Amazon Web Services ブログ

Category: Compute

新機能 — AWS Outposts での Amazon Elastic Block Store のローカルスナップショット

今後、AWS Outpostsのお客様がAmazon Elastic Block Store (EBS) ボリュームのローカルスナップショットを作成して、データレジデンシー要件とローカルバックアップ要件を簡単に満たせることを、本日お知らせいたします。AWS Outposts は、ほぼすべてのデータセンター、コロケーションスペース、オンプレミス施設に同じ AWS インフラストラクチャ、サービス、API、ツールを提供し、真に一貫性のあるハイブリッドエクスペリエンスを実現するフルマネージドサービスです。これまでは、Outposts の Amazon EBS スナップショットは、AWS リージョンのAmazon Simple Storage Service (S3)にデフォルトで保存されていました。ご利用の Outpost がOutposts 上の Amazon S3でプロビジョニングされている場合、今後は Outpost でスナップショットをローカルに保存できます。 お客様は AWS Outposts を使用して、低レイテンシー、ローカルデータ処理、またはデータの保管に関する要件を満たすためにオンプレミスで実行が必要なアプリケーションをサポートします。現在、AWS リージョンが存在しない国で AWS サービスを利用しようとしているお客様は、Outposts でのアプリケーションの実行を選択できます。規制、契約、または情報セキュリティの理由から、データを特定の国、州、自治体に保持する必要がある場合があります。これらのお客様は、アプリケーションを稼働させるために、スナップショットとAmazon マシンイメージ(AMI)のデータを、Outposts でローカルに保存する必要があります。さらに、一部のお客様は、ローカルバックアップに対して低レイテンシーアクセスを必要とするワークロードを求めることもできます。 Outposts の EBS ローカルスナップショットは、スナップショットと AMI データを Outposts の Amazon S3 でローカルに保存できる新機能です。AWS マネジメントコンソール、AWS コマンドラインインターフェイス (CLI) 、AWS SDK を使用して、Outposts で […]

Read More

Amazon EKS を利用した、ステートレスなマルチリージョンアプリケーションの運用

この記事は、Operating a multi-regional stateless application using Amazon EKS を翻訳したものです。 本投稿は、Sr Solutions Architect の Re Alvarez-Parmar と、Technical Account Manager の Avi Harari により寄稿されました。 AWS の上で運用を行う主な利点の一つは、お客様が AWS のグローバルフットプリントを利用して複数のリージョンでワークロードを実行することが、いかに簡単かという点です。ディザスターリカバリーをサポートするため、あるいはエンドユーザーとなるお客様の近くでアプリケーションを稼働させるためにマルチリージョンアーキテクチャが必要な場合、AWS はアプリケーションの可用性や信頼性、そしてレイテンシーを改善するためのビルディングブロックを提供します。本投稿では、Amazon Elastic Kubernetes Service (Amazon EKS) を使用して複数の AWS リージョンでアプリケーションを実行し、AWS Global Accelerator を使用して AWS リージョン間でトラフィックを分散する方法を示します。 本投稿での説明をシンプルにするために、複数の AWS リージョンを跨いで実行されるステートレスアプリケーションにスコープを絞って説明しています。データの永続化が必要なワークロードでは、DynamoDB グローバルテーブル、 Amazon Aurora グローバルデータベース、そして Amazon S3 クロスリージョンレプリケーションのような機能を利用することができます。本投稿では、ステートレスアプリケーションの基本的なアーキテクチャを提案しています。ステートフルなマルチリージョンアプリケーションのブループリントをビルドするために、データやデータベースレプリケーションサービスでこのアーキテクチャを補完することもできます。 Amazon EKS はグローバル化においてどのように役に立つのか Kubernetes の宣言的なシステムは、マルチリージョンデプロイメントを運用するための理想的なプラットフォームとなります。宣言的なシステムでは、desired […]

Read More

AWS Compute Optimizer を使用した AWS Lambda のコストとパフォーマンスの最適化

本投稿は AWS Compute Optimizer のシニアプロダクトマネージャーである Brooke Chen、AWS Compute Optimizer のプリンシパルプロダクトマネージャーである Letian Feng、Amazon EC2 のプリンシパルデベロッパーアドボケイトである Chad Schmutzer による寄稿です。 コンピューティングリソースの最適化は、あらゆるアプリケーションアーキテクチャにとって重要な作業です。計算処理リソースの過剰なプロビジョニングは不要なインフラストラクチャコストにつながる一方で、不足すると、アプリケーションのパフォーマンスの低下につながります。 2019年12月に開始された AWS Compute Optimizer は、AW​​Sコンピューティングリソースのコストとパフォーマンスの最適化のための推奨情報(リコメンデーション)を提示するサービスです。特定のワークロードに合わせた実用的な最適化の推奨事項を生成します。昨年、数千の AWS のお客様が、Compute Optimizer を使用してワークロードに最適な Amazon EC2 インスタンスタイプを選択することで、コンピューティングコストを最大25%削減しました。 お客様から最も頻繁にいただくリクエストの 1 つに、Compute Optimizer で AWS Lambda の推奨事項を提示してほしいというものがありました。これを受けて、2020年12月23日、Compute Optimizer が Lambda 関数の推奨メモリサイズをサポートすることを発表しました。これにより、Lambda ベースのサーバーレスワークロードのコストを最適化し、パフォーマンスを向上させることができます。開始するには、Compute Optimizer をオプトインして、推奨事項の検出に進みましょう。 概要 Lambda を使用すると、管理するサーバーがなく、自動的にスケーリングされ、使用した分だけの料金となるなどの、サーバーレスとしてのメリットが多くあります。ただし、Lambda 関数に適切なメモリサイズ設定を選択することは依然として重要なタスクです。Computer Optimizer は、機械学習ベースでメモリの推奨を行うことで、このタスクを支援します。 この推奨事項の提供機能は、Compute Optimizer コンソール、AWS CLI、AWS […]

Read More

AWS Fargate for Amazon ECS のアップデート

先日、AWS Fargate for Amazon ECS 経由でデプロイされたタスクの設定とメトリクスの収集体験を向上させる機能を発表しました。お客様からのフィードバックに基づき、以下の機能を追加しました。 環境ファイルのサポート シークレットバージョンと JSON キーを使用した、AWS Secrets Manager とのより深い統合 より詳細なネットワークメトリクスと、タスクメタデータエンドポイントを介して利用可能な追加データ この記事を通して、これらのアップデートについて深く掘り下げ、Amazon ECS for AWS Fargate にコンテナをデプロイすると、どこに価値をもたらすことができるかを説明します。まず、簡単なデモアプリケーションのデプロイから始めて、これらの各機能を説明します。

Read More

AWS Step FunctionsとAmazon EKSの統合のご紹介

元の記事:https://aws.amazon.com/blogs/containers/introducing-aws-step-functions-integration-with-amazon-eks/ 本投稿は Romain Jourdanによる記事を翻訳したものです。 私がAWSに入社してからこれが初めてのAWS Container Blogへの投稿となりますが、サーバーレスとKubernetesという2つのテクノロジの融合、具体的にはAWS Step FunctionsとAmazon Elastic Kubernetes Serviceの統合についてお話しできることにこの上なく興奮しています。

Read More

コンテナイメージとしてパッケージ化された Lambda 関数の最適化

AWS Lambda は、re: Invent 2020 でコンテナイメージとしての関数のパッケージ化とデプロイのサポートを開始しました。この記事では、イメージサイズを縮小し、ビルド、デプロイ、更新時間を短縮するコンテナイメージの構築方法を学習します。Lambdaコンテナイメージには、最適化のために考慮すべき固有の特性があります。Lambda 関数のコンテナイメージを最適化するために使用するテクニックは、他の環境で使用するものとは少し異なります。 コンテナイメージを最適化する方法を理解するためには、コンテナイメージのパッケージ方法と、Lambda サービスがどのようにコンテナイメージの取得、キャッシュ、デプロイ、およびリタイアするかを理解することが役に立ちます。

Read More

Amazon ECRのクロスリージョンレプリケーションが公開されました

この記事は Cross region replication in Amazon ECR has landed を翻訳したものです。 本投稿は Michael Brown と Michael Hausenblas が共同で作成しました。 Amazon Elastic Container Registry (ECR) のリージョン間でコンテナイメージを自動的にレプリケーションする機能は、最も要望の多かった機能の一つでした。これまでは自分でレプリケーションを実装しなければならなかったのですが、今では AWS に作業を任せて、お客様はアプリケーションの構築と実行に集中できるようになりました。この記事では、ECR のクロスリージョンレプリケーション (CRR) がどのように機能するのか、そしてどのようにしてその恩恵を受けることができるのかを説明します。

Read More
Lambda

コンテナイメージ内でLambda レイヤーと拡張機能を動作させる

この記事では、コンテナーイメージとしてパッケージ化され、デプロイされた Lambda 関数で AWS Lambda レイヤーと拡張機能を使用する方法について説明します。 以前はLambda 関数は.zip アーカイブとしてのみパッケージされていました。これにはAWS マネジメントコンソールで作成された関数が含まれます。今はLambda 関数をコンテナイメージとしてパッケージ化およびデプロイすることもできるようになりました。 Docker CLI などの使い慣れたコンテナーツールを Dockerfile を使用してイメージをローカルで構築、テスト、タグ付けすることができます。コンテナイメージを使用したLambda 関数は 10 GBのサイズまで構築することが可能です。構築したイメージはAmazon Elastic Container Registry(ECR)リポジトリにプッシュします。このリポジトリは、AWSのフルマネージドなコンテナイメージレジストリサービスです。レジストリからECRイメージ URL をソースコードとして指定し、Lambda 関数を作成します。

Read More

新しいクラスルームトレーニングで Amazon Elastic Kubernetes Service (Amazon EKS) でコンテナを実行する方法を学ぶ

この記事は、2020年10月15日に AWS Training のプロダクトマネージャー Ed Van Sickle によって投稿された Learn how to run containers on Amazon Elastic Kubernetes Service with our new instructor-led course を翻訳したものです。 Amazon EKS を学ぶ入門レベル以上のトレーニングコースをお探しですか? 良いニュースがあります! AWS Training & Certification は、2020年10 月に新しいクラスルームトレーニング「Running Containers on Amazon Elastic Kubernetes Service (Amazon EKS)」をリリースしました。このコースは、コンテナ、Kubernetes、そして Amazon EKS に関する基本的な知識を持っているが、Amazon EKS でより多くの経験を得るために、詳細なコンテンツとハンズオンラボを希望する DevOps / クラウドエンジニアを対象とした3日間のクラスルームトレーニングです。 コースでカバーするトピックは次の通りです。 まず、コンテナ、Kubernetes、そして Amazon EKS の基本を確認します。次に、Amazon […]

Read More