカウントとリソースの作成時に初期セキュリティベースラインの実装が行われます。さらに、マルチアカウントアーキテクチャ、ID およびアクセス管理、ガバナンス、データセキュリティ、ネットワーク設計、ログ作成を開始するためのベースライン環境設定などが行われます。現在Landing Zone は引き続きサポートが提供されますが、新しい機能提供などはControl Tower が基本となり今後行われていくことになります。 Control Tower では、ID、フェデレーティッドアクセス、アカウント構造のためのベストプラクティスの設計図を使用して、新しい Landing Zone のセットアップが自動化されます。例えば以下のような設計図が用意されています。 AWS Organizations を使用したマルチアカウント環境の作成 AWS Single Sign-On (SSO) のデフォルトのディレクトリを使用した ID […]

Read More

AWS Step Functions コールバックを利用した外部システム連携

Shared Delivery Teams で Sr. Cloud App Architect を務める Zach Abrahamson による記事です。 AWS Step Functions を使用すると、複数の AWS サービスを調整してサーバーレスワークフローに落とし込めるため、アプリケーションの開発と更新を迅速に行うことができます。Step Functions を使用すると、AWS Lambda や Amazon ECS のようなサービスを機能豊富なアプリケーションに統合するワークフローを設計および実行できます。

Read More

AWS CDKでクラウドアプリケーションを開発するためのベストプラクティス

この記事では、AWS Cloud Development Kit (AWS CDK) を中心とした、大規模なチームで複雑なクラウドアプリケーションの開発を組織化するための戦略について説明します。AWS CDK では、開発者や管理者は、TypeScript、Python、Java、C#などの使い慣れたプログラミング言語を使ってクラウドアプリケーションを定義することができます。アプリケーションは、Stage、Stack、Constructに整理されており、ランタイムロジック (AWS Lambda コードやコンテナ化されたサービスなど) と、Amazon Simple Storage Service (Amazon S3) バケット、Amazon Relational Database Service (Amazon RDS) データベース、ネットワークなどのインフラストラクチャコンポーネントの両方において、モジュール化された設計手法を可能にしています。 この記事では、AWS CDKの基本的なコンセプトに関する簡単なチュートリアルではなく、より実践的な内容について説明します。ローカルでコードを書きテストする方法や、本番環境や様々なステージングアカウントにデプロイする方法、そしてチームのアプリを整理して、より大きな組織で活用する方法について説明します。 AWS CDKを初めてご利用になる方は、AWS CDK Intro Workshop から始めることを強くお勧めします。この記事では、いくつかの高度なトピックを扱っていますが、基礎を把握しておくと良いでしょう。詳細については、AWS CDKリファレンスドキュメントとGitHub リポジトリにある aws-cdk-examples  のサンプルコードを参照してください。

Read More

【開催報告】アップデート紹介とちょっぴりDiveDeepするAWSの時間 第三回(03/25)

みなさんこんにちは!アマゾンウェブサービスジャパン株式会社 ソリューションアーキテクトの柴田です。 3月25日に「第三回 アップデート紹介とちょっぴりDiveDeepするAWSの時間」をオンラインで開催しました。前回に引き続き多数の方に参加していただくことができました。これまでの“アップデート紹介とちょっぴりDiveDeep”シリーズの様子については第一回目、第二回目の開催ブログも合わせてご参照ください。

Read More
WeeklyAWS

週刊AWS – 2021/3/29週

みなさん、こんにちは。AWSソリューションアーキテクトの小林です。 先週はAmazon Lexの日本語対応を発表いたしました。数多くのお客様にご要望をいただいていたもので、様々なアプリケーションで音声またはチャットによる対話機能を盛り込むことを容易にするサービスです。今後も改善を重ねていきますので、ぜひ試してみていただければ幸いです。 それでは、先週のアップデートを振り返ってみましょう。

Read More

【開催報告】AWSヘルスケアクラウドセミナー~クラウドの基礎から最新サービスまで~

アマゾン ウェブ サービス ジャパン株式会社 インダストリー事業開発部 片岡です。 ヘルスケア領域でクラウド活用を検討頂いている医療機関、医療系サービス提供事業者及びパートナーの皆様を対象として、2021年2月18日に「AWSヘルスケアクラウドセミナー」をウェビナーで開催しました。 医療機関でのクラウド利用が本格化し始めています。本ウェビナーにおいて、AWSセッションでは、クラウドの基礎から最新サービスまで幅広くご説明し、お客様セッションでは、国産初の手術支援ロボット「hinotori™」を開発されたメディカロイド様、そして、日本で初めて保険適用を受けた「治療アプリ?」を開発されたCureApp様にご登壇頂きました。本記事では、セッションでご紹介しましたAWS最新事例や最新サービス、お客様登壇を含む当日の資料・動画を皆様にご紹介します。

Read More

Amazon Connectで統合化した顧客プロファイルを構築する

コール中、コンタクトセンターのエージェントは、多くの場合、顧客の問題を解決するために必要な情報を検索するために、複数のアプリケーションを切り替えます。これは、カスタムのエージェントアプリケーションから顧客関係管理 (CRM) まで、最大 10 種類のアプリケーションを切り替えることを意味します。この問題に対処するために、企業によっては、異なるアプリケーションからの顧客データを自社開発の顧客データベースにまとめて、コンタクトセンターのアプリケーションに供給する複雑な統合に投資しています。これらの統合は、さまざまなアプリケーションでデータをさまざまな形式で保存し、異なる顧客識別子(アカウント ID、電話番号、電子メールアドレスなど)を使用するため、困難でコストがかかります。 Amazon Connect Customer Profiles を使用すると、問い合わせの時点でエージェントに提示された、すべての顧客データを統一したビューにより、より少ない労力でよりパーソナライズされた顧客体験を提供できるようになりました。Amazon Connect Customer Profiles は、Salesforce、Service Now、自社開発のアプリケーションなどのさまざまなデータソースからの顧客データを Amazon Connect の問い合わせ履歴と組み合わせて、統一された顧客プロファイルを作成します。詳細については、管理者ガイドと API ドキュメントを参照してください。 以前のブログでは、数回クリックするだけで、サードパーティ製アプリケーションへのコネクタを設定する方法を学びました。事前に構成されたコネクタの仕組みを理解できたので、このブログでは、統一された顧客プロファイルの作成、パーソナライズされたルーティングの設定、およびエージェントデスクトップへの顧客プロファイルの埋め込み方法について説明します。

Read More

【開催報告】 2021春の機械学習勉強会

こんにちは! アマゾンウェブサービスジャパン株式会社 ソリューションアーキテクトの黄です。 2021年3月17日に、 デジタルネイティブ企業のお客様向けに「2021春の機械学習勉強会」を開催いたしました。勉強会の開催報告として、勉強会で行った内容などを公開いたします。 開催の背景 私達ソリューションアーキテクトは日々、多くのお客様とお話しをさせていただく機会がありますが、その中で「サービスに機械学習を取り入れたい」や「機械学習をどの様に始めれば良い?」といったご相談をいただくことがあります。そこで今回は、機械学習に興味があるけどまだ試したことがない方や、これから試そうとしている方に向けて、機械学習の基礎をプログラミングを通じて学ぶ勉強会を開催しました。 勉強会の内容 勉強会は前半座学、後半ハンズオンという2部構成で行い、2名の機械学習の スペシャリストソリューションアーキテクト がそれぞれ前半と後半の講師を担当しました。 機械学習勉強会 – 座学 ( SA 呉 和仁 ) 前半の座学では、まず最初に機械学習とは何かについて解説を行い、機械学習の起源とされている最小二乗法と小惑星セレスの場所を予測した歴史から機械学習の構成要素、及び現在ビジネスへの適用の準備状況などについても解説しました。 座学中盤は、機械学習の種類について、教師あり学習・教師なし学習・強化学習の3種類があることを、画像認識、テキストの感情分析、DeepRacerなどの実例を交えながら解説しました。 座学の最後には、ビジネスに機械学習を取り入れる時に必要な要素、MLプロジェクトの進め方、MLプロジェクトを加速する為の近道などについて解説しました。   機械学習勉強会 – ハンズオン ( SA 鮫島 正樹 ) 勉強会後半のハンズオンでは、 Amazon SageMaker のノートブックインスタンス環境と深層学習フレームワークの Tensorflow を利用した実際のプログラミングを通じた機械学習の手法について体験しました。 ハンズオンでは、 MNIST とよばれる手書き数字の画像データセットと機械学習のライブラリである scikit-learnを使った画像分類を行いました。 k-近傍法 (k-nearest neighbor) 、決定木 (Decision Trees) の実装方法と MNIST へ適用する方法を実際にプログラミングしました。また、二つの手法の違いを推論時間の測定を通じて確認しました。その他のアルゴリズムとして Random Forest も取り上げました。 ハンズオンの後半には、深層学習 (Deep […]

Read More

Amazon API Gatewayのカスタムドメイン名がマルチレベルのベースパスマッピングをサポート

投稿日:2021年3月30日 PDT Amazon API Gateway のカスタムドメイン名のパスセグメントを構成することで、API Gatewayが受けたリクエストを異なるAPIリソースにルーティングできるようになりました。マルチレベルのベースパスマッピングを使用すると、パスベースでAPIのバージョンを実装することができ、APIトラフィックを多くのセグメント(マルチレベル)を持つリクエストパスに従ってAPI間で移行できます。

Read More

AWS Hands-on for Beginners AWS エッジサービス入門ハンズオンを公開しました!

こんにちは、テクニカルソリューションアーキテクトの文珠です。最近はとても暖かくなり、ようやく春が来たと思えるような陽気になりました。私は運動不足の解消のためにも外に出ようと心がけるのですが、花粉症の主症状が年々表面化してきて辛いので、引き続きのインドア生活を謳歌することになりそうです。 さて、 AWS Hands-on for Beginners シリーズの新コンテンツとして、エッジサービス入門ハンズオンを追加しました。具体的には、 Amazon CloudFront AWS WAF の2つのサービスを主に使っていただくハンズオンとなります。本コンテンツでは、上記の AWS サービスの使い方を学べるだけではなく、エッジサービスとは何か?なぜ必要になるのか?といった解説を実際の検証とセットで行っております。 Amazon CloudFront や AWS WAF の導入を検討されている方だけでなく、エッジサービスそのものについて理解したい方にもオススメのコンテンツとなっておりますので、動画を閲覧される方は最後までお付き合いいただけると幸いです。 今回の記事では、前半に本コンテンツの大まかな解説をさせていただきます。後半では、 Amazon CloudFront と AWS WAF 以外の AWS のエッジサービスについて紹介したいと思います。

Read More