Amazon Web Services ブログ

Category: Compute

AWS CloudFormation と AWS SAM を使用したサーバーレスアプリケーションの開発とデプロイ

お客様は、それぞれの市場で競争力を維持するために、常にイノベーションを求めています。これを達成するための1つの方法は、サービスとアプリケーションを迅速かつ効率よく構築し、それによってコストを削減しながら市場投入までの時間を短縮することです。より具体的には、アプリケーション全体をゼロから構築するよりも、サーバーレスや AI/ML などのクラウドネイティブな機能を活用して管理コストを削減したり、目的別に作られたサービスを組み合わせたり、すでに構築済みのアプリケーションを再利用したりすることが有効です。 このブログ記事では、AWS Serverless Application Model (AWS SAM) と AWS CloudFormation を使用して、サーバーレスアプリケーションをビルドしてデプロイする方法を説明します。また、AWS Serverless Application Repository を使用して既存のアプリケーションを再利用し、開発時間を短縮します。

Read More

VMware Transit Connectを使用したサードパーティのファイアウォールアプライアンスとVMware Cloud on AWSの統合

AWSでSr. Specialist Solutions Architectを務めるSheng Chenによる記事です。 VMware Cloud on AWS は、Amazon Web Services(AWS)とVMwareが共同開発した統合ハイブリッドクラウドサービスです。 お客様がハイブリッドクラウドアーキテクチャに継続的に移行するにつれて、VMware Cloud on AWSとネイティブAWSの環境、オンプレミスデータセンター、およびインターネットの間で一元化されたセキュリティ検査ソリューションを持つためのネットワークセキュリティ要件に対処することがますます重要になっていきます。 AWS Marketplaceで提供されるサードパーティファイアウォールソリューションの幅広い選択により、お客様はオンプレミスと同じネットワークセキュリティソリューションをクラウドにデプロイでき、シームレスなユーザーエクスペリエンスを実現できます。 本稿では、VMware Transit Connectの機能を活用して、お客様が希望するサードパーティファイアウォールソリューションをVMware Cloud on AWSと統合する方法について学習します。ここではVMware Transit Connectを使用して、Palo AltoのファイアウォールアプライアンスをVMware Cloud on AWSと統合するための詳細なウォークスルーの例を紹介します。

Read More

Javaの階層型コンパイルによるAWS Lambda 関数のパフォーマンス向上

Operating Lambda: パフォーマンスの最適化 シリーズでは、AWS Lambda関数を使ってアプリケーションを管理している開発者、アーキテクト、システム管理者にとって重要なトピックを取り上げています。この記事では、Javaで管理するランタイムを使用する際に、新しくLambdaの実行環境を開始する場合に発生する初期化時間(コールドスタート)を短縮する方法について説明します。 多くのLambdaワークロードは、同期または非同期のワークロードに対して高速なレスポンスを瞬時に返すように設計されています。例えば、Webサイトに動的コンテンツを配信するパブリックAPIや、小規模なバッチ処理を行うニアリアルタイムのデータパイプラインなどが挙げられます。 これらのシステムの利用が増えると、Lambdaは新しい実行環境を作成します。新しい環境が作られて初めて使われるときには、イベントを処理できるようにするための初期化処理が行われます。これにより、初期化処理があるものとないもの、2つの異なるパフォーマンスプロファイルが作成されます。 レスポンスタイムを向上させるためには、この初期化処理の影響を最小限に抑えることが重要です。新しいマネージドJava実行環境の構築にかかる時間を最小化する方法の一つとして、JVMのチューニングがあります。JVMは、実行時間が長くないワークロードに特化して最適化することができます。

Read More

Amazon VPC CNI プラグインでノード 1 台に配置可能な Pod 数を増やすために

この記事は Amazon VPC CNI plugin increases pods per node limits を翻訳したものです。 — 2021年8月現在、Amazon VPC Container Networking Interface (CNI) プラグイン は「プレフィックス割り当てモード」をサポートし、AWS Nitro ベースの EC2 インスタンスタイプで、ノード1台に配置可能な Pod 数を今までより多くすることができます。VPC CNI プラグインは新しい VPC の機能を使って、IP アドレスプレフィックスを EC2 インスタンスにアタッチされた Elastic Network Interface(ENI)に関連付けることを可能にしています。ネットワークインターフェイスに個々のセカンダリ IPv4 アドレスを割り当てる代わりに、/28(16 IP アドレス)IPv4 アドレスプレフィックスを割り当てることができます。これにより、ノード 1 台に配置可能な Pod 数が大幅に向上しました。

Read More
AWS_Black_Belt_Containers372_Amazon_EKS_Anywhere

[AWS Black Belt Online Seminar] CON372 Amazon EKS Anywhere

AWS Black Belt オンラインセミナー「CON372 Amazon EKS Anywhere」を公開します。 視聴は YouTube から、資料閲覧は SlideShare から可能です。 このセッションでは、2021/9にGAとなりました、Amazon EKS Anywhere について、どのようなサービスなのかクイックにご紹介致します。具体的には、EKS Anywhereの概要やユースケース、基本的なアーキテクチャ、料金モデルについてご説明いたします。

Read More
AWS Black Belt Containers437

[AWS Black Belt Online Seminar] CON437 AWS Graviton2 でマルチアーキテクチャのデリバリーパイプラインを作成する

AWS Black Belt オンラインセミナー「CON437 AWS Graviton2 でマルチアーキテクチャのデリバリーパイプラインを作成する」を公開します。 視聴は YouTube から、資料閲覧は SlideShare から可能です。 本セッションでは、AWS の コンテナサービスを活用し、AWS Graviton2 など ARM アーキテクチャの環境にコンテナアプリケーションをデリバリーするための技術的なポイントを解説しています。

Read More

Operating Lambda: パフォーマンスの最適化 – Part 3

Operating Lambda シリーズでは、AWS Lambda ベースのアプリケーションを管理している開発者、アーキテクト、およびシステム管理者向けの重要なトピックを取り上げます。この 3 部構成のシリーズでは、Lambda ベースのアプリケーションのパフォーマンスの最適化について説明します。 Part 1 では、Lambda 実行環境のライフサイクルについて説明し、コールドスタートを定義、測定、改善する方法について説明しました。Part 2 では、メモリ構成が Lambda パフォーマンスに及ぼす影響と、静的初期化コードを最適化する方法について説明しました。このブログでは、Lambda 関数のパフォーマンス向上に役立つ関数のアーキテクチャとベストプラクティスについて説明します。

Read More
Graphing lowest costs against fastest time

Operating Lambda: パフォーマンスの最適化 – Part 2

Operating Lambda シリーズでは、AWS Lambda ベースのアプリケーションを管理している開発者、アーキテクト、およびシステム管理者向けの重要なトピックを取り上げます。この 3 部構成のシリーズでは、Lambda ベースのアプリケーションのパフォーマンスの最適化について説明します。 パート1では、Lambda 実行環境のライフサイクルについて説明し、コールドスタートを定義、測定、改善する方法について説明しました。このブログでは、メモリ構成が Lambda のパフォーマンスに及ぼす影響と、静的初期化コードを最適化する方法について説明します。

Read More
Provisioned Concurrency scaling behavior

Operating Lambda: パフォーマンスの最適化 – Part 1

Operating Lambda シリーズでは、AWS Lambda ベースのアプリケーションを管理している開発者、アーキテクト、およびシステム管理者向けの重要なトピックを取り上げます。この 3 部構成のシリーズでは、Lambda ベースのアプリケーションのパフォーマンスの最適化について説明します。

Read More

[AWS Black Belt Online Seminar] CON247 メトリクス入門 Container Insights 資料公開

AWS Black Belt オンラインセミナー「CON247 メトリクス入門 Container Insights」を公開します。 視聴は YouTube から、資料閲覧は SlideShare から可能です。 今回扱うのは、Amazon CloudWatch Container Insights を使ったECSおよびEKSにおけるコンテナ単位のメトリクス取得です。セットアップの方法と、チューニングのユースケースも紹介します。 セットアップの方法は ECSであれば、マネジメントコンソールの「ステップ 2: クラスターの設定」画面にて「 Container Insights を有効にする」にチェックを入れるだけです。アカウント単位やIAMユーザ、IAMルール単位でデフォルトで有効(あるいは無効)にすることもできます。 Amazon EKS あるいは EC2 上の Kubernetes で Container Insights の場合は クラスターメトリクスを収集するよう CloudWatch エージェントをセットアップする – Amazon CloudWatch の手順に従うのが楽な方法です。

Read More